離乳食は歯がない時期から食べられる!生え始めや歯の本数は関係なし!

歯並びが良くなる離乳食
スポンサーリンク




まだ下の歯が2本しか生えてないのに、離乳食って食べられるの?

歯がないと噛み切れないから、おかゆとか裏ごしした離乳食の方が安全よね?

という疑問に、自身も2歳の娘を育児中。

これまで何百人もの赤ちゃんの食事指導をしてきた歯科衛生士が、13年の経験からお答えします。

 

まだ歯が生えてない赤ちゃんの離乳食って、

  • そもそも食べられるの?
  • 硬さや大きさは?

と不安や疑問がたくさんありますよね。

 

結論から言えば、歯の本数で離乳食を悩む必要はありません!

なぜなら赤ちゃんはまだ歯が生えそろっていなくても、ほとんどのものを食べることができるからです。

歯科衛生士
歯科衛生士

どうしてそう言い切れるのか。

もちろんそこには、きちんとした理由があります♪

そこでこの記事では、「歯がなくても赤ちゃんが離乳食を食べられる理由」について紹介していきます。

 

とくに「奥歯がないと噛めないはず…」と思っていたあなたは、ぜひじっくり読んでみて下さいね。

本文を読めば「柔らかいものしか食べられない!」と決めつけていたのは、わたし達大人の方だったと、分かっていただけると思います。

 

スポンサーリンク

離乳食は歯が生えてないとかじるのは無理?歯の本数は関係ある?

歯が生えてなくても食べられるもの

まだ歯が生えてないと、「前歯で噛み切れないのでは?」「奥歯で噛めないのでは?」と心配になりますよね。

 

でもね。

赤ちゃんは歯がなくても、舌や歯ぐきをつかって食べることができるんですよ。

 

なぜそう言い切れるのか。

その理由は、しっかり母乳を飲んで育った赤ちゃんは、食べ物を「噛む」→「飲み込む」という口の動きをマスターしているからです!

 

赤ちゃんはまだ歯がなくても、母乳を飲むときように、舌を上あごに押しつけて食べようとします。

そして成長とともに歯ぐきで上手に食べるようになって、歯が生えてくると噛んで食べるようになるんですよ。

 

それに歯がまだ生えそろってない時期から、いろいろな食感や大きさの食べ物をあげることは、赤ちゃんにとっても大切な経験になります!

 

歯がなくても赤ちゃんなりに、歯ぐきや前歯をつかって工夫して食べようと頑張るからです。

その経験の中で、うまく噛めるようになっていくんですよ♪

 

つまり離乳食をうまく食べられるかは、「歯の本数」よりも母乳やミルクをしっかり飲んだかどうかが、大きな要因になっていたのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

母乳をしっかり飲んだ子は、歯がなくても上手に食べることができます♪

その理由を説明しますね!

 

母乳をしっかり飲んだ子は、歯がなくても食べられる子になる!

赤ちゃんが「母乳を飲むときの舌の動き」を見てみましょう!

歯科衛生士
歯科衛生士

実は赤ちゃんって、母乳をチュウチュウ吸って飲んでいるわけではないんですよ。

赤ちゃんは乳首をくわえたら、舌を上あごに押しつけて圧を加え、口の周りの筋肉をつかって「搾り出す」ように飲んでいるのです。

 

搾り出す飲み方のおかげで、赤ちゃんは自然と「舌を上あごにつける動き」を覚えていくんですよ。

 

そしてこの「舌を上あごにつける動き」を覚えることで、食べ物をスムーズに飲み込めるようになるのです。

 

あなたも「唾液」を飲み込んでみましょう。

上あごに舌をつけたまま、唾液を飲み込みましたよね!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あなたが今、食べ物を上手に飲み込めるのも、赤ちゃんのときに「舌の正しい動かし方」をマスターしているからなんですよ♪

 

反対に「上あごに舌をつける動き」ができなければ、食べ物を上手に飲み込むことができず、

  • 食べこぼしの多い子
  • 大きなものを上手に飲み込めない子

になってしまいます。

 

では今度は、赤ちゃんが母乳を飲むときの「下あごの動き」を観察してみてください。

あごがリズムよく上下に動いていますよね!

このあごの動きは、食べ物を噛むときの基本となる動きです。

 

つまり母乳をしっかり飲んだ子は、離乳食が始まる前からすでに「噛む」→「飲み込む」という口の動きをマスターしているのです。

だから歯が生えそってなくても、歯ぐきや舌をつかってすり潰したり噛むことができるんです。

 

ママ
ママ

でも、やっぱり歯がないと上手に噛めない気がするんだけど…。

あなたも、こんな疑問があると思います。

 

でもね。

歯はあくまでも道具です。

 

だって、歯に筋肉はついていませんよね。

歯を動かしているのは、口の周りの筋肉なんです。

つまり口の周りの筋肉をうまく動かせないと、いくら立派な歯が生えていても、上手に噛み切ったりすり潰すことができないんです。

 

想像してみましょう。

たとえば、「切れ味バツグンの包丁」があったとします。

でも料理経験ゼロの人がその包丁をつかっても、腕の動きもぎこちなく、身体に力も入りすぎて、うまくつかいこなせませんよね。

 

でもベテラン主婦の方や料理人の方なら、身体の力を抜いたまま「トントントン〜!」と軽やかに包丁をつかいこなしていると思いませんか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

この違いは、筋肉のつかいかたにあります。

つまり道具がいくら立派でも、その道具をつかいこなせる筋肉の動きを習得してないと、うまく食材を切ることができないのです。

 

これは歯も同じこと。

いくら立派な歯があっても、口の周りの筋肉を上手に動かせないと、うまく噛むことができないんですよ。

 

反対に、母乳をしっかり飲んで口の周りの筋肉をつかってきた子は、歯がなくても歯ぐきや舌をつかって上手に食べることができるんですよ。

 

ママ
ママ

でも、ミルクで育てる場合はどうなの?

ミルクで育てる場合は、哺乳瓶を「母乳の飲み方に近いもの」を選んでいきましょう!

 

哺乳瓶の選び方を間違うと食べるのが下手な子になる

ミルクで育てるときは、「哺乳瓶の選び方」が大切になります。

たとえば、乳首にポツンと穴が開いているタイプの哺乳瓶って、ありますよね。

 

このタイプの哺乳瓶は、赤ちゃんが簡単にミルクを流し込める構造になっています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも楽したぶん、十分に口の周りの筋肉や舌をつかえずに育ってしまうんです…。

しかも「吸って飲む哺乳瓶」では、母乳のように搾り出す口の動きができません。

その結果、離乳食が始まっても噛んだり飲み込むのが下手な子になったり、舌を歯の間に入れる悪い癖が身につく可能性があるんですよ。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

「吸って飲む哺乳瓶」と「母乳」の飲み方では、口の動かし方に大きな違いにあります!

「チュウチュウ吸って飲む哺乳瓶」は、たとえるなら「ストロー飲み」のように、舌を下の前歯に当てるような飲み方。

 

あなたもストローを飲むときのように、口を動かしてみましょう。

舌を歯の裏に当て、舌が波打つように前後に動いていませんか?

 

本来舌の動きは、上下の動きだけのはず!

歯科衛生士
歯科衛生士

舌が前後に動くのは、英語の発音のときくらいです。

でも「吸って飲む哺乳瓶」をつかっていると、赤ちゃんは舌の前後の動きを覚えてしまいます。

 

その結果、離乳食になったとき、食べ物を飲み込もうとするのに舌が前に出て食べこぼしが多くなったり、舌や歯ぐきをつかって上手に食べることができなくなってしまうのです。

ミルクで育てるなら、「哺乳瓶選び」はあなたが思っているよりものすごく大切です!

ぜひ哺乳瓶を選ぶなら、母乳を飲むときと同じような口の動きができるビーンスタークの哺乳瓶を選びましょう。

 

ビーンスタークの哺乳瓶は、乳首に「弁」がついているので、吸うだけでは飲めない構造になっています。

つまり、母乳のように搾り出さないと飲めない乳首のため、正しい口の動かし方をマスターできるんですよ。

ちなみに、哺乳瓶の乳首は同じものを繰り返し使用すると劣化が早くなるので、何個かをローテーションでつかいましょう。

▼変えのニプルはこちら▼

 

▼哺乳瓶のより詳しい選び方は、こちらが参考になります▼

【哺乳瓶のちくびの種類と選び方】おすすめは母乳と飲み方が同じもの!
哺乳瓶ってどれを選べばいいの? 赤ちゃんが飲みやすいものを選んだ方がいいの? という疑問に、これまで100人以上の赤ちゃんと関わってきた歯科衛生士が、13年の経験からお答えします。 結論から言うと、哺乳瓶の選び方を間違...

 

▼途中から哺乳瓶の乳首を変えるときは、こちらの記事を参考に進めましょう▼

 

【実践編】哺乳瓶のちくびを新しく変える方法とタイミング!おすすめの種類はビーンスターク!
赤ちゃんの哺乳瓶。あなたはどんなものを使っていますか? 実は哺乳瓶選びは、あなたが考えているよりも重要です! その理由は、哺乳瓶の選び方で「その後の赤ちゃんの口の使い方」が決まるから。 赤ちゃん...

 

 

発達には適正な時期があります。

赤ちゃん時代にどれだけ口を動かして母乳やミルクを飲んだか…で、食べ方にまで「差」が出てきてしまうんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

正しい口の動かし方を早くからマスターすることは、その子の一生の宝になります!

 

母乳とミルクは「栄養面」で比較されることも多いのですが、それ以外にも大きな「差」があります。

ぜひミルクで育てる場合は、「母乳に近い飲み方」ができる哺乳瓶を選ぶようにしましょう。

前歯や奥歯が生えてない赤ちゃんの離乳食の考え方と開始時期

歯がなくても食べられる理由

歯が生えそろってなくても、離乳食が食べられることが分かっていただけたと思います。

今度は、離乳食を始める時期や考え方について見ていきましょう。

 

育児書やネットで調べてみると、

  • 5~6ヶ月   ドロドロ状
  • 7~8ヶ月   舌で潰せる硬さ
  • 9~11ヶ月    歯ぐきで潰せる硬さ
  • 12~15 ヶ月    歯で噛める硬さ

と、赤ちゃんの月齢で離乳食の種類が分けられていますよね。

歯科衛生士
歯科衛生士

でも実はこれ、よろしくないんです…。

たとえば、『まだ9ヶ月だからこの離乳食は早すぎる!』と、月齢で赤ちゃんの食べれる・食べないを勝手に判断して、しなくていい心配や不安をあなたが抱えてしまうからです。

 

離乳食でつまづく原因の多くは、ママの頑張り過ぎによる一種のノイローゼ。

育児書や料理本には、裏ごししたり、潰したりなどの料理方法が書かれていますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかしあれは、子育て中のママの経験より専門家視点の料理。

 

赤ちゃんは、1人1人成長に「差」があります。

1歳頃から、大人と「同じもの」を食べる子もいれば、2歳でやっと食べられる子もいる…。

なのに、全員が育児書の「同じ表」に当てはめて考えること自体、無理があると思いませんか?

 

離乳食を思うように食べてくれない赤ちゃんは、まだ赤ちゃん自身が「食べる準備」ができていないだけのこと。

 

それに離乳食の本来の目的は、家族みんなと「同じ大きさや味」のものが食べられるようになることです。

 

育児書に書かれている、柔らかいのものを食べることが目的ではないんです!

歯がない赤ちゃんの離乳食の考え方

赤ちゃんの離乳食を始めるとき、

  • 裏ごしする
  • ペースト状にする
  • 潰す

など、食べやすく柔らかくしようと考えてしまいますよね。

 

でもね。

健康な赤ちゃんなら「ペースト状」のような離乳食はやめるべき。

なぜなら柔らかすぎる離乳食では、赤ちゃんの「噛む練習をするチャンス」を逃してしまうからです。

 

わたし達は食べ物が口に入ると、まず飲み込もうとします。

歯科衛生士
歯科衛生士

これは本能です。

しかし、「そのまま飲み込めない!」と判断したとき、初めて口を動かして噛むようになるのです。

 

この一連の動きは、赤ちゃんだって同じこと。

 

たとえ歯が生えてない赤ちゃんでも、食べ物が口の中に入れば飲み込もうとします。

それでも「飲み込めない…!」と判断した時に、歯ぐきで「もごもご」始めて、何とか飲み込める形にしてやろう!とするんですよ。

 

赤ちゃんって、

  • なめたり
  • しゃぶったり
  • 歯ぐきを使って潰そうとしたり

と、口に入ったものを何とか「食べてやろう!」と赤ちゃんなりに工夫します。

 

工夫して工夫して「コレ、飲み込めないや…」と判断したら、初めて口から出すなりずーっと口の中に入ったままになるんですよ。

 

逆に言えば、「何とか食べてやろう…!」とする工夫期間があるからこそ、歯が生えてきたときに、歯をつかって噛めるようになるのです。

 

それにわたし達人間も動物です。

動物の世界に「ベビーフード」のような離乳食なんて…ありませんよね?

歯科衛生士
歯科衛生士

お母さんの母乳が終われば、あとは大人と同じものを食べて成長しますよね?

つまり人間の赤ちゃんも母乳やミルクが終われば、「大人と同じもの」が食べられる!ということです。

 

育児書やネットで離乳食のメニューが特集されるから、離乳食は「特別なモノ」を作らなくてはいけない!と、わたし達は一種の洗脳のように思わされているんです。

でも考えてみれば、毎年何百万人もの赤ちゃんが1歳の誕生日をむかえて、無事に離乳ができています。

 

もしも、「離乳マニュアル」なんてものがあれば、離乳できない子もたくさん出てくると思いませんか?

 

忘れちゃいけないことは、離乳食の本来の目的は「家族の食事が食べられるようになる」こと。

柔らかい物が食べられることがゴールではないのです。

 

赤ちゃんが噛んだり飲み込もうと試行錯誤している姿を、あなたも「危ない!」心配するのではなく「よく頑張ってるね!」と温かく見守ってあげてほしいんです。

 

離乳食開始時期

そしてもう1つ。

離乳食を始める時期も大切です。

 

実は5ヶ月など早い時期に始めてしまうと、赤ちゃんは思ったように離乳食を食べてくれない可能性があるんですよ。

 

赤ちゃんが上手に離乳食を食べるためにも、

赤ちゃんが食べ物に興味を示すようになる

②おっぱいやミルクがしっかり飲める

③お座りの姿勢が安定している

④手が自由に動かせる

の4つができるようになる、満7ヶ月頃からスタートしていきましょう!

 

7ヶ月を過ぎて姿勢がしっかりしてきたら、最初はご飯を潰した程度のものを、1日1回から食べさせていきましょう。

 

そして体調が良ければ、1日2回食、3回食と1〜2ヶ月かけて回数を増やして、徐々にミルクや母乳の量を減らしていきましょう。

ウンチの状態や体調を見ながら、ゆっくり胃や腸を慣らしてあげて下さい。

 

最初は少しずつご飯を食べさせはじめ、「母乳を飲むこと」から「食べること」へ移行させていきます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

体調やウンチの状態が良ければ、どんどんパパやママの食べている煮物や普通の固さのご飯を食べさせていきましょう!

 

初めての離乳食は

  • ご飯を少し潰す
  • ご飯にお味噌汁をかけたもの
  • 季節の野菜の煮物を少し潰したもの

など、口をなるべく動かして食べるものを与えることが大切なのです。

 

赤ちゃんが何でも口に入れる時期をうまくつかって、いろんな

  • 食感
  • 固さ
  • ニオイ

を経験させてあげることは、味覚を形成し食べる意欲がある子に育てることにつながるんですから♪

 

▼なお、より詳しい離乳食の進め方は下の記事にまとめているので合わせて参考になさってくださいね▼

離乳食は7ヶ月から始めるとよく食べる子に!嫌がるのは時期が早いからです
離乳食っていつから始めればいいの? 育児書や保健師さんは、当たり前のように5ヶ月から始めるよう言ってるけど…。 いつからどうやって始めていこう…。 という悩みに、自身も2歳の娘を育児中。 これまで何百人もの赤ちゃんの食事...

 

 

歯が生えてない赤ちゃんの離乳食まとめ

歯があるから「何でも食べられる子」になるわけではありません。

歯科衛生士
歯科衛生士

なぜなら、歯には筋肉がついていませんよね?

歯を動かしているのは、口の周りの筋肉なんです。

 

つまり口をうまく動かせないと、せっかく立派な歯があっても、うまく食べることができないのです。

 

もしあなたの赤ちゃんが7ヶ月未満なら、離乳食はまだ待って、今は母乳やミルクをしっかり飲ませて、上手に口を動かす練習期間に当てましょう。

 

一方でもし7ヶ月以上で、姿勢がしっかりして手も自由に動かせるときは、歯の数は関係なく離乳食を始めましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そのときは、柔らかくしたり裏ごしはせず、噛める食事を食べさせてあげてくださいね♪

柔らかい食事では噛む練習ができませんよね。

そのままでは、いつまでも上手に食べることができなくなります。

 

最初は上手く噛めなくても、赤ちゃんなりに試行錯誤することでうまく口や舌がつかいこなせるようになってきますから。

歯が生えてなくても、赤ちゃんは歯ぐきや舌をつかって食べられます!

ぜひ上手に食べられるためにも、たくさん口や舌をつかう経験をさせてあげてくださいね♪

 

▼詳しい離乳食の進め方は下の記事にまとめているので、合わせて参考になさってくださいね▼

離乳食は7ヶ月から始めるとよく食べる子に!嫌がるのは時期が早いからです
離乳食っていつから始めればいいの? 育児書や保健師さんは、当たり前のように5ヶ月から始めるよう言ってるけど…。 いつからどうやって始めていこう…。 という悩みに、自身も2歳の娘を育児中。 これまで何百人もの赤ちゃんの食事...

 

 

▼歯が生え始めたら歯磨きもスタート!歯科衛生士もつかっている赤ちゃんに安心な歯磨き粉はこちらから▼

【0歳でも安心】歯磨き粉を飲み込む赤ちゃんも使えるおすすめ3選!
虫歯予防のために赤ちゃんに歯磨き粉をつかいたい。 でも、どれを選べばいいの? 大人用の歯磨き粉じゃダメよね…。 という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお応えします! あなたも赤ちゃんに、どんな歯磨き粉を選べば...

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました