赤ちゃんの歯並びを良くするには〇〇をする事!家でできる予防法は2つ!

離乳食つらい
スポンサーリンク




赤ちゃんの歯並びを良くする方法ってないの?
結局は『遺伝』だから、どうすることもできないの?

という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします^^

 

結論から言えば、『遺伝』も、歯並びの良し悪しに影響します!

 

しかし赤ちゃんの頃から、どれだけ『あご』を成長させることができたか…も、
将来の歯並びの良し悪しに、大きく影響するんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも、赤ちゃんのあごを成長させるって、
親の意識次第でできることなんです!!

 

遺伝の問題は仕方がないとはいえ、歯並びの悪化を家庭で予防できるなら、やるしかないですよね^^

 

ここでは、今日からできる『赤ちゃんの歯並びを良くする方法』について紹介します。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯並びが悪くなれば、矯正治療で高い治療費が必要になったり、
虫歯のリスクも高くなります…!

 

予防方法は、家庭でできることばかりなのでぜひ参考にしてみてください^^

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯並びを良くするには?

「歯並び」というと、『歯の並び方』ばかりに目がいってしまいますよね。

 

でも『歯が並ぶあごの骨』が十分成長してないと、綺麗な歯並びにはならないんです。

 

 

大人の歯は、親知らずをのぞけば全部で28本あります。

一方子ども歯は、全部で20本。

永久歯は乳歯より、8本も多いんです!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なのに、永久歯が生えるあごも乳歯が生えるあごも同じあご…。

 

そう!

28本の永久歯が並ぶ為には、それだけ十分なあごの大きさが必要なんですよ^^

 

狭いあごの中に無理やり永久歯が並ぼうとすれば、とうぜん

  • 歯が重なって生えてくる
  • ズレて生えてくる

など、きれいに並びませんよね。

 

例えるなら、7人がけのベンチ(あごの骨)に8人(歯)が座っているイメージ。

きつくて全員、座れませんよね?^^;

 

歯科衛生士
歯科衛生士

はみ出してしまう人(歯)が出てしまいます!

 

つまり、乳歯の時期にどれだけあごの幅を成長させられるかが、歯並びの良し悪しを決めるんです!

 

あごの幅を広げるには、あごの骨に刺激を与えること。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そのためにも、次の2つのことを意識してみましょう!

 

 

赤ちゃんの歯並びを良くするには母乳やミルクをたくさん飲ませる!

歯並びが良い子になるには、歯が並ぶ土台の『あごの骨』を成長させなければいけません。

 

あごの骨は、『刺激する』ことで成長していきます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから、『よく噛んで食べること』が大切なんですよ^^

 

でも、もっとさかのぼれば『おっぱいを飲むこと』からあごの刺激は始まっているんです!

 

おっぱいを良く飲んでいる赤ちゃんは、あごをたくさん刺激しています。

 

その理由は、赤ちゃんがおっぱいを『吸って』飲んでいるのではなく、
舌で乳首を上あごに押し付け、あごを上下に動かしながら『搾り出して』飲んでいるから。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからおっぱいを飲むだけで、あごの骨に刺激を与えることができるんですよ^^

 

しかもおっぱいを搾り出して飲むためには、

  • ほっぺた
  • 口の周りの筋肉

と、とにかくいろんな筋肉を使わないと飲むことができません。

 

つまり赤ちゃんはおっぱいを飲むだけで、骨に刺激を与えあごを成長させていたのです♪

 

 

その結果、あごの骨が刺激され広がって、歯並びにもいい影響がでる!というわけなんですよ^^

 

母乳をよく飲む子は良く噛んで食べる子になる

歯科衛生士
歯科衛生士

さらにもう1つ、おっぱいで育てるメリットがあります!

 

赤ちゃんがおっぱいを飲む『口の動き』をよく見てみましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あごがリズムよく、『上下』に動いていますよね!

 

このあごを上下に動かしながらおっぱいを飲む動きは、まさに「噛むときの口の動き」!

 

 

つまり、おっぱいをしっかり飲んだ子は、自然に「噛むときの口の使い方」を練習していたのです^^

 

その結果、離乳食が始まってもじょうずに噛んで食べる子になり、あごを広げることができるんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あごが広がれば、歯並びが良い子になる可能性が上がる!というわけです^^

 

 

母乳をよく飲む子は舌で歯を押さない

おっぱいで育った赤ちゃんは、舌で乳首を上あごに押し付け搾り出しながら飲んでいます。

 

この一連の動きをすることで、自然に『舌を上あごに付ける癖』が身に付き、
食べ物をじょうずに飲み込めるようになるんですよ^^

 

食べ物を飲み込むには、
舌先を上あごに付けたまま、食べ物を喉に送り込む必要があります。

そのため、普段から舌先が上あごについていることって、大切なことなんですよ^^

 

おっぱいをよく飲んだ子は、写真↑のように、無意識に舌を上あごにつけることができます。

 

その結果、食べ物をうまく飲み込めるようになるし、
舌で歯を押す『変な癖』をすることもなくなるんですよ^^

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

逆に『舌が上あごに付いてない子』は、いつもダラ〜ンと舌が下がったまま。

 

 

その結果、無意識に

  • 舌で歯を押している
  • 歯の間に舌を入れる

 

癖が身に付きやすくなり、歯並びが悪化する原因になるんです。

 

『舌』は筋肉の塊です!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舌で歯を押すなど力をかけると、歯並びは簡単にくずれてしまいます…。

 

 

赤ちゃんはおっぱいを飲むことで、自然に

  • 噛む動き
  • 正しい舌の位置

を身につけています!

 

その結果、あごの骨に刺激を与えることができ、あごの幅を広げることができるんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから事情がない限りは、母乳で頑張ってほしいんです。

 

 

哺乳瓶の選び方

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえ、おっぱいで育てるのが難しい場合もありますよね。

 

もしミルクで育てるときは、『哺乳瓶の選び方』に注意しましょう。

 

実は、哺乳瓶の中には「吸って飲むタイプの哺乳瓶」があるんです。

 

このタイプは、ミルクを流し込むように飲めるうえ
舌を上あごにつけずに飲めてしまうので、『正しい舌の位置』を覚えることができないんです。

 

例えるなら「ストロー飲み」のように、ちゅうちゅう口先だけでミルクを吸ってしまい、
舌を下の前歯に当てるような飲み方を覚えてしまうんです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これ非常にマズイこと…(汗)

 

舌で歯を押す癖が身につけば、歯並びが悪くなる可能性が高くなってしまいますから…。

 

 

だからこそ哺乳瓶を選ぶなら、母乳を飲むときと同じような口の動きができるビーンスタークの哺乳瓶を選びましょう。

 

ビーンスタークの哺乳瓶は、乳首に「弁」がついているので、吸うだけでは飲めない構造になっています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり、母乳のように搾り出さないと飲めない乳首なんです!

 

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえ、生後6ヶ月を過ぎてから『搾り出す哺乳瓶』に種類を変えるのは、現実的ではありません…。

 

 

そんなときは、離乳食をよく噛めるものにしてあごを刺激していきましょう!

 

 

赤ちゃんの歯並びを良くするには離乳食の進め方も大切!

しっかりおっぱいを飲んだ赤ちゃんは

  • 口の周りの筋肉

 

といろんな筋肉を鍛えることができ、あご骨に負荷をかけることができます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その刺激があごの成長を促進し、あごの幅を広げる効果が期待できるんですよ^^

 

しかもしっかりおっぱいを飲むと、『噛む口の動き』も身についているので、
離乳食になってもスムーズに食べられるようになり、さらにあごに刺激を与え続けることができます!

 

 

とはいえ柔らかい離乳食ばかりでは、噛まずに丸呑みしてしまいますよね…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これでは、あごに刺激を与えられません…

 

だからこそ離乳食は、『よく噛んで食べられるメニュー』をつくってほしいんです。

 

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

しっかり噛んで順調にあごが成長していけば、2歳半〜3歳頃になれば乳歯の間に隙間があいてきます^^

 

乳歯の間に隙間ができれば、永久歯の歯並びが綺麗になる可能性がグッと上がるんですよ^^

 

 

反対に、柔らかい離乳食ばかり食べているとあごが広がらず歯の間に隙間ができません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、歯並びがガタガタになってしまう可能性が大きくなってしまうんです。

 

ついでに、口元の筋肉を使っていないので、

  • 締りのない顔になる
  • 口呼吸が癖になる
  • ポカン口になる

と、いいことは1つもありません…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

成長には、適正時期があります!

 

生まれたときから『本能』で知っている『おっぱいの飲み方』とは違い、
『噛むこと』は練習しながらうまくなっていきます!

 

 

それに、生後7ヶ月以降で

  • おっぱいやミルクがしっかり飲める
  • お座りの姿勢が安定している
  • 手が自由に動かせる

 

赤ちゃんなら、歯がなくても『舌』や『歯ぐき』をつかって大抵のものは食べることができるんですよ^^

 

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

だから裏ごしたベビーフードのような柔らかい離乳食ではなく、
胃腸が固形物に慣れたら『家庭の食事』の中で、赤ちゃんが食べられそうなものを取り分けるスタイルに変えていってほしいんです!

 

とくに『和食』は赤ちゃんも消化・吸収しやすい食べ物^^

 

 

味が濃く新鮮な野菜をつかえば、薄味でも美味しい食事が作るので、そのまま潰したり取り分ければ立派な『離乳食』の完成です^^

 

\安心して手に持たせて食べさせられる野菜の選び方はこちら!/

らでぃっしゅぼーや『ぱれっと』とは?0歳からおすすめしたい最適な理由
らでぃっしゅぼーやのぱれっとの特徴や安全性、赤ちゃんのいる家庭に使いやすい理由について紹介します。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

乳歯のうちにあごをどれだけ広げられるかで、今後の歯並びが決まります!

 

だって赤ちゃんは歯がなくても、段階を踏んで進めていけば、大抵のものは何でも平気で食べる子になるんですから^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

わざわざ離乳食を作らなくていいので、本当に楽だし、
あごの刺激にもなって一石二鳥ですから!

 

\大人の食事を『取り分ける』離乳食の進め方は、こちらが参考になります/

離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ
7ヶ月・8ヶ月・9ヶ月頃からの離乳食の進め方が分からない方におすすめ、ノイローゼにならない離乳食の作り方と進め方を紹介します。

 

 

 

赤ちゃんの歯並びを良くする方法まとめ

赤ちゃんの歯並びを良くするには、あごの骨に刺激を与えることが大切です。

 

そのためにも、

  • おっぱいをしっかり飲ませる
  • よく噛める食事をつくる

ことが大切です。

 

 

とくにおっぱいをよく飲んだ赤ちゃんは、自然に舌の正しい位置や口の動かし方を学んでいき、
将来、

  • 歯並びのいい子
  • よく噛んで食べる子

になる可能性が高くなります(^^)

 

成長には適正期があります!

 

 

赤ちゃん時代にどれだけ口を動かしておっぱいやミルクを飲んだか…で、
将来の歯並びにまで「差」が出てきてしまいます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯並びの良し悪しは『遺伝』の要因も関係しますが、生活習慣も大きく影響します!

 

ぜひあごの骨にたくさん刺激を与えられるよう、紹介した方法を試してみてくださいね!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯がなくても、段階を踏んで進めていけば、大抵のものは何でも平気で食べる子になるんですから^^

 

離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ
7ヶ月・8ヶ月・9ヶ月頃からの離乳食の進め方が分からない方におすすめ、ノイローゼにならない離乳食の作り方と進め方を紹介します。

 

\赤ちゃんにも安心して食べさせられる野菜の選び方はこちら!/

らでぃっしゅぼーや『ぱれっと』とは?0歳からおすすめしたい最適な理由
らでぃっしゅぼーやのぱれっとの特徴や安全性、赤ちゃんのいる家庭に使いやすい理由について紹介します。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました