子供の受け口の原因は4つ!しゃくれ顔の直し方と知っておきたい年齢別の治療時期。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

ニコッと笑った子供の口元が「受け口」だったら、ビックリしますし「受け口のまま成長したらどうしよう…」と心配になってしまいますよね。

実は「受け口」には、

  • 治療したほうがいいもの
  • まだ様子を見ておいていいもの

と種類があるんです(^^)

受け口になると、

  • 食べ物が噛みにくい
  • 発音しにくい
  • 見た目が悪い
  • 喋る時に舌が前に出る

などの問題が起こるため、決して良い歯並び…とは言えないですよね。

しかも受け口の人は「舌の動かし方」にも問題がある場合が多く、そのまま成長してしまえばもっと受け口がひどくなってしまう可能性があるのです。

あなたの周りにも話す時に、舌が歯の間から見えている人はいませんか?その方の口元をよく観察してみて下さい。ほとんどの場合、受け口になっているはずですから。

受け口になれば見た目だけでなく、上手く食べられなかったり滑舌が悪くなる問題も出てきます。

子供達を受け口にしない方法はあるのでしょうか?

この記事では、子供が受け口になる原因や治療方法、治療時期について解説していきます。

普段子供達が何気なく行っている「癖」の中にも受け口になる原因が潜んでいるので、パパやママは子供達の受け口がひどくなる前に、ぜひじっくり読んでみて下さい(^^)

スポンサーリンク



反対咬合(しゃくれ)の原因と3つの問題点

反対咬合(はんたいこうごう)または受け口は、上の写真のように上下の噛み合わせが反対になった状態のことです。

実は「受け口」といっても種類があって

①上あごより下あごのサイズが大きく「骨格的な問題」で受け口になってる場合

②歯並びが悪くて受け口になっている場合

③癖が原因で受け口になっている場合

③乳歯の奥歯が生えていないため、一時的に受け口になっている場合

と4つの原因があり、原因によって治療時期や治療方法が変わるため「何が原因で受け口になっているのか」を見極めることが大切です。

詳しく見ていきましょう!

① 遺伝などあごの骨が問題で受け口になっている場合

両親のどちらかが受け口になっている場合、子供にも受け口が遺伝しやすくなります。

もし子供達が「あごの骨の問題」で受け口になっている場合は、そのまま放っておくのは危険です!
そのまま下あごが成長し過ぎると、上あごの成長を邪魔してしまい、上下のあごのバランスが悪くなる可能性がありますから。

子供の受け口の治療は、可能ならできるだけ早い方がおすすめです。

受け口になっている子供達は、下あごの成長に比べて上あごの成長が劣っている場合が多いんです。

しかも上あごの成長は10歳前後までと、下あごより早く成長が終ってしまいます。そのため治療開始時期は、上あごの成長が十分残っているうちに始めるのがベストです。

矯正治療をする為には、レントゲンや歯型をとる検査が必要なので、上手に出来るようになる4〜5歳頃から始められるといいですね(^^)

身長が伸びる時期はあごも成長する時期

中には受け口をせっかく治しても、思春期頃にまた受け口になってくる子もいます。

中学生や高校生頃の思春期になると、身長が一気に伸びますよね。
実は、身長が伸びるこの時期は下あごの骨も成長する時期なんです。

もし骨格が問題での受け口がひどい場合は、矯正治療だけでは治せる限界があるので、矯正治療と外科手術で、あごの骨を切って治す場合もあります(><)

ただし外科手術で治す場合は、あごの成長が終わって(身長が止まって)から矯正治療を開始します。

②歯並びが問題で受け口になっている場合

あごの骨は問題なく「下の歯が前に出て受け口になっている場合」は、永久歯が生えてきたときに、自然にかみ合わせが改善する場合があります。

乳歯のときにすでに「受け口」になっていたら、下の前歯が何本前に出ているか確認してみましょう。

前に出ている歯が4本以内なら、自然に治ることも期待できますが、6本以上で骨格に問題があるときは、矯正治療が必要になってしまいます(><)

そのため、永久歯の前歯が生えてくるまでは、歯医者でも歯並びの経過を見ていくことも多いんですよ♪

でも、場合によっては、

  • 乳歯の糸切り歯の側面を削る
  • 乳歯の前歯がグラグラで抜けそうなら歯を抜く

ことで隙間をつくって対処することもあります。

歯並びが問題での受け口は、乳歯の段階から治療を始めたり、永久歯が生える小学校1~2年生頃から治療を始めることが多いです。

症状によって治療時期が変わるので口コミ歯科・歯医者を使って相談してみましょう。

③癖が原因で受け口になる場合

実は子供達がついやってしまう「癖」の中にも、受け口になる原因はたくさんあります。

例えば

  • 指しゃぶり
  • 舌で歯を押す
  • 口呼吸
  • 頬杖
  • 下あごを前に出して「アイーン」やゴリラのマネをする

などの「癖」は受け口の原因になります。

関連記事→赤ちゃんの指しゃぶりはいつまで大丈夫?3歳〜4歳までは歯並びに影響が出にくい驚きの理由。

成長途中の子供達の骨はまだ柔らかいため、弱い力でも継続して力がかかり続ければ、簡単に骨が変形してしまうのです。

特に口呼吸の子に多いのですが、舌で歯を押すような癖のある子は要注意です!

舌を前に出す癖を直さなければ「受け口」になるだけでなく、話す時も舌が前に出たり、食事をうまく飲み込めないなどの問題が出てきてしまいますから。

正しい舌の位置に舌が付いていますか?

わたし達の舌の位置は本来、「スポット」と呼ばれる上の歯の少し後ろに舌の先が軽く触れているのが正常な状態です。

しかし、鼻づまりなどが原因で口呼吸になってしまうと、舌が下がって下の歯の内側に張り付いてしまうのです。(口呼吸をする時に上あごに舌がくっついていると、口呼吸がやりにくくなってしまいますよね。そのため、舌の位置が下がってしまうのです)

しかも舌は筋肉の塊です!

そのまま下の歯を押し続けてしまえば、歯が前に倒れたり、下あごが前に成長して「受け口」の原因になってしまうのです。

子供達が口呼吸をしている時はえぞ式 すーすー茶で鼻の通りを良くしたり、【口呼吸の治し方】子供でも簡単に試せる6つの改善方法で口を閉じる子に大変身!参考に一刻も早く直しましょう!

④赤ちゃんがあごを出す癖がある時は3歳までは様子を見る

赤ちゃんの「受け口」は、歯並びや骨格の問題とは少し理由が違います。

乳歯が前歯しか生えていない赤ちゃんの受け口は、まだ様子を見ておきましょう(^^)

その理由は、奥歯がない赤ちゃんの口の中は「噛む位置」がフラフラと安定しない為、一時的に「あごを前に出して噛んでいる」可能性があるからです。

あごを出して反対の噛み合わせに見えるかもしれませんが、奥歯が生える2歳半~3歳には噛み合わせが安定しますので、それまでは様子を見ていて大丈夫です(^^)/

乳歯の奥歯が生えてくれば、あごの位置も安定して自然に噛み合わせが直りますから(^^)

つまり赤ちゃんの「噛み合わせ」が気になっても、3歳児健診の時に診てもらうのでも遅くない!ということ(^^)/

まとめ

「受け口」と言っても、その原因や治療時期はそれぞれ変わります。

  • 骨の問題
    (早い子で4~5歳頃から、矯正検査をすることが多いです。ただし、骨のズレがひどい場合は、身長が止まってから本格的な治療を開始します。)

  • 歯並びの問題
    (乳歯の段階から矯正治療を始めたり、永久歯が生える小学校1~2年生頃から始めることが多いです。)

  • 癖の問題
    (特に口呼吸は早めに直しましょう)

  • 奥歯がないため一時的に受け口になっている
    (奥歯が生える3歳頃までは様子を見て大丈夫です)

と4つの原因があるんです。

どのタイプの「受け口」かで治療時期や方法も変わってくるので、気になったら早めに矯正歯科に相談に行ってみましょう(^^)/

受け口が気になったら、早めに自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』まずは相談してみることをオススメします♪

▼虫歯にしないことも綺麗な歯並びには欠かせません!子供の仕上げ磨きにも使える虫歯予防に効く歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

▼パパやママにおすすめ!忙しい育児の間でも口の中を10秒でスッキリさせる方法もぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする