離乳食は7ヶ月から開始して!拒否・嫌がるのは時期が早いからです!

離乳食
スポンサーリンク




離乳食っていつから始めればいいの?
7ヶ月からじゃ遅い…?
どうやって進めていけばいいの?

という悩みに、自身も2歳の娘を育児中。

 

これまで200人もの赤ちゃんの食事指導をおこなってきた歯科衛生士が、13年の経験からお答えします^^

 

結論から言うと、離乳食のスタートは満7カ月頃が1つの目安です!

 

その理由は、7ヶ月頃になると赤ちゃんの座る姿勢もしっかりして、
手も自由に動かせるようになるから^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、離乳食をスタートしても、問題なく食べれる子になるんですよ。

 

逆に5ヶ月など早すぎる時期では、姿勢もしっかりしてないため、
思うように食べてくれなかったり、上手に噛めない原因になってしまいます。

 

 

ここでは

  • なぜ満7ヶ月頃から離乳食を始めた方がいいのか
  • 初めての離乳食の進め方

について解説しています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんの「口の動かし方」と「姿勢」の関係を知れば、
5ヶ月など早すぎる離乳食が良くない理由が分かります!

 

「いつから離乳食を始めようか…」と悩んでいるあなたは、ぜひ参考になさってくださいね。

 

なおこの記事は、育児書やネットに書かれている一般的な内容とは違う視点で書いています。

しかし「姿勢」と「食べること」の関係が分かれば、「○ヶ月になったから離乳食を始めなきゃ…!」という呪いに苦しまなくてすみますから、ぜひ読んでみてください^^

 

 

スポンサーリンク

離乳食は7ヶ月目から!4ヶ月や5ヶ月では拒否したり食べない理由

 

離乳食をスタートする目安は、

赤ちゃんが食べ物に興味を示すようになる
②おっぱいやミルクがしっかり飲める
③お座りの姿勢が安定している
④手が自由に動かせる

の4つができるようになる、満7ヶ月頃からスタートしてほしいんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その理由を紹介しますね^^

 

赤ちゃんが食べ物に興味を示すようになる

7ヶ月前後になると、赤ちゃんはあなたの食べているものを「ジーッ」とみて、
興味を示したり手に取ろうとしますよね。

 

このように家族の食事を食べたそうにし始めたら、
赤ちゃんが『食べること』に興味や意欲がある証拠!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

離乳食のスタートを考えていい時期です^^

 

ただし5ヶ月など早い時期に興味を示すときは、
7ヶ月までは我慢してもらった方がいいです。

理由は、あとで説明しますね。

 

おっぱいやミルクがしっかり飲める

おっぱいやミルクをしっかり飲んで育った子は、離乳食を上手に食べることができます。

 

その理由は、『おっぱいを飲む口の動き』『食べ物を噛む口の動き』の基礎になるからです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんがおっぱいを飲む『口元』を、よく観察してみましょう!

おっぱいを飲むときって、赤ちゃんの下あごが上下にリズムよく動いていますよね!

 

実はこの下あごの動きが、食べ物を「噛む」ときの基本となる動きなんです!

 

つまり母乳やミルクをしっかり飲んで育った赤ちゃんは、「食べものを噛む動き」が自然にマスターできている!ということ。

 

だから歯が生えそろってない状態で離乳食をスタートしても、
歯ぐきをつかって上手に食べ物を噛むことができるんですよ^^

 

 

そしてもう1つ。

おっぱいやミルクをしっかり飲める子は、
「食べ物を飲み込むときの舌の動き」も身につけることができています!

 

実は赤ちゃんって、おっぱいをチュウチュウ吸って飲んでいるわけじゃないんです。

 

赤ちゃんはおっぱいを飲むとき、舌で乳首を上あごに押し付け、搾り出すように飲んでいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あなたも「唾液」を飲み込んでみましょう。

舌が上あごについた状態で、飲み込んでいますよね!

 

この舌の動きを身につけることで、食べ物をスムーズに喉に送り込むことができるんですよ♪

 

つまり、

おっぱいやミルクが上手に飲めない間に離乳食をスタートしても、
「噛む」→「飲み込む」という一連の『口の動き』がマスターできないため、
上手に食べることができないのです!

 

 

なおミルクで育てる場合は、哺乳瓶の選び方に注意しましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

哺乳瓶の種類によっては、『正しい口の動き』が
マスターできない可能性があるからです。

そのため、哺乳瓶を選ぶときは、
おっぱいの飲み方に近い「ビーンスターク」のような「搾り出して飲める哺乳瓶」を選んでくださいね!

 

▼変えのニプルはこちらです▼

 

歯科衛生士
歯科衛生士

哺乳瓶の中には、「ちゅうちゅう吸って飲むタイプ」の商品も売られています。

 

でも「吸って飲む哺乳瓶」では、舌を上あごにつけずに飲めてしまうため
『舌の正しい動かし方』が身につきません。

 

その結果、

  • 食べこぼしの多い子
  • 大きなものが飲み込めない子

になる可能性が大きくなってしまうんですよ…。

 

なお下の記事で「哺乳瓶の選び方」を紹介しているので、合わせて参考になさってくださいね。

【哺乳瓶のちくびの種類と選び方】おすすめは母乳と飲み方が同じもの!
哺乳瓶ってどれを選べばいいの? 赤ちゃんが飲みやすいものを選んだ方がいいの? という疑問に、これまで100人以上の赤ちゃんと関わってきた歯科衛生士が、13年の経験からお答えします。 結論から言うと、哺乳瓶の選び方を間違...

 

 

お座りの姿勢が安定している

7ヶ月頃になると、お座りしたときの『姿勢』もしっかりしてきますよね!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実は、「食べること」と「姿勢」には、とても深い関係があるんです。

 

想像してみましょう。

 

もしあなたが寝たきりで、しっかり座れない状態になってしまえば、
食事を口に運ばれても、飲み込みにくいし誤飲の原因になってしまいますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これは赤ちゃんも同じこと。

だからこそ、『お座り』がきちんとできて『姿勢』が安定するまで、
離乳食のスタートは待ってほしいのです。

 

むしろ1人で座れるようになるまでは、7ヶ月にこだわらずに『姿勢』が安定するまで待ちましょう。

 

 

その代わり、おっぱいやミルクをしっかり飲ませて「食べるための準備期間」にあててあげましょう^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しっかり『口を動かす練習』をした子のほうが、
離乳食になったとき一気に食べるようになりますから^^

 

手が自由に動かせる

人間って、手で食べ物を持って口に運びますよね。

 

だから赤ちゃんも手が自由に動くようになれば、食べる力も上がってきた証拠なんですよ^^

 

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
まだ歯が2本しか生えてないけど、離乳食って食べられるの? 歯がないうちは、おかゆとか裏ごしした離乳食の方が安全よね? という疑問に、これまで200人の赤ちゃんの食事指導をしてきた歯科衛生士がお答えします^^ まだ歯が生えて...

 

離乳食は7ヶ月から!拒否なく食べてくれる回数やメニュー

離乳食の開始は、満7ヶ月を過ぎて、

①赤ちゃんが食べ物に興味を示すようになる
②おっぱいやミルクがしっかり飲める
③お座りの姿勢が安定している
④手が自由に動かせる
の4つのサインが見られたらスタートしましょう^^

 

 

逆に4つのサインがまだ出てない5ヶ月から離乳食を始めても、
赤ちゃんはうまく食べることができなかったり、思うように離乳食が進まないんです…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果『うちの子、ぜんぜん食べてくれない…』と悩むママが増えてしまうんですよ…。

でも、これら4つのサインを知ってれば、たとえ思ったように食べてくれなくても、

 

『あぁ。この子はまだ、食べる準備が出来てないだけなんだ!』

と、心配しなくてよくなりますよね♪

 

勉強なら、先にできたほうが『お利口さん』なのかもしれません。

 

でも離乳食の場合は、早く食べられることが「立派な子」ではないんですよ。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから他の子と離乳食の時期を周りと比べて、
焦る必要なんてないんです♪

 

成長には、その子のスピードがあります。

 

だからこそ赤ちゃんのペースを大切にして、
成長の流れを見ながら始めていきましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

4つのサインが出てきたら、グングン食べる能力も上がってきますから♪

 

 

 

離乳食は7ヶ月から!初めての離乳食の進め方

初めての離乳食は、

  • ご飯を軽く潰したもの
  • ご飯にお味噌汁をかけて柔らかくしたもの
  • 野菜の煮物を軽く潰したもの

程度のものから始めていきましょう。

 

こう聞くと、
『え?!裏ごししたり、潰さなくていいの?!』と心配になりますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

はい!大丈夫です!

 

なぜなら、しっかりおっぱいやミルクを飲んだ赤ちゃんなら、
『噛む口の動き』をすでにマスターしているからです。

 

だから、歯がなくても

  • 歯ぐき

をつかって上手に食べることができるんですよ^^

 

 

赤ちゃんは歯がなくても、おっぱいを飲むように舌で食べ物を上あごに押しつけて食べようとするんです。

 

そして成長とともに歯ぐきで上手に食べるようになって、歯が生えてくると噛んで食べるようになるんですよ。

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

どんなに切れ味抜群の包丁があっても、料理経験0の人では、うまく使いこなせませんよね。

 

『道具』を使いこなすには、周りの筋肉をうまく動かせないといけないのです。

 

歯はあくまでも道具!

 

つまり歯が生えたから食べられるのではなく、「食べること」は赤ちゃんが口を上手に動かせるように練習して身につけていくものなんですよ^^

 

 

歯がなくても、赤ちゃんなりに歯ぐきや前歯を使って工夫して食べようと頑張ります。

 

この経験がとっても大切なのです!

 

逆に言えば、「何とか食べてやろう…!」とする工夫期間があるからこそ、歯が生えてきたときに、歯を使って噛めるようになるんですよ。

 

だからこそ、初めての離乳食は

  • ご飯を少し潰す
  • ご飯にお味噌汁をかけたもの
  • 季節の野菜の煮物を少し潰す

程度で十分なんです^^

 

 

それに、離乳食の目的は家族と「同じもの」が食べられるようになることのはず。

柔らかい物を食べることがゴールではありませんよね。

 

だからこそ柔らかいメニューは作らず、「普段あなたが食べているもの」を赤ちゃんに分け与えてほしいのです。

 

▼柔らかい離乳食をつくるデメリットは、こちらに詳しくまとめています▼

離乳食は裏ごししない・わざわざ作らない!赤ちゃん用の食事が招く危険とは
もう離乳食なんて作りたくない…。 裏ごししたり潰すのがめんどくさい…。 って思いますよね。 わたしは歯科衛生士で13年の経験があるのですが、『口の機能』の観点から考えると、 離乳食はむしろ作らないほうが、子どものためになるん...

 

 

簡単な離乳食の作り方

最初の離乳食は、

  • ご飯を軽く潰したもの
  • ご飯にお味噌汁をかけて柔らかくしたもの
  • 野菜の煮物を軽く潰したもの

程度から始めていきます。

 

そして、赤ちゃんの体調やウンチの状態に問題ないなら、
1ヶ月〜2ヶ月くらい時間をかけながら、

1日2回

1日3回

と少しずつ量や回数を増やして慣らしていきましょう^^

 

 

問題ないようなら、あなたが食べている食事を赤ちゃんにも食べさせてあげましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろん、ジャンクフードやレトルト食品ばかりの食生活ではダメですよ。

 

むしろ赤ちゃんにも食べさせるのであれば、和食中心の食事にしましょう。

 

『でも大人と同じ食事って、味が濃かったり塩分も高いんじゃない?』

と思うかもしれません。

 

 

でもね。

調味料を足さなくても、「出汁」をうまくつかえば、薄味でも美味しい食事がつくれるんですよ♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

出汁をとるのが面倒なときは、やさしい出汁パックをつかってみましょう。

 

やさしい出汁パックの原材料は、かつお節こんぶだけ!

 

食塩・化学調味料、添加物をつかってないので、赤ちゃんにも安心してつかうことができます^^

 

やさしい出汁パックなら、長い時間煮出さなくてもよく、ポンと鍋に入れておけばいいだけ!

 

なので赤ちゃんのお世話をしながらでも、手軽に美味しい出汁がとれるんですよ♪

 

調味料を足さなくても、出汁が美味しいとそれだけで味が決まります!

 

 

もちろん薄味なのにちゃんと旨味があるので、お味噌汁や煮物も少ない調味料で、
本当に美味しくつくれますよ。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

それに塩分控えめな食事は、あなたの健康にも良いことだらけですよね。

 

けっきょく大人がバランスのとれた食事を食べることが、赤ちゃんのためになる!
ということ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

うちの娘も、出汁にこだわっているせいか
「ママ、お汁美味しいね〜」とごくごく飲んでくれています♪

 

▼出汁を上手につかうと、薄味で美味しい食事ができますよ▼

 

 

 

離乳食は7ヶ月目からが拒否せず食べる理由まとめ

離乳食を始める時期は、

①赤ちゃんが食べ物に興味を示すようになる
②おっぱいやミルクがしっかり飲める
③お座りの姿勢が安定している
④手が自由に動かせる

の4つができるようになる、満7ヶ月頃からスタートしていきましょう。

 

そして赤ちゃんの体調やウンチの状態に問題ないなら、1〜2ヶ月かけて少しずつ回数や量を増やしてください。

 

 

しっかりおっぱいやミルクを飲んだ子は、
「噛む」→「飲み込む」という口の動きをマスターしています。

 

また姿勢がしっかりしていれば、誤飲の心配はほぼありません。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

逆に、5ヶ月など早すぎる時期に離乳食を始めてしまうから、
離乳食で悩むママが増えていたんです。

だからこそ離乳食は、7ヶ月目まで待ってから始めていきましょう。

 

 

▼出汁を上手につかうと、薄味で美味しい食事ができますよ▼

 

 

▼歯が生え始めたら、歯磨きも始めましょう。赤ちゃんにも使える歯磨き粉はこちらから♪▼

【0歳でも安心】歯磨き粉を飲み込む赤ちゃんも使えるおすすめ3選!
虫歯予防のために赤ちゃんに歯磨き粉をつかいたい。 でも、どれを選べばいいの? 大人用の歯磨き粉じゃダメよね…。 という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお応えします! あなたも赤ちゃんに、どんな歯磨き粉を選べば...

 

 

 



離乳食
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ
タイトルとURLをコピーしました