無添加の赤ちゃん用歯磨き粉!飲み込んでも安全な歯磨きジェルを選んだ3つの理由とレビュー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

歯科衛生士ママが、赤ちゃんにおすすめの歯磨きジェルを紹介します(^^)

離乳食を3食食べるようになると、いよいよ歯磨きも本格的になってきますね。

歯磨きが始まると、

「虫歯予防のために歯磨き粉も使いたいな」

「赤ちゃんが飲み込んでも安心して使える歯磨き粉はないかな?」

「うがいが出来ない赤ちゃんでも使えるものはないかな?」

と、赤ちゃんでも使える歯磨きを探しているママも多いのではないでしょうか?

かといって市販の歯磨き粉を使えば、味が「辛く」感じ、嫌がって使ってくれない子も多いと思います。

大事な赤ちゃんに使う歯磨き粉だからこそ、成分も安心で味も嫌がらずに使ってくれる物を選びたいですよね(^^)

あなたが今「赤ちゃんの歯磨き粉選び」で悩んでいるなら、ぜひこの記事を参考にして下さい。

成分や安全性、使いやすさを調べた結果、わたしが娘にドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル選んだ理由を説明していきたいと思います(^^)

スポンサーリンク



安心、安全第一!初めての赤ちゃんの歯磨き粉を選ぶ時の3つのポイント

赤ちゃんの歯磨き粉を選ぶポイントは

①まだうがいができないので、飲み込んでも安全なもの

②研磨剤が入ってなく、歯を傷つけないもの

③虫歯予防に効果があるもの

の3つのポイントで考えていく必要があります。

「どれを選んでも一緒でしょ?」と適当に歯磨き粉を選ぶと、泡立ちが多くて歯磨きしにくかったり、赤ちゃんが飲み込んでも安全なものではないかもしれませんから。

一言で言うと「適当に歯磨き粉を選んではいけない!」ということ。

娘の歯磨き粉を買うなら「飲み込んでも安全なもの」を選ぶ!

そうやってわたしが見つけたのがドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルでした。

泡立たない歯磨きジェル!無添加のドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルを選んだ理由

ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルを選んだ理由は、上に書いた

①まだうがいができないので、飲み込んでも安全なもの

②研磨剤が入ってなく、歯を傷つけないもの

③虫歯予防に効果があるもの

を満たしていたから(^^)

「特に①の安全性」は重要でした。

わたしが特に「歯磨きジェル」を気に入ったところは、使っている成分が「全て食品に使用される成分」という点です(^^)

  • フッ素
  • パラベン
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • 研磨剤
  • 洗浄成分

が入っていないので、上手に口をゆすげなかったり、赤ちゃんが誤って飲み込んでしまった場合でも安心なんです(^^)

また、ジェルタイプの歯磨き粉なので研磨剤も入ってなく、赤ちゃんの歯や歯ぐきをやさしく磨けるメリットもあるんですよ(^^)

生えたての乳歯はまだまだ未熟で傷つきやすいからこそ、歯に優しい歯磨き粉を選ぶ理由は大きいんですよ(^^)

【レビュー】無添加の赤ちゃん用歯磨きジェルの使い方と使用感

ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルの使い方は、適量を歯ブラシやガーゼに付けて、やさしく磨くだけなのでとても簡単です(^^)

透明なジェルなので写真では見えにくいですね(汗)

うがいが出来ない子は、磨いた後に口から出た唾液をティッシュで拭き取れば完了です。

わたしは娘が眠っている間に、ガーゼにジェルを少量付けて歯磨きしていたこともありました(^^)前歯だけしか生えてないときは、寝ている間にサッと磨く方法もありですよ\(^o^)/

味も「グレープ味」で美味しく磨いても泡立ちもほとんどないので、娘も嫌がらずに歯磨きしてくれ、本当に重宝しています(笑)

経験のあるママやパパなら分かっていただけると思いますが、最初からすんなり赤ちゃんが歯磨きを受け入れてくれることって…少ないですよね(汗)

歯磨きを嫌がる娘→

赤ちゃんにとって、口の中に歯ブラシや指を入れられることは、慣れてないとびっくりするし嫌がったり不快に感じ、歯磨きを拒絶する場合もあるんです。

だからこそ、まずは口の中を触られることや、歯磨きに慣れてもらうことが大切なんです。口の中を触られることに慣れてきてから「歯磨き粉」を取り入れても、全く遅くはありませんから(^^)

関連記事→赤ちゃんが歯磨きを嫌がったり苦手なら、歯磨きシートで1日1回磨く方法を勧める2つの理由。

ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルのデメリット

どんなものにもデメリットがあるようにドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルにもデメリットがあります。

わたしがまず感じたデメリットは、虫歯予防に効果的な「フッ素」が入っていないことです。

歯磨き粉を使う一番の目的は「赤ちゃんを虫歯にしたくないから」のはず。なのに、「虫歯予防に効果的なフッ素が入ってないってどうなの?」と疑問に思いませんか?

また、虫歯や歯周病予防には食べカスをとるのが一番の予防方法なのに、「洗浄成分」も入っていません。

最初は「本当にこの歯磨き粉で大丈夫?」と思い、気になったので調べてみました。

すると、

うがいができない赤ちゃんが飲み込んでしまわないように「フッ素」が入っていない。

②洗浄成分の代わりに、食物繊維の一種で粘りのある「アルギン酸Na」が入っていることで、歯磨き時に食べカスなどの汚れを落としやすくしてくれる。

という理由があることが分かりました(^^)

確かに赤ちゃんに使う歯磨き粉は、万が一飲み込んでしまったり、口の中に残っても「安全なもの」を選ぶのが一番です!

いろいろ調べて納得した結果、わたしは初めての娘用の歯磨き粉に使っている成分が「全て食品に使用される成分」ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルを選んだのです(^^)

まとめ

わたしがドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルを選んだ理由をまとめると

①うがいができない赤ちゃんが飲み込んでも安全なもの

②研磨剤なしで歯を傷つけないもの

③虫歯予防に効果があるもの

の3つでした。

特に大事なのは①と②です。

共通する理由は「赤ちゃんに優しい」ということ(^^)

健康な自分の歯が全部きちんと生えそろっている事って、実はとても幸せなことです。

歯があることで食べものを細かし、飲み込みやすい形にできるんです。

食べ物はそのままでは、わたし達の体にとっては「異物」です。でも歯で細かくすることで、胃や腸への負担をやわらげて、栄養を吸収しやすくしてくれるんですよ(^^)

食事を楽しめるのも歯があるから。

歯がなくなると、しっかりと食べ物をかみ砕くことができなくなったり、食事が楽しめなくなってしますよね…(泣)

だからこそ赤ちゃんの時から虫歯予防をしたり、歯磨きの習慣をつけることには、大切な意味があるのです(^^♪

大切な子ども達が一生自分の歯で食べられるために、早速赤ちゃんの歯のケアを始めませんか?

あなたもぜひ!

▼いますぐ確認したい方はこちらから確認してみて下さい(^^)▼

赤ちゃんのお口を優しくケアする赤ちゃん用歯磨きジェル


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする