子供が歯を食いしばる癖の直し方!歯を噛む癖は歯並びを悪くします!

歯ぎしりとイビキ
スポンサーリンク




この子、ゲーム中に「歯を噛む癖」があるみたいなんだけど大丈夫かな?

夜も歯を食いしばってるみたいなんだけど、どうやったら直せるの?

という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします!

 

結論から言えば、子供の「歯を噛む癖」は直せます!

ただし「癖」を直すには、子供たち自身で「自分が噛んでいること」に気づかなくてはいけません。

 

そこでこの記事では、「歯を噛む癖」を子供たち自身で直す方法について紹介します!

 

歯を噛む癖があると、歯並びが悪くなったりあごが痛くなるなどデメリットしかありません。

 

でも今「歯を噛む癖」を直しておけば、歯並びがガタガタにならないなど、良いことがたくさんありますよ♪

ぜひじっくり読んでみて下さいね。

 

スポンサーリンク

子供の歯を食いしばる癖が与えるデメリット

「歯を噛む癖」と聞くと、「グゥー」っと力を入れて噛んでいるようなイメージですよね。

でも実は、力を入れなくても歯が少しでも当たっていれば、もう「噛みしめ」をしている状態です。

 

なぜなら歯が少しでも当たっていると、それだけで歯や周りの組織に力がかかってしまうからです。

 

たとえば1の力で100秒噛むのと、100の力で1秒噛むのは同じですよね。

 

ということは、たとえ弱い力でも長い時間歯が当たっていると、とんでもなく大きな力が歯や周りの組織にかかってしまう!ということなんです。

 

それに本来、上下の歯が当たっていいのは、食事をするときや会話をするときくらいのはず。

時間にすると歯が当たっていいのは、1日24時間のうち、食事や会話をする時間を含めてもせいぜい30分~1時間程度です。

 

でも「噛みしめ」が癖になっている子供たちは、1時間以上、歯に負担をかけ続けていることになりますよね。

歯科衛生士
歯科衛生士

こちろんこれは異常なことです!

 

 

歯を噛む癖は歯並びを悪くする

子供の頃から「歯を噛む癖」があると、歯並びが悪くなります。

 

「歯を噛む癖」があると、奥歯が内側に倒れてきます。

すると口の中が狭くなってしまい、全部の歯が綺麗に並ぶことができなくなってしまうんです。

その結果、前歯にそのしわ寄せがきて、ガタガタの歯並びになってしまうんですよ。

歯科衛生士
歯科衛生士

それだけじゃありません!

「歯を噛む癖」があると舌にも力が入って、舌で歯を押すようになってしまいます。

 

舌は筋肉の塊です!

その舌で歯を押していると、前歯が押されて歯並びが悪くなってしまうんですよ。

このように「歯を噛む癖」を日常的にしていると、どんどん歯並びが悪くなってしまいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからこそ、「歯を噛む癖」は早く直しておいたほうがいいんですよ。

歯並びが悪くなれば、直すために将来100万円をかけて矯正治療をしなければいけなくなります。

でも今から「歯を噛む癖」を直しておけば、歯並びの悪化を予防することができるんです♪

 

では具体的に、「歯を噛む癖」の直し方や予防方法を見ていきましょう!

 

なお、頬杖や唇を噛む癖など、他の歯並びが悪くなる「癖」も下の記事で紹介しているので、一緒に参考にしてみましょう!

唇を舐める・舌を噛む癖や頬杖も!子供の歯並びが悪くなる7つの原因
子ども達を「キレイな歯並び」にしたいなら、「歯」だけを見ていてはダメです! それはなぜか。 その理由は、歯が生える「あご」が成長してないと、歯はキレイに生えることができないからです。 歯科衛...

 

子供の噛みしめを直す方法

「歯を噛む癖」は

  • 緊張する
  • なにかに集中している
  • ゲームに夢中になっている
  • ストレスを感じている

ときに、よく噛んでいると思います。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とくにゲームや勉強中など「集中しているとき」に無意識に噛んでる子が多いはずです。

 

でも自分の癖って、自分で意識しないと直すことは難しいですよね。

あなたも、人から言われて初めて「あっ!自分にはこんな癖があったんだ…」と気付いた経験はありませんか?

 

それは子供たちも同じこと。

とうぜん子供たちは、自分が歯を噛んでいること自体に気づいていません。

そして「歯を噛む癖」が悪いことだと知りません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから無意識に歯を噛んでしまうんですよ。

そのため「歯を噛む癖」を直すには、子供たち自身で「歯を噛んでいること」に気付いてもらうしかないんです。

 

大人の方の場合なら、テレビやパソコンや鏡や台所など、普段よく目にする場所や物に

『噛まない!』

『歯を合わせない!』

と書いた付箋や紙をペタペタ張ってもらい、それを見る度に「今、歯を噛んでなかったかな…」とチェックしてもらうようにしています。

 

そして、もし噛んでいたら、

口は閉じたまま、歯をグッと噛んで


「パッ!」と力を抜く

ことで、一瞬で噛みしめを直すことができるんですよ♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯を「グッ!」と噛んで力を抜くと、上下の歯の間に隙間ができますよね。

これで、歯に力がかからない状態をつくることができるのです。

 

なお、詳しい「噛みしめを直す方法」は下の記事を↓参考にしてみましょう!

歯を噛みしめる癖やくいしばりを防止する!1秒で歯を離す方法を紹介!
気付くと歯を噛んでいることが多い…。 寝ている間も噛んでいるのか、朝起きるとあごがダルイ…。 歯を噛む癖って、どうすれば直せるの? という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします。 結論から言えば、「歯を...

 

ママ
ママ

でも、子供たちにそのやり方は無理があるんじゃない?

そうですよね。

そこで今度は、子供でもできる歯を噛む癖の直し方を紹介しますね!

 

子供の噛みしめの直し方

子供の場合も、「噛みしめの直し方」は基本的に大人と同じです。

噛んでることに、自分が気付くことから始めてもらいます。

 

そのためにもまずは、子供たちに「歯を噛む癖」が悪い癖だと話してあげてください。

そして、自分で「歯を噛む癖」に気付いてもらいましょう。

歯科衛生士
歯科衛生士

でも…子供っていつも同じ場所にいるわけではありませんよね。

だから、『歯を噛まない!』と書いた付せんを見ても、噛みしめのチェックしてくれる子なんてまずいません。

 

そんなときは、手に「印」を書いてもらいましょう!

歯科衛生士
歯科衛生士

あなたも学生時代、忘れ物をしないように手に『体操服』など書いた経験がありますよね?

このように、絶対に目に入る手に「印」を書いておくことで、子供も簡単に「歯を噛む癖」をチェックできるようになるんですよ。

 

「黒丸」でも「星印」でも「歯」という言葉でも何でもいいです!

とにかく自分だけが分かる「印」をマジックで手に書いておけば、鉛筆を持ったときやご飯を食べるときに必ず目に入るので、噛みしめチェックがしやすくなりますよね!

 

そしてもし噛んでいたら

口は閉じたまま歯を「グッ」と噛んで


「パッ!」と力を抜く 

ことで、子供たちも1秒で噛みしめを直すことが出来ますから♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

手に「印」を書く方法は、これまで何百人もの子供たちに実践してもらって、1番効果があった方法です♪

ぜひ試してみてくださいね♪

それに昼間、歯を噛む癖を直すことができれば、夜に食いしばる時間を減らすことができます。

 

詳しくは、下の記事にまとめているので合わせて参考になさってくださいね!

寝てるときや睡眠中に口の中や舌を唇を噛む原因と簡単4つの対策方法!
なんで、寝ている間によく口の中や舌を噛むんだろう…。 この癖って直らないの? という悩みに、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします! 結論から言うと、あなたは昼間、無意識に歯を噛んでいます。 そのせいで、寝てい...

 

 

正しい姿勢で子供の食いしばりを予防しよう

勉強中や読書やゲームで集中しているとき、子供たちは「噛みしめ」をしながら姿勢も悪くなっています。

 

姿勢が悪くなると、あごが下がってしまいますよね?
あごが下がれば歯は当たってしまい、さらにあごの成長にも悪影響が出てしまうんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも毎回「姿勢が悪いよ!」と、子供に注意するのは大変ですよね…(汗)

子供の姿勢が悪いときは、座るだけで自然にいい姿勢になる背筋を伸ばす座椅子をつかってみましょう。

背筋を伸ばす座椅子は横隔膜を支えるので、猫背になりがちなゲーム中も姿勢を保ってくれます♪

しかも椅子の上でもつかえるから、食事中も自然に綺麗な姿勢をキープできるんですよ♪

ボリュームがある背もたれだから、気持ちよくストレッチもできますね♪

ゲームや読書をするときの姿勢を気をつけることも、「歯を噛む癖」の予防につながります!

しかも背筋を伸ばす座椅子は、椅子の上に置いてつかえるので、わざわざ新しい椅子を買い換える必要もなく経済的なんですよ♪

あごが成長中の子供たちだからこそ、正しくあごや体の骨を成長させることは本当に大切です。

 

正しい姿勢が身につけば、あごや顔も曲がらず綺麗に成長していけますから♪

 

▼姿勢が良くなる座椅子は、こちらから確認できます▼

背筋を伸ばす座椅子

 

食事をよく噛むとあごが成長し歯並びが良くなる!

子供のあごはまだまだ成長中。

だからこそ「歯を噛む癖」があれば、どんどん歯並びが悪くなってしまいます。

 

でも反対に、あごが成長する時期だからこそ、歯並びを良くするためにドンドンやってほしい口の運動があるんです♪

 

それは「よく噛んで食べること」。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実は、よく噛んで食事をすると歯並びが良くなる効果があるんですよ♪

よく噛む動こととは、「カチカチ」と上下に歯を合わせることではありません。

あなたもシマウマやキリンが、あごを左右に動かしながら草を食べている姿をみたことがありますよね?

これと同じく、子供たちも野菜やお肉を奥歯でたくさんすり潰しながら食べることで、あごを広げることができるんです。

 

その理由は、よく噛んでいると内側に傾いている歯を起き上がらせ、あごの幅が広がっていくからです。

その結果、歯が並ぶスペースができて、歯並びにもいい影響が出てくるんですよ♪

反対に「歯を噛む癖」があると、「グーッ」と垂直的な力が歯にかかって歯が内側に倒れ、口の中が狭くなってしまうんです。

 

その結果、前歯にそのしわ寄せが出て、歯並びが悪くなってしまうのです…。

 

子供たちを「綺麗な歯並び」にしたいなら「噛みしめ」を直して、食事は左右の歯をつかって、よく噛んで食べさせましょう♪

 

なお、「よく噛める食事の作り方」は、下の記事でまとめているのでぜひ参考になさってくださいね!

ご飯を噛まない子供でも100%噛む子になる食事の作り方と対策法!
うちの子、ご飯をよく噛まないからいつも早食いになっている…。 何度注意しても、よく噛んでご飯を食べてくれない…。 という悩みに、自身も2歳の子供を育児中。 歯科衛生士歴13年の経験からお答えします! 食事の度に「...

 

 

子供が歯を食いしばる癖の直し方まとめ

歯を噛む癖は、

  • 緊張する
  • 何かに集中している
  • 何かに夢中になっている
  • ストレスを感じている

ときは、普段の生活の中でも特によく噛んでいます。

特にゲームや勉強中など、集中しているときに無意識に歯を噛んでる子が本当に多いんです。

 

子供のころから歯を噛む癖があると、奥歯が内側に倒れて歯並びが悪くなったり、舌で歯を押して歯並びが悪くなるなど…良いことは1つもありません。

 

ぜひ「歯を噛む癖」を直すためにも、手に「印」を書いて噛みしめのチェックをしたり、姿勢を直しましょう!

「今」気をつけるかで、子供たちの将来の歯並びが決まりますから!

 

▼姿勢が良くなる座椅子は、こちらから確認できます▼

背筋を伸ばす座椅子

 

 

▼虫歯にしないことも綺麗な歯並びには欠かせません!歯磨き粉の選び方も一緒にぜひ♪▼

うがい不要で辛くない!子供や赤ちゃんにも安全な歯磨き粉の成分と効果
赤ちゃんや子供用歯磨き粉って、どれが安全なの? うがいもまだできないし、味も辛いと嫌がるし…。 という疑問に、自身も2歳の子供を育児中、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします。 赤ちゃんや子供の歯磨き粉って、どれを選...

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました