赤ちゃんが口に入れる時期はいつまで続く?何でも舐める大事な2つの理由

歯並びを悪くする子供の癖
スポンサーリンク




赤ちゃんには、手に取ったものを「何でも」口に入れる時期があります。

決して美味しくないボタンや電池、気づけばそのへんのゴミまで、口に入るものなら何でも入れてしまいます。

 

「飲み込んだらどうしよう!」

「汚い!危ない!」

と、この時期の赤ちゃんは目が離せず、ヒヤヒヤしてしまいますよね。

 

と同時に「なんで何でも口の中に入れるの?」「この時期って、いつまで続くんだろ…」と疑問に思いませんか?

 

そこでこの記事では、

  • 赤ちゃんの舐め回しはいつまで続くのか。
  • なぜ舐め回しをするのか。

に対する疑問を解決していきます!

 

しかも「何でも口に入れる時期」をうまく利用すると、この先好き嫌いなく何でも食べられる子になる可能性もあるんです!

その理由も合わせてお話ししますね!

 

スポンサーリンク

手足やなんでも舐めたり口に入れる赤ちゃん

舐め回しいつまで

この時期の赤ちゃんは、手足はもちろん何でも口に入れます。

でもこの「舐めまわし」には、2つの大切な理由があるんです。

 

①「それ」が何なのか確かめている

赤ちゃんの「口」には

  • 息をする
  • 探る
  • おっぱいを飲む
  • 味を感じる
  • 唾液を出す
  • 嘔吐する

など、生まれたときからすでに、さまざまな働きが備わっているんです。

 

普通わたし達が「物」を認識するときは、「目で見た情報」が最優先されますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、暗いママのお腹の中で育った赤ちゃんの目は、実はまだとても未熟です…。

 

そのため生まれたばかりの赤ちゃんは、近くのものが「ぼんやり」と見えているだけで、色の違いや立体感が判別できないのです。

 

特にまだ1人で何もできない赤ちゃんにとって、口や舌や唇の感覚には「敏感なセンサー」

 

赤ちゃんは目で見て手で細かく触るより、口や舌で舐めたりくわえて「それが何なのか」調べようとしているんです。

 

赤ちゃんは「舌で舐めること」で、温度や硬さや大きさを知ろうとしているのです!

赤ちゃんは舐めることで、世界を知ろうとしていたのです!

 

 

②抵抗力をつけて病気に負けない体をつくる

お座りができてハイハイするようになれば、赤ちゃんの行動範囲は一気に広がってきます。

 

ママ
ママ

そうなの!

手当たり次第に何でも口に入れるから、ますます目が離せなくなってきたのよ(汗)

 

「なんでも」口に入れる赤ちゃんは、スリッパやリモコンや携帯電話など、とにかく手に取ったものならなんでも口に入れてしまいます。

 

掃除をしている家だけでなく、外でも何でも舐めてしまうため、「細菌や汚れが口の中に入ったら汚いな…」「病気に感染したらどうしよう…」と不安になりますよね…。

 

しかし赤ちゃん時代から雑菌がついたものを舐めることは、病気に対しての「抵抗力」がつき、大人になってからも病気になりにくくなる!と言われているんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

「人生の壁」もそうですよね。早くに「壁」を経験しておいた方が、そのあとの人生も強く生きていけますよね♪

 

それに赤ちゃんが舐めて口の中に入る「細菌の数」は、実は大したことありません。

ちゃんと体の中の免疫機能がウイルスや細菌など異物を消化し、同化しながら体を守っているので、心配しすぎなくても大丈夫なんですよ。

 

つまり赤ちゃんが何でも口に入れて舐めまわす時期は、言い換えれば「身近な雑菌に対する免疫がつく時期!」とも言えます。

 

それにわたし達の体には、1度体の中に入った異物の情報を記憶し、次に異物が入ってきたときの為に戦う準備を整えてくれるありがたい働きがあります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

インフルエンザ予防接種のように、少量のウイルスを体に入れて抗体をつくることで、重い症状にならずにすんでいるんですよ♪

 

赤ちゃんにとっては、過剰な清潔より「適度な不潔」に慣れさせておく方が、細菌に対して抵抗力がつき、病気に負けない体になるために大切なことなのかもしれませんね。

 

赤ちゃんの舐め回しは、病気から体を守る耐性をつくるためにも大切なことです。

あまりに不潔なもの以外は、「耐性をつくってるんだな!」と構えて、大きな気持でこの時期の赤ちゃんを見守りましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

全てのものを除菌することは不可能ですよね。

赤ちゃんの舐め回しは期間限定の行為ですから、その間は多少衛生面には目をつむっておきましょう!

 

それに細菌の心配よりも、下の記事で紹介しているように、洗剤や電池など「飲み込むと危険なもの」を赤ちゃんから遠ざける方が大切です。

 

赤ちゃんが誤飲したかも!すぐ病院?元気なら様子を見ていいの?対処方法まとめ。
赤ちゃんの誤飲。 いつ起こるか分からない事故は、けっして他人事ではありませんよね。 もし、赤ちゃんが 呼吸がおかしい 涙目で咳をしている えづいている 顔色が悪い グッタリしている ...

 

 

何でも口に入れる時期はいつまで続くの?

赤ちゃんの舐め回しいつまで続く

何でも口に入れる時期は赤ちゃんによって違いますが、だいたい1歳6カ月頃まで続くとされています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とは言っても、中には3歳頃まで続いている赤ちゃんもいますから、個人差はかなりあります。

 

何でも口に入れることは、赤ちゃんにとって大切な成長の過程の1つですから、危なくないもの以外は満足するまで舐めさせてあげましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舐め回しの頻度も、言葉が理解できるようになれば徐々にその回数も減ってくるはずですから!

 

1歳6ヶ月頃まで続く何でも口に入れる時期は、赤ちゃんを好き嫌いない子に育てるチャンス!

好き嫌いなく育てるコツ

1歳6ヶ月や2歳頃まで、赤ちゃんは何でも口に入れてしまいます…。

 

しかし視点を変えると、タバコやボタンなど「危ないもの」や「美味しくないもの」でも口に入れてしまうこの時期は、「抵抗なく何でも食べる、好き嫌いなく育てるチャンス」の時期!と言いかえることができますよね。

 

そう!

この時期の赤ちゃんは、下の記事↓でも紹介しているように、食感や味や硬さなど、なんでもこだわりなく何でも食べてくれるのです。

やめさせないで!赤ちゃんが何でも口に入れる1歳半までの時期は好き嫌いをなくすチャンス!
突然ですが、わたしの1歳の娘はピーマンでも人参でも平気な顔でバクバク食べています(^^) でもなぜ、嫌いな子が多いピーマンや人参も平気な顔で食べられるのでしょうか? その秘密は「何でも口に入れてしまう時期」にあり...

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

納豆やピーマンや人参も、この時期の赤ちゃんなら嫌がらず平気な顔で食べるはずですよ♪

 

「食感」や「味」や「形状」にもこだわらない、この素晴らしい時期を上手に使って、好き嫌いなく何でもパクパク食べる子に育てましょう!

 

それに、この時期に覚えた

  • 形状
  • 食感

は、赤ちゃんが成長してからも自然に受け入れやすくなるんですよ。

 

食べものの情報を覚える時期だからこそ、普段から家庭で出しているご飯やおかずも積極的に赤ちゃんに経験させてあげてほしいのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

いろいろな食物を経験させてあげることで、そのままの流れであっさり離乳ができてしまう赤ちゃんも多いんですから♪

 

でも、せっかく何でも口に入れてくれる時期に、柔らかく薄味のものばかり食べさせていては、赤ちゃんは、いろんな食感や味を経験できずに育ってしまいますよね。

 

そのままでは、いざ「歯ごたえのあるもの」を食べさせようとしても、なかなか受け入れずに拒否してしまう可能性があるんです。

 

下の記事↓でも紹介しているように、赤ちゃんの離乳食は、わたし達大人の食事を分け与える!というスタンスで進めて、なるべくいろんなバリエーションの食べ物を体験させてあげましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

大丈夫!

赤ちゃんは、歯が十分生えてなくても歯ぐきや舌をつかって大抵のものは食べられるんですから♪

 

歯の本数は関係ある?まだ前歯しか生えてない赤ちゃんの離乳食の進め方
離乳食で悩む必要はありません! なぜなら赤ちゃんは、まだ歯が生えそろっていなくても、ほとんどのものを食べることができますから! 初めての赤ちゃんの離乳食。 あなたも 離乳食はいつから? どんな硬さのもの...

 

 

 赤ちゃんに優しい安全な方法で洗濯する方法

まだまだなんでも口に入れる時期。

 

赤ちゃんが身に着けるスタイや洋服に「洗剤カス」が付いてたら危ないですよね…。何でも口に入れる時期だからこそ、洗剤も「安心なもの」を使うべきです。

 

実は洗剤の量やすすぎの回数によっては、洗剤が残っている可能性があるのです!

せっかく洗濯しても、赤ちゃんの服やスタイに洗剤カスが残っていれば、口に入れても危険ですし、赤ちゃんの肌への刺激になったり、肌トラブルになるかもしれません。

 

また、洗浄成分だけに限らず、洗剤に入っている蛍光剤や漂白剤などの衣類をキレイにする成分が残っていても、赤ちゃんの肌への刺激になります。

 

赤ちゃんの肌は未熟でデリケート。

 

衣類等に残った洗剤成分による影響を受けやすいのです。

 

 赤ちゃんの肌に優しい洗剤

赤ちゃんの服やスタイの洗濯を考えた場合、ただ汚れを落とすだけでなく、衣類に成分が残ってしまった場合でも、肌へ負担がかからないものを選ぶべきです!

 

赤ちゃんのデリケートな肌にも優しい洗剤を選ぶなら、ナチュラルウォッシュで洗濯してあげましょう!

 

天然成分100%のナチュラルウォッシュは、生分解性に優れたトウモロコシ由来やヤシ油由来の洗浄成分を使用しているため、蛍光剤や漂白剤や着色剤や合成香料などの成分が入っていない洗剤です。

 

そのため赤ちゃんの肌着やスタイはもちろん、大人でもデリケート肌の方の洗濯洗剤として使え、やさしくふんわり洗い上げてくれます♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

蛍光剤や漂白剤、着色料も入っていないので、食器洗いや掃除、野菜の汚れ落としなど、なんにでも使える万能さは嬉しいですよね!

 

100%天然由来成分なので、手荒れが気になるママにも強い味方です!

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

 

ナチュラルウォッシュのお値段は

ナチュラルウォッシュは500ml濃縮タイプで1本3600円です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

正直洗剤としては高いですよね…(汗)

 

しかし、ナチュラルウォッシュは濃縮タイプの洗剤です!

そのため水30Lに9mlで計算すると、なんと55回分!毎日1回洗濯すると考えても、約1.8ヶ月は使えるんです。

 

しかも1日当たりの使用量で計算すると、なんと69円!

 

1日69円で洗剤カスの心配をせず、赤ちゃんがスタイやタオルを思いっきり舐めることができるなら、安心料としてはとてもコスパがいいですよね!

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

 

ナチュラルウォッシュの購入方法

ナチュラルウォッシュは下の公式ページから購入することができます。

会員登録すると、初回から使える200ポイントがプレゼントされたり、LINE@のお友だち登録で300円OFFクーポンプレゼントもあるので、ぜひ覗いてみてくださいね!

 

▼公式サイトはこちらから確認できます▼

 

 

赤ちゃんの肌が荒れてしまえば、赤ちゃんは当然、不機嫌になり1日中泣いてしまいます。1日中泣かれると、さすがに可愛い我が子でも参ってしまいますよね。

 

特に夜、機嫌が悪いまま寝付かなくなれば家族中が寝不足に…。病院に行くにしても、小さな赤ちゃんを抱えていくのは、大人の方も一苦労です。

わたしの娘が肌が荒れた時は、夜も荒れた部分が痒いのか、何度も何度も泣いて起きていました。

 

娘の肌の炎症がおさまる数日は、家族全員の寝不足が続き、精神的にも体力的にもかなりキツかったです。

 

赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えてあげることは、結局、わたし達大人のためにもなる!

わたし自身、身を持って学んだのです。

 

寝不足の夫は、目の下に「クマ」をつくって仕事に行っていましたから…。

何でも口に入れて目が離せない赤ちゃんやデリケートな肌の赤ちゃんにこそ、洗剤も安心なものを選びましょう!

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

1歳半まで続く赤ちゃんの舐め回しまとめ

赤ちゃんの舐めまわしには、

  • 赤ちゃんが「それ」が何なのか確かめている
  • 抵抗力をつけて、病気に負けない体をつくる

大切な2つの意味があり、1歳6ヶ月頃まで続くことが多いです。

 

いろんなものを「舐めながら」赤ちゃんは成長しています。

 

わたし達大人ができることは、危なくないもの以外は「汚い!」と取り上げるのではなく、赤ちゃんにたくさん「舐めまわし」の経験をさせてあげることです。

 

まだまだスタイやタオルが手放せませんが肌に優しい洗剤で洗濯しながら、赤ちゃんの成長を見守りましょう!

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

 

 

▼赤ちゃんが飲み込んでも安全な歯磨き粉の選び方もマスターしましょう▼

0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。
赤ちゃんがつかう歯磨き粉は、絶対に適当に選ばないで下さい! わたしが歯医者で働いているとき、ママ達からの質問で多かったのが ①赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方が分からない。 ②うがいができないのに歯磨き粉を使っていいの? ...

 

 

 

▼育児の隙間時間で口臭ケア!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

低刺激のマウスウォッシュで朝の口臭やネバつきが予防できる納得の理由
「歯磨きして寝たのに、毎朝自分の口のニオイが気になる…」 あなたも丁寧に歯を磨いたり舌のお手入れをしているのに、口のニオイやネバつきがなくならずに悩んでいませんか? 寝る前に水を飲んでみたり、息がかからないように...

 

 

 

 

 

コメント