くちゃくちゃ食べの直し方!子供が音を立てて食べる原因と対策方法2選

歯並びを悪くする子供の癖
スポンサーリンク




食事中の子ども達。「くちゃくちゃ」食べる音が気になることはありませんか?

何度注意しても直らないし、なぜ「くちゃくちゃ」音を出して食べるのか原因も分からない…。

 

音は気になるけど、「そのうち勝手にくちゃくちゃ音も直るだろう…」と、思っていませんか?

甘いです!

 

実は「くちゃくちゃ」食べる癖がある子は、普段から口を閉じてない可能性があるんです!

 

そのまま口が閉じられずに成長してしまえば、舌の使い方まで下手になって、

  • 食べこぼしが多くなる
  • 迎え舌になる

など、食事をする姿も「残念な食べ方」になってしまう可能性があります…!

 

舌を前に出して食べる「迎え舌」の子供は要注意!原因は?2つの改善方法は必見!
「迎え舌」になっている子は、赤ちゃんの時に原因があった可能性が高いんです! 子ども達が普段、舌を出して食べる「迎え舌」になっていたら要注意! 「迎え舌」はお行儀が悪い食べ方なので、気になっているパパやママも多いと思います。 ...

 

そこでこの記事では、くちゃくちゃ音を立てて食べる原因や対策方法について解説していきます。

 

本文で紹介している方法を実践すれば、子ども達の食べ方をキレイにすることができますから早速今日から実践してみましょう!

 

スポンサーリンク

クチャクチャ音を立てて食べたり食べこぼしが多い原因は口を閉じていないから

くちゃくちゃ食べる原因

「くちゃくちゃ」音を出して食べる原因は、口を閉じて食べ物を噛んでいないからです。

 

あなたもぜひ、口を半開きにしたまま噛むマネをしてみましょう!

歯科衛生士
歯科衛生士

噛むたびに「音」が出ますよね。

 

 

ママ
ママ

本当だ!でもなぜ、子ども達は口を閉じて食べられないの?

 

その答えは、赤ちゃん時代の母乳やミルクの飲み方にあります!

 

実は赤ちゃんは「吸って」おっぱいを飲んでいるのではなく、舌で乳首を上あごに押し付け、乳首を「搾り出す」ように飲んでいるんです。

 

そのため、しっかりおっぱいを飲んだ赤ちゃんは

  • 口や舌の筋力が自然に身につく
  • 舌の正しい位置を覚える
  • あごをしっかり動かせる

ため、その後の離乳食もスムーズ食べられる子になります。

 

一方で「ちゅうちゅう吸って飲む哺乳瓶」で育った子は、口先だけで乳首を吸っているので、舌や口の周りの筋肉を十分動かせないまま成長してしまいます。

 

その結果、口の周りの筋肉が発達せず

  • 口が開いたままになっている
  • 舌が上手く動かせず飲み込み方が下手になる

原因になっていたのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ミルクで育てるなら、「哺乳瓶選び」はあなたが思っているよりとても重要です!

 

食べることや噛む動きは、赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲むときから始まっています!

 

だからこそ今赤ちゃんがいる方は、事情がない限りは母乳で育てることをおすすめします。

 

もしくは下の記事↓↓を参考に、母乳の飲み方に近い哺乳瓶を選びましょう!

哺乳瓶のおすすめの選び方!ちくびの種類が赤ちゃんの歯並びを決めるわけ
哺乳瓶の選び方を間違うと、歯並びが悪い子になる可能性があります! とはいっても…。 哺乳瓶なんてどれも一緒でしょ? 赤ちゃんがミルクを飲んでくれれば、哺乳瓶なんてどれでもいいわ。 有名メーカーや病院でおすすめされ...

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんのときから口や舌をよく動かして育つと、口をしっかり閉じられる子になります。

また舌もうまく使えるので、自然に「正しい飲み込み方」や「噛み方」を習得することができるんですよ♪

 

食事中のくちゃくちゃ音の直し方

口をくちゃくちゃして食べる癖

 

ママ
ママ

口を動かすことが大事なのは分かったけど、、おっぱいやミルクが終わった子ども達は、どうやって口の筋肉を鍛えればいいの?

 

その答えは、離乳食や食事を「よく噛む」ことです!

 

でもただでさえ、噛む回数が減っている今の食事。

もちろん、すぐ飲み込めるパスタやハンバーガーばかりの食事では口の運動はできませんよね。

 

だからこそ、下の記事↓で紹介しているように、りんごは丸かじりさせたり、食材を大きく切って「噛む回数」を増やす食事に工夫することが大切なんです。

食事を噛まない子供に100%効果あり!噛む回数が増える食事の作り方!
食事の度に「よく噛んで食べなさい!」と子供に注意していませんか? 毎回同じ注意ばかりしている自分に、嫌気がさしていませんか? でも実は、「よく噛みなさい!」と注意しなくても、 子供の早食い 噛まずに丸飲み...

 

他には、ガムを15〜20分噛むのもいい方法です♪

 

ちなみにポスカは初期虫歯の直してくれる効果があるので、虫歯になりそうな歯があるときはポスカのガムを噛むようにしましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なおキシリトールのガムは、虫歯を予防する効果はありますが、初期虫歯を治す効果がありません(汗)

 

 

クチャクチャ音を出して食べない対策方法①

よく噛んで食べると、口の周りや舌の筋肉をよく動かすようになるので、口を閉じて食べられる子になります。その結果、くちゃくちゃ音を立てて食べることもなくなります。

 

しかし、口の中に詰め込む量が多い場合は口が閉じられずに、くちゃくちゃ音を立てて食べる原因になってしまいます。

 

1口で入らないときは、前歯で噛みちぎって「噛める量」で食べさせるようにしましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

最初から小さいサイズで出す必要はありません。前歯で噛みちぎらせる刺激があごの成長を促進するので、口の中に入らないときは、どんどん噛みちぎらせましょう。

 

子供の歯並びが悪い3つの原因。歯列矯正なしでも良くする方法はある!
子供の歯並びが悪くなるのは、遺伝だからしかたない…。 やっぱり歯並びが悪くなったら、歯列矯正で直すしかないのかな…。 お金もかかるから、できるだけ自然に良くなってくれないかな。 と、あなたも子供の歯並びが悪くならな...

 

クチャクチャ音を立てずに食べる予防方法②

食べ方をキレイにする方法

 

鼻炎や風邪などで鼻が詰まっていると「口呼吸」になり、口を開けたまま食事をする原因になります。

 

慢性的な鼻詰まりにならないように、耳鼻科で治療してもらったり、風邪は早めに直すようにして口呼吸を予防しましょう!

 

 

ほかにも、ズルズルがしんどいときはすーすー茶でスッキリさせる方法もありますから、試してみるといいでしょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

子ども達でも美味しく飲めるスッキリするお茶ですよ♪

 

▼詳しくはこちらから↓詳細が確認できます▼

 

 

しんどいズルズルをスッキリさせるお茶

すーすー茶は、今までどうにもならなかった方の「最終手段のお茶」とも言われているんです。

 

モンドセレクション銅賞を受賞し多くの人の喜んでもらっているこのお茶は、ノンカフェインで糖質もゼロなので、子ども達でも飲みやすく、自然のものでスッキリしたい方に人気のお茶です。

 

実際に、すーすー茶を飲んで効果を感じている方も続出しています!

6歳の息子に飲ませています。息子はお茶の後味が気になるようで少し飲みにくそうにしていますが、調子が良い感じなのか、ずっと飲むと張り切っています。なにより自然のお茶というところが本当に嬉しいです。

 

1日目はいやがって無理やり飲んでいた息子でしたが、「オレ、一生このお茶のむわ!」と3日目には宣言していました!

 

自然のお茶ということで購入してみました。夜作って、ティーバックを取り出しやかんのまま放置、翌日水筒で職場に持って行って合間合間に飲んでいます。

ちょっと風味のある甘いアイスティーという感じで、抵抗なく飲めます。1日500mlなら楽に飲める量なので、しばらく続けてみたいと思います。

このように子どもや大人の方まで、幅広く効果を実感されています!

 

ママ
ママ

でも本当にうちの子に効果があるのか不安なんだけど…。

そうですよね。

 

でもそんな不安のある方でも納得して飲めるように、すーすー茶には返金保証がついているんです!

すーすー茶は商品が届いて25日以内なら、飲みきった後でも全額返金保証が付いているので、安心して効果を試せます!

 

ママ
ママ

アフターケアがしっかりしてるから、安心して試せるわね!

ズルズルがしんどい方は、ぜひすーすー茶でスッキリさせてから口呼吸の改善をおこなってくださいね。

 

▼詳しくはこちらから↓↓すーすー茶の詳細を確認してみましょう▼

 

 

くちゃくちゃ音を出して食べる子の原因まとめ

食事中にくちゃくちゃ音がする原因は、口を閉じていないからです。

対策方法は、口を閉じて噛むこと!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口をスムーズに閉じられるようになれば、気になるくちゃくちゃ音もなくなってきます。

 

でも普段から口がポカンと開いている子は、口を閉じる筋力が恐ろしく弱い子です…。

 

対策方法は、食事をよく噛またりガムを噛ませて、口を閉じて食事ができるように口の周りの筋力をつけること!

また、鼻が詰まっているときは耳鼻科で診てもらうなどして、口呼吸を予防しましょう。

 

くちゃくちゃ音を立てる食べ方は、決してキレイな食べ方ではありませんよね。まずは口を閉じられるように工夫して、将来子ども達が恥をかかないように直してあげましょう。

 

 

▼ズルズルがしんどいときは、こちらから↓↓すーすー茶の詳細が確認できます▼





 

 

 

コメント