食事を噛まない子供に100%効果あり!噛む回数が増える食事の作り方!

歯並びが良くなる離乳食

食事の度に「よく噛んで食べなさい!」と子供に注意していませんか?

毎回同じ注意ばかりしている自分に、嫌気がさしていませんか?

 

でも実は、「よく噛みなさい!」と注意しなくても、

  • 子供の早食い
  • 噛まずに丸飲みする癖

は、1日で直すことができるんです!

 

ママ
ママ

え?まさかぁ!嘘でしょ?

ところで、あなたは「よく噛む食事」「噛む回数が増える食事」と聞くと、どんなものを思い浮かべますか?

 

ゴボウやレンコンやスルメなど、歯ごたえがあって「固いもの」を想像する方も多いと思いですよね。

でも、「固いもの」ばかりで毎日食事なんて作れませんよね…(汗)

 

そこでこの記事では、1日で子供達を「1口30回噛む子」に変身させる方法を紹介していきます!

とても簡単で効果も抜群な方法なので、子供の早食いで困っているママはぜひじっくり読んでみて下さい!

 

この方法を実践すれば、食事の度に「よく噛んで食べなさい!」なんて怒る必要はなくなりますよ!

 

しかもよく噛む子は歯並びも良くなるので、早速今日から試してみましょう!

 

スポンサーリンク

咀嚼が出来ない子供達の歯並びが悪くなる理由

よく噛むとあごが成長する理由

あごは「噛む」ことで成長し、幅も広がっていきます。

 

そのため噛まずに飲み込んでしまう子は、あごが成長せず歯が並ぶスペースができないので、歯並びが悪くなってしまうのです。

 

反対によく噛んで順調にあごが成長していくと、3歳頃になると↑上の図のように、乳歯の間に隙間があいてきます。

歯の間に隙間ができれば、永久歯に生え変わった時も綺麗な歯並びになる可能性が高くなりますよね?

 

とは言っても子供達に「よく噛んでもらう」には、ママがいくら「よく噛みなさい!」と注意しても無駄です!

 

極端な例ですが、ママの作るご飯が「豆腐料理」ばかりだったら…1口30回噛めますか?

ママ
ママ

それは無理よ(笑)

でも、タコだったらどうでしょう?途端に噛む回数が増えると思いませんか?

さらにタコも、「薄く切ったもの」と「ぶつ切りのもの」ではどちらがよく噛めるでしょうか?

簡単ですよね?

 

つまり子供達に「よく噛んでもらう」ためには、家庭の食事をよく噛めるものにすることが大切なのです!

 

では具体的な「よく噛む食事」の作り方を見ていきましょう。

噛む回数が増える食事や食材の選び方

よく噛んで食べる子にする方法

実は、多くの人が勘違いしていることがあるんです。

上にも書いたように、噛む回数が増える食事は「固いもの」だけではありません。

 

例えば

  • パンを選ぶなら全粒粉のもの
  • 海藻類やキノコがたっぷり入ったお味噌汁
  • 大きめに切ったのきんぴらごぼうや野菜の煮物
  • たこのぶつ切り
  • 大きく切ったキュウリや、手で豪快に「バサ」ッとちぎったレタスの入ったサラダ
  • 雑穀米や玄米
  • 白米を少し固めに炊く

とたったこれだけで、決して固くない食材でも噛む回数を「グッ」と増やすことができるんです!

 

つまり食材の「選び方」や「切り方」をちょと工夫をするだけで、簡単にいつもの食事を「食べにくく」作ることができるのです!

 

簡単に言うと、手抜き料理をして下さい!ということ(笑)

 

「みじん切りはしない!」

「千切りはしない!」

 

など、包丁の代わりに、細かくするのは子供達自身の「歯」で噛んでもらえばいい!と、視点を変えて考えてみましょう!

 

オクラだったらそのまま出したり、ブロッコリーも5cmくらいの大きさに切って出しちゃいましょう。もちろんお肉もミンチなんで使っちゃダメです!

我が家は徹底してやっています!

なんでも「食べやすく~」の料理番組とは、逆のことをして下さい。

 

もし食べる人が「大きい」と思ったら、包丁の代わりに自分の「前歯」を使って噛みちぎって、奥歯ですり潰して食べればイイだけのことですから。

 

なんの為に前歯があるか考えてみましょう!

 

赤ちゃんがご飯や離乳食を丸呑みする原因は?プロ実践!丸飲みを治す方法は簡単です!
赤ちゃんが噛まずに離乳食を「丸飲み」してしまうと、「むせたらどうしよう…」と心配になりますよね。 しかし結論から言えば「大きいものを飲み込める」赤ちゃんは、それだけ「食べる力」が高い証拠!心配する必要は全くないんです! ...

 

「家の食事は大きく切って出す!」が実践できれば「よく噛んで食べなさい!」なんて、毎回怒らなくてもいいし、子供達も勝手に1口30回噛むようになります!

 

もし、「大きすぎる…」と子供達が文句を言ったり、食事を食べない時は【子供の遊び食べに効果抜群!】ご飯を食べない時は5つ対策方法で叱らずイライラ卒業!を参考にしてもらえば、何でも食べる子になりますから。

 

主食を玄米に変えると簡単に噛める食事になる理由

1口30回噛む方法

雑穀や玄米は白米より噛む回数が増えるので、これを機会に主食を変えてみるのも「噛む回数を増やす」手軽な方法です。

 

しかも穀物には、エネルギーだけでなく食物繊維やビタミンBなどたくさんの栄養が含まれています。

 

特にビタミンBは、炭水化物や脂質やたんぱく質が働く時に必要な栄養素。また、皮膚や粘膜の発達にも大きく関わっています。

 

しかし、玄米を白米に精白すると、なななんと!ビタミンや食物繊維やカルシウムは半分近く減ってしまうのです…。

 

これ、すっご〜く勿体無いですよね(泣)

 

つまり主食のお米を玄米に変えるだけで、「噛む回数」が増えるだけでなく、栄養バランスも格段に良くなる食事になる!ということ。

 

ママ
ママ

今まで貴重な栄養素を捨てていたのね…(汗)

 

とは言っても、玄米は人によっては好き嫌いが分かれる食品。もしいきなり何キロも玄米を買ってしまえば、余ってしまう可能性だってありますよね…。

 

もし玄米を食べたことがない方は、最初は少量から試してみましょう!

 

ファンケルの発芽米なら量も少ないし低価格なので、玄米を初めて食べる方も味や食感を試しやすくてオススメです!

 

もちろん家まで届けてくれるので、妊娠中や小さな子供がいるママでも始めやすいですよ♪

 

主食を玄米にしておかずは大きく切って食卓に出せば、簡単に「栄養バランスのイイ噛む食事」のできあがりです!

子供が噛まずに飲み込む時の対処方法

 

 

ちなみに我が家では、もう5年以上玄米を食べています!

ファンケルの発芽米は玄米臭さも気にならず、甘みもあってモチモチしてるので2歳の娘も抵抗なく食べてくれています。

 

ぜひあなたも低価格で少量から始められるファンケルの発芽米で、子供の噛む回数を増やしていきましょう!

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

万が一玄米が難しい方は、熊本発!!国産33雑穀米を試してみましょう!

 

玄米が苦手な人でも食べやすいですよ♪

 

 

子供が噛まずに飲み込む癖を直す方法まとめ

子供達に「よく噛んでもらう」には、ママがいくら「よく噛みなさい!」と注意しても無駄です!

でも子供が自然によく噛む子になる方法はとっても簡単です!

例えば

  • パンを選ぶなら全粒粉のもの
  • 海藻類やキノコがたっぷり入ったお味噌汁
  • 大きめに切ったのきんぴらごぼうや野菜の煮物
  • たこのぶつ切り
  • 大きく切ったキュウリや、手で豪快に「バサ」ッとちぎったレタスの入ったサラダ
  • 雑穀米や玄米
  • 白米を少し固めに炊く

とたったこれだけで、決して固くない食材でも噛む回数を「グッ」と増やすことができるんです!

 

そしてもう1つ!

もっと手軽に噛む回数が増やすためにも、ぜひ主食にファンケルの発芽米を取り入れてみましょう!

 

白米を玄米に変えるだけで、栄養バランスは一気に良くなりますし、子供達も勝手によく噛むようになりますから。

 

あなたもぜひ今日から、食事は手抜きをして「よく噛める食事」を作ってみて下さい!

 

よく噛むことは、あごを順調に成長させ歯並びがいい子になるなど、メリットしかありません!

 

あなたも子供達のためにぜひ実践してみましょう!

 

▼低価格で少量から始められる「玄米」はこちらから確認できます▼

 

万が一玄米が難しい方は、熊本発!!国産33雑穀米を試してみましょう。

 

玄米が苦手な人も食べやすいですよ♪

 

 

 

▼子供達の食後の歯磨き!赤ちゃんにも使える歯磨き粉の選び方も一緒にマスターしましょう▼

0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。
赤ちゃんがつかう歯磨き粉は、絶対に適当に選ばないで下さい! わたしが歯医者で働いているとき、ママ達からの質問で多かったのが ①赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方が分からない。 ②うがいができないのに歯磨き粉を使っていいの? ...

 

 

▼育児の隙間時間でできる、口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー
朝の口臭やネバつき予防のために、歯磨き後に10秒うがいをしませんか? 寝起きの自分の口臭が気になっていませんか? 急に子供に顔を近づけられた時、「ママの息クサイ!って言われたらどうしよう…」と不安になることはありませんか...

 

 

コメント