歯を噛みしめる癖やくいしばりを防止する!1秒で歯を離す方法を紹介!

歯ぎしりとイビキ
スポンサーリンク




気付くと歯を噛んでいることが多い…。

寝ている間も噛んでいるのか、朝起きるとあごがダルイ…。

歯を噛む癖って、どうすれば直せるの?

という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします。

 

結論から言えば、「歯を噛みしめる癖」は自分で直すことができます!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

それも1秒で歯を離すことができるんですよ♪

 

日常的に「歯を噛む癖」があると、

  • 歯が割れる
  • 虫歯や歯周病が悪化しやすい
  • あごが痛くなる
  • 肩こりや頭痛の原因になる

など、歯や体に悪影響しかありません!

 

そこでこの記事では

  • 歯を噛む癖に気付く方法
  • 1秒で歯を噛む癖を直す方法

について解説していきます!

 

早い時期から「噛みしめ」を直せば、歯の寿命を延ばしたり、歯周病の悪化を防ぐことができます♪

しかも、自分で直せる方法ばかりなのでさっそく試してみましょう!

 

スポンサーリンク

歯を噛む癖で起こる悪影響

噛みしめ食いしばり予防

歯は1日24時間のうち、食事などの時間を除いても、23時間以上離れているのが正常な状態です。

でも今のあなたはもっと長い時間、歯を噛んでいますよね。

歯科衛生士
歯科衛生士

とうぜん、これは異常なこと。

そのまま「歯を噛む癖」を続けていると、

  1. 歯がすり減る
  2. 歯にヒビが入る
  3. 歯が動揺する
  4. あごが痛くなる
  5. 歯並びが悪くなる
  6. 詰め物がよくとれる
  7. 睡眠時無呼吸症候群になる
  8. 肩こりになる
  9. 頭痛になる
  10. 歯周病がひどくなる

など歯はもちろん、下の記事で紹介しているように、あごが痛くなったり頭痛がするなど、体にまで不調が出てきてしまいます。

突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因。
顎関節症は、普段の何気ない癖や習慣が原因になって起こってしまう病気です。例えばパソコン作業などで集中しているときに歯が当たっている(噛んでいる)、頬杖をつく、固くて高い枕を使っている、スルメなどの固い食べ物が好き、うつぶせ寝などで、あごの関節に負担がかかると症状が出る可能性が高くなってしまいます。顎関節症は歯並びやかみ合わせが悪い事が原因とされていましたが、かみ合わせが悪くて症状のない人もいます。精神的な問題との関係も分かっていません。検査や治療は保険適用ですが自費治療の治療もあります。治療は若い人の方が期間は短くなりやすく数週間で終わったり精神的な問題も含めて数年間かかる方もいます。

 

噛み締めは頭痛の原因にもなる!

ママ
ママ

でもギューッと歯を噛んでいるわけじゃないのに、なんでこんなに歯や体に不調が起きるの?

たしかにそうですよね。

 

でもね。

例えば「100の力で1秒噛む」のと、「1の力で100秒噛む」のは同じことですよね?

 

ということは弱い「1」の力でも、継続して歯が当たっていれば、ものすごい力が歯にかかってしまう!ということなんです。

 

ママ
ママ

なるほど。

でもなんで頭痛の原因になるの?

その答えを知るためにも、「こめかみ」を触りながら歯を噛んでみましょう。

筋肉が動くのが分かりますよね!

 

実は歯が少しでも当たっていると、それだけで周りの筋肉が緊張して力が入ってしまいうんです。

その結果顔や頭の筋肉が収縮して、頭痛の原因になってしまうんですよ。

 

だからあなたの身体の不調は、「歯を噛む癖」を直すことで良くなる可能性が高いのです。

 

▼「歯を噛む癖」と頭痛の関係は、下の記事にまとめています▼

原因不明の偏頭痛や肩こり症状は、噛み締め癖を予防すれば解消する!
肩こりや頭痛や首のコリの原因は「噛みしめ」の可能性があります。歯が接触していると、それだけで周りの筋肉も緊張して力が入ってしまい顔や頭の筋肉が収縮し、首や肩やこめかみの筋肉を緊張させ筋肉が硬くなって血流も悪くなり、頭痛や肩こりの原因になってしまいます。歯ぎしりや噛みしめは軽い力でも長い時間、歯が接触していると歯や周りの組織にダメージを与えます。何かに夢中になっている時、ストレスを感じている時、重たい荷物を持つ時などにグッと力を入れた時、無意識に歯を噛んでいる事が多いのです。噛んでる事が癖になっている人の噛みしめの直し方を紹介します。

 

 

噛みしめ・食いしばりの癖を防止し予防する2つの方法!

歯を噛む癖の直し方

歯を噛んでいる自覚があるということは、言いかえると「そのずっと前から無意識に歯を噛んでいる」ということになります。

 

とくに、

  • 仕事中
  • パソコン作業中
  • イライラしているとき

など「集中しているとき」や「ストレスを感じているとき」は、歯を噛みしめしている可能性が高いので注意しましょう。

 

とは言っても、無意識に歯を噛んでいるんですから、直しようがありませんよね。

ママ
ママ

そうね。

1日中「歯が当たってないか」ばかり考えてるなんて無理だし…。

そうなんですよね…。

 

だからこそ「歯を噛む癖」を直すには、ルールを決めて、自分で「噛んでること」に気づいて直していくしかないのです。

 

その具体的な方法をご紹介しますね。

 

噛みしめのチェック方法!その1

まずは、ひんぱんに「噛みしめ」している時間帯をチェックしましょう。

そのためにも、食事の前に口を大きく開けて、あごが痛くなる時間帯を見つけましょう。

 

歯をずっと噛んでいると、歯だけでなくあごや関節にも力がかかってしまいますよね。

つまり

  • 朝ご飯の前に痛いなら、寝ている間に噛んでいる
  • 昼ご飯の前に痛いなら、朝に噛んでいる
  • 夕ご飯の前に痛いなら、日中に噛んでいる

など、痛みや違和感がある時間で「よく噛んでいる時間帯」の予想がつきやすくなるんです。

 

「噛みしめ」は、ストレスや集中している時間帯に噛んでることが多い癖です。

そのため噛みしめチェックをすることは、日頃の生活を振り返るいいキッカケになりますよ。

 

噛みしめのチェック方法!その2

噛みしめをはじめ、自分の「癖」は、自分で気づいて直すしか方法はありません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

わたしが1日中横にいて「噛んでないですか?」「歯は離れていますか?」なんてチェックしてたら…鬱陶しいですよね(笑)

ママ
ママ

たしかに鬱陶しいわね(笑)

でも「自分でチェックできるかなぁ〜」と、あなたも不安になっていると思います。

 

安心して下さい♪

簡単に「癖」に気づける、いい方法があるんです!

 

それは、テレビやパソコンや車の中、冷蔵庫や洗面所や時計など、普段自分がよく見る場所や物に、

『歯!』
『噛まない!』

と書いた「付せん」や「紙」を家や職場など、とにかくいろんな所にペタペタ貼ることです!

1日のうち何度も目にする場所にチェックの付せんがあれば、「あっ!今噛んでなかったかな?」と自分で噛んでることに気づきやすくなりますよね!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もし歯を噛んでたら、歯を離せばいいだけなので簡単に「歯を噛む癖」を直せます!

 

理想は、チェックするたびに「歯が噛んでないようになること。

1日に何度もチェックして、自分が「噛んでいる」回数の多さに気づくことから始めましょう!

 

歯を食いしばる癖を1秒で直す方法

スポンサーリンク




もし歯を噛んでたら、すぐに歯を離すことが大切です。

 

実は「1秒で簡単に歯を離す方法」があるので、ぜひ一緒に試してみましょう!

まず、口を閉じて歯を噛んで下さい。


そして、パッと力を抜いてみましょう!


どうですか?歯は離れましたか?

歯科衛生士
歯科衛生士

口は閉じておこなってくださいね♪

 

ほら♪

1秒で簡単に「噛みしめ」を直すことができましたよね!

 

歯が離れた今のあごの状態を、専門用語で下顎安静位(かがくあんせいい)と呼んでいます。

「安静位」とは、あごがリラックスした位置です。

 

あごがリラックスしているので、関節にも歯にも負担がかかっていない、まさに力が「ゼロ」の状態ですよね。

 

このリラックスしたあごの位置を、食事やしゃべるとき以外の1日の23時間以上キープすることができれば、

  1. 歯がすり減る
  2. 歯にヒビが入る
  3. 歯が動揺する
  4. あごが痛くなる
  5. 歯並びが悪くなる
  6. 詰め物がよくとれる
  7. 睡眠時無呼吸症候群になる
  8. 肩こりになる
  9. 頭痛になる
  10. 歯周病がひどくなる

などの症状から、身を守ることができるのです!

 

付せんを使った噛みしめチェックは、「冷蔵庫を開けたら」「パソコンを見たら」…など自分流のチェック方法を決めて1日に何回もチェックしていきましょう。

 

繰り返しますが、目標はチェックをする度に、歯が噛んでないようになることです♪

 

とくに集中しているときや、ストレスを感じているときに噛んでいることが多いので、ゆっくりお風呂に入ったり、スリーパードクターズピローでリラックスする時間を意識的にとることも、噛みしめ予防になりますよ♪

 

▼寝ている間の噛みしめ予防方法は、こちらにまとめています▼

寝てるときや睡眠中に口の中や舌を唇を噛む原因と簡単4つの対策方法!
寝ているときに口の中を噛む・舌を噛む原因と、歯を噛む癖の直し方を紹介します。昼間に歯を噛まないように意識すると、夜歯を噛む回数が減ります。歯を噛まずにリラックスして眠るための方法も紹介します。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ちょっと意識するだけで、「噛みしめ」は

簡単に直せるんです!

子供達も歯を噛む癖「噛みしめ」する子が増えています

補足ですが、最近は大人だけでなく、子ども達の中にも「噛みしめ」をしてる子が本当に多くて驚かされます…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ただし子ども達の中には、「かみ合わせを調整する」ために歯ぎしりをしている場合もあります。

とうぜん歯の生え変わりの時期にみられる「歯ぎしり」や「歯を噛む癖」は一時的なもの。

なので、成長にとともに自然に治まるので心配いりませんよ。

 

問題なのは長時間、歯を噛んでしまっている子ども達です!

 

ゲームやテレビに集中しているときや、環境の変化でストレスを感じたときなど、無意識に歯を噛んでいる子が本当に多いんです。

 

子どもの頃から「噛みしめ」が癖になっていると、

  • 歯並びが悪くなる
  • 関節に負担がかかる
  • 歯の間に舌を入れる癖がつく

など、舌にも無意識に力が入り前歯を押すようになります。

 

その結果、下の記事でも紹介しているように、前歯が前に倒れて歯並びが悪くなってしまうのです。

離乳食を食べるとき舌を出す【迎え舌】の原因と簡単4つの直し方
「迎え舌」で食べる子ども達の原因は、赤ちゃんの時期に「正しい舌の動かし方」を身につけられなかった、舌を前に出す癖がある2つの原因が考えられます。「迎え舌」の癖が治らないまま成長してしまえば、食べ方も汚くなるし、滑舌が悪くなったり、口が開いたままのだらしない顔になってしまいます。子ども達の「迎え舌」を見つけたら食事をよく噛ませる、舌を上あごにつけるよう練習することで、口や舌の筋肉をつけましょう。子ども達が「無意識」にやっている迎え舌などの悪い習慣を見逃さないことが、将来起きるトラブル回避につながります。

 

 

ママ
ママ

歯を噛む癖があると歯並びが悪くなるって知らなかったわ…。

なお子どもにおすすめの「歯を噛まなくなる方法」は、下の記事↓で紹介しているので合わせて参考になさってくださいね!

子供が歯を食いしばる癖の直し方!歯を噛む癖は歯並びを悪くします!
子供が歯を食いしばる癖の原因や直し方、歯を噛むことでの悪影響について解説します。歯を噛んでいる癖は歯並びを悪くしたり、舌で歯を押す悪い癖の原因になります。子供たちでもできる噛みしめ予防の方法を紹介します。

 

 

1秒でできる噛みしめ防止方法まとめ

歯を噛む癖があると、歯や周りの組織に1日中、異常な力がかかり続けていることになります。

とうぜんそのままでは、歯や体に異常が出てしまいますよね。

 

歯を噛んでいる自覚があるあなたも、今回紹介したチェック方法で調べてみると、予想以上に長い時間「歯を噛んでいること」に気付くと思います。

 

でも、「歯を噛む癖」はあなたの意識次第で直せます!

歯科衛生士
歯科衛生士

ぜひ今日から「噛むな」と書いた付せんを、家や仕事場にペタペタ貼ってチェックしていきましょう♪

年齢を重ねると「歯並びが悪くなった…」という方がいますが、歯並びが悪くなるのは年齢ではなく「噛む癖」が大きな原因です!

 

あなたの歯や歯並びを守り、歯周病を悪化させない為にも、「歯を噛まない生活」を始めましょう!

お金もかからず直せる方法なので、ぜひ今日から実践してみましょう!

 

▼寝ている間の歯を噛む癖は、こちらに対策方法を紹介しています▼

寝てるときや睡眠中に口の中や舌を唇を噛む原因と簡単4つの対策方法!
寝ているときに口の中を噛む・舌を噛む原因と、歯を噛む癖の直し方を紹介します。昼間に歯を噛まないように意識すると、夜歯を噛む回数が減ります。歯を噛まずにリラックスして眠るための方法も紹介します。

 

 

 

▼歯周病がある歯に「噛む力」がかかると一気に歯がダメになります!まずは歯周病予防ができる歯磨き方法を身につけましょう!▼

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
家で自分でできる虫歯や歯周病予防。歯ぐきがブヨブヨする、口臭が気になる、歯磨きすると歯ぐきから血が出る歯周病や、虫歯がよくできる。虫歯や歯周病になる原因は歯に付いているプラークが取り切れていないから。特に歯の間のプラークを取ることが予防の第一歩!歯磨き方法やポイントを詳しく説明しています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました