前歯がかみ合わないし麺類が噛み切れない歯並びを治したい!原因と治療方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

歯を「イーッ」と噛んだ時に、奥歯は噛んでいるのに、上下の前歯が閉じない歯並びがあります。

何だか不思議な歯並びですよね?

当然、前歯が噛み合ってないので、前歯で噛み切ることができません。

とんかつが噛み切れず、ソースで口の周りが汚れてしまうなど、悩んでいる方も多いと思います。

前歯がかみ合わないと食事にも支障が出てしまいますし、歯の隙間に舌を入れる癖がつけば、歯並びはますます悪くなってしまいます(;_;)

そのままでは人と食事をしたり、外食を楽しむことも嫌になってしまうかもしれません。

でもどうして前歯がかみ合わない歯並びになってしまうのでしょうか?

「遺伝?」

「それとも他に原因があるのでしょうか?」

実は「前歯がかみ合わない歯並び」になる原因は意外なもの。誰にでも当てはまる可能性があるんです!

特にまだあごの骨が成長途中の子供達は、口や舌の使い方が悪いと簡単にかみ合わせやあごの骨の形が変形してしまいます(汗)

でも安心して下さい(^^)

子供達を「前歯が噛み合わない歯並び」にしないための予防方法を、これから紹介していきますね。

パパやママはぜひこの記事をじっくり読んでみて下さい!

スポンサーリンク



奥歯しか噛み合わないし前歯が当たらない(開咬)の歯並びのデメリット

奥歯は噛んでいるのに、上下の前歯が噛み合わない状態を専門用語で開咬(かいこう)と呼んでいます。

奥歯しか噛んでいないので、噛んでも前歯は開いている状態です。

実は矯正治療の中でも、治療が難しい歯並びの1つ(;_;)

前歯がかみ合わないと

  • 前歯で噛みにくい
    (奥歯しか当たってないので、前歯で食べ物を噛み切ることが難しくなります)

  • 発音しにくい
    (息がもれて発音しにくくなります)

  • 口呼吸の癖がつく
    (歯の間に舌が入って口呼吸が癖になります)

  • 見た目に影響する
    (人によっては口元のコンプレックスになることがあります)

  • あごの関節を痛めて顎関節症になる
    (奥歯ばかり使うので負担が集中して、関節を痛めることがあります)

関連記事→突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因。

  • 虫歯や歯周病になりやすい
    (口が開いているので唾液の量が減って、細菌が繁殖しやすくなります)

などの問題が出てきてしまうんです(汗)

しかも前歯が噛み合わない歯並びは、見た目はもちろん、うどんやラーメンなど麺類を前歯で噛み切ることができず「機能面の問題」も出てきてしまいます。

また奥歯ばかりに負担がかかるので、詰め物が取れやすかったり顎関節症になったり、奥歯がダメになる可能性も高くなってしまう歯並びです(汗)

前歯に隙間があく!前歯で物が噛み切れない歯並びになる原因

前歯の間に隙間が開く原因は、

  • 指しゃぶり

(対策方法→赤ちゃんの指しゃぶりはいつまで大丈夫?3歳〜4歳までは歯並びに影響が出にくい驚きの理由。2017年6月25日

  • 舌や唇を噛む癖
  • 口呼吸

(対策方法→【口呼吸の治し方】子供でも出来る5つ改善策を今すぐ試してみよう!

  • 骨格など遺伝的な問題

  • 噛みしめ(後で説明します)

など、普段何気なく行っている「癖」が原因で起こりやすくなります。

噛みしめで前歯の間に隙間があく理由

中でも「噛みしめ」は気をつけたい癖の一つです。

「え?わたしは噛みしめなんてしてないですよ?」というあなたも、ぜひチェックしてほしいのです。

今、あなたの歯と歯は離れていますか?

それとも当たっていますか?

もし少しでも歯が当たっていればあなたは今「噛みしめ」をしていたことになります!もちろん子供達も例外ではありません!

でも、「歯を噛んでいるだけなのに、なんで前歯がかみ合わなくなるの?」と思いませんか?

その答えは、歯を噛むと「舌」にも力が入るから!

舌に力が入れば、舌で前歯を押すようになってしまうのです。

舌は筋肉の塊です!

歯の間に舌が入れば、どんどん歯は動いてしまい「舌が入りやすい形」に歯の間も開いてしまうのです(;_;)

噛みしめは絶対に直して欲しい癖の一つ!歯並びに影響が出る前に絶対に直しましょう!

詳しくは1秒でできる噛みしめ癖の治し方!家で実践するくいしばりの対処方法に直し方をまとめているので、ぜひ今すぐ直すことをオススメします!

気付いていないだけで、あなたも絶対に普段から噛んでいるはずですから(汗)

前歯で噛み切れない歯並びは矯正治療を考えよう!

もし「前歯が噛み合わない歯並び」になったら、矯正治療で治していきましょう。

しかし、上に書いたような

  • 指しゃぶり
  • 唇を噛む癖
  • 噛みしめ

などがある場合は、原因となる癖を直すことがまずは大切です。

癖を直さないと矯正治療は成功しませんし、後戻りも早くなってしまいますから…(><)

子供の矯正治療の中には、「自分で取り外しできる装置」を使いながら舌の正しい位置を覚えたり、噛む筋肉を鍛えていく治療もあります。

一方、ワイヤーを使った矯正装置の場合は、矯正用のゴムを使いながら前歯が閉じるように力をかけたり、矯正用のインプラントを使って奥歯を骨の中に移動させ、歯がかみ合うように治療していく方法もあります。

しかしせっかく矯正治療しても、舌の使い方が悪いとすぐに前歯はかみ合わなくなってしまいます(汗)

繰り返しになりますが、舌は筋肉の塊です。

矯正の力より何倍も強いので、矯正治療で歯並びが綺麗になっても「舌の悪い癖」を直さないと、後戻りする可能性が高くなる!ということは覚えておいて下さいね(汗)

前歯の隙間に舌を入れる癖は歯並びを悪化させる癖

前歯の間に隙間があると「つい舌を隙間に入れてしまう…」ことが癖になってしまいます。

でも「舌を歯の間に入れる」この癖。

もし日常的な癖になれば、

  • ますます前歯の隙間を悪化させる
  • 舌足らずな喋り方になる
  • 食べる時や飲み込む時に舌が前に出る

など、トラブルを引き起こす原因になります。

もちろん、見た目や食べ方も美しくありませんよね(汗)

それに、たとえ矯正治療をしても「舌の癖」を直さない限り、矯正治療はなかなかうまくいきません!

舌は筋肉で出来ているため、矯正の力より何倍も強いんです…。

「歯の間に舌を入れる癖」が直りにくいことも、開咬が治療しにくい理由の1つだったんですね…。

まとめ

前歯が噛まない歯並びになると、見た目の問題だけでなく、口の機能面にも問題が出てしまいます。

開咬は、普段のちょっとした癖で起こってしまう歯並び。

  • 舌の位置を気をつける
  • 噛みしめをしない
  • 歯に力がかかる癖を直す

ことを気を付けることが予防になり、矯正治療も成功しやすくなる!ということぜひ覚えておきましょう!

どんな治療になるかは状況次第なので、気になったら矯正歯科に相談に行くことをオススメします♪

歯並びや矯正治療の相談は自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で信頼できる歯医者を探しましょう。


▼口の中を清潔にすることも歯並びを守ります。虫歯や歯周病予防の歯磨き方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

▼家で安く簡単に歯を白くする方法もぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする