フッ素・キシリトールの効果

フッ素・キシリトールの効果

【歯磨き粉】歯科衛生士が本当におすすめする、症状別の選び方と効果が出る使い方。

自分の口の中の症状になった歯磨き粉選びを紹介します。歯磨き粉にはフッ素による虫歯の予防、研磨剤による着色除去、 知覚過敏の緩和、歯周病予防、歯ぐきの炎症を抑える いろんな効果があります。 寝てる間は唾液の量が少なくなり自浄作用や再石灰化の低下、さらに細菌が増えやすくなり、虫歯のリスクが高くなります。歯磨き粉の選び方や使い方のポイントを説明します。
フッ素・キシリトールの効果

虫歯にならないお菓子がある!チョコレートや飴やガムで虫歯予防ができる秘密。

虫歯にならないチョコや飴やガムなどのお菓子があります。甘味料には歯にいい甘味料と悪い甘味料があります。体にいい食品の選ぶ基準として特定保健用食品の「トクホ」があります。歯科関係のチョコレートやガムやアメなどの食品も虫歯の原因になりにくく再石灰化が期待できます。歯科関連のトクホに使われている甘味料は虫歯になりにくい代用糖を使っているので「歯にいい甘味料」です。
フッ素・キシリトールの効果

フッ素洗口でうがいは子供にもおすすめ!効果的な使い方と虫歯予防になる理由

フッ素洗口剤を家で上手く使う方法を紹介します。フッ素はを強くするフッ化ナトリウム。フッ素入り歯磨き粉や洗口液などを使うと、低濃度のフッ素がエナメル質表面に働いてフッ素量を増加させ虫歯菌に強くなります。歯医者のフッ素は高濃度。フッ化カルシウムが唾液にに少しずつ溶け出していきフッ素を再びエナメル質に作用させ歯を強くすることが出来ます。
フッ素・キシリトールの効果

フッ素の安全性をプロが解説!歯磨き粉は子供に危険?適正量を守れば害はなし。

フッ素はの使用量と安全性を解説します。体に吸収されたフッ素は血液の中へ入って、各組織へ運ばれていきますが大部分は腎臓から尿へと排出されていきます。それでも排出されなかったフッ素は、さまざまな組織で利用され骨や歯などに貯えられていきます。大量のフッ素を取ると急性中毒や慢性中毒などの危険がありますが、歯磨き粉や洗口剤の使用では問題ありません。
フッ素・キシリトールの効果

知らないと損!キシリトールガムの効果的な噛み方と虫歯予防になる7つの理由

キシリトールガムの効果的な噛み方は、1回2粒程度を1日3回噛む。2~3カ月は続ける。ガムを噛むときは、唾液を飲み込まず口の中で留めておく。味がなくなってもすぐ捨てず、最低20分は噛む。を守って噛むことで、キシリトールの効果が最大限に発揮されます。キシリトールガムは甘味によって味覚を刺激し噛むことで唾液の量が増え、プラーク中のカルシウムを増やすことで再石灰化の促進効果があります。虫歯菌はキシリトールをエサに出来ないので、歯を溶かす酸を作れません。ただしたくさん食べるとお腹がゆるくなるので食べ過ぎには注意.。成分表示をみると他の甘味料が入っていることがあるので注意して選びましょう。
フッ素・キシリトールの効果

もう迷わない!ポスカとリカルデントとキシリトールガムの効果と違いを徹底比較。

ポスカとリカルデントとキシリトールの違いや特徴をまとめました。ガムを噛む時のポイントや時間などまとめています。キシリトールは砂糖の代わりに虫歯になりにくい甘味料のキシリトールが使われていますが、脱灰を修復する効果はありません。リカルデントやポスカは、再石灰化効果があり初期虫歯の修復が期待できます。ガムを噛むなら虫歯になりにくいキシリトールを噛んで、虫歯修復や口の中の環境の改善のためにリカルデントやポスカを選ぶのがオススメです。
スポンサーリンク