乳幼児にはちみつはいつから?ハチミツは離乳食で食べさせてはいけない理由

離乳食の進め方
スポンサーリンク




 

離乳食に栄養たっぷりのハチミツをつかいたい!
自然な甘みのハチミツなら、赤ちゃんにも安心だわ♪

と思いますよね。

 

しかし結論からいうと、乳幼児にはちみつは危険です!

 

なぜならハチミツの中のボツリヌス菌によって、赤ちゃんが突然死してしまう可能性があるからです。

 

ハチミツは1歳を過ぎるまでは与えてはいけない食品!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その理由をご説明します。

 

スポンサーリンク

乳幼児にはちみつが危険な理由!

ハチミツは自然の甘味料のため、離乳食でもつかいたいですよね。

 

でも、ハチミツのラベルを見ると、

赤ちゃんには与えないでください
と表記されています。
そう。
ハチミツは大人にとっては体にいい食品でも、赤ちゃんにとっては良くない食品だったのです…。

 

実際、昔アメリカでは、多くの赤ちゃんが「突然死」した事件があったんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

調べてみると亡くなった赤ちゃん達は、離乳食でハチミツを食べていたと分かりました。

もちろんハチミツの成分はおもに糖分なので、「安全・安心」で、危険な食品ではありません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

じゃあ、なぜ突然死が起こってしまったのでしょうか…。

実は、突然死の原因はハチミツの成分ではなく、ハチミツの中に「ボツリヌス菌のタネ」が混ざっていたことが原因だったんです。

 

ボツリヌス菌が混じったハチミツが赤ちゃんの体に入ったことが、「突然死を起こす原因」になっていたんですよ…。

 

 

【乳幼児のハチミツ】ボツリヌス菌は食中毒を起こす菌

ボツリヌス菌とは腸詰菌(ちょうづめきん)とも呼ばれる菌で、食中毒の原因となる菌です。

 

そのつくりだす毒素はとても強く、食中毒で死に至ることもある危険な菌なんですよ

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも熱に強い菌なんです…。

 

 

ボツリヌス菌は、100度の熱湯で煮沸しても消滅せず、耐久力が強い菌!

 

だからたとえ火を通して料理をしたものでも、1歳未満の赤ちゃんにハチミツは食べさせてはいけないのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

一般的な家庭の調理法では、菌は死なない…というわけです。

 

 

食中毒の原因となるボツリヌス菌が、ハチミツの中に入っているかもしれない…と考えただけでも怖いことですよね(><)

 

ちなみに大人の体の中にボツリヌス菌が入っても、腸内環境が整っているので、特に影響はないので安心してくださいね^^

 

はちみつにボツリヌス菌が入っている理由

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、なぜハチミツの中にそんな「危ない菌」が入っているのでしょうか?

 

その理由は、ミツバチの赤ちゃんの「エサ」にあります。

 

ミツバチって『花の蜜』をエサにするイメージがありますよね。

 

しかしミツバチの赤ちゃんのエサは、なんと昆虫や小動物などの肉!

 

そのためミツバチの親は、花の蜜と赤ちゃんのエサのために肉を巣に運んできます。

 

このとき腐った肉の中にボツリヌス菌がいて、ハチミツの中に混ざる…と考えられているのです。

 

 

1歳未満の乳幼児には、はちみつは与えない!

1歳未満の乳幼児には、

  • ハチミツ
  • ハチミツが入ったお菓子

などは、与えないようにしましょう。

 

実は赤ちゃんの腸って、入ってきたものを何でも吸収してしまう未完成な状態なんです。

 

だからハチミツの中のボツリヌス菌も、吸収してしまい「害」になってしまうんですよ…。

 

つまり、腸が未熟な赤ちゃんの体の中にボツリヌス菌が入ってしまえば、菌が増殖する可能性が高く非常に危険!ということ(><)

 

一方で「大人や子供たちは食べて大丈夫なの!?」と、不安になってしまいますが、大丈夫です♪

 

なぜなら大人の腸では、ボツリヌス菌のタネは大きすぎて吸収されないので、食べても安全なんですよ(^^)

 

 

乳幼児がはちみつを食べると「乳児ボツリヌス症」になる可能性がある

運わるく、赤ちゃんの体の中にボツリヌス菌が入ってしまえば「乳児ボツリヌス症」になる可能性があります。

 

「乳児ボツリヌス症」の症状が出ると、

  • 便秘
  • グッタリする
  • 泣き声が弱くなる
  • よだれが多くなる
  • 麻痺
  • 無呼吸

などの症状が現れます…。

 

もし、はちみつが口の中に入ってしまったらまずは様子をみて、異変がないか確認しましょう。

 

そして赤ちゃんに異変が見られたら、一刻も早く病院に相談にいきましょう!!

 

乳幼児にはちみつが危険な理由まとめ

ハチミツは栄養もたっぷりな自然食で、離乳食やおやつに使いたい!と考えてしまいますよね。

 

しかし1歳未満の乳幼児の場合は、はちみつは「突然死」の危険があることは忘れてはいけません!

 

赤ちゃんの安全のためにも、ハチミツは1歳を過ぎるまでは与えないように気をつけましょう。

 

そして、赤ちゃんの手などにハチミツが付いたときは口に入る前に洗うなど、周りに置かないよう注意しましょう!

 

 

 

▼離乳食が始まったら歯磨きもスタート!
赤ちゃんが飲み込んでも安全な歯磨き粉の選び方もマスターしましょう▼

【0歳でも安心】歯磨き粉を飲み込む赤ちゃんも使えるおすすめ3選!
虫歯予防のために、赤ちゃんに歯磨き粉をつかいたい。 でもまだうがいもできないし、どれを選べばいいの? 大人用の歯磨き粉じゃダメよね…。 という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお応えします! まだうがいが出来ない赤ちゃ...

 

 

▼手間ゼロで楽ちん『離乳食の進め方』はこちらが参考になります▼

離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ
7ヶ月・8ヶ月・9ヶ月頃からの離乳食の進め方が分からない方におすすめ、ノイローゼにならない離乳食の作り方と進め方を紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました