可愛い子供用椅子はキコリの小イスとテーブルがオススメ!組み立て方と使用感は?

家の中での遊び

子供用の椅子を選ぶなら、足がしっかり床に付くものを選びましょう!

離乳食を食べるようになると、子供用の椅子を探し始めますよね。

 

もちろん子供用の椅子だけ購入して、テーブルは家族と同じものを使うのでもいいと思います。しかしテーブルの高さが合っていないと子供達も食事が食べにくく、前かがみの姿勢になるなど「正しい姿勢」で食事を食べることが難しくなってしまいますよね。

 

実は我が家は最初、頂きもののベビーチェアを使っていたんです。

しかしベビーチェアでは足がきちんと床につかず、気づけば娘の体が前に滑って、姿勢が安定しませんでした。

 

「足置き」を使って高さの調整をしていた時期もありましたが、蹴り飛ばされて結局足がブラブラ下状態の姿勢で食事をすることに…。

 

「これではいけない…!」と危機感を感じて、今回キコリの小イスとテーブルを購入することにしたのです。

 

それはなぜか。

 

その答えは足がブラブラ不安定な状態では、しっかり噛めないばかりか猫背の原因になってしまうからです。

 

詳しくは子供用の椅子のおすすめは2つ!食事中に足が付かないベビーチェアで歯並びが悪くなる理由とはでも紹介していますが、猫背が癖になると、上あごが前に傾いて頭を後ろに反らせるような姿勢になるんです。

 

すると頭のバランスを保とうと下あごが後ろに後退し、本来前に発達すべき顔を下方へ成長させ、あごの発達や顔つきに悪影響を与えてしまうのです。

子供達の歯並びや将来の顔つきまで考えると、椅子選びは決して適当にしてはいけません!

床にしっかり足が付くものを小さい頃から使わなければ、姿勢がどんどん悪くなってしまいますから…。

 

娘の将来の歯並びや姿勢まで考えて、わたしはキコリの小イスキコリのテーブルを選んだのです(^^)

実際に座らせてみても、姿勢がしっかり伸びて足も床にきちんと付いていますね(^^)

 

 

キコリの小イスは女性でも簡単に組み立てることができ、木目調でデザインも可愛いので部屋の雰囲気にも溶け込みやすくておすすめですよ(^^)

 

では早速、今回購入したキコリの小イスキコリのテーブルの組み立て方や、使い心地についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

キコリの小イスは自分で組み立てる!作り方の手順

キコリの小イスは自分で組み立てます。

でも組み立てるパーツも少なく、手順も簡単なので安心して下さいね(^^)

 

まず上の写真の両サイドの真っ直ぐな木の穴の中に、付属のナットのような金属を差し込みます。

ナットを差し込んだまま、U字型の木の枠の穴にボルトを差し込んでドライバーで閉めます。

このときは仮止めくらいでOKです。

両側を組合わせると、下の写真のようなパーツが完成します(^^)

内側の木は「表と裏」があるので、組み立ての時に間違わないように注意しましょう。

でも、大きな文字で分かりやすく「こちらが内側です」と書いてくれているので間違えにくいはずです(^^)

 

枠組みができたら、いよいよ本体と合体していきます。

 

赤い本体と枠組みをネジで固定していきます。ちなみにネジ穴は2つありますが、外側のネジ穴だけ使います(^^)/

 

プラスのドライバーでネジを締めていきます!

最後に、滑り止めのシールを椅子の脚に貼り付ければ完成です!簡単ですね(^^)

順調に組み立てれば、10分もかからず作業を終えることができるはずです。組み立ててみると、やっぱり可愛いですね(^^)/

 

娘も嬉しそうに座って、早速お気に入りになったようです♪

お絵かきも出来るし、座って本も読んで遊んでいます。

 

テーブルの裏には、滑り止めとガタつき防止の調整ネジもついています(^^)

ネジを回せば数ミリ単位で高さ調整ができるので、長く使ってガタ付いてきても、すぐに直せて安定した状態で使えますよ(^^)

また、テーブルの両側には穴が開いているので、テーブルを運ぶ時にも持ちやすくなっています。

他にも顔を出して娘と遊ぶ…といった新しい使い方もあります(笑)

キコリの小イスとテーブルは収納もスッキリ!色の種類も豊富でコスパよし!

更にキコリの小イスとテーブルを買って良かったことは、普段使っているテーブルの下にすっぽり収納できること(^^)/使わない時もコンパクトになって部屋も広くなります(^^)

 

子供用の椅子って、カラフルで部屋に置いてても存在感がありますよね。でも、できるだけ部屋に馴染むような椅子がほしかったので、今回キコリの小イスを買ってみて本当に満足しています(^^)

 

我が家は赤色を買いましたが、色も白やブラウンやブルーや木目調など何種類もあって、部屋の印象に合わせて好きな色を選べるのも、キコリの小イスとテーブルを選んだ理由です。

(白いイスは、娘に落書きされそうだったのでやめました)

 

食事をするだけでなく、お絵かきやままごとなどオールマイティーに使える頑丈な机と椅子なので、まだまだ長く使えそうです(^^)

 

ただし、キコリの小イスは価格が2000円ほどかかるので少し高いかもしれません。

それに子供用の椅子には、プラスチックやパイプの椅子など、価格が安いものもたくさんありますよね。

 

でも、子供は何をするか分かりません。

うちの娘も椅子の「背もたれ」の上に立とうとするなど、危険な行為をするおてんば娘になってしまいました(汗)

 

そんな危険な遊び?をする時でも、木材でしっかりした加工がされている椅子なら、倒れることなく娘を支えてくれます(^^)

 

椅子の丈夫さも、子供用の椅子を選ぶ時の大切なポイントだと感じています。

 

子供の体にきちんと合った丈夫な木の椅子を使わせることを考えると、コスパはむしろイイ!とわたしは感じています(^^)

それにキコリの小イスは5歳前後まで使えるイスなので、これからも長い間使うことができる椅子です(^^)

 

 

まとめ

子供用の椅子を選ぶなら、足がしっかり床に付くものを選びましょう!

 

足が床にしっかり付くものを子供の頃から使っていないと猫背の原因になって、子供達の顔つきや歯並びにまで悪影響が出てしまいます!

 

我が家はキコリの小イスの赤色を購入しましたが、他にもブラウンや白や木目調など色の種類も豊富なので、部屋の雰囲気をこわすことなく長く使うことができますよ(^^)

 

食事をするだけでなく、お絵かきやままごとなどオールマイティーに使える頑丈な机と椅子なので、まだまだ活躍してくれそうです(^^)

 

我が家の様に足が付かないベビーチェアで失敗をしないためにも、最初から足がしっかりつく椅子を使って子供達の猫背を予防していきましょう!

 

歯科衛生士おすすめ!0歳から使える、飲み込んでも安全な歯磨き粉まとめ

赤ちゃんが離乳食を食べるようになると歯磨きも始まります。実は歯磨き粉を上手に使うと、虫歯予防の効果が更に高くなるんですよ。

 

赤ちゃんが歯磨きを嫌がったり歯磨きが思うように進まない時は、歯磨き粉の成分で虫歯予防するのもいい方法です(^^)

 

歯科衛生士が娘に使っているおすすめ歯磨き粉を紹介します\(^o^)/「味」も美味しいので、赤ちゃんも嫌がらず歯磨きさせてくれるはずですよ♪

合わせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。