牛乳はいつから赤ちゃんに飲ませる?離乳食で牛乳を使ってはいけないたった1つの理由。

歯並びが良くなる離乳食
スポンサーリンク




実は、牛乳は子供に飲ませない方がいい飲み物です。

赤ちゃんの離乳食が始まると、「牛乳を飲ませてカルシウムを摂らせなきゃ!」と、牛乳を使った離乳食や、おやつの時に牛乳を飲ませるママもいらっしゃると思います。

 

また赤ちゃんの栄養指導でも「牛乳を飲ませましょう!」と指導を受けますが…。果たして本当に牛乳は赤ちゃんに必要なのでしょうか?

 

わたし達人間も含め、哺乳類の赤ちゃんはママの母乳で育ちますよね?
赤ちゃんにとって、大切な栄養源のおっぱい(^^)

 

「じゃあ、赤ちゃんに牛乳を飲ませてもいいんじゃない?」

と思いますよね。

 

しかし牛乳は本来、牛の子供が成長するために飲むものです。
成長した後の食事は、親と同じ牧草を食べていますし、成長した牛は牛乳なんて飲みませんし、飲まなくても成長しています。

 

それはわたし達人間も同じ。

 

 

実は、これまで牛乳は栄養がある食品とされてきましたが、最近では牛乳や乳製品はむしろ積極的に摂らない方がイイと言われているんです。

 

この記事では、牛乳を子供達に飲ませない方がいい理由について解説していきます。

これから離乳食を始めようとしているママは、ぜひじっくり読んでみて下さい。あなたにとって、新たな気付きになるはずです(^^)

 

スポンサーリンク

アレルギーの原因になる牛乳は離乳食で使ってはいけない理由

動物は成長すればおっぱいはもう飲まず、「草や肉」など親と同じものを食べるようになります。

それはもちろん、わたし達人間の赤ちゃんも同じはず…。

 

しかしわたし達は、大人になってからも「牛のおっぱいの牛乳」を飲んでいます。しかも栄養がある「完全食品」とされ、積極的に摂るようにすすめられていますよね。

 

しかし「完全食品」と言えない理由が「病気にならない生き方という本の中に書かれているので、紹介します。

 

牛乳に含まれるラクトフェリンは、胃酸に弱く分解されてしまいます。これは母乳のラクトフェリンでも同じです。生後間もない人間の子供が母乳からラクトフェリンが吸収できるのは胃が未発達で胃酸の分泌が少ないからです。つまり同じ人の「乳」であっても成長した人間が飲むためには作られていないということです。

(中略)

日本人には乳糖を分解する「ラクターゼ」を持っている人が非常に少ないのです。赤ちゃんの時にはほとんどの人が十分な量を持っていますが年齢を重ねるごとに減っていきます。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、下痢をする人がよくいますが、これは乳糖を分解できないために起きる症状です。

(中略)

成長したら「乳」は飲もむのではないというのが自然の摂理。

引用先病気にならない生き方

 

牛乳を飲んでお腹がゆるくなるのには、わけがあったんですね…。

わたし自身子供の頃よく牛乳でお腹が痛くなっていた経験があったので、この本を読んで本当に納得しました。もちろん自分の娘にも牛乳は与えていません。

 

加工する前の生乳の中には「よい」成分が含まれています。しかし市販の牛乳ではそうした「よいもの」は、加工される過程ですべて失われてしまっているのです。市販の牛乳が作られる過程では、各農家で集められた生乳をさらに大きなタンクに移して均等化することで、生乳に含まれていた乳脂肪は酸素と結びつき、酸化しすぎた脂肪「ひどく錆びた脂」になります。また雑菌の繁殖を防ぐために加熱殺菌されます。

(中略)

超高温にさらされることによって、過酸化脂質はさらに増加します。そしてさらに問題なのが、たんぱく質が熱性変質することでラクトフェリンも失われます。こうして、市販の牛乳は健康を阻害する食べ物になってしまうのです。

そもそも牛乳は子牛が飲むためのものです。したがって、そこに含まれている成分は子牛の成長に適したものです。子牛の成長に必要なものが人間にも有用だとは限りません。

 

(中略)

自然界で大人になっても「乳」を飲む動物など一つも存在しません。人間だけが種の異なる動物の乳を、わざわざ酸化させて飲んでいる。

(中略)

牛の子供が飲むための牛乳と人間の子供が飲むための母乳では、もともと成分が全く違うのです。牛乳に含まれるラクトフェリンは、胃酸に弱く分解されてしまいます。これは母乳のラクトフェリンでも同じです。生後間もない人間の子供が、母乳からラクトフェリンが吸収できるのは胃が未発達で胃酸の分泌が少ないからです。つまり同じ人の「乳」であっても成長した人間が飲むためには作られていないということです。

(中略)

日本人には乳糖を分解する「ラクターゼ」を持っている人が非常に少ないのです。赤ちゃんの時にはほとんどの人が十分な量を持っていますが年齢を重ねるごとに減っていきます。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、下痢をする人がよくいますが、これは乳糖を分解できないために起きる症状です。

(中略)

またカルシウムの吸収が良いのは一時的で、その反動として余分なカルシウムといっしょに必要なカルシウムや他の栄養素も排出してしまいます。

 

引用先病気にならない生き方

引用の中にもあるように同じ人の「乳」であっても、成長した人間が飲むためには作られていない!というのは、アレルギーの観点からも大切なこと。

関連記事→洗脳を解け!5カ月や6カ月からの早すぎる離乳食がアレルギーや赤ちゃんが食べない原因を作っていた

もし、わたし達が成長してからもう一度ママの母乳を飲めば、母乳に含まれる「タンパク質」に反応してアレルギー反応が起こってしまうのです(><)

 

おっぱいは言わば、「赤ちゃん時代の期間限定の飲み物」

わたし達人間も含めて動物は、成長したら本来「母乳」は飲んではいけないのです。

まとめ

健康のために飲んでいた「牛乳」が、

  • お腹が痛くなる
  • アレルギーの原因になる

なんて…。

 

わたしも何も知らなければ、娘に積極的に牛乳を飲ませていたと思います(汗)

 

それに、確かに牛乳はカルシウムが多い食品ですが、摂ったカルシウムが全部「歯」の栄養になるわけではありません(><)

 

歯に届くころには、ほとんど体に吸収されていますから…。

 

 

カルシウムは小魚や海藻から摂りましょう!

牛乳は、お菓子や料理に使ったり飲み物に混ぜる程度にして、水分代わりに飲むのは体のためにも今日からやめませんか?(;_;)

 

 

牛乳に関しては、こちらの本も参考になりますよ♪

 

おっぱいが出にくくて悩んでいませんか?

歯並びの悪さは遺伝だけで決まらない!母乳で育てた方が赤ちゃんの歯並びが良くなる理由。にも書いたように、赤ちゃんを母乳で育てると、歯並びが良くなったりよく噛んで食べる子になります\(^o^)/

 

でも万が一、ママの母乳が出にくい時は、ママに必要なDHAや葉酸や乳酸菌など栄養が摂れる妊娠中からできる母乳ケア「すくすく母乳の泉」で体質を改善して、母乳が出やすい体をつくっていきましょう(^^)/

 

母乳が出やすい体をつくる、ママと赤ちゃんに嬉しいサプリメントです(^^)/

赤ちゃんの将来の歯並びや口の健康のためにも、事情がない限りは母乳育児で頑張ってみませんか?(^^)

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

 

▼歯が生え始めたら、歯磨きも始めましょう。赤ちゃんにも使える歯磨き粉は、こちらにまとめています▼

合わせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

 

 

 

 

 

コメント