子供の滑舌が悪い原因は?「サタラ行」の発音が言いにくいときの改善方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

子供達の「滑舌」が、気になっていませんか?

もし

  • 滑舌が悪い
  • 舌っ足らずな話し方になっている
  • 会話の最中に舌がもつれる
  • 「あっかんべー」をした時に舌の形が「ハート」のようになっている
  • 何を言っているのか聞き取りにくい
  • 「サ行」や「ラ行」が発音しにくい

など、子供達の話し方や舌の動かし方が気になった時は、口の中の「筋」に問題がある可能性があります!

突然ですが…舌を上に持ち上げてみて下さい。

舌の下に、写真の黒丸のような「筋」が見えると思います。

普段あまり気にすることのない舌の「筋」の存在ですが、実は筋」の長さが、発音や話し方に大きく影響を与えていたのです。

「え?本当に?」と思いますよね?でも本当なんです。

この記事では、滑舌や発音にも影響を与える口の中の「筋」の存在について解説していきます。

「サ行」や「ラ行」が言いにくかったり滑舌が悪い子は、口の中の「筋」に原因があるかもしれません!

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク



舌足らずで聞き取りにくい!発音しにくくなる原因

鏡を見ながら舌を上げた時、写真のような「筋」が見えると思います。この筋を、専門用語で舌小帯(ぜつしょうたい)と呼んでいます。

実は、この舌の筋に「短い」などの異常があると、

  • 舌を上げた時に舌の先が引っ張られて、ハート形にくびれる

  • 舌を前に出したとき、舌の先が前に出ず下の方に下がる
  • 口を開けたまま、舌の先が上あごに付けられない
  • 舌の真ん中に陥没が見られる

などの症状が見られます。

舌の「筋」に異常があるかどうかは、舌を上げたり前に出すと分かりやすいので、子供達の舌を見るときは是非チェックしてみて下さい(^^)/

舌の筋が短いと舌が動く範囲が狭くなり発音にも影響する

わたし達がスムーズに言葉を話すために、「舌」の位置や動きはとても重要です。

舌の筋に異常があると、舌を動かせる範囲が狭くなってしまうので、舌をコントロールすることが難しくなってしまうのです。

しかも舌の筋が短いと、舌が上に上がりにくくなりますよね。

その結果、本来あるはずの舌の正常な位置のスポット(上の前歯の少し後ろ)に舌がなく、舌の位置は常に低い場所に(下の前歯の裏側)下がってしまうのです。

そのままでは、「舌で下の前歯を前に押す悪い癖」が身について、

  • 前歯が唇側に傾いて歯並びが悪くなる
  • 反対咬合の原因になる

など、歯並びが悪くなる可能性が高くなってしまいます(汗)

関連記事→子供の受け口の原因は2つ!知っておきたい年齢別ベストな治療時期とは。

さらに困ったことに、舌が上手に動かせないと、食べ物がうまく飲み込めなかったり「サ・タ・ラ行」が言いにくいなど、発音や食べる時にも悪影響が出てしまいます。

舌小帯に異常があるときは、歯医者で

  • 舌の筋を切除する
  • 舌のトレーニング

などの治療をしていきますので、気になることがあれば一度歯医者で診てもらうことをおすすめします。

滑舌が悪い時の歯医者での治療法と舌のトレーニング方法

舌の筋が短くても日常生活に支障がなければそのまま様子をみます(^^)

しかしあまりにも発音しにくかったり、舌が上手に動かせないときは、「舌のトレーニング」をしたり舌の筋を切ることもあるんです。

詳しく見ていきましょう!

舌のトレーニング方法

舌のトレーニングをすると

  • 舌の「筋」をある程度伸ばすことができる
  • 舌の運動領域が広がる
  • 舌が上に上がる

3つの効果で、舌の動きを滑らかにすることができます(^^)

具体的なトレーニングの方法として、

  • 舌の先をスポット(上の前歯の少し後ろ)に当てる。
  • 舌を上あごに押し付けて、舌で上あごをはじくように「ポンッ」と音を鳴らす。
  • 舌を前に出して、早く左右に振る。
  • スティックを口の前に持って、舌の先でスティックを押し合う。

のような簡単な運動をして、舌の可動域を広げていきます(^^♪

②トレーニングしても改善しない時は舌の筋を切る

残念ながらトレーニングをしても舌が十分動かないときは、外科処置で舌の筋を切ることを検討します。

治療方法は筋を切ることですが、簡単な外科の処置で終わりますよ♪

関連記事→舌っ足らずで悩んでいる子供も大人も必見!滑舌が悪い原因と3つの治し方はこれだ!

でも筋を切るだけでは治療は終わりません!

なぜなら正しい舌の使い方を練習しないままでは、発音や喋り方は改善されず、聞き取りにくいままになってしまうからです。

そのため、筋を切って舌がよく動くようになったら、正しく舌を動かせるようにトレーニングする必要があるのです。

まとめ

普段、あまり気にすることのない口の中の「筋」。

でも「筋」は食べることや喋るときに、重要な働きをしてくれる存在です(^^)

滑舌が悪い時はもちろん、

  • 舌を上げた時に舌の先が引っ張られて、ハート形にくびれる
  • 舌を前に出したとき、舌の先が前に出ず下の方に下がる
  • 口を開けたまま、舌の先が上あごに付けられない
  • 舌の真ん中に陥没が見られる

など、子供達の舌の動きや形が「おかしいな?」と思ったら「筋」の異常を疑ってみましょう!

喋り方や舌の動きが気になったら、早めにかかりつけの歯医者や虫歯治療が1日で完了する、通わなくていい歯医者で相談して、原因をはっきりさせることをおすすめします(^^)/

▼虫歯にしないことも綺麗な歯並びには欠かせません!仕上げ磨きにも使える虫歯予防に効く歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→プロ直伝!虫歯予防の歯磨き完全テクニック!上手な歯の磨き方はここを押さえて!

▼育児の隙間時間で口臭予防!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする