離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ

離乳食の進め方
スポンサーリンク




離乳食って、どうやって進めていけばいいの?
育児書を読んでも、どうすればいいかよく分からない…。

という悩みに、これまで約200人もの赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士が、13年の経験からお答えします^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

離乳食の進め方って、本を読んでも
『で、うちの子の場合どうなの?』って悩みますよね…。

 

結論からいえば離乳食って、つくらない方がうまくいくんです!

 

なぜなら、柔らかくしなくても赤ちゃんは

  • 歯ぐき

をつかって食べることができるからです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも作らない方が、何でも食べる子になるし、
あなた自身も離乳食で悩まなくなるんですよ^^

 

この記事を読めば、

  • 離乳食をつくらなくて良い理由
  • 迷わない離乳食の進め方

が分かります!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

拍子抜けするほど簡単なので、ぜひ参考になさってくださいね^^

 

 

なおこの記事では、生後7ヶ月以降で

・お座りの姿勢がしっかりしている
・手が自由に動く
・おっぱい(ミルク)をしっかり飲んでいる

赤ちゃんを対象とした、離乳食の進め方を紹介しています。

 

スポンサーリンク

離乳食の進め方が分からない人必見!離乳食は作らない方がいい

赤ちゃんが噛まずに丸呑みする理由

結論から言えば、離乳食をわざわざ別メニューでつくる必要はありません。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

大人の食事の中で、赤ちゃんが食べられそうなものを分け与えればいいのです^^

 

赤ちゃんの離乳食は生後7ヶ月を過ぎた頃から始め、「おっぱいを飲むこと」から「食べること」へ移行させていきます。

 

 

※5ヶ月など早い時期から離乳食を進めている育児書もありますが、アレルギーを予防する意味からも、基本的に7ヶ月以降まで待ちましょう。

離乳食で果汁やプリンは何ヶ月から始める?7ヶ月まで待つべき大切な理由
赤ちゃんの離乳食で果汁やプリンは何ヶ月から始める?食べさせていい?という疑問を分かりやすく解説します。

 

 

しかも生後7ヶ月までは、母乳やミルクをしっかり飲ませた方が、離乳食が始まってからもよく食べる子になるんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

理由はあとで詳しく紹介しますね!

 

 

そもそも離乳食で悩むお母さんが多いのは、メディアに『洗脳』されているから!

 

育児書やネットで離乳食のメニューが特集されるから、離乳食には「特別なモノ」を作らなくてはいけない!と、わたし達は一種の洗脳のように思わされています。

 

でもね。

考えてみれば毎年何百万人もの赤ちゃんが1歳の誕生日をむかえて、無事に離乳ができていますよね^^

 

だからもし「離乳マニュアル」なんてものがあれば、離乳できない子もたくさん出てくると思いませんか?

 

 

忘れちゃいけないことは離乳食の本来の目的は、家族の食事が食べられるようになる!ということ。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

柔らかい物を食べられることがゴールではないんです。

 

それに離乳食で悩む原因の多くは、お母さんの頑張り過ぎによる一種のノイローゼ。

 

 

しかも育児書のメニューは子育て中のお母さんの経験というより、専門家視点の料理!

 

だから、『○ヶ月になったらコレを食べさせましょう』という『表』に当てはめて離乳食を進めていると、
必ずつまずくし、悩むお母さんが増えてしまうんですよ…。

 

 

離乳食で大事なことは

 

・離乳食が始まるまでに、しっかりミルクや母乳が飲める子にする

離乳食はアレルギー予防のためにも生後7ヶ月以降から始める
(お座りの姿勢が不安定なら、もっと遅らせてOK!)

・家庭の食事を薄味の和食にする

・『歯の数』や『月齢』にとらわれず、胃腸の調子がいいなら、サイズもどんどん大人に近づける

ことです^^

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

順に説明していきますね!

 

 

離乳食の進め方①離乳食は7ヶ月まで始めない

離乳食を作ることに疲れる理由

離乳食のスタートは、

  • 母乳やミルクがしっかり飲める
  • お座りの姿勢がしっかりしている
  • 自分の意志で手を自由に動かせる

と3つの条件がそろった、生後7ヶ月目以降で始めましょう^^

 

 

とはいえ、育児書によっては、離乳食を5ヶ月や6ヶ月から始めましょう!と書かれているものもありますよね。

 

 

でも早すぎる離乳食のスタートでは、赤ちゃんはまだ上手に『噛む→飲み込む』という口の動きができません。

 


だから離乳食を、思うように食べてくれないんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

食べてくれないから、お母さんは悩んでしまうんですよ。

 

 

さらに離乳食をじょうずに食べるためには、『姿勢』がしっかりしていることも大切です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

姿勢が不安定だと、
むせたり飲み込めない原因になってしまいますから。

 

 

だから離乳食を始めるなら、

  • おっぱいをしっかり飲んで、口や舌がしっかり動かせる
  • お座りの姿勢がしっかりしている

7ヶ月目以降にした方が、うまくいくんですよ^^

 

【6ヶ月】離乳食を全く食べない・嫌がる原因は4つのサインがまだだから
6ヶ月頃の赤ちゃんが離乳食を食べない理由は、まだ赤ちゃん自身の『食べる準備』が整ってないだけかもしれません。離乳食を始める4つのサインについて紹介します。

 

 

離乳食の進め方②育児書のメニューは無視する

繰り返しますがあ、離乳食でつまづく原因の多くは、お母さんの頑張り過ぎによる一種のノイローゼ。

 

とくに育児書にある「月年齢」に縛られると、いつの間にか本の情報だけに振り回されて、
思ったように離乳食が進まず、辛い思いをするお母さんが増えてしまうのです。

 

 

また育児書や料理本には、

  • 裏ごしする
  • つぶす
  • すりおろす

など、料理方法が書かれていますよね。

 

しかしあれは子育て中のママの経験というより、専門家視点の料理。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから忠実に従おうとするほど、途中でつまずき、
疲れ果ててしまうんですよ…。

 

しかも作った離乳食を赤ちゃんが食べないと、「なんとか食べさせよう」と必死になってしまいますよね。

 

でも無理に食べさせようとするほど赤ちゃんは食べなくなり、ストレスだけがたまるように…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから離乳食は、家庭の食事を分け与える!
というスタンスでいいんですよ^^

 

 

ちょっと話はズレますが、うちの祖母(88歳)から聞いた話では、
昔は梅雨の時期や夏の暑い時期は、下痢を起こしたり細菌が繁殖しやすいので、離乳食の時期をずらしていたのだとか。

 

昔の人は決して『月年齢なんかにこだわらず、赤ちゃんの様子や気候を見て離乳食を進めていました。

 

早くに生まれる子もいれば、10ヶ月で生まれてくる子もいる。

なのに、全員が同じ『表』や『方法』で離乳食を進めるなんて、おかしな話だと思いませんか?

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

離乳食って、決して難しいものではないんです!

 

特に離乳食を始めたばかりの頃は、少しずつ進めていくので赤ちゃんの食べる量も多くありません。

 

 

そのために何時間もかけて離乳食をつくるよりも、その時間を赤ちゃんと

  • 散歩する
  • 遊ぶ
  • 絵本を読む

時間に当てたほうが、賢い時間の使い方だと思いませんか?^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんだからと「柔らかい離乳食」を作るのはナンセンス!

 

しかも赤ちゃんは、歯がなくても、おっぱいを飲むときのように、

  • 舌を上あごに押し付けて食べ物を潰す
  • 歯ぐきで噛む

など、工夫して食べることができます^^

 

 

産まれたときに本能で知っている『おっぱいの飲み方』とは違って、
『噛むこと』は歩くのと同じように、練習しながらうまくなっていきます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから柔らかい離乳食では、いつまで経っても噛む練習ができないんです…。

 

詳しくはあとで紹介しますが、歯がないうちからどんどん

  • 舐める
  • かじる
  • モゴモゴする

経験をたくさんさせた方が、歯が生えたときになんでもじょうずに食べられる子になるんですよ^^

 

離乳食は裏ごししない・わざわざ作らない!赤ちゃん用の食事が招く危険とは
裏ごしって、絶対しないとダメなの? 毎回は正直めんどくさい…。 スプーンで潰しただけじゃ、ダメなの? という悩みに、約200人もの赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします^^ 結論から言えば、離乳...

 

 

離乳食の進め方③最初はお米をつぶした程度から始める

離乳食というと、つぶしたり柔らかくしたものを想像しますよね。

 

でも最初の離乳食は、

  • ご飯を潰したもの
  • 煮物の中の野菜を潰したもの

程度のものから始めたので十分です^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そう。

あなたが普段食べている食事を分け与える!という考え方でいいのです^^

 

 

離乳食は生後7ヶ月を過ぎた頃から少しずつご飯を食べさせはじめ、「おっぱいを飲むこと」から「食べること」へ移行させていきます。

 

もちろん最初の離乳食は、1日1回程度から始めて、体調やうんちの状態を見ながらゆっくり進めていきましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

時間帯は『朝』に試すと、1日を通して体調の変化を観察しやすいのでおすすめです。

 

そして問題ないなら、

  • 1日2回
  • 1日3回

と2〜3ヶ月かけて回数や量を増やしていき、ゆっくり固形物に胃腸を慣れさせてていきましょう!

 

特に初期の頃は、炭水化物や野菜をベースにしたものから始めましょう。

タンパク質を含む食品は、『大豆や植物性のもの』を選んであげることをおすすめします。

卵やお肉など動物性タンパク質、はちみつ・塩分や脂分の多いものは避けましょう!

 

 

それに、まだ栄養はおっぱいやミルクで摂っていますよね!

 

だから思うように食べてくれなくても、栄養は摂れているので気にする必要はありません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

それより、『食べること』に慣れてもらうことをメインで考えましょう^^

 

離乳食で果汁やプリンは何ヶ月から始める?7ヶ月まで待つべき大切な理由
赤ちゃんの離乳食で果汁やプリンは何ヶ月から始める?食べさせていい?という疑問を分かりやすく解説します。

 

 

離乳食の進め方④家庭の食事を与える

離乳食のメニューは特別なものは作らず、普段家族が食べているものを赤ちゃんに分け与えるようにしましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とうぜん、大人がジャンクフードばかりの食生活ではダメですよ^^;

 

育児書やネットで離乳食のメニューが特集されるから、離乳食には「特別なモノ」を作らなくてはいけない!と、わたし達は一種の洗脳のように思わされています。

 

でも忘れちゃいけないことは離乳食の本来の目的は、家族の食事が食べられるようになること。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

柔らかい物を食べられることがゴールではないのです。

 

おすすめは、昔ながらの『和食』。

 

具体的には、

  • ご飯
  • お味噌汁の中の具
  • 野菜の煮物

などを潰して食べさせ、胃腸が慣れてきたら、大人と同じサイズのものにどんどん近づけていきましょう。

 

 

和食なら日本人の体質にも合っていますし、赤ちゃんにとっても消化・吸収のいい食べ物です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも出汁をしっかり利かせたり、味の濃い野菜をつかえば、
調味料を足さなくても薄味で美味しい食事ができます!

 

 

家族全員『薄味』の食事なら、安心して赤ちゃんに分け与えられるし、大人にとっても高血圧など病気の予防にもなりますよね!

 

 

結局、『家族の食事の質』を上げることが、赤ちゃんのためにもなるし、離乳食でノイローゼになることもなくなるんですよ^^

 

 

育児書にある月年齢に縛られると、いつの間にか本の中の情報だけに振り回されて、
思ったように離乳食が進まず、辛い思いをしてしまいます…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも考えてほしいんです。

 

昔、5〜6人も育てていた時代なら「特別な離乳食」なんて作っていなかったはず。

 

離乳食に手間をかけている時間もなかったから、
『味噌汁や煮物の汁で、ご飯を柔らかくしたもの』を赤ちゃんにもあげていたはずですよね!

 

 

早くに生まれる子もいれば、10ヶ月で生まれてくる子もいる。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なのに、全員が同じ表や方法で離乳食を進めるなんて、おかしな話です!

 

離乳は決して難しいものではないんですよ^^

 

離乳食にベビーフードは可哀相?罪悪感を感じるあなたに伝えたい事
ベビーフードをつかうことはかわいそう・罪悪感や疑問や罪悪感があるあなたは、赤ちゃんのことをよく考えている素敵なママだと思います。でも本来離乳食はつくる必要なんてないし、ベビーフードを使わない方がよく離乳食を食べる子になります。その理由を紹介します。

 

 

離乳食の進め方⑤食べないときは無理しない

離乳食の種類

せっかく離乳食を始めても、思うように食べてくれないこと、ありますよね…^^;

 

そんなとき無理に食べさせようとすると、あなたも赤ちゃんもストレスになってしまいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかもこの時期の子は、食べることだけに集中するのはまだまだ難しい年齢です。

 

だから食べないときは、無理をせず、さっさと片付けてしまえばいいのです^^

 

そしてまたお腹が空いたときに、さっき残ったご飯を食べさせる…というスタイルにしていきましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

食べ物の『より好み』を始めるのは、1歳過ぎからだと言われています。

 

だから、さっき食べなかったものでも、時間をおいて出してあげると、平気で食べてしまうことも多いんですよ^^

 

途中で離乳食に飽きる・食べない赤ちゃんに共通する3つの原因と対策法
離乳食を始めたけど、なかなか食べてくれない… 途中で飽きて遊び始める… という悩みに、これまで約200人の赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします^^ 歯科衛生士 ...

 

 

離乳食の進め方⑥大きさも大人と同じサイズにしていく

生後7ヶ月以降で

・お座りの姿勢がしっかりしている
・手が自由に動く
・おっぱい(ミルク)をしっかり飲んでいる

赤ちゃんなら、歯がなくても大抵のものは食べられます。

 

最初の離乳食は、

  • お米を潰したもの
  • 煮物を潰したもの

から始め、1〜2ヶ月でもかけながら、ゆっくり固形物に赤ちゃんの胃腸を慣らしていきましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そしてウンチや体調に問題ないようなら、どんどん大人と同じ大きさの食材に挑戦させていきましょう。

 

繰り返しますが、赤ちゃんは歯が生えそろってなくても、おっぱいを飲むときのように舌を上あごに押し付けながら食べていきます。

 

そして、歯ぐきをつかって食べるようになって、歯が生えてきたら、歯ですりつぶして食べるようになるんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからまだ歯が生えそろってなくても、胃腸の調子が良いならどんどん噛むチャンスをつくってあげてほしいんです。

 

ママ
ママ

でも、大きいものをあげて、むせたらどうするの…

という心配もありますよね…。

でもむせることは、赤ちゃんにとっては大きな経験になるんですよ。

 

 

失敗することで赤ちゃんなりに『つぎは気をつけて食べるぞ!』と試行錯誤するようになり、
どんどん上手に食べられるようになりますから^^

 

赤ちゃんが離乳食やご飯を丸飲みする原因と簡単丸呑み対策レシピを紹介
うちの子、離乳食を噛まずに「丸飲み」してるけど大丈夫かな…? こんな食べ方して、むせたらどうしよう…。 という疑問に、約200人の赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします! 結論から言えば丸飲みできる赤ちゃ...

 

 

離乳食の進め方⑦家族の食事を薄味にする

離乳食の最終目標は、家族と同じものを食べられるようになることです。

 

だからこそ、離乳食は別メニューでつくらず

  • ご飯にお味噌汁をかけて柔らかくする
  • 煮物を潰して食べさせる

など、家族の食事を分け与えててほしいんです^^

 

 

それに、離乳食は「大人の食事を赤ちゃんに分け与える」とシンプルに考えれば、大人の食生活も正されると思いませんか?^^

 

普段の食事が

  • 香辛料が強い
  • 分が多い
  • 油が多い

ものばかりでは、赤ちゃんの健康に影響するのは明らか!

 

でも赤ちゃんにも食べさせるとなれば、味付けも控えめになるし、食材も安全なものを使いますよね!

 

 

そう。

赤ちゃんにも「同じもの」を食べさせることは、大人の食生活を見直すきっかけにもなるし、
高血圧や動脈硬化を予防することにもつながるんです^^

 

 

ママ
ママ

でも、大人と同じ味付けは塩分が多いんじゃない?

と思ったかもしれませんが、安心して下さい^^

 

たとえば、

  • 出汁をしっかりきかせてあげる
  • 味の濃い野菜をつかう

などすれば、薄味でもおいしく家庭の食事の「質」を上げることができますから♪

 

 

とくに宅配野菜なら、

  • 放射線のこと
  • 農薬のこと
  • 添加物のこと

など安全性も分かりやすいし、どういった基準で選ばれている野菜か判断しやすいです。

 

 

安全性も高く産地も特定されている野菜なので、じゃがいもやさつまいもは綺麗に洗って、皮のままふかしたり、
口寂しそうなときは、きゅうりをスティック状に切って、そのままかじらせることもできます^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

自然そのものの味が引き立つので、お味噌汁や煮物も少ない調味料で本当に美味しく作れるんです♪

 

 

家庭の食事が薄味で美味しいなら、そのまま赤ちゃんの食事としても出せますから、
離乳食をわざわざつくる手間もなくなります!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ふかしたお芋を手に持たせると、面白いほどよく食べてくれますよ^^

 

バランスのいい食事って、『あれもこれも!』と買いそろえないといけない印象、ありますよね…。

 

 

でも昔から日本で食べられてきた

  • 野菜いっぱいのお味噌汁
  • 野菜の煮物

など和食を中心としたメニューにすれば、自然に栄養のとれる食事になります^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも新鮮で安全な野菜なら、皮ごと食べられるので、ますます栄養価も高くなる!というわけです^^

 

けっきょく大人がバランスのとれた食事を食べることが、赤ちゃんのためになるんですよ^^

 

野菜宅配らでぃっしゅぼーやのお試しは大満足【体験・レビューまとめ】
食材宅配のらでぃっしゅぼーやのお得なお試しセットの体験・レビューを紹介します。野菜がみずみずしくて美味しいので赤ちゃんの離乳食としてもつかえます。写真たっぷりで中身を紹介します!

 

離乳食の進め方が分からないまとめ

離乳食は難しく考えず

  • 母乳やミルクをしっかり飲める
  • 姿勢が安定している
  • 手が自由につかえる

生後7ヶ月を過ぎてから始めていきましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえ、離乳食はわざわざつくる必要はありません。

 

なぜなら上の3つができている赤ちゃんなら、歯が生えそろってなくても

  • 歯ぐき

をつかって、食べることができるからです。

 

離乳食は作らず、

  • ご飯
  • 野菜の煮物

など家族の食事を潰した程度から始め、体調に問題ないなら、どんどん家族と同じ物を与えてみましょう^^

 

 

出汁や味の濃い野菜を使えば塩分少なめでもしっかり味がでるので、赤ちゃんの食事にも安心して食べられますから^^

 

『食べること』は、生きるために必要なこと。

赤ちゃんは育つ力を持って、産まれてきます。

 

だからこそ離乳食は頑張らないほうが、うまくいくんですよ♪

 

 

\赤ちゃんがよく食べる野菜や果物の選び方はこちら!/

野菜宅配らでぃっしゅぼーやのお試しは大満足【体験・レビューまとめ】
食材宅配のらでぃっしゅぼーやのお得なお試しセットの体験・レビューを紹介します。野菜がみずみずしくて美味しいので赤ちゃんの離乳食としてもつかえます。写真たっぷりで中身を紹介します!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました