【赤ちゃんのストロー】嫌がる子も嫌がらない子も2歳まで待つべき理由

離乳食の進め方
スポンサーリンク




そろそろストロー飲みを練習させいのに、嫌がって全然練習できない…。
どうすればいいの…。

という悩みに、約200人もの赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします^^

 

結論から言うと、ストロー飲みは早くから練習する必要はありません^^

 

なぜなら早くから赤ちゃんに「ストロー飲み」を教えることは、

  • 食べこぼしの多い子になる
  • 歯並びが悪くなる可能性がある

などデメリットしかないからです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえストローって、こぼさず飲んでくれるから便利ですよね…。

 

でもストロー飲みをさせるなら、2歳以降まで待ってほしいんです。

 

この記事では、早くからストロー飲みを覚えるデメリットについて歯科衛生士が解説していきます。

 

ストローの練習を嫌がるなら、無理に使わせる必要はありません^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その理由を紹介します!

 

スポンサーリンク

赤ちゃんがストローを嫌がる・使えないなら無理しなくていい2つの理由

スロトー飲を始める時期

ストロー飲みしてくれると、便利ですよね。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも『赤ちゃんの口の発達』からみると、早くからストローをつかう方が、デメリットが多くなります。

 

なぜなら赤ちゃんが早くからストロー飲みを覚えると、『舌の間違った使い方』を覚えてしまい、

 

①食べこぼしが多くなる

②歯並びが悪くなる

 

など2つの悪影響が出てしまうからです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そんなバカな…と思いましたよね。

でも本当なんです。

 

食べこぼしが多くなる

ストロー飲みが癖になると、食べこぼしが多くなります。

 

その理由は、ストローを飲むときの「舌」の動きにあります。

 

 

まず前提として、わたし達が

  • 食べる
  • 飲む
  • しゃべる

ときの『舌の動き』は、基本上下の動きだけ

 

歯科衛生士
歯科衛生士

試しに、唾液を飲み込んでみましょう^^

舌が上あごに付いたまま、唾液を飲み込みますよね?^^

 

このように綺麗に飲んだり食べるには、舌を上あごに付けたまま、

  • 食べ物
  • 飲み物

をゴックン!と喉に送り込む必要があります。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり、舌は『上下』に動くことが絶対条件なんです!

 

ではつぎに、ストローでジュースを飲むマネをしてみて下さい。

 

ストロー飲みをすると、「舌の先」は『下の前歯の後ろ』あたりに付き
前後に波打つように動いていますよね。

 

 

繰り返しますが舌は基本的に、『上下』に動くのが正常な状態です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舌を『前後』に動かすのは、英語の発音のときくらいです^^

 

つまり、早くからストロー飲みをはじめてしまうと、
赤ちゃんは「前後に動かす間違った舌の使い方」を覚えてしまう!ということ。

 

その結果、食べ物を飲み込むときに舌が前に出てしまい、

 

  • 食べこぼしが多くなる
  • 迎え舌になる

 

など「食べ方」や「飲み込み方」に、悪影響を与える可能性があるんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

このような理由から、ストロー飲みを早くから覚えるのはよくないんです…。

 

離乳食を食べるとき舌を出す【迎え舌】の原因と簡単4つの直し方
離乳食を食べる時、舌が前に出る赤ちゃんの原因と対処法について解説します。

 

 

歯並びが悪くなる

さらに早くからストロー飲みが癖になると、歯並びにも悪影響が出る可能性があります。

 

 

ストロー飲みで「舌を前後に動かす動き」が癖になれば、
赤ちゃんは無意識に、舌で歯を押すようになります。

 

「舌は筋肉の塊」です!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舌で歯を押していると、歯にはずっと力がかかり続けてしまいます。

 

その結果、前歯が前に倒れて、歯並びが悪くなる可能性が高くなるんですよ。

 

歯は、

  • 舌で歯を押す
  • 唇を噛む
  • 指シャブリをする

など継続的に歯に力がかかると、簡単に動いてしまいます!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからこそストローを嫌がっているなら、無理する必要はないんです^^

むしろ『口の機能面』から見たら、コップ飲みの方が断然おすすめなんですから^^

 

 

赤ちゃんがストローを嫌がるのはチャンス!

ストロー飲みのデメリット

繰り返しますが、早くからストロー飲みを覚えると、舌を前後に動かす『間違った動き』を覚えてしまいます。

 

だからこそストロー飲みは、2歳以降から考えるようにしましょう。

 

それまではコップで飲ませてあげてほしいんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえストロー飲みって、こぼさず飲んでくれるし、親も楽ですよね…。

でも「楽」という理由で、早くからストロー飲みをさせるのは…ちょっと待って欲しいんです。

 

 

赤ちゃんの将来の「歯並び」や「食べ方」まで考えると、
やっぱり、コップを使って飲ませることを歯科衛生士としておすすめしたいんです。

 

成長には「適正な時期」があります!

 

たとえば、何かの事情でしゃべれなくなっても、
リハビリをすることで回復する可能性は十分ありますよね。

 

でも、「言葉を覚える時期」にしゃべる訓練ができなかった子に、
あとで『1』から言葉を教えていくのは…相当な苦労が必要になると思いませんか?

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これは食べることも同じです!

 

「間違った舌の使い方」を早くに覚えてしまうと、
成長してから「正しい舌の使い方」に直すことは、相当な根気と時間が必要になります!

 

 

実際わたしが働いていた歯医者でも、「間違った舌の動き」を直すのに苦労している子ども達が大勢いました。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

わたしも娘を育てているので、
飲み物をこぼされたときのイライラはよく分かります…^^;

 

でもね。

コップでも、練習すれば上手に飲めるようになるんですよ^^

 

 

それに外出先でコップが面倒なら、ふたを開けて直接飲めるタイプの水筒を用意すれば問題ありません♪

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ワンタッチで飲めるので手間もかかりませんし、
慣れれば一人でも、問題なく飲めますから♪

 

家ではコップ、外出先では直接飲める水筒をつかえば
ストローを使えなくても、なんの問題もありませんよ^^

 

だからお願いです。

最低2歳頃までは、ストロー飲みはやめておきましょう!

 

すぐにストローで飲ますことを考えるのではなく、まずはコップ飲みを練習させてみませんか?^^

 

練習すれば、1人でもコップでじょうずに飲めるようになりますから^^

 

 

ママ
ママ

でもやっぱり、ストロー飲みも練習した方がいいんじゃ…。

と心配になるかもしれませんが、ストロー飲みはすぐできるようになります!

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

我が家も2歳までストロー飲みはさせていませんでしたが、2歳すぎに試してみたら1回で飲めていました^^

 

だからこそデメリットの多いストロー飲みを、あえて早くから練習する必要はないんですよ^^

 

赤ちゃんのストロー飲みを嫌がるまとめ

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ストロー飲みはたしかに楽です。

 

でも、

  • ストロー飲みで「前後」に動く舌の動き
  • 食べ物を飲み込むときの「上下」の舌の動き

とでは、舌の動かし方が全く違います。

 

食べ物をうまく飲み込むには、舌を上あごにつけて喉の方に食べ物を送り込む必要があります。

 

 

でも、舌を『前後』に動かす動きを覚えてしまうと、
飲み込むときに舌が前に出てしまい、食べ物が口からこぼれる原因になってしまうんです。

 

ストロー飲みのように「前後に舌を動かす動き」を覚えてしまうことは、デメリットしかありません。

 

だからこそ、舌の『前後』の動きを覚えてしまう「ストロー飲み」は、2歳頃まで待ってほしいんです^^

 

 

 

\安心して赤ちゃんに食べさせられる野菜の選びかたはこちら!/

らでぃっしゅぼーや『ぱれっと』とは?0歳からおすすめしたい最適な理由
らでぃっしゅぼーやのぱれっとの特徴や安全性、赤ちゃんのいる家庭に使いやすい理由について紹介します。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました