滑舌が悪さは子供に遺伝する?「サタラ行」が発音しにくい原因と対処法!

離乳食つらい
スポンサーリンク




わたし滑舌が悪いんだけど、子どもにも遺伝したらどうしよう…。

とくに「サ行」や「ラ行」が言いにくいんだけど、赤ちゃんから予防できる方法ってないの?!

という悩みに、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします^^

 

 

結論から言えば、滑舌が悪くなったり舌足らずになる理由は、

  • 舌をうまく動かせない問題
  • 『舌の筋』の問題

と大きく2つの原因が考えられ、『舌の筋』の問題は、遺伝か関わっている可能性が高いです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

滑舌が悪いと、自分の気持ちが相手に伝わりにくくなるため、なんとかしたいですよね…。

 

ここでは、

  • 赤ちゃんのうちから舌をたくさん動かす方法
  • 舌の筋の異常を見つける方法と対処法

について紹介します^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

簡単な方法なので、ぜひ参考になさってくださいね^^

 

 

スポンサーリンク

子供の滑舌が悪いのは遺伝?た行・ら行が言いにくい2つの原因

滑舌が悪くなる理由は、

  • 舌をうまく動かせない問題
  • 『舌の筋』の問題

と、大きく2つの原因が考えられます。

 

『舌の筋』の問題は、遺伝が原因の可能性が高いです。

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、舌の動かし方の問題は、改善する余地は十分あるんですよ^^

 

そもそも、舌っ足らずや滑舌の悪い人は、普段から「舌」が正しい位置に付いていません。

 

滑舌が悪い原因

本来わたし達の「舌の先」は、上の写真↑のように『上の前歯のちょっと後ろ』に付いているのが、正常な状態です。

 

一方で滑舌が悪い人の舌は、下の前歯の裏側についています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

上あごに舌がつかず、いつもダラ〜ンと下がっているんです。

舌が上あごにうまく付かないと、「タ行」「ラ行」などの発音がうまくできませんよね。

 

その結果、滑舌が悪い話し方になってしまうんですよ…。

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とくに最近の子は、舌の筋力が恐ろしく弱いです…。

 

舌は筋肉の塊です!

 

体の筋肉のように「舌」も普段から使ってないと、衰えたり思ったように動かなくなります…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり赤ちゃんの頃から、舌をしっかり動かすことが、滑舌を悪くしない予防になるんですよ^^

 

 

 

舌の筋力が弱いと舌足らずや滑舌が悪い子になる理由

滑舌が悪い子の原因

そもそも、舌を上手く動かせない大きな原因は

①吸って飲む哺乳瓶をつかっている

②噛まなくても飲み込める「柔らかい食事」ばかり食べている

と2つの理由が考えられます。

 

吸って飲む哺乳瓶をつかっている子は、口をほとんど動かさず飲んでいるため、舌を動かすチャンスがありません。

 

また離乳食が『柔らかいもの』ばかりの赤ちゃんも、噛む回数が少なく、口の運動が十分にできないんです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その理由を紹介しますね!

 

 

吸って飲む哺乳瓶をつかっている

滑舌が悪い原因

繰り返しますが舌を正しい位置は、上の写真のように↑『上の前歯のうしろ』です。

 

でも本当なら、赤ちゃんはおっぱいを飲むことで『舌の正しい位置』を学ぶことができるんです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その理由は、おっぱいを飲むときの舌の動きを見ればわかります!

 

赤ちゃんはおっぱいを飲むとき、舌で乳首を上あご押し付け、おっぱいを搾り出しながら飲んでいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんって、おっぱいを『吸って』飲んでいるわけじゃないんです^^

赤ちゃんはおっぱい飲むことで、舌の先を自然に上あごに付けることを覚えます。

 

その結果、『た行・ら行』の発音に大切な『舌を上あごに付けるの動き』を学ぶことができるのです^^

 

 

一方ミルクで育った赤ちゃんの中には、『吸って飲む哺乳瓶』をつかって、ミルクを流し込むように飲んでいる子がいます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

このタイプの哺乳瓶は、口先だけでちゅうちゅうミルクが吸える造りになっています。

 

 

その結果、

  • 口の周りの筋肉

をほとんどつかうチャンスがなく、舌をじょうずに動かせない子になってしまうんですよ。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ミルクで育てるなら、哺乳瓶選びはものすごく大切です!

 

哺乳瓶を選ぶならぜひ、おっぱいを飲む口の動きと同じ動きができるビーンスタークの哺乳瓶を選んであげましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ビーンスタークは内側に『弁』がついているので、舌で搾り出すようにミルクが飲める造りになっているんです^^

完母だけど哺乳瓶も使いたい!おすすめ哺乳瓶の選び方と嫌がる時の対処法
完母だけど用事や体調不良で哺乳瓶を使いたい時ありますよね。でも哺乳瓶の選び方を間違うと赤ちゃんの食べたり飲んだりする口の動かし方が下手になる可能性があります。おすすめの哺乳瓶の選び方と哺乳瓶を試すときのコツを紹介します。

柔らかいものばかり食べている

舌をうまく動かすには、食事をよく噛むことも大切です^^

 

いろんな食感や固さのものを食べさせると、それだけ舌も複雑な動きになって、いいトレーニングになるんです^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも今の日本って、柔らかくて食べやすい食事ばかりですよね…。

 

とくに離乳食は『柔らかいもの』ばかりで、口や舌を使わなくても食べることができます。

 

 

その結果、赤ちゃんはしっかり舌を動かすチャンスがなく、口や舌の使い方がものすごく下手なまま育ってしまうんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

事実、柔らかい食事のせいで、食べ方が汚い子や滑舌が悪い子が増えているんですよ…。

 

対策方法は、食事をよく噛んで食べさせること^^

 

 

といっても難しく考えず、

  • 野菜やきのこたっぷりのお味噌汁
  • 干し大根の煮物
  • 硬めに炊いたご飯
  • 大きめに切った野菜の煮物

 

など、たったこれだけでも噛む回数を自然に増やすことができます!

 

他にも農薬をつかってない野菜なら、皮付きのニンジンやきゅうりをステック状にして噛ませるだけでも、りっぱな『噛むおやつ』になりますよね^^

 

だから、たとえ歯のない赤ちゃんでも、口をたくさん動かす練習をさせてほしいんです。

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

段階を踏んでいけば、赤ちゃんでもよく噛んで食べる子になりますから^^

離乳食をもぐもぐしない・噛まない赤ちゃんを100%噛む子にする方法
7ヶ月を過ぎたのに離乳食をもぐもぐできない・噛まない赤ちゃんを簡単に噛ませる方法を紹介します。

 

 

\反農薬で新鮮な野菜の選び方はこちら/

らでぃっしゅぼーやを赤ちゃんのいるママにおすすめしたい5つの理由と特典!
らでぃっしゅぼーやは赤ちゃんのいる家庭にかなりおすすめです!送料が無料になる条件や野菜の品質や安全性など細かく紹介します。

 

 

舌の筋が短い原因は遺伝の可能性が高い

舌の動かし方以外で、滑舌が悪くなる理由に『舌の筋が短い』ことがあります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

『舌の筋』は、舌を上に持ちあげると見えますよ^^

 

舌を持ち上げると、写真の黒丸のような「筋」がありますよね^^

舌が上がらない理由

 

この舌をつないでいる『筋』が短いと、『舌』が動ける範囲が狭くなって、うまく発音できなくなるんです。

 

舌の筋の短かさは、遺伝の可能性があります!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ぜひあなた自身の『舌』を鏡で見ながら、次のことをチェックしてみましょう。

 

  • 舌を上げた時に舌の先が引っ張られて、ハート形にくびれる

  • 舌を前に出したとき、舌の先が下にさがる
  • 口を開けたまま、舌の先が上あごに付けられない
  • 舌の真ん中に陥没が見られる

 

などの症状がないか見てみましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

スムーズに言葉を話すためには、『舌』の動きがとても大切です。

 

舌が上手に動かせないと、

  • 食べ物がうまく飲み込めない
  • 「サ・タ・ラ行」が言いにくい

など、発音や食べるときに悪影響が出てしまいますから…。

 

舌の筋が短いときはどうする?

『舌の筋』が短くても、日常生活に支障がなければそのまま様子をみます。

 

でもあまりにも発音しにくかったり、舌が上手に動かせないときは、歯医者で

 

  • 舌のトレーニングをする
  • 舌の筋を切る

 

などの治療をしていきますので、気になることがあれば一度歯医者で診てもらいましょう。

 

 

舌のトレーニング方法とは

舌のトレーニングの方法は、

 

  • 舌の先をスポット(上の前歯の少し後ろ)に当てる舌を動かすトレーニング方法
  • 舌を上あごに押し付けて、舌で上あごをはじくように「ポンッ!」と音を鳴らす

  • 舌を前に出して、早く左右に振る

  • スティックを口の前に持って、舌の先でスティックを押し合う

 

のような簡単な運動をして、舌が動く範囲を広げていきます^^

 

こうすることで、

  • 舌の「筋」をある程度伸ばすことができる
  • 舌の運動範囲が広がる
  • 舌が上にあがる

3つの効果で、舌の動きを滑らかにすることができるんですよ^^

 

舌の筋を切る

残念ながらトレーニングをしても舌が十分動かないときは、
外科処置で舌の「筋」を切ることを検討しなくてはいけません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

と言っても、簡単な処置で終わりますから安心してくださいね♪

 

でも「筋」を切るだけでは治療は終わりません!

 

ママ
ママ

え?どうして?

なぜなら筋を切って動かしやすくしても、舌の動かし方はヘタなまま。

 

発音や喋り方は改善されてないので、聞き取りにくいままになってしまうからです。

 

 

そのため、筋を切って舌がよく動くようになったら、

 

  • 正しく舌を動かせるようにトレーニングする
  • いろんな食材をよく噛んで舌をたくさん動かす

 

必要があるんですよ^^

 

 

滑舌や舌っ足らずの予防方法まとめ

滑舌が悪くなる原因には、

  • 舌の動かし方が下手な問題
  • 舌の筋の問題

と2つの問題があります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舌は筋肉の塊です!

 

体の筋肉のように「舌」も普段からつかってないと、衰えてしまい、思ったように動かせなくなります。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舌の動きが悪いと、滑舌が悪くなるのは当然ですよね…。

 

だからこそ、赤ちゃんのうちからしっかりおっぱいやミルクを飲ませたり、離乳食を噛める食事にしてたくさん舌を動かすことが大切なんですよ^^

 

また『舌の筋が短い』場合は、遺伝する可能性があるので、ぜひ紹介した項目をチェックしてみましょう!

 

しっかり発音できることは、自分の気持を相手に伝えるためにもとても大切なこと!

 

赤ちゃんのときから予防する方法はあるので、ぜひできることから実践してみましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とくに野菜を大きく切って食べさせる方法は、勝手に噛む回数が増えておすすめ!

ぜひ実践してみてくださいね!

 

\反農薬で新鮮な野菜の選び方はこちら/

らでぃっしゅぼーやを赤ちゃんのいるママにおすすめしたい5つの理由と特典!
らでぃっしゅぼーやは赤ちゃんのいる家庭にかなりおすすめです!送料が無料になる条件や野菜の品質や安全性など細かく紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました