子供のあごを大きくする!顎が小さくて歯並びが悪くなる3つの原因と予防方法

歯並びを悪くする子供の癖

ズバリ!子供達の歯並びが悪くなる原因は、あごの幅が小さいからです!

 

あなたも「歯並びが悪い=歯の並び方が悪い」と考えていませんか?

でも実は、歯並びが悪くなる原因は、歯よりもあごの骨の成長不足が大きな原因なんです。

 

ママ
ママ

あごの骨の成長不足って?

乳歯も永久歯も生えてくるのは同じあご。

「幅が大きい永久歯」が綺麗に並ぶためには、あごの幅も成長して広がる必要がありますよね。

つまり、子供の歯並びを良くしたいなら、順調にあごの成長させることが大切なのです!

 

あごが小さい原因には「遺伝的な要因」もありますが、中には普段何気なくやっている

  • 生活習慣
  • 食生活
  • 虫歯
  • あごに負担がかかる癖
  • おっぱいの飲み方

が原因になっていることを忘れてはいけません!

 

唇を噛む・唇を舐める癖・頬杖も!子供の歯並びが悪くなる7つの癖と予防方法を大公開!
子ども達を「綺麗な歯並び」にしたいなら、「歯」だけを見ていてはダメです! それはなぜか。 実は歯並びは、 あごの骨の大きさや歯の形などの遺伝的な要因 癖などの環境要因 の2つの要因で...

 

「遺伝」は、どうしようもない問題ですが…。

生活習慣や食生活なら、今からでも改善できると思いませんか?

 

そこでこの記事では、子供の歯並びを良くする方法はもちろん、子供のあごの骨を成長させる具体的な方法について解説していきます!

 

特に小さい子供がいるパパやママは、じっくり読んでみて下さい。

 

早く知っておくほど、子供達を歯並びの良い子にできる可能性が高くなりますから♪

 

スポンサーリンク

あごが小さいと子供の歯並びが悪くなる原因になる

子供の歯並びが悪くなる原因と予防方法

子供達を綺麗な歯並びにしたいなら、あごの骨を正しく発育させることが絶対条件です!

 

「あごの骨」の理想的な形は、↑上の図の左側ようにふっくらとしたU字型で丸みのある形です。

 

しかし最近、このカーブが右側の図のように「V字型」になっている大人や子供達が増えているんです。

V字型になれば、当然あごの幅も狭くなりますよね(汗)

 

狭いあごの中に無理やり歯が並ぼうとすれば、とうぜん歯が重なって生えてきたりズレてしまいますよね。

 

例えるなら、7人がけのベンチ(あごの骨)に8人(歯)が座っているイメージ。きつくて全員が座れませんよね?

はみ出してしまう人(歯)が出てしまいます!

 

ちなみに、八重歯は可愛いより、圧倒的にコンプレックスになる7つの原因と治し方で紹介したように、外側に生えた「糸切り歯の八重歯(やえば)」も、隙間がない歯並びのいい例です。

 

子供の歯並びが悪くなる2つの原因

子供の歯並びが悪くなる原因

順調にあごが成長した子供達は、2歳半〜3歳頃になると図のように乳歯の間に隙間がある歯並になってきます。

 

乳歯の歯並びに隙間があれば、永久歯がキレイに並んでくれる可能性が高くなります♪

 

しかし最近、乳歯の時点ですでに「ガタガタ」の歯並びの子が本当に多いんです。

その大きな理由は、口をしっかり動かしてないから。

 

実はあごの骨を成長させるには、口の周りの筋肉を動かすことがとても大切です!

 

でも、今の子供達は

①「ちゅうちゅう吸って飲める哺乳瓶」を使ってしまい、口を十分動かせてない

②食べやすく柔らかい食事ばかりで、あごが十分使われていない

ことで、あごを動かす機会がほとんどない生活になっています。

 

そう!

あごを動かさない生活が、子供達の歯並びを悪くしていた原因だったのです!

 

 

①「ちゅうちゅう吸って飲める哺乳瓶」で歯並びが悪くなる理由

本来赤ちゃんはおっぱいを飲むことで、自然に口の周りの筋肉を鍛えあごを成長させています。

 

でもミルクで育った赤ちゃんの中には、吸って飲む哺乳瓶を使っていたせいで、あごを十分動かさずに育ってしまった子がいるのです。

 

詳しい理由は知らないと後悔!【間違った哺乳瓶選び】が子供の歯並びに悪影響になる理由で紹介していますが、歯並びのいい子に育てたいなら「哺乳瓶選び」はあなたが思っている以上にとても重要です!

 

ぜひミルクで育てる予定のママは、ぜひ「母乳に近い飲み方」ができるビーンスタークを使いましょう。

 

ビーンスタークの哺乳瓶には内側に「弁」がついているため、あごや舌をしっかり動かしながら飲むことができるんです♪

なお、哺乳瓶の乳首は何個かローテーションすることで劣化を防ぐことができますよ。

 

②食べやすく柔らかい食事で歯並びが悪くなる理由

おっぱいやミルクが終わったら、今度は食事をよく噛ませてあごの骨を成長させましょう!

骨は周りの筋肉が動くことで成長していきます!

 

例えばテニスをするときも、右手をよく使っていれば、筋肉や骨も左手より太くなりませんか?

 

口の運動は食べること。

よく噛むことで口の周りの筋肉が成長し、あごの骨も成長するのです!

 

更によく噛むことには、内側に傾いていた奥歯を起き上がらせて、あごの幅を広げてくれる効果があるんですよ。

 

あごが広がれば、綺麗な歯並びになる可能性が「グッ」と高くなりますよね♪

歯並びが良くなる食事

とは言っても、あなたは食事を1口30回噛んで食べていますか?

 

ママ
ママ

そんなに噛んでないわ…。たぶん1口、5〜10回噛んでいればいい方かも(汗)

 

そうなんです!

よく噛んで食べることが良いのは分かっていても、今のわたし達の噛む回数は極端に少なくなっているんです。

 

これでは子供のあごを成長させることができませんよね。

 

こんなに噛む回数が減ってしまった原因は「現在の食事メニュー」にあります。

 

ハンバーグやパンやオムライスやパスタなど「柔らかい食事」では、5回も噛めば飲み込めてしまいますよね。

そう!噛まない食生活が、歯が並ぶ隙間ができない原因だったのです!

 

子ども達に食事をよく噛んでほしいなら、答えは1つ!

噛みにくい食事を作りましょう!

 

噛みにくい…と言っても固いものでなく、繊維の多い葉物野菜を大きく切って食卓に出せばいいだけだから、作るものすっごく簡単です!

 

詳しくは子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!今日から簡単に出来る方法にまとめているので、ぜひ今日から実践してみて下さいね!

 

よく噛んで順調にあごが成長していくと、2歳半〜3歳頃になると乳歯の間に隙間ができます。

あごが広がれば歯が並ぶ隙間ができますから、永久歯の歯並びにもいい影響が期待できるんですよ!

 

主食を変えると噛む回数が増える

子供に玄米がおすすめな理由

もっと簡単なところでは、主食を「玄米」に変えるのも、手軽に噛む回数が増える方法です。

 

とは言っても、玄米は「好き嫌い」が分かれる食品。

 

もしあなたがまだ玄米を食べたことがないのなら、ぜひ低価格のファンケルの発芽米 お試しセットで、玄米の味や食感を確かめてみましょう!

 

玄米臭さも気にならず甘みもあるので、子供達も抵抗なく食べてくれますよ!

 

我が家はもちろん玄米派!娘もバクバク食べてくれています(笑)

ママ
ママ

でも。一気に何キロも玄米を買うのはちょっと…。味が気に入らなかっら余るかもしれないし…。

 

そうですよね。

だからまずは、少ない量で味や食感を試してみて、気に入ったら量を増やしていく方法で生活の中に取り入れていきましょう!

 

さらに穀物には、エネルギーだけでなく食物繊維やビタミンBなどたくさんの栄養が含まれています。

 

ビタミンBは、炭水化物や脂質やたんぱく質が働く時に必要な栄養素。また、皮膚や粘膜の発達にも大きく関わっています。

 

しかし、玄米を白米に精白すると、なななんと!ビタミンや食物繊維やカルシウムは、半分近く減ってしまうのです…。

 

これ、すっご〜く勿体無いですよね(泣)

主食に玄米を取り入れる方法は簡単に噛む回数が増えるし、栄養バランスも格段に良くなるのでぜひ試してみて下さい!

 

子供達にいちいち「よく噛んで食べなさい!」と怒らなくていいので、ママ自身も楽になりますよ♪

試さないのはもったいないです!

 

 

▼少量から始めやすい玄米は、こちらから確認できます▼

 

 

4歳など早くに乳歯が抜けた時も歯並びが悪くなる

早く乳歯が抜けると歯並びが悪くなる

最後にもう1つ。

もし4歳など早くから乳歯が抜けてしまった場合も、歯並びが悪くなるので要注意です!

 

次の永久歯が生えるまでに時間があいたり、抜けた隙間に隣の歯が寄ってきて、永久歯の生えるスペースが狭くなる可能性があります!

 

その結果永久歯が斜めに生えたり、本来とは違う場所に生えてしまい、歯並びがガタガタになってしまうのです…。

 

乳歯の奥歯の生え変わり。抜ける時期の早い遅いは歯並びに影響する?
6歳頃から始まる、永久歯への生え変わり。 特に生え変わりの時期は、なかなか乳歯が抜けなかったり、逆に早く抜けてしまったり…と歯の生え変わるスピードが子供によって違うので、 自分の子供は順調に生え変わってるの? 歯並...

 

もし早くに乳歯が抜けたら、一度歯医者で診てもらった方が安心です。

永久歯の生える隙間がなくならないように装置を入れて、「隙間確保」の治療をおこないますから。

 

子供の歯並びを良くする方法まとめ

子供達の歯並びが悪くなる原因は、あごの幅が小さいからです!

 

子供達を「ガタガタの歯並び」にしないためには、

  1. 食事をよく噛んで食べる
  2. 哺乳瓶はビーンスタークを使う
  3. 乳歯を早く失った場合は、早めに歯医者へ行く

の3つを覚えておきましょう!

 

特に食事をよく噛むことは、綺麗な歯並びをつくる上で大切なことです!

 

まずは手軽なところで主食を見直してみましょう!

ぜひ、低価格なファンケルの発芽米 お試しセットで、玄米の味を確かめてみてください。

 

主食に玄米を取り入れるだけで、本当に簡単に噛む回数が増えますから!

 

食事たびに子供達に「よく噛みなさい!」と注意しなくていいので、ママ自身も本当に楽な方法なんですよ。

 

子供達の歯並びのために、あなたもぜひ!

 

▼少量から始めやすい玄米は、こちらから確認できます▼

 

 

 

▼育児のスキマ時間でも「歯の美白ケア」はできます!ママになってもキレイな女性でいませんか?▼

自宅で簡単に歯を白くしたい!美白ができるとおすすめの歯磨き粉の効果とは
「歯磨きしてるのに歯の黄ばみが気になる…」 「歯がもっと白くなったらいいな…」 と、女性なら誰でも思いますよね。 独身の頃なら、自分の歯のケアにも時間がかけられたかもしれません。 でも子供が生まれると...

 

 

 

 

 

コメント