離乳食は裏ごししない・わざわざ作らない!赤ちゃん用の食事が招く危険とは

離乳食
スポンサーリンク




もう離乳食なんて作りたくない…。
裏ごししたり潰すのがめんどくさい…。

って思いますよね。

わたしは歯科衛生士で13年の経験があるのですが、『口の機能』の観点から考えると、

離乳食はむしろ作らないほうが、子どものためになるんですよ^^

 

その理由は、離乳食のように『柔らかいもの』を食べさせることが、

  • 食事を噛めない子
  • 飲み込めない子

に育ててしまう原因になってしまうからです。

 

この記事では、

  • 離乳食を作らない方がいい理由
  • 歯がない赤ちゃんが「普通の食事」を食べられる理由

について解説していきます!

 

『離乳食なんて作りたくない…』と悩んでいるあなたにとって、必ず参考になりますから、
ぜひじっくり読んでみてくださいね。

 

なおこの記事では、育児書やネットに書かれている普通の離乳食の進め方とは大きく違う視点で書いています。

でも、「歯並びが悪い子」や「上手く飲み込めない子」が増えている原因をたどれば、
必ず「離乳食」にたどり着くことを、あなたには知っていてほしいんです!

 

スポンサーリンク

離乳食は作らない!裏ごししない方がいい理由

離乳食の始め方や作り方を、育児書やネットで調べてみると、

  • 5~6ヶ月   ドロドロ状
  • 7~8ヶ月   舌で潰せる硬さ
  • 9~11ヶ月    歯ぐきで潰せる硬さ
  • 12~15 ヶ月    歯で噛める硬さ

など赤ちゃんの「月齢」で離乳食の種類が分けられていますよね。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも実はこれ、よろしくないんです…。

 

なぜなら『まだ9ヶ月だから、この離乳食は早すぎる!』と
月齢で赤ちゃんの「食べれる・食べない」を勝手に判断してしまうから。

 

その結果、知らないうちに「月年齢」に振り回されて苦しむママが増てしまうんです。

 

そもそも育児書やネットで「離乳食のメニュー」の特集をするから、
離乳食を「特別に」つくらなくてはいけない!と、わたし達は一種の洗脳のように思わされています。

 

でもね、離乳食はつくらなくていいんです!

 

それに、人間も動物です。
離乳食を食べている動物はいませんよね?

 

母乳が終われば、離乳食ではなく親と同じものを食べています。

歯科衛生士
歯科衛生士

そう!自然界に離乳食は存在しません。

 

つまり人間も本来、離乳食は特別につくる必要なんてない!ということなんです!

 

人間を含めて動物は、食べることで生きています。

赤ちゃんは、成長するにつれて「飲むこと」から「食べること」へ栄養の摂り方を変えていきますよね。

 

生まれたときに「本能」で知っている「おっぱいの飲み方」とは違って、
「噛むことや食べること」は、赤ちゃんが「経験」しながら覚えていきます!

 

この時期に、しっかり舌やあごを動かして離乳食を食べることで、
赤ちゃんは「食べるときの口の動かし方」を身につけていくんですよ♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

成長には、適した時期があります!

だからもし成長に適した時期を逃してしまえば、
後から「噛む動き」を取り戻すことはかなり難しくなってしまうのです!

 

 

たとえば、病気で突然「言葉」が喋れなくなっても、リハビリをすれば(程度の違いはあれ)
また喋れる可能性はありますよね。

 

でも、言葉を学ぶのに適した時期に、何のトラブルで学ぶ時期を逃してしまったら…。

その後、1から喋ることを身につけるには、かなりの時間と努力が必要になると思いませんか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これは「食べること」も同じ!

 

食べる練習期間に、しっかりと口や舌の動かし方を練習していないと、成長してから「噛むこと」を身につけるのは、かなりの時間と努力が必要になってしまうのです…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とうぜん、柔らかくしたり裏ごしした離乳食ばかりでは、
噛む練習ができませんよね。

 

 

その結果、せっかくの噛む練習のチャンスが奪われてしまうのです。

 

実はうちの病院にくる患者さんの赤ちゃんには、離乳食ではなく「家庭の食事」をそのまま食べさせるようお願いしていました。

もちろん最初は、ご飯をかるく潰したものから始めてもらいました。
でも、体調やウンチに問題がなければ、普通に大人が食べているご飯を
赤ちゃんにも食べさせてもらっていたんです。

赤ちゃんたちは、問題なく「家庭の食事」を食べていましたよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ママやパパの方が、普通にバクバクご飯を食べる我が子をみて
驚いていたくらいです(笑)

 

 

 

 

離乳食は作らない!裏ごししない離乳食の進め方

裏ごししない離乳食の作り方

人間も動物です。

だからおっぱいの次には、「大人と同じもの」が食べられるはずなんです。

歯科衛生士
歯科衛生士

想像してみましょう!
あなたのおばあちゃんが赤ちゃんだった頃
離乳食なんてつくっていたのでしょうか?

 

 

離乳食を「別メニュー」でつくっていたのではなく、
親が食べてるご飯にお味噌汁を入れて柔らかくしたり、煮物を少し潰して赤ちゃんに食べさせていたと思いませんか?

 

今だって兄弟が3人も4人もいる家庭なら、離乳食をわざわざ作るお母さんも少ないと思うんです。

 

実際に病院にくる患者さんでも、兄弟が5人いるママは、
「離乳食なんて2人目から作ったことないんです」と言っていました^^

 

「煮物を少し潰して食べさせたり、お味噌汁に入っているジャガイモやお豆腐を食べさせれば、問題なく赤ちゃんも食べてくれますから、わたしも楽なんです♪」と話してくれていたんです^^

 

離乳食は特別に作る必要はありません!

とくに、普段から出汁の効いた和食が中心の家庭なら、そのまま他の家族と同じように、赤ちゃんにも分け与えればいいんです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろん最初は、赤ちゃんの様子やウンチの状態をみて、潰したご飯などから少しずつ離乳食を進めていきましょう。

 

ウンチの状態も良く体調も良いなら、
ご飯もそのままの状態で食べさせたり、大人が食べている煮物などもどんどんチャレンジさせてみてほしいのです!

 

赤ちゃんは歯がなくても、おっぱいを飲むように舌を上あごに押し付けながら食べようとするんです。

 

そして成長とともに歯ぐきで上手に食べるようになって、歯が生えてくると噛んで食べるようになるんですよ。

 

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
まだ歯が2本しか生えてないけど、離乳食って食べられるの? 歯がないうちは、おかゆとか裏ごしした離乳食の方が安全よね? という疑問に、これまで200人の赤ちゃんの食事指導をしてきた歯科衛生士がお答えします^^ まだ歯が生えて...

 

もちろん最初は、むせたりうまく飲み込めないこともあると思います。

でもその試行錯誤の中で「なんとか食べてやろう!」とする経験が、
将来「何でも食べられる子」になるための大事なステップになるんですよ。

 

それでも不安なときは、下の記事を参考にしてみましょう。

赤ちゃんが大きいものを飲み込める理由や、むせたときの対処法を紹介していますから♪

 

赤ちゃんが離乳食やご飯を丸飲みする原因と簡単丸呑み対策レシピを紹介
うちの子、離乳食を噛まずに「丸飲み」してるけど大丈夫? こんな食べ方して、むせたらどうしよう…。 という疑問に、約200人もの赤ちゃんの食事指導をしてきた歯科衛生士がお答えします! 結論から言えば丸飲みできる赤ちゃんは、そ...

 

 

なお、より詳しい離乳食の進め方は、下の記事にまとめているので参考になさってくださいね。

離乳食は7ヶ月から開始して!拒否・嫌がるのは時期が早いからです!
離乳食っていつから始めればいいの? 7ヶ月からじゃ遅い…? どうやって進めていけばいいの? という悩みに、自身も2歳の娘を育児中。 これまで200人もの赤ちゃんの食事指導をおこなってきた歯科衛生士が、13年の経験からお答...

 

 

離乳食は作らない!裏ごしせず美味しい食事を作る方法

離乳食栄養バランス

赤ちゃんの食事は「別メニュー」や「離乳食」は作らず、普段大人が食べているものを食べさせましょう!

 

もちろん最初は避けた方がいいと言われている、脂肪が多い豚肉やアレルギーの原因になりやすいもの、蜂蜜などは別ですよ。
乳幼児にはちみつはいつから?ハチミツは離乳食で食べさせてはいけない理由
離乳食に栄養たっぷりのハチミツをつかいたい! 自然な甘みのハチミツなら、赤ちゃんにも安心だわ♪ と思いますよね。 しかし結論からいうと、乳幼児にはちみつは危険です! なぜならハチミツの中のボツリヌス菌によ...

 

 

ママ
ママ

でも、大人と同じ食事って、
赤ちゃんには塩分が多いのでは?

と心配になりますよね。

 

安心して下さい。

塩分の問題は、出汁をうまく使えば解決しますから。

 

とくに原材料は、かつお節とこんぶだけ!

 

食塩・化学調味料、添加物を使ってないやさしい出汁パックを使えば、調味料を足さなくても美味しいご飯がつくれます。

 

しかもやさしい出汁パックなら、長い時間煮出さなくてよく、ポンと鍋に入れておけばいいだけ!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なので赤ちゃんのお世話をしながらでも、美味しい出汁がとれるんですよ♪

 

調味料を足さなくても、出汁が美味しいと、それだけで味が決まります!

 

もちろん薄味なのにちゃんと旨味があるので、お味噌汁や煮物も少ない調味料で、
本当に美味しくつくれるんですよ^^

 

 

出汁をきかせた具沢山お味噌汁や煮物など、その家の「味」を赤ちゃんに覚えてもらって、
食べることが大好きな子になってもらいましょう!

 

それに塩分控えめな食事は、大人の健康にも良いことだらけですよね。

 

けっきょく大人がバランスのとれた食事を食べることが、赤ちゃんのためになるのです!

 

▼出汁を上手につかうと、薄味で赤ちゃんにも安心して食べさせられる食事ができます!▼

 

 

離乳食は作らない・裏ごししない理由まとめ

離乳食は、わざわざ柔らかくつくったり、裏ごしする必要はありません。

 

育児書やネットで「離乳食のメニュー」の特集をするから、離乳食を特別に作らなくてはいけない!と、
洗脳のように思わされているんです…。

 

でもね。

早産で早くに産まれた赤ちゃんもいれば、10ヶ月で産まれる赤ちゃんもいる。

1人1人生まれてきたスピードも違うのに、何ヶ月になったから離乳食開始!と月年齢や形態を一律で決めてしまうのは…なんだかおかしいですよね。

 

赤ちゃんは「歯」があるから食べられるのではありません。

 

食べること」は赤ちゃんが口の筋肉を上手く動かせるようになって、始めて身についていく!ものなんですよ。

 

どうか「柔らかい食事」で赤ちゃんの口やあごを動かす機会を奪わないで下さい!

 

赤ちゃんに何でも食べる子になってほしいなら、離乳食はつくっちゃダメ!

 

 

原材料はかつお節とこんぶのみ!の安心のダシで、家族に美味しい食事を食べさせてあげましょう!▼

 

より詳しい離乳食の進め方は、下の記事にまとめているので参考になさってくださいね。

離乳食は7ヶ月から開始して!拒否・嫌がるのは時期が早いからです!
離乳食っていつから始めればいいの? 7ヶ月からじゃ遅い…? どうやって進めていけばいいの? という悩みに、自身も2歳の娘を育児中。 これまで200人もの赤ちゃんの食事指導をおこなってきた歯科衛生士が、13年の経験からお答...

 

 

 

▼歯が生え始めたら歯磨きも始めましょう。赤ちゃんにも使える歯磨き粉の選び方はこちらが参考になります▼

【0歳でも安心】歯磨き粉を飲み込む赤ちゃんも使えるおすすめ3選!
虫歯予防のために赤ちゃんに歯磨き粉をつかいたい。 でも、どれを選べばいいの? 大人用の歯磨き粉じゃダメよね…。 という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお応えします! あなたも赤ちゃんに、どんな歯磨き粉を選べば...

 

 



離乳食
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ

コメント

  1. 透明ウサギ より:

    こんにちは、透明ウサギです。以前質問させて頂いたのですが、離乳食が始まってまた一つ、疑問が出てきました。
    アレルギーや消化しづらい食品とかならともかく、塩分が多いとか糖分が多いとか、噛みにくいからとか生ではなく火を通してとか、果ては何が原因なのか理由もなくNGになっている食材があります。
    それらをすべて省いていくとなんだかマンネリで味気ない…大人と同じものをあげたいのに、おかずの中には食べられるものがない。ちょっとくらいなら?とあげてしまったこともありますが…。
    幸い娘はよく食べてくれます。お味噌汁にご飯。その時つまめるおかずを少し、で良いでしょうか?離乳食NG食材の定義がよくわかりません。

    • まみん まみん より:

      透明ウサギさん、お久しぶりです(^^)連絡ありがとうございます!娘さん、順調に食べてくれているようで良かったです♪

      今の透明ウサギさんのような食事は、娘さんにとっても、とてもいいと思います。
      『大人と同じ食事を分け与える』というのが離乳食の本来の定義ですから(^^)

      離乳食NGの定義ですが、離乳食初期は、卵や豚肉などの脂の多い肉類は避けたほうがいいと思います。
      (動物性タンパク質がアレルギーの原因になりやすいと言われているからです)

      なので、娘さんが離乳食を始めたばかりなら、ごはんなどの炭水化物や野菜をベースにしたものを中心に食べさせてあげるといいと思います。(まさに今、透明ウサギさんが実践されている食事方法ですね!)

      タンパク質は、大豆をはじめとする植物性のもの選んであげればこの時期は十分です。

      もし、お肉をあげたいときは、最初は魚やササミなど、脂肪の少ないものからメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか?(^^)

      もちろんウンチの調子もよく、しっかり消化できうるようになれば、大人と同じ食事メニューをあげてみてください。

      想像ですが、今透明ウサギさんは育児書やネットなどの情報をみて、混乱してきたんだと思います。

      でも健康な赤ちゃんなら、育児書のメニューに振り回される必要はありませんよ(^^)

      噛みにくいからと、火を通して柔らかくするのは簡単です。
      でも、それでは食材が持っている食感や舌触りを経験することができませんよね。

      いろんな硬さや食感の食材を経験させてあげることで、舌のつかい方や顎の動かし方を赤ちゃんは工夫し、経験していきます。
      それでも飲み込めなければ、それはそれでいい経験になるんです。

      だから、きゅうりやニンジンのスティックなど、生で食べられるものは、どんどん経験させてほしいと思います。

      塩分や糖分の多い食事は、大人にとってもよろしくないメニューですよね。
      だからこそ、大人の食事も薄味を心がけ、それを娘さんに食べさせれば何も問題はないと思いますよ。

      とはいえ、醤油やお味噌は日本人にとって欠かせない調味料ですよね。
      無理に減らしては、食事も味気ないものになってしまいます…。

      だからこそ、減塩、減塩と神経をつかうより、出汁にこだわってみてはどうでしょうか?

      出汁をとるのが面倒なときは、添加物の入ってない『出汁パック』もあるので(^^)

      出汁の旨味をきかせてやれば、調味料は控えめでも美味しい食事が作れますから♪

      まとめると、
      ・出汁を効かせて大人の食事も薄味にすれば、赤ちゃんにそのままあげても問題ない。
      ・野菜など生で食べてもいいものは、どんどん挑戦させてあげる
      ・離乳食が始まった頃は、卵や豚肉など動物性タンパク質は避け、大豆など植物性タンパク質を中心にあげる
      ・体調やウンチに問題なければ、大人と同じものをどんどん食べさせる

      でいいと思います(^^)

      バランスのいい食事にしようと、何種類も食材をつかうのって大変ですよね。

      • まみん まみん より:

        すいません…(汗)

        最後の
        バランスのいい食事にしようと、何種類も食材をつかうのって大変ですよね。

        というのは、消し忘れたまま送ってしまったので、気にしないでください(^_^;)

タイトルとURLをコピーしました