知らないと損!キシリトールガムの効果的な噛み方と虫歯予防になる7つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

ボトルガムのイラスト

キシリトールガムを噛むとき、味がなくなったからとすぐに捨てていませんか?

実はその噛み方は、とても「もったいない噛み方」だったんです(汗)

せっかくキシリトールガムを噛むなら、効果的に噛んで欲しいし、選んで欲しい~!と歯科衛生士としては思うのです(><)

結論から言えば、キシリトールガムの効果的な噛み方は、

  • 1回2粒程度を1日3回噛む。(歯磨き前でも後でもどちらでもいい)
  • 2~3カ月は続ける。
  • ガムを噛むときは、唾液を飲み込まず口の中で留めておく。
  • 味がなくなってもすぐ捨てず、最低20分は噛む。(片噛み防止にもなる)

の4つを守って噛むことで、キシリトールの効果が最大限に発揮されます!

あなたも「残念なガムの噛み方」になっていませんか?

ガムの噛み方を変えれば、あなたの口の中の環境が変わることを約束します!では早速、効果的なキシリトールガムの噛み方を見ていきましょう\(^o^)/

スポンサーリンク



歯磨き前でも歯磨き後でも効果あり!キシリトールガムが虫歯予防になるわけ

虫歯予防でよく知られているキシリトールは天然に存在する甘味料の1つ。

キシリトールの凄いところは、砂糖と分子の構造が違うので虫歯になる原因の「酸」を作らないことです。

キシリトールの効果は他にも、

  • 虫歯菌の力を弱める
  • 虫歯菌の数を減らしてくれる
  • 糖と同じくらいの甘味があるので、味覚が刺激され唾液の分泌が多くなる
  • 唾液中のカルシウムが増えて再石灰化効果が高くなる

と、嬉しい効果だらけ(^^)

これがキシリトールが「虫歯予防になる!」と言われている理由なんですよ(^^)/

キシリトールガムの安全性

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(女性)

キシリトールは、自然界にも存在している物質です。

身近なところでは、イチゴやカリフラワーなど野菜や果物にも含まれています\(^o^)/

(ちなみにガムに使われているキシリトールの原料は「シラカバ」で、多くがフィンランドで作られています)

またキシリトールといえば「ガム」のイメージですが、実は他のお菓子の「甘味料」としても使われているんですよ(^^)

わたし達にとっては身近な存在のキシリトール!

もちろん「安全」です♪

キシリトールが栄養管理やダイエットにも使われる理由

キシリトールは、虫歯予防の食品としてよく知られていますが、その効果は虫歯予防だけじゃありません!

砂糖と同じくらい甘いのにカロリーが砂糖の約75%!なので、栄養管理やダイエットでもよく使われているんですよ♪

しかも体の中で代謝されるとき「インスリン」を使わないので、糖尿病の人が摂っても血糖値が上がる心配もありません(^^)

トクホの表示が認めらているキシリトールが虫歯予防になる7つの働き

トクホのお茶のイラスト

「特保」の表示が認められているキシリトールは、虫歯菌のエサにならないので歯を溶かす「酸」をつくれません。さらに、口の中を中性に戻して、歯の修復を促進してくれる効果があります\(^o^)/

つまり、キシリトールガムを噛むことで、

  • 虫歯菌の数を減らす
  • 酸の発生が抑えられる
  • 虫歯自体が少なくなる
  • 歯の再石灰化を促進する
  • 甘味によって味覚を刺激し、唾液の量が増える
  • プラーク中のカルシウムを増やし、再石灰化の促進が期待できる
  • 唾液が多くなるので、虫歯になりやすい「酸性」の環境が改善される

と、7つの良いことがあるんですよ(^^♪

キシリトールを選ぶときの注意点

キシリトールは食べ過ぎると一時的に下痢の症状が出てしまうことがあります。

例えば体重あたり0.3g(体重50Kgの人なら15g)以上食べないようにするなど、量には注意して食べるようにしましょう(^ ^)

また「キシリトール」と表記されていても、成分表示をよく見ると他の甘味料が入っていることがあるので選ぶ時には注意が必要です(汗)

買う時には、成分表示をしっかり見て100%のものを買いましょう(^^)

キシリトールガムの効果的な噛み方とタイミング!

風船ガムのイラスト「ガムを膨らます男の子」

キシリトールガムの効果的な噛み方は、1回2粒程度を1日3回噛むこと。

歯磨き前でも後でも効果があるので、2~3カ月は続けてみて下さい(^^)

またキシリトールガムを噛むときは最初は唾液を飲み込まず、口の中で留めておくのがオススメです。キシリトールが歯全体に行き渡って虫歯菌の働きを抑えてくれますから(^^)/

味がなくなってもすぐ捨てず、最低20分は噛みましょう(^^)

「キシリトールの効果」を期待できるものは、お菓子だったらガムやタブレットが口の中に長くとどまるので取り入れやすいと思います。選ぶ時は成分表示をよく見て、キシリトール100%のものを選びましょう(^^)

また、歯科医院で売られている100%キシリトールガムは、歯にくっつきにくいので、矯正中の人や入れ歯の方でも安心して食べられますよ♪

でも、ガムはあくまでも補助。

歯磨きの代わりにはなりませんから、これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。を参考に食後の歯磨きはしっかりとお願いします(^^)/

まとめ

キシリトールガムの効果的な噛み方は、

  • 1回2粒程度を1日3回噛む。(歯磨き前でも後でもどちらでもいい)
  • 2~3カ月は続ける。
  • ガムを噛むときは、唾液を飲み込まず口の中で留めておく。
  • 味がなくなってもすぐ捨てず、最低20分は噛む。(片噛み防止にもなる)

の4つを守って噛んでみて下さい\(^o^)/

噛み方を注意するだけで、あなたの口の中の環境を良くすることができますかた(^^)

日常生活の中に「キシリトール」を上手に取り入れて、虫歯予防をしていきましょう(^^)/

ガムが噛めない子供たちにおすすめ!0歳から使える飲み込んでも安全な歯磨き粉

まだガムを上手に噛めない子供たちには、歯磨き粉で虫歯予防をする方法があります(^^)

歯の間の汚れまでしっかり落としてくれる歯磨き粉を使うことで、フロスを使わなくても効果的に歯の間の虫歯予防ができますよ\(^o^)/

子供はもちちろん、まだうがいのできない赤ちゃんにも使える歯磨き粉です\(^o^)/

歯科衛生士が実際に自分の娘に使っている、おすすめ歯磨き粉を紹介します。

合わせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

家で手軽にホワイトニングしたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

口元の印象を大きく変える歯の色。

黄ばんだ歯の色では、鏡をみてもテンションが上がりませんよね。

でも、ホワイトニングは高いな…と感じる時は、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があります。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ(^^)

歯が白くなる歯磨き粉は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)

今、ここまで白くなっています\(^o^)/

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい\(^o^)/

使っているから言えます。【プレミアムブラントゥース】は本当に白くなりますよ(^^)

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする