赤ちゃんが舐める時期はいつまで続く?なんでも口に入れる2つの理由

離乳食の進め方
スポンサーリンク




うちの子、リモコンやおもちゃ、とにかく何でもなめるけど…コレいつまで続くの?

不衛生だし、バイ菌は大丈夫?

という疑問に、自身も2歳の子供を子育て中、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします^^

 

結論から言えば、赤ちゃんが何でも口に入れる時期は、だいたい8カ月〜1歳6ヶ月頃まで続くとされています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも何でも口に入れるこの時期は、赤ちゃんにとって大切な成長の過程の1つ!

 

しかも「何でも口に入れる・舐める時期」をうまく利用すれば、
好き嫌いなく何でも食べられる子になる可能性があるんですよ^^

 

この記事を読めば、

  • 赤ちゃんの舐め回しはいつまで続くのか
  • なぜ舐め回しをするのか

の疑問が解決します!

 

ぜひ参考になさってくださいね^^

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんがなんでも口に入れる・舐める2つの理由

舐め回しいつまで

赤ちゃんは8ヶ月頃になると、手に取ったものを「何でも」口に入れる時期がきます。

 

手足はもちろん、決して美味しくないボタンやリモコン、気づけばそのへんのゴミまで、
口に入るものなら何でも入れてしまいます…。

 

「飲み込んだらどうしよう!」

「汚い!危ない!」

と、この時期の赤ちゃんは目が離せずヒヤヒヤしてしまいますよね…。

 

でもこの「舐めまわし」には、

①「それ」が何なのか確かめている
②抵抗力をつけて病気に負けない身体をつくっている

と、2つの大切な理由があるんですよ。

 

「それ」が何なのか確かめている

赤ちゃんの「口」には

  • 息をする
  • 探る
  • おっぱいを飲む
  • 味を感じる
  • 唾液を出す
  • 嘔吐する

など生まれたときからすでに、さまざまな働きが備わっています。

 

普通わたし達が「モノ」を認識するときは、「目で見た情報」が最優先されますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも赤ちゃんの目は、まだとても未熟…。

 

だから赤ちゃんは、口や舌で舐めたりくわえて、

  • 温度
  • 硬さ
  • 大きさ

から「それが何なのか」知ろうとしているんですよ。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そう!赤ちゃんにとって口は「敏感なセンサー」!

舐めることで、世界を知ろうとしていたのです^^

 

抵抗力をつけて病気に負けない身体をつくっている

お座りができたりハイハイするようになれば、赤ちゃんの行動範囲は一気に広がり、口に入れるものの種類も増えます。

 

しかも家だけでなく、外でも何でも舐めてしまうため

「バイ菌や汚れが口の中に入ったら汚いな…」
「病気に感染したらどうしよう…」

と不安になりますよね。

 

でもね。

 

赤ちゃんの頃から雑菌がついたものを舐めることは、
病気に対しての「抵抗力」がつき、大人になってからも病気になりにくくなる!
と言われているんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

「人生の壁」もそうですよね!

早くに「壁」を経験しておいた方が、そのあとの人生も強く生きていけますよね♪

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも赤ちゃんが舐めて口の中に入る「細菌の数」は、実は大したことありません。

 

ちゃんと体の中の免疫機能がウイルスや細菌など異物を消化し、同化しながら体を守っているので、
心配しすぎなくても大丈夫なんですよ^^

 

だから赤ちゃんが何でも口に入れて舐めまわす時期は、
言い換えれば「身近な雑菌に対する免疫がつく時期!」とも言えるんです。

 

しかもわたし達の体には、1度体の中に入った異物の情報を記憶し、
次に異物が入ってきたときの為に戦う準備をしてくれる、ありがたい働きがあります!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

予防接種のように、少量のウイルスを体に入れて抗体をつくることで、重い症状にならずにすんでいるんです♪

 

つまり赤ちゃんにとっては、過剰な清潔より「適度な不潔」に慣れさせておく方が、
細菌に対して抵抗力がついて病気に負けない体になる!ということ^^

 

だから

 

  • 不潔なもの
  • 薬や洗剤など危険なもの

 

以外は、「あぁ。この子は今、病気に負けない身体をつくってるんだな!」と思って、
大きな気持で、この時期の赤ちゃんを見守りましょう^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

それに全てのものを除菌することは、不可能ですよね。

 

赤ちゃんの舐め回しは期間限定の行為ですから、その間は多少、衛生面には目をつむっておきましょう^^

 

 

赤ちゃんがなんでも口に入れる・舐める時期はいつまで続くの?

赤ちゃんの舐め回しいつまで続く

赤ちゃんが何でも口に入れる時期は、だいたい8カ月〜1歳6ヶ月頃まで続くとされています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とは言っても、3歳でも口に入れる子もいますから、かなり個人差はあります…。

 

とはいえ、何でも口に入れるこの時期は、赤ちゃんにとって大切な成長の過程の1つ。

 

ですから危なくないもの以外は、満足するまで舐めさせてあげましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舐め回しの頻度も、言葉が理解できるようになれば
徐々にその回数も減ってきますから♪

 

ただし下の記事↓で紹介しているように、洗剤や電池など「飲み込むと危険なもの」を赤ちゃんから遠ざけることはお忘れなく^^

 

赤ちゃんが誤飲したかわからない…でも元気。病院へ行くタイミングを紹介
赤ちゃんが誤飲や誤嚥したときの症状・誤飲したかわからない時の病院へ行くタイミングを紹介します。また緊急の連絡先もまとめました。

 

赤ちゃんがなんでも口に入れる時期は好き嫌いない子に育てるチャンス!

好き嫌いなく育てるコツ

8ヶ月〜1歳6ヶ月頃まで続く舐め回しですが、実はこの時期をうまくつかうと、とても良いことがあるんです^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

今赤ちゃんは、決して美味しくないボタンやリモコンでも、抵抗なく口に入れていますよね。

 

つまり何でも口に入れる時期は、いろんな「味」や「食感」や「大きさ」の食べ物でも、抵抗なくすんなり口に入れて食べる!ということ^^

 

そう!

この素晴らしい時期を上手につえば、「好き嫌い」のない子に育てることができる!ということなんですよ^^

 

この時期の赤ちゃんは、どんな

  • 形状
  • 固さ

のものでも「嫌がらず」に口の中に入れてくれます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

納豆やピーマンやセロリも、この時期の赤ちゃんなら嫌がらず平気な顔で食べてくれるんです♪

 

しかも、この時期に覚えた

  • 形状
  • 食感

は、赤ちゃんが成長してからも、自然に受け入れやすくなります^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

この時期は、食べものの情報を覚える大切な時期!

 

だからこそ、普段から家庭で出しているご飯やおかずも、積極的に赤ちゃんに経験させてあげてほしいんです。

 

 

いろいろな食物を経験させてあげることで、そのままの流れで、あっさり離乳ができてしまう赤ちゃんも多いんですよ♪

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

わたしはこの時期、レモン汁を箸の先につけて舐めさせるなどしてました^^

 

逆に、せっかく何でも口に入れてくれる時期なのに、ベビーフードのように、

 

  • 柔らかい
  • 味のほどんどしない(または、似たような味ばかり)

 

のものを食べさせていては、赤ちゃんは、いろんな食感や味を経験できずに育ってしまいますよね。

 

離乳食にベビーフードは可哀相?罪悪感を感じるあなたに伝えたい事
ベビーフードをつかうことはかわいそう・罪悪感や疑問や罪悪感があるあなたは、赤ちゃんのことをよく考えている素敵なママだと思います。でも本来離乳食はつくる必要なんてないし、ベビーフードを使わない方がよく離乳食を食べる子になります。その理由を紹介します。

 

そのままでは、いざ

  • 匂いの強い野菜
  • 歯ごたえのあるもの

を食べさせようとしても、なかなか受け入れずに拒否してしまう可能性があります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

食べてくれないから、離乳食で悩むお母さんが増えてしまうのです…。

 

 

 

だからこそ『なんでも口に入れる』この素晴らしい時期を活かすためにも、下の記事↓でも紹介しているように、

『赤ちゃんの離乳食は、大人の食事を分け与える!』

というスタンスで離乳食進めて、なるべくいろんなバリエーションの食べ物を体験させてあげてほしいんです^^

 

離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ
7ヶ月・8ヶ月・9ヶ月頃からの離乳食の進め方が分からない方におすすめ、ノイローゼにならない離乳食の作り方と進め方を紹介します。

 

 

それに生後7ヶ月をすぎて、

 

・お座りの姿勢がしっかりしている
・手が自由に動く
・おっぱい(ミルク)をしっかり飲んでいる

赤ちゃんなら、歯がなくても『歯』や『歯ぐき』をつかって食べることができるんですよ^^

 

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なんでも拒否しないこの時期に、いろんな味や食感を経験させ、好き嫌いのない子に育てましょう!

 

 

赤ちゃんの好き嫌いが出る前にできること

余談ですが1歳〜1歳6ヶ月頃になると、赤ちゃんは今まで食べていたものでも、急に食べなくなる時期がきます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これは『好き嫌い』というより、食べ物の『より好み』を始めた証拠!

 

『こっちの方が美味しそうだから、そっちはいらない!』と、自己主張するようになってきたんです。

 

この時期の赤ちゃんは、未知の食べ物に対して、『これは美味しいの?』と、見た目で判断するようになります。

 

だからこそ、食べ物を目で判断する前に、できるだけ多くのバリエーションの

  • 食感

を家庭の食事の中で体験させてあげることが大切なんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

家庭の食事を離乳食にする方法は、こちらが参考になりますのでぜひ♪

離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ
7ヶ月・8ヶ月・9ヶ月頃からの離乳食の進め方が分からない方におすすめ、ノイローゼにならない離乳食の作り方と進め方を紹介します。

 

 

赤ちゃんがなんでも口に入れたりの舐め回す理由まとめ

赤ちゃんの舐めまわしには、

  • 赤ちゃんが「それ」が何なのか確かめている
  • 抵抗力をつけて、病気に負けない体をつくる

大切な2つの意味があり、8ヶ月〜1歳6ヶ月頃まで続くことが多いです。

 

 

なんでも口に入れて目が離せない時期ですが、視点を変えるとこの時期は、好き嫌いのない子に育てる大チャンス!なんですよ^^

 

だからぜひ、なんでも拒否しないこの時期をつかって、いろんな

  • 食感
  • 形状

のものを体験させてあげてください^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

食べ物に関する情報を学習する大切な時期だからこそ、家庭の食事を分け与えてみてください^^

 

これをキッカケに、あっさり離乳する子も多いんですから^^

 

 

\赤ちゃんの離乳食におすすめ!安全な野菜の選び方はこちら/

野菜宅配らでぃっしゅぼーやのお試しは大満足【体験・レビューまとめ】
食材宅配のらでぃっしゅぼーやのお得なお試しセットの体験・レビューを紹介します。野菜がみずみずしくて美味しいので赤ちゃんの離乳食としてもつかえます。写真たっぷりで中身を紹介します!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました