食べ方が汚い子に共通する原因!スプーンに顔を近づける食べ方を綺麗に直す4つの方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

汚くご飯を食べる子供のイラスト

子供の「食べこぼしの多さ」や「食べ方の汚さ」が気になっていませんか?

特に、口から食べ物をこぼす子は要注意!

とは言っても…。

「子供だから仕方ない!」

「大人になったら綺麗に食べられるようになるはず!」

など、気になっていてもそのうち勝手に直っていくだろう…と思っていませんか?

あまいです!

この記事では、食べ方が汚い子やよく食べこぼしをする子の原因について解説していきます。

実は食べこぼしが多い子には、共通する原因があるんです。

食べこぼしは早めに直しておかないと、外で食事をする時に子供達が恥ずかしい思いをしてしまいます。

恥ずかしい思いをしないためにも、「綺麗な食べ方になる方法」はパパやママはぜひ知っておきましょう(^^)

スポンサーリンク



食事中スプーンで上手に食べられない子供が多い理由

「あーん」のイラスト

食べこぼしの多い子供達の中には、スプーンで上手にご飯やスープが食べられない子供達も多いと思います。

わたしたちがスプーンで食べる時は、唇と舌で食べ物を口の中に入れて食べていますよね。

しかし「唇と舌で食べ物を口の中に入れる動作」は、生まれつき出来るものではありません。

赤ちゃんのときに唇や舌をよく動かして、口のトレーニングをしてきたからこそできる「技」なのです!

唇を上手に使えない子は、顔のほうをスプーンに近づけて口を開け、スプーンごと飲み込むように食べてしまいます。

唇や舌をうまく使えないから、食べ物の方を喉の奥に持っていかないと飲み込めないのです(汗)

食べこぼしが多い子供達に共通する原因

突然ですが、あなたは口の中に溜まったツバを口を閉じずに飲み込めますか?

できないですよね。

わたし達が「何か」を飲み込むときには、必ず「口を閉じて」から飲み込んでいます。

実は「口をきちんと閉じる」ということは、綺麗に食事をするためにとても大切なことなんですよ(^^)

立派な歯や綺麗な歯並びがあれば、何でもよく噛める子になると思っていませんか?

違います!

残念ながら、歯があっても上手に歯を動かせない子が多いのです(汗)

歯には筋肉がついていませんよね。歯を動かしているのは「口の周りの筋肉」です!

つまり「食べ方が汚い子」は、口の周りの筋肉がうまく使えてない可能性が高い!ということ。

「スプーンでうまく食べられない子」や「食べこぼしが多い子」は、口の周りや舌の筋肉が弱い可能性があり、そのせいで口を閉じて飲み込めないし、舌で喉の奥に食べ物を送り込むのが下手になっているんです。

しかも舌がうまく動かせない子は、口の中に入った小石や魚の骨を上手に取り出すなど、細かな動きもできません(汗)

そう。食べこぼしが多い子供達の原因は「舌や唇がうまく使えていない」からだったのです!

そのままでは成長したとき、

  1. ガタガタの歯並びになる
  2. かみ合わせが悪くなる
  3. 口呼吸の原因になる
  4. 滑舌の問題が起きる

などの影響が出る可能性だってあります(汗)

もちろん、歯並びや骨格の問題は「遺伝」が関係している場合もあります。

関連記事→子供の受け口の原因は4つ!しゃくれ顔の直し方と知っておきたい年齢別の治療時期。

しかし、上にあげた4つの問題の全の根底には、あごや口や舌がうまく動かせないことが大きく関係しているのです。

「この子の食べ方はコレで仕方ない」と考えるのではなく、見方を変えたとき、わたしたちは大切な原因に気づくことができるんですよ(^^)

赤ちゃんの時にしっかり口を動かした子は食べ方も綺麗な子になる

きれいにご飯を食べる子供のイラスト食べこぼしが多い子やスプーンに顔を近づけて食べる子。

そもそもなぜ子供達は、口を閉じて食べられなかったり、舌をうまく動かせないのでしょうか?

共通することは、

①「チュウチュウ吸って飲む哺乳瓶」で育った子

②柔らかい離乳食で育った子

に多く見られる現象だということ。

実は、母乳で育った赤ちゃんと「吸って飲む哺乳瓶」で育った赤ちゃんとでは、口の動かし方に明らかな「差」が生まれるんです。

①のように「吸って飲む哺乳瓶」で育った赤ちゃんは、あまり口や舌を動かさずにミルクを飲めてしまうのです(汗)

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、口を大きく開けて「ガブッ」とおっぱいをくわえ、口の中を陰圧にし、舌で乳首を上あごに押し付けて、搾り出しながら母乳を飲んでいます。

一方で「吸って飲む哺乳瓶」では、ゴムの乳首を口先でチュウチュウと吸っているだけ。

あなたもストロー飲みのマネをしてみて下さい。舌が前後に動きますよね。上下に舌が動く母乳の飲み方とは、明らか口や舌の動かし方が違います!

そのまま吸って飲む飲み方を覚えて育ってしまえば、食べる時に舌が前に出てしまう可能性が高くなるのです。

だからこそ赤ちゃんがいる方は、知らないと後悔!【間違った哺乳瓶選び】が子供の歯並びに悪影響になる理由にも書いたように、「母乳に近い飲み方」ができる哺乳瓶を選ぶようにしましょう。

また②のように離乳食になったときも、潰したりみじん切りにして「食べやすい離乳食」で育った子は、食べ物を噛みちぎったり、奥歯ですり潰すような動きを経験することなく育ってしまい、口や舌をうまく動かせず食べ方も汚くなってしまうんです(汗)

関連記事→離裏ごしや食べやすい離乳食は作らないで!赤ちゃん用の食事が招く危険とは。

口の運動は噛むことでしかできません。

唇や舌をしっかり動かさないまま成長すれば、

  • 飲み込むときに口が閉じられず、食べこぼしが多い子
  • 自分が思うように唇を動かせず、食べ物の方を喉の奥に運ばないと飲み込めない子

になって食べこぼしの多い子になる可能性が高くなってしまうのです!

栄養面でばかり比較されることの多いミルクと母乳ですが、「口や舌の動かし方」にも大きな差が出てまうことを、わたし達親はもっと知っておくべきなのです。

食べ方を綺麗にする方法

まとめると子供達の食べ方を綺麗に直す方法は4つです。

①食事中は口を閉じること

特に口呼吸が癖になっている子は、口が普段から開いている可能性が高いです!

【口呼吸の治し方】子供でも簡単に試せる6つの改善方法を参考に、一刻も早く口呼吸を直しましょう!

ただし、鼻詰まりで口呼吸になっている場合はすーすー茶で鼻の通りを良くしましょう。

②物を入れたまま喋らないこと

食べ物を口に入れたら、口を閉じてしっかり噛むようにしましょう。食事中にお喋りしている時はパパやママも注意しましょう。

③口や舌を鍛えること

赤ちゃんなら母乳を飲んだり、「母乳の飲み方に近い」哺乳瓶を選びましょう。

④姿勢を正すこと

足をしっかり床に付けて背筋を伸ばして食事をすることも大切です。

注意しても子供の姿勢が直らないときは、食事中足がブラブラ付かない姿勢は歯並びにも影響!おすすめ子供用の椅子はこれだ!を参考に椅子の選び方を見直しましょう!

まとめ

「食べこぼしが多い子」や「スプーンに顔を近づけて食べる子」に共通する原因は、口や舌を上手く動かせないことです。

対策方法は、

①食事中は口を閉じる

②物を入れたまま喋らない

③口や舌を鍛える

④姿勢を正すこと

の4つ。

成長すれば勝手に上手に食べられるわけではありません!

歯をうまく使うためには、口や舌の筋肉をしっかり動かすことができて、初めて上手に食べられるようになるのです。

栄養面だけを気にして食事をつくるのではなく、口や舌がうまく動くように「よく噛める食事」を作ったり、鼻詰まりがある時はすーすー茶で鼻の通りを良くしてあげましょう(^^)

▼よく噛む食事の作り方は、こちらにまとめています▼

関連記事→子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!今日から簡単に出来る方法とは

口を閉じてよく噛ませることが、子供の「食べ方」にもイイ影響を与えることを、絶対に忘れないで下さいね。

口は食べ物が入る最初の場所です。だからこそ、食べるものが変われば最初に変わるのは「口」なのです(^^)

おっぱいが出にくくて悩んでいませんか?

万が一、ママの母乳が出にくい時は、ママに必要なDHAや葉酸や乳酸菌など栄養が摂れる妊娠中からできる母乳ケア「すくすく母乳の泉」で体質を改善して母乳が出やすい体をつくっていきましょう(^^)

母乳が出やすい体を作る、ママと赤ちゃんに嬉しいサプリメントです(^^)/

赤ちゃんの口の発達のためにも、(将来「歯並びがいい子」にするためにも)母乳育児を頑張ってみませんか?

美味しいお茶で母乳が出やすい体になる方法は、こちらが参考になります

合わせて読みたい→味も美味しいノンカフェインタンポポ茶は妊婦さんや母乳育児をしたいママの水分補給におすすめ!

▼すぐに確認したい方はこちらから覗いてみましょう▼

▼育児の合間にできる!10秒でできる口臭ケア方法もぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする