歯の本数は関係ある?まだ前歯しか生えてない赤ちゃんの離乳食の進め方

歯並びが良くなる離乳食
スポンサーリンク




離乳食で悩む必要はありません!

なぜなら赤ちゃんは、まだ歯が生えそろっていなくても、ほとんどのものを食べることができますから!

 

初めての赤ちゃんの離乳食。

あなたも

  • 離乳食はいつから?
  • どんな硬さのもの?
  • 大きさは?

と不安や疑問をたくさん抱えていると思います。

 

育児書やネットで調べてみると、

  • 5~6ヶ月   ドロドロ状
  • 7~8ヶ月   舌で潰せる硬さ
  • 9~11ヶ月    歯ぐきで潰せる硬さ
  • 12~15 ヶ月    歯で噛める硬さ

と、赤ちゃんの月齢で離乳食の種類が分けられていますよね。

 

しかし実はこれ、よろしくないんです…(汗)

 

例えば、『まだ9ヶ月だからこの離乳食は早すぎる!』と、月齢で赤ちゃんの食べれる・食べないを勝手に判断して、しなくていい心配や不安をあなたが抱えることになってしまうからです。

 

「赤ちゃんの月齢基準の離乳食」は、多くのママが知らないうちに「月年齢」に振り回されて苦しんでしまう可能性がある!ということを知ってほしいのです。

 

結論から言えば、赤ちゃんはまだ歯が生えそろっていなくても、ほとんどのものを食べることができます!

 

「柔らかいものしか食べられない!」と決めつけているのは、わたし達大人の方だったんです!

 

 

どうしてそう言い切れるのか。もちろんそこにはきちんとした理由があるんです♪

 

そこでこの記事では、栄養指導や育児書のやり方にとらわれない「離乳食の始め方や進め方」を紹介していきます。

 

離乳食の進め方に悩んでいるあなたにとって必ず役立つ内容になっていますから、ぜひじっくり読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

初めての離乳食の硬さはどれくらい?いつから始める?

離乳食の硬さ

離乳食の本来の目的は、家族みんなと「同じ大きさや味」のものが食べられるようになることです。

つまり育児書に書かれている、柔らかいのものを食べることが目的ではないんです!

 

それにわたし達人間も動物です。
動物の世界に「ベビーフード」のような離乳食なんて…ありませんよね?

お母さんのおっぱいが終われば、あとは大人と同じものを食べて成長しますよね。

 

つまり人間の赤ちゃんも、おっぱいやミルクが終われば、「大人と同じもの」が食べられる!ということです。

 

結論から言えば、赤ちゃんの離乳食は難しく考えないでください!

 

育児書やネットで離乳食のメニューが特集されるから、離乳食は「特別なモノ」を作らなくてはいけない!と、わたし達は一種の洗脳のように思わされているんです。

 

でも考えてみれば、毎年何百万人もの赤ちゃんが1歳の誕生日をむかえて、無事に離乳ができています。

 

もしも、「離乳マニュアル」なんてものがあれば、離乳できない子もたくさん出てくると思いませんか?

 

忘れちゃいけないことは離乳食の本来の目的は「家族の食事が食べられるようになる」こと。柔らかい物が食べられることがゴールではないのです。

 

奥歯なしでも食べられる!歯が生えそろってない赤ちゃんにも大人と同じものを食べさせよう

歯がなくても食べられる理由

例えば、昔の子どもが5人も6人もいるのが当たり前だった時代。

 

赤ちゃんの食事は、お味噌汁にご飯を入れて柔らかくしたり、お母さんが噛んで柔らかくなったものを食べさせていました。

そう。

離乳食を「別メニュー」でつくったりせず、赤ちゃんにも家族と同じ食事を食べさせていたんです。

 

離乳食とは本来、簡単なものでなくてはいけません。

簡単でないと、人類はとっくに滅んでいると思いませんか?

 

 

それに、赤ちゃん用に別メニューを作って味付けをすることは、赤ちゃんが将来パパやママと違う「味覚」になってしまう可能性も否定できませんよね(泣)

 

家族が同じものを食べることで、赤ちゃんも家庭の味を覚え、食卓がコミュニケーションの場になっていくのです。

 

前歯しか生えてない赤ちゃんが何でも食べられる理由

前歯しか生えてない時の離乳食

 

赤ちゃんの離乳食を始める時期の目安は、

①しっかり母乳が飲めて、お座りができる頃

 

赤ちゃんがご飯や離乳食を丸呑みする原因は?プロ実践!丸飲みを治す方法は簡単です!
赤ちゃんが噛まずに離乳食を「丸飲み」してしまうと、「むせたらどうしよう…」と心配になりますよね。 しかし結論から言えば「大きいものを飲み込める」赤ちゃんは、それだけ「食べる力」が高い証拠!心配する必要は全くないんです! ...

 

②アレルギー予防のためにも満7ヶ月を過ぎた頃

 

離乳食を拒否して吐き出す原因と赤ちゃんが食べる子になる4つの条件
なんでうちの子、離乳食を食べてくれないの? 4〜5ヶ月頃から離乳食を始めても、思うように赤ちゃんが食べてくれず、悩んでいませんか? せっかく口の中に離乳食を入れても、ベーッと吐き出して食べてくれない…。 「育児書や...

 

の2つの条件を満たした時期から、少しずつご飯を食べさせはじめ、「おっぱいを飲むこと」から「食べること」へ移行させていきます。

 

5ヶ月など、早い時期から食べさせたい気持ちはわかりますが…。そこは我慢!

 

7ヶ月を過ぎて姿勢がしっかりしてきたら、最初はご飯を潰した程度のものを、1日1回から食べさせていきましょう。

そして体調が良ければ、1日2回食、3回食と1〜2ヶ月かけて徐々に回数を増やして、徐々にミルクや母乳の量を減らしていきましょう。

 

ウンチの状態や体調を見ながら、ゆっくり胃や腸を慣らしてあげて下さい。

 

体調やウンチの状態が良ければ、どんどんパパやママの食べている煮物や普通の固さのご飯を食べさせて大丈夫です♪

 

もちろん、大人がジャンクフードばかりの食生活ではダメですよ(汗)

 

歯がなくても食べられるものはたくさん!歯ぐきで潰しながら赤ちゃんは噛むことを覚えていく

歯が生えてなくても食べられるもの

 

ママ
ママ

でも、歯が十分生えてない赤ちゃんに、大人の食事をあげていいの?

 

大丈夫です!

 

その理由は、まだ歯がなくても、赤ちゃんはおっぱいを飲むように舌を上あごに押し付けて食べようとするからです。

 

そして成長とともに歯ぐきで上手に食べるようになって、歯が生えてくると噛んで食べるようになるんですよ。

 

つまり、歯があるから「食べられる」のではなく、「食べること」は赤ちゃんが練習して身につけていく!ということ。

 

それに歯がまだ生えそろってない時期から、いろいろな食感や大きさの食べ物をあげることは、赤ちゃんにとっても大切な経験になります!

 

歯がなくても、赤ちゃんなりに歯ぐきや前歯を使って工夫して食べようと頑張ります!その経験の中で、うまく噛めるようになっていくんですよ。

 

 

実は、多くの人が勘違いしていることがあるんです。

それは、歯が生えていれば何でも食べられる子になる!と信じていること。

 

でも実際は、歯があるから「何でも食べられる子」になるわけではないんです。

 

 

なぜなら、歯には筋肉がついていませんよね?

歯を動かしているのは、口の周りの筋肉なんです。

つまり口をうまく動かせないと、せっかく立派な歯があっても、うまく使って食べることができないのです。

 

だからこそ、初めての離乳食は

  • ご飯を少し潰す
  • ご飯にお味噌汁をかけたもの
  • 季節の野菜の煮物を少し潰す

など、口をなるべく動かして食べるものを与えることが大切なのです。

 

それに柔らかい離乳食は、下の記事でも紹介したように、子供の歯並びを悪くするなど、口の健康にとっても悪影響しかなありませんから…。

裏ごしや食べやすい離乳食は作らないで!赤ちゃん用の食事が招く危険とは。
赤ちゃんを何でも食べる子にしたいなら、離乳食はつくってはいけません! 初めての赤ちゃんの離乳食。 いつから始めるの? どんな硬さのもの? 大きさは? と、ママも不安や疑問がいっぱいですよね。 ...

 

 

噛むことも、飲み込むことも学習!

歯が生えてなくても、赤ちゃんは歯ぐきや舌を使って食べられます!

 

忘れないでください!

「食べれるか食べれない」は大人じゃなくて、赤ちゃんが決めることなんです!

 

赤ちゃんが何でも口に入れる時期をうまくつかって、いろんな

  • 食感
  • 固さ
  • ニオイ

を経験させてあげることは、味覚を形成し、食べる意欲がある子に育てることにつながるんですよ♪

 

離乳食をつくらない方法を実践している患者さん達の感想

「離乳食はつくらない!」この方法を実践している患者さんのママからも、

 

「こんなに楽な方法で良かったんですね!」

「上の子の時の離乳食の苦労は何だったの…」

「ペースト状の離乳食よりモリモリ食べてくれます!」

 

と嬉しい感想を頂いてます。

 

育児書の離乳食の進め方は洗脳です!

 

だって考えてみて下さい。

離乳食がない時代でも、みんな問題なく育ってますよね。

離乳食は作らない!

 

その代わり、赤ちゃんにも食べさせる家庭の食事の「質」を上げることを考えましょう!出汁をしっかりきかせてあげれば、薄味でもおいしい食事をつくることができますから。

 

赤ちゃんの食事におすすめの出汁

ママ
ママ

でも、大人と同じ食事は赤ちゃんには塩分が多いんじゃない?

とあなたも心配になっていると思います。

 

 

安心して下さい!

塩分の問題は、おいしい出汁をうまく使えば解決します!

 

原材料は、かつお節とこんぶだけ。

 

食塩・化学調味料、添加物を使ってないやさしい出汁パックを使えば、調味料を足さなくても美味しい食事がつくれます。

 

出汁をきかせた具沢山お味噌汁や煮物など、その家の「味」を赤ちゃんに覚えてもらって、食べることが大好きな子になってもらいましょう!

 

美味しい出汁を使えば塩分少なめでもしっかり味がでるので、赤ちゃんの食事にも安心して使えますから。

 

結局大人がバランスのとれた食事を食べることが、赤ちゃんのためになるのです!

 

もちろん我が家も出汁パックを使っていますが、娘も出汁パックでつくったお味噌汁をいつも「ママ、お汁美味しいね〜♪」とモリモリ食べてくれています!

 

ぜひあなたも添加物なしの出汁パックで、赤ちゃんのために美味しい和食をつくってあげましょう!

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

離乳食の始め方まとめ

赤ちゃんの離乳食開始の目安は、

①しっかり母乳が飲めて、お座りができる頃

②アレルギー予防のためにも満7ヶ月を過ぎた頃

の2つの条件を満たした時期から、少しずつご飯を食べさせはじめ、「おっぱいを飲むこと」から「食べること」へ移行させていきましょう。

 

でも、赤ちゃんの成長スピードはみんな違って当たり前。

 

同じ食べ物でも、赤ちゃんによって食べられる年齢にかなりの差があり「食べる時期」もみんな違ってて当然です。

 

早産で早くに産まれた赤ちゃんもいれば、10ヶ月で生まれる赤ちゃんもいる。

 

1人1人生まれてきた時期も違うのに、何ヶ月になったから離乳食開始!と一律で決めてしまうのは…なんだかおかしいですよね。

 

 

1人1人の成長に合わせながら離乳食を進めていけば、ママも余計な不安やイライラを抱えることもなくなるはず。

 

肩の力を抜きながら、もっと離乳食や育児を楽しめるようになると思いませんか?

 

忘れないで下さい!

赤ちゃんは歯がなくても食べられます!

 

離乳食は安定してお座りができ、手が自由に動かせる7ヶ月以降から始め、最初は少し潰したご飯から食べさせて、ウンチの状態や体調が良ければ、徐々に大人と同じものを食べさせましょう!

 

手間をかけて「柔らかい離乳食」をつくるなら、家族の「食事の質」を上げることを考えてほしいのです。

 

美味しい出汁でつくった大人の食事を赤ちゃんにも食べさせることで、赤ちゃんもあなたの家の味を覚え、家族の一員として食事に参加できます!

 

なにより離乳食を別メニューでつくらない生活は、あなた自身にも時間と心のゆとりを与えてくれますから♪

 

ぜひあなたもで、食塩・化学調味料、添加物を使ってないやさしい出汁パックで、赤ちゃんのために美味しい和食をつくってあげてくださいね!

 

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

 

 

 

▼歯が生え始めたら歯磨きもスタート!赤ちゃんにも使える歯磨き粉の選び方もマスターしましょう▼

0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。
赤ちゃんがつかう歯磨き粉は、絶対に適当に選ばないで下さい! わたしが歯医者で働いているとき、ママ達からの質問で多かったのが ①赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方が分からない。 ②うがいができないのに歯磨き粉を使っていいの? ...

 

 

 

 

コメント