1秒でできる歯を離す方法!家でできる噛みしめ癖やくいしばり治し方

歯ぎしりとイビキ
スポンサーリンク




最近下の前歯がズレてきた気がする…。

歯の間に隙間があいてきた…。

薬を飲んだり整体に行っているのに、頭痛や肩こりが直らない…。

 

あなたもこんな症状に悩んでいませんか?

 

実はこれらの症状は、あなたが普段やっている「歯を噛む癖」を直せばあっさり解決します!

 

断言します!

日常的に「歯を噛む癖」がある、歯や体に悪影響しかありません!

 

そこでこの記事では

  • 歯を噛む癖に気付く方法
  • 1秒で歯を噛む癖を直す方法

について解説していきます!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも今、この記事を読んでくださっているあなたはとってもラッキーです♪

早い時期から「噛みしめ」を直すことで、歯の寿命を延ばしたり、歯周病の悪化を防ぐことができますから。

 

しかも、自分で直せる方法ばかりなのでさっそく試してみましょう!

 

スポンサーリンク

噛みしめや食いしばりの癖の10の悪影響!

噛みしめ食いしばり予防

「歯を無意識に噛む癖」は、誰でもしている可能性がある悪い癖です!

 

食事で食べ物を噛むときのように、「一瞬」歯が当たるくらいなら問題ないのですが、長い時間、継続して歯が当たっていることは大問題!

 

とは言っても、

 

ママ
ママ

わたし、歯なんて噛んでないわよ?

とあなたも思ったはずです。

 

でも…ちょっと意識してみて下さい。

今、あなたの歯と歯は当たって(噛んで)いますか?それとも離れていますか?

 

もし『当たってた(噛んでた)!』というあなたは…。

残念ながら、今まさに『噛みしめ』をしていました。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

噛みしめと言うと、「グゥー」っと力を入れて噛んでいるようなイメージですが、実は違うんです。

 

歯が少しでも当たっていれば、もう「噛みしめ」をしている状態です!

 

歯を噛むと起こる口の中の症状

では今度は、口の中を鏡で見てみましょう!

 

こんな症状はないですか?

 

  • 舌に凸凹の痕がついている

舌のデコボコの痕の正体

  • 頬っぺたの内側に白い筋がついている

口の中の粘膜の白い線

  • 歯が欠けていたり、すり減りが見られる
  • 歯ぐきが硬くデコボコしている場所がある

img_0554

 

上あごの真ん中や下の歯の裏にできた硬いコブの様なできもの(出っ張り)の原因と治療方法
下の歯の内側や上あごにある硬く膨れたコブのようなもの。触っても痛みなど自覚症状はありません。硬いコブのような出っ張りの正体は骨隆起という骨の出っ張り。基本的に治療する必要はありませんが、骨の出っ張りが邪魔になって入れ歯が入らない、食べにくい、発音しにくいなど不都合な場合は骨を削る治療が必要になります。骨の出っ張りができる原因と治療方法について解説します。

 

もし当てはまるものがあれば、ほぼ100%あなたは「噛みしめ」をしています。

 

「噛みしめ」は百害あって一利なし!

 

お願いです!あなたも一刻も早く「噛みしめ」を直しましょう!

 

そのまま歯を噛む癖を続けていると、

  1. 歯がすり減る
  2. 歯にヒビが入る
  3. 歯が動揺する
  4. 顎関節症
  5. 歯並びが悪くなる
  6. 詰め物がよくとれる
  7. 睡眠時無呼吸症候群
  8. 肩こり
  9. 頭痛
  10. 歯周病がひどくなる

など、「噛みしめ」で長時間ずっと歯に力がかかった状態では、歯だけでなく、周りの関節や筋肉など、体全体に不調が起きてしまいます…。

 

突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因。
顎関節症は、普段の何気ない癖や習慣が原因になって起こってしまう病気です。例えばパソコン作業などで集中しているときに歯が当たっている(噛んでいる)、頬杖をつく、固くて高い枕を使っている、スルメなどの固い食べ物が好き、うつぶせ寝などで、あごの関節に負担がかかると症状が出る可能性が高くなってしまいます。顎関節症は歯並びやかみ合わせが悪い事が原因とされていましたが、かみ合わせが悪くて症状のない人もいます。精神的な問題との関係も分かっていません。検査や治療は保険適用ですが自費治療の治療もあります。治療は若い人の方が期間は短くなりやすく数週間で終わったり精神的な問題も含めて数年間かかる方もいます。

 

例えば100の力で1秒噛むのと、1の力で100秒噛むのは同じことですよね?

 

ということは弱い「1」の力でも、継続して長時間歯が当たっていれば、ものすごい力が歯にかかってしまう!ということです。

 

特にパソコンやテレビを観ている時など、集中したり無意識の時は「噛みしめ」している可能性が高いので要注意です!

 

本人に噛んでる自覚があれば、まだいいのですが…。

困ったことに噛みしめが癖になって「自分が噛んでることに気づいてない人」が、本当に多いのです。

 

噛みしめ・食いしばりの癖を予防する2つの方法!

歯を噛む癖の直し方

ママ
ママ

でも、1日中「歯が当たってないか」ばかり考えてるなんて無理じゃない…?

 

そうなんですよね…。

だからこそ改善方法は、ルールを決めて自分で「噛んでること」に気づくしかないのです。

 

その具体的な方法をご紹介しますね。

 

噛みしめのチェック方法!その1

まず「噛みしめ」をチェックするために、食事の前に口を大きく開けて、あごが痛くなる時間帯を見つけてみましょう!

歯をずっと噛んでいると、歯だけでなくあごや関節にも力がかかってしまいますよね。

 

つまり

  • 朝ご飯の前に痛いなら、寝ている間に噛んでいる
  • 昼ご飯の前に痛いなら、朝に噛んでいる
  • 夕ご飯の前に痛いなら、日中に噛んでいる

など、痛みや違和感がある時間で「よく噛んでいる時間帯」の予想がつきやすくなるんです。

 

 

「噛みしめ」は、ストレスや集中している時間帯に噛んでることが多いので、噛みしめチェックをすることは、日頃の生活を振り返るいいキッカケになりますよ。

 

噛みしめのチェック方法!その2

噛みしめをはじめ、自分の「癖」は、自分で気づいて直すしか方法はありません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

わたしが1日中横にいて「噛んでないですか?」「歯は離れていますか?」なんてチェックしてたら…鬱陶しいですよね(笑)

ママ
ママ

たしかに鬱陶しいわね(笑)

でも「自分でチェックできるかなぁ〜」と不安になる方も多いと思います。

 

安心して下さい。

簡単に「癖」に気づける、いい方法があるんです!

 

例えば、テレビやパソコンや車の中、冷蔵庫や洗面所や時計など、普段自分がよく見る場所や物に、

『歯!』
『噛まない!』

と書いた付せんや紙を家や職場など、とにかくいろんな所にペタペタ貼ってみましょう!

 

 

1日のうち何度も目にする場所にチェックの付せんがあれば、「あっ!今噛んでなかったかな?」と自分で噛んでることに気づきやすくなりますよね!

 

もし歯を噛んでたら、歯を離せばいいだけなので簡単に「歯を噛む癖」を直せます!

 

理想は、チェックするたびに「歯が噛んでないようになること」。

1日に何度もチェックして、まずは自分が「噛んでいる」ことに気づくことから始めましょう!

 

歯を食いしばる癖!歯を噛んでいたらすぐに歯を離そう

スポンサーリンク




もし歯を噛んでたら、すぐに歯を離すことが大切です!

 

でも実は、「1秒で簡単に歯を離す方法」があるので、ぜひ一緒に試してみましょう!

まず、口を閉じて歯を噛んで下さい。


そして、パッと力を抜いてみましょう!


どうですか?歯は離れましたか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口は閉じておこなってくださいね♪

 

ほら!1秒で簡単に「噛みしめ」を直すことができましたよね!

 

歯が離れた今のあごの状態を、専門用語で下顎安静位(かがくあんせいい)と呼んでいます。

安静位…つまり、あごがリラックスした位置です。

 

あごがリラックスしているので、関節にも歯にも負担がかかっていない、まさに力が「ゼロ」の状態ですよね。

 

このリラックスしたあごの位置を、食事やしゃべるとき以外の1日の23時間以上キープすることができれば、

  • 歯がすり減る
  • 歯にヒビが入る
  • 歯が動揺する
  • 顎関節症
  • 歯並びが悪くなる
  • 詰め物がよくとれる
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 歯周病がひどくなる

などの症状から、身を守ることができるのです!

 

付せんを使った噛みしめチェックは、「冷蔵庫を開けたら」「パソコンを見たら」…など自分流のチェック方法を決めて1日に何回もチェックしていきましょう。

 

目標は上にも書いたように、チェックする度に歯が噛んでないようになることです♪

 

特に、集中している時やストレスが原因で噛んでいることが多いので、ゆっくりお風呂に入ったり、スリーパードクターズピローでリラックスする時間を意識的にとることも、噛みしめ予防になりますよ♪

 

 

▼寝ている間のいびきや噛みしめ予防方法は、こちらにまとめています▼

夜寝てる時や睡眠中に歯や口の中を噛む原因と簡単な4つの対策方法!
寝ているときの噛みしめの直し方やイビキの改善方法を紹介します。朝起きた時あごが痛い、あごが疲れている、舌に歯型がついている 、頬の内側の頬に横に筋がついているなら噛みしめをしている証拠。夜布団に入ったら考え事は次の日にして『噛まずに寝よう、リラックス』と意識して眠ることで夜に歯を噛んでいる時間を減らしましょう。また昼間に噛みしめしないようにコントロールすると夜に噛んでいる時間が短くなります。具体的な噛みしめの対策方法を説明します。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ちょっと意識するだけで、「噛みしめ」は

簡単に直せるんです!

子ども達も歯を噛む癖「噛みしめ」する子が増えています

最近は大人だけでなく、歯医者にくる子ども達の中にも「噛みしめ」をしてる子が本当に多くて驚かされます…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ただし子ども達の中には、「かみ合わせを調整する」ために歯ぎしりをしている場合もあります。

 

下の記事↓でも紹介していますが、歯の生え変わりの時期にみられる「歯ぎしり」や「歯を噛む癖」は一時的なもので、成長に伴い自然に治まるので心配いりません。

 

1〜2歳頃の赤ちゃんの歯ぎしりはいつまで続く?乳歯をキリキリする2つの原因。
赤ちゃんの歯ぎしりの原因と対処方法を解説します。赤ちゃんの歯ぎしりは乳歯が全部生えそろってなかったり、アゴが拡がったり、周りの筋肉が成長していく過程でかみ合わせが日々変わっているため起こります。赤ちゃんはかみ合わせに対して歯ぎしりをしながら、かみやすいように自分で調整ています。また歯が生えてくるのむずがゆさで歯ぎしりしている場合もあります。

 

 

問題なのは、長時間、歯を噛んでしまっている子ども達です!

 

ゲームやテレビに集中している時や、環境の変化でストレスを感じた時など、無意識に歯を噛んでいる子が本当に多いんです。

 

子どもの頃から「噛みしめ」が癖になっていると、

  • 歯並びが悪くなる
  • 関節に負担がかかる
  • 歯の間に舌を入れる癖がつく

など、舌にも無意識に力が入り前歯を押すようになります。

その結果、前歯が前に倒れて歯並びが悪くなってしまうのです。

 

舌を前に出して食べる「迎え舌」の子供は要注意!原因は?2つの改善方法は必見!
「迎え舌」で食べる子ども達の原因は、赤ちゃんの時期に「正しい舌の動かし方」を身につけられなかった、舌を前に出す癖がある2つの原因が考えられます。「迎え舌」の癖が治らないまま成長してしまえば、食べ方も汚くなるし、滑舌が悪くなったり、口が開いたままのだらしない顔になってしまいます。子ども達の「迎え舌」を見つけたら食事をよく噛ませる、舌を上あごにつけるよう練習することで、口や舌の筋肉をつけましょう。子ども達が「無意識」にやっている迎え舌などの悪い習慣を見逃さないことが、将来起きるトラブル回避につながります。

 

 

ママ
ママ

歯を噛む癖があると歯並びが悪くなるって知らなかったわ…。

 

なお子どもにおすすめの「歯を噛まなくなる方法」は、下の記事↓で紹介しているので合わせて参考になさってくださいね!

 

無意識に歯を食いしばる癖は子供にも多い!簡単にできる噛みしめの直し方をプロが紹介!
子供たちも無意識に歯を噛んでいます。歯を噛んでいる癖は歯並びを悪くしたり舌の悪い癖の原因になります。解決策は自分で噛みしめしている事に気付く方法。 テレビやパソコン、鏡や台所など普段よく目にする場所や物に 『噛まない』『噛むな』『歯を合わせない』と書いた付箋や紙をペタペタ張っておくことです。あごに負担がかかる硬いものばかりを食べていると歯の負担が倍増してしまう可能性があります。子供たちでもできる噛みしめ予防の方法を紹介します。

 

1秒でできる噛みしめ対策まとめ

わたし達は、テレビを観ている時やストレスがある時に無意識に歯を噛んでいます。

 

噛んでる自覚があれば、まだいいのですが…。

困ったことに、「歯を噛んでいること」が癖になってしまい、自分が噛んでることすら気づいていない人が多いんです。

 

しかし、噛みしめは一生気をつけて欲しい癖の1つです!

 

まずは、自分が噛んでいることに「気づく」ことから始めてみませんか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

気づき方は簡単♪

「噛むな」と書いた付せんを、家や仕事場にペタペタ貼ってチェックするだけです♪

 

年齢を重ねると「歯並びが悪くなった…」という方がいますが、歯並びが悪くなるのは年齢ではなく「噛む癖」が大きな原因です!

 

あなたの歯や歯並びを守り、歯周病を悪化させない為には、「歯を噛まない生活」をすることが何より大切です!

 

お金もかからず直せる方法なので、ぜひ今日から実践してみましょう!

きっと想像以上に歯を噛んでたことに、あなたもきっと驚くはずです!

 

▼寝ている間の歯を噛む癖は、こちらに対策方法を紹介しています▼

夜寝てる時や睡眠中に歯や口の中を噛む原因と簡単な4つの対策方法!
寝ているときの噛みしめの直し方やイビキの改善方法を紹介します。朝起きた時あごが痛い、あごが疲れている、舌に歯型がついている 、頬の内側の頬に横に筋がついているなら噛みしめをしている証拠。夜布団に入ったら考え事は次の日にして『噛まずに寝よう、リラックス』と意識して眠ることで夜に歯を噛んでいる時間を減らしましょう。また昼間に噛みしめしないようにコントロールすると夜に噛んでいる時間が短くなります。具体的な噛みしめの対策方法を説明します。

 

 

 

▼歯周病がある歯に「噛む力」がかかると一気に歯がダメになります!まずは歯周病予防ができる歯磨き方法を身につけましょう!▼

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
家で自分でできる虫歯や歯周病予防。歯ぐきがブヨブヨする、口臭が気になる、歯磨きすると歯ぐきから血が出る歯周病や、虫歯がよくできる。虫歯や歯周病になる原因は歯に付いているプラークが取り切れていないから。特に歯の間のプラークを取ることが予防の第一歩!歯磨き方法やポイントを詳しく説明しています。

 

 

 

▼仕事や育児で忙しくても続けられる「家で歯を白くする方法」もぜひ参考になさって下さいね▼

自宅で簡単に歯を白くしたい!美白ができるとおすすめの歯磨き粉の効果とは
家で歯を白くする方法を紹介します。歯を白くするホワイトニングには種類があります。家でするホワイトニングは時間もお金も多くかかっってしまいます。でも歯磨き粉として使えるホワイトニングは、オーガニックで自然由来の成分のため安心、研磨剤が入っていません。歯の表面に傷が付く心配もなく、傷ついた表面に汚れが付着する心配がない歯磨き粉です。使い方や実際の効果についても説明します。

 

 

 

 

コメント