【悪影響】ベビーフードは赤ちゃんにおすすめ出来ない大切な2つの理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

赤ちゃんの歯並びを良くしたいなら、ベビーフードは使ってはいけません!

離乳食でベビーフードを使うママもいらっしゃると思います。しかし…結論から言うとベビーフードはオススメしません

理由は、ベビーフードの「味」そして「形状」です。ベタベタやドロドロしたのものばかりですよね?

コレ、非常によろしくないんです(汗)

「え?なんで?赤ちゃんも食べやすいし何がいけないの?」

と思いますよね。

確かに手軽さや食べやすさの面では、ベビーフードは便利な食品です。しかし、歯並びや口の成長に視点を向けると、非常に悪影響な食べ物なのです…。

この記事では「なぜ、ベビーフードを食べてはいけないのか…」を、口の成長や歯並びの視点から説明していきます。

これから離乳食が始まる赤ちゃんがいるママやパパは、ぜひじっくり読んでみて下さい(^^)

赤ちゃんの歯並びをよくしたい方は必見です!

スポンサーリンク



ベビーフードは使わない!食べない!オススメしない理由

赤ちゃんの離乳食を始める時、

  • 裏ごしする
  • ペースト状にする
  • 潰す

など、つい食べやすくしたり柔らかくすることを考えてしまいますよね。

でも、健康な赤ちゃんなら、ベビーフードや「ペースト状」のような離乳食はやめるべきです!

その理由は、ペースト状のような柔らかすぎる離乳食では「噛む練習をするチャンス」を逃してしまうから。

わたし達は食べ物が口に入ると、まず飲み込もうとします。(これは本能)

しかし、「そのまま飲み込めない!」と判断したとき、初めて口を動かして噛むようになるのです。

この一連の動きは、赤ちゃんだって同じこと。

たとえ歯が生えてない赤ちゃんでも、食べ物が口の中に入れば飲み込もうとします。

それでも「飲み込めない…!」と判断した時に、歯ぐきで「もごもご」して、何とか飲み込める形にしてやろう!とするのです。(さすがにイカやタコなどは難しいと思いますが…)

つまり赤ちゃんって、たとえ飲み込めないものでも

  • なめたり
  • しゃぶったり
  • 歯ぐきを使って潰そうとしたり

しながら、口に入ったものを何とか「食べてやろう!」と赤ちゃんなりに工夫するんです(^^)

工夫して工夫して「コレ、飲み込めないや…」と判断した時、初めて口から出すなりずーっと口の中に入ったままになるんです。

逆に言えば、「何とか食べてやろう…!」とする工夫期間があるからこそ、歯が生えてきたときに、歯を使って噛めるようになるんですよ(^^)

その理由をお話しますね(^^)

赤ちゃんの歯が生えそろってなくても食べられる理由

赤ちゃんの離乳食を考える時、「歯があるから食べられる!」「歯がないから食べられない!」という単純な話しで考えてはいけません。

繰り返しますが、赤ちゃんは口の動かし方を試行錯誤することで、上手に食べられるようになっていきます!

でもわたし達大人は、つい赤ちゃんにご飯(離乳食)を食べさせる時に

『まだ早過ぎるかな?』

『大きすぎるかな?』

『まだ硬いかな?』

と心配し、危なくなようにベビーフードのような「柔らかくて食べやすいもの」を与えてしまいますよね。

でも、7カ月目以降の赤ちゃんで

  • 口の体力がある(おっぱいをしっかり飲める)
  • お座りがしっかりできる
  • 手も自由に動く

の3つができるようになったら、歯がなくても上手に食べる工夫ができますし、むせたり喉に詰まらせる心配はまずありません!

詳しくは大丈夫!赤ちゃんが離乳食でむせる事や飲み込めない事は大切な経験になる理由にまとめているので、参考にしてみましょう(^^)

それに赤ちゃんは歯がなくても、おっぱいを飲むように食べ物を舌で上のあごに押し付けて食べようとするんです。

そして成長とともに歯ぐきで上手に食べるようになって、歯が生えてくると噛んで食べるようになるんですよ(^^)

離乳食はアレルギー予防のために必ず7ヶ月目以降から始めて、ウンチや体調が良さそうならベビーフードのようなドロドロものは使わず、どんどん「大人と同じサイズ」のものを食べさせていきましょう!

成長には適した時期があります。

赤ちゃんの時期にしっかり口の周りの筋肉や舌やあごを動かして食べることで、赤ちゃんは自然に口の動かし方を学んで口の体力をつけていくんです。

でも柔らかい食事では、大事な「口の成長に適した時期」に、口をほとんど動かさずに育ってしまいますよね。

しかも逃してしまった時期を、成長してから取り戻すことはかなり難しいし苦労します(汗)

例えば、病気で突然言葉が話せなくなっても、リハビリをすれば(程度の違いはあれ)また話せる可能性はありますよね。

でも、言葉を学ぶのに適した時期に「なにかのトラブル」で学ぶチャンスを逃してしまったら…。
その後、1から話すことを身に付けるには…かなりの時間と努力が必要になると思いませんか?(汗)

食べることだって同じです。

ベビーフードの「味」もオススメしない理由

実は「味」も、赤ちゃんにベビーフードをオススメしない理由です。

あなたはベビーフードを味見したことがありますか?あまり…美味しいものじゃないですよね(><)

娘を育てて思うのですが、赤ちゃんってパパやママが食べて「美味しい~♪」と思うものをよく食べませんか(^^)

カボチャとかサツマイモとかお豆とか…うちの娘は大好きです。(だって、わたしが食べても美味しいですから)

赤ちゃんは、自然の甘みを「美味しい」と感じます(^^)

「味覚の基礎」が出来上がる大切な時期だからこそ「甘い・苦い・酸っぱい・辛い」の味覚や、いろんな「食感」や「大きさ」のものをどんどん経験させてあげて欲しいのです。

関連記事→失敗なし!7ヶ月目からの初めての離乳食の進め方や作り方は5つのステップで絶対に上手くいく!

でも、ベビーフードでは味や大きさや硬さの経験が出来ませんよね。味覚形成がされる大切な時期なのに、なんともったいないことでしょう(汗)

離乳食でベビーフードばかり食べた子は偏食になる

余談ですが以前読んだ新聞の記事の中に、

離乳食でベビーフードをよく食べていた赤ちゃんは、ほとんどベビーフードを食べてない赤ちゃんより、1歳を過ぎてからの「遊び食べ」や「偏食」に悩む傾向がある。

子ども時代に「インスタント食品」をよく食べた親は、「ほとんど食べなかった」親と比べて、自分の赤ちゃんにもベビーフードをよく使う傾向がある。

という内容の記事を読んだことがあります。

3歳までの食生活は大切!


とよく言われていますが、家庭の食事でいろんな「味」や「食感」や「硬さ」を経験させてあげることは、赤ちゃんの味覚や食べる意欲を育てることにつながります。

だからこそバリエーション豊かな食事を作ってほしいのです(^^)

でも、食事の質にこだわりたいけど…働くママや子どもがいるママにとっては、

  • 毎日しっかり食事を作れない。
  • 買い物の時間がない。

時だってありますよね。

そんな時は夕食食材宅配サービスの夕食ネットを利用してみましょう(^^)

小さな子供がいると、夕食の支度をゆっくりすることも難しいですよね(汗)また、毎日献立を考えたり、栄養バランスを考えながらの夕食作りも一苦労です。

時間に追われて余裕のない毎日では、ママの心が満足できません…。

わたし達の人生が豊かになるかどうかに、「時間」は一番大切な要因です!

あなたが、毎日イライラしたり時間に追われているなら、ぜひ時間を買ってしまいましょう!

買い物時間や献立を考える時間、調理時間が短縮できれば、空いた時間で赤ちゃんに絵本を読んであげたり、ゆっくりお風呂に入る時間が増えると思いませんか?(^^)

時間に余裕がある生活は、それだけで人生が今以上に豊かになります。

それにママが「無理なく食事が作れる環境」を整えることが、結局赤ちゃんの為にもなる(^ ^)

だってイライラしながら作るご飯では、赤ちゃんもママ自身も楽しくないですよね…(汗)

「食べることは楽しい〜!」と、赤ちゃんが感じることができれば、離乳食はすでに半分成功です\(^o^)/

赤ちゃんの味覚を育む為にも、まずは【お試しキャンペーン実施中】お家で作ろう!簡単レシピでバランスごはん♪から確認してみましょう!

まとめ

ベビーフードを歯科衛生士がおすすめしない理由は

  • ドロドロや柔らかい形状では噛む練習ができない
    (しっかり噛まないと、あごが成長せず将来歯並びが悪くなる)
  • 食事で、いろんな味を体験してほしい
    (味覚形成される時期だからこそ、いろんな味を経験してほしい)

2つの理由があります。

「離乳食」というとベビーフードを使ったり、ドロドロやペースト状にして、赤ちゃん用に「別メニュー」を作るママもいらっしゃると思います。

でも何度か書きましたが、離乳食の目的は「母乳やミルク」から普段パパやママが食べている「家族の食事」を食べられるようになることのはず!「柔らかいもの」を食べることがゴールではありませんよね(汗)

関連記事→裏ごしや食べやすい離乳食は作らないで!赤ちゃん用の食事が招く危険とは。

離乳食はシンプルに!

ご飯や味噌汁、野菜の煮物など「昔ながらの和食」が、赤ちゃんにとっても消化吸収しやすい食事なんですよ(^^)

大人の食生活を気をつけることが、赤ちゃんの体と口の健康を守ります(^^)

ママ、パパ!

ドロドロのベビーフードで、赤ちゃんの噛む練習や味覚形成のチャンスを奪っちゃダメ(泣)

噛むこと、飲み込む事も学習!

歯が生えてなくても、赤ちゃんは歯ぐきや舌を使って食べられます!

忘れないでください!「食べれるか食べれない」は大人じゃなくて、赤ちゃんが決めることなんです(^^)

わたし達が当たり前のように噛んだり飲み込んだりできるのは、赤ちゃんの時に舌やあごをしっかり使って噛む練習をしてきたから。練習をしないといつまで経っても上手く噛むことができないし、あごも広がらないし口の筋肉もうまく使えないのです…。

そのままでは将来、歯並びの悪い子になったり、うまく飲み込めない子になってしまいます(汗)

具体的な離乳食の進め方は失敗なし!7ヶ月目からの初めての離乳食の進め方や作り方は5つのステップで絶対に上手くいく!を参考に、あなたも早速始めてみましょう\(^o^)/

▼歯が生え始めたら歯磨きも始めましょう。赤ちゃんにも使える歯磨き粉の選び方も一緒にマスターしましょう▼

あわせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする