【子供の遊び食べに効果抜群!】ご飯を食べない時は5つ対策方法で叱らずイライラ卒業!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

img_1179

全く怒る必要もストレスなく、子供達が全部ご飯を食べる方法があるんです!

子供達がご飯を食べない時、あるいは食べずに食べ物で遊んでいる時、ママはどうしていますか?

注意しても、子供達が

  • ご飯を食べず遊んでいる
  • テレビに夢中で食べない
  • ダラダラ遊び食べをする

なら…。

ママはもう、怒らなくて大丈夫です!いい解決方法があるんです(^^)

この記事では、子供達の好き嫌いや遊び食べをしている時の対処方法について解説していきます。

ママも怒る必要がなく、子供達も残さず食べる効果抜群の「5つの方法」を紹介しますので、子供がいるパパやママはぜひじっくり読んでみて下さい。

今まで何百人もの子供達で成功した方法なので、あなたも早速今日から実践してみましょう(^^)

スポンサーリンク



1歳頃。子供が急にご飯を食べなくなったり遊び食べを始めた時の対策方法

今まで何でも食べていた子供達。

しかし、1歳を過ぎたあたりからママを悩ませるのが…「好き嫌い」です。

「好き嫌い」という言い方より「食べ物の選り好み」を始めた…という言葉の方が正しいかもしれませんね。

実は1歳過ぎになると、多くの子供達は「食べ物の選り好み」を始めて、今まで食べていたものも食べなくなる時期がくるのです(汗)

でも、この時期の「選り好み」は成長の過程の中では自然なこと。

食べやすいものや、美味しいものの区別がつくようになって、食べにくいものや甘くないものを口から出したり、食べなかったり、「いやっ」と拒否するくらい成長した!ということなんです(^^)

そう。

「選り好み」が出来るほど、子供達が賢くなってきた!という証拠。本来は喜ばなきゃいけない成長なんです。(ママ達は大変ですが…笑)

この時期の子供達は、ママがいくら「食べなさい!」と怒っても食べなかったり、「もうお腹いっぱいー」と遊んでしまうこともよくありますよね。

まだ離乳食を始めたばかりで言葉の分からない赤ちゃんならまだしも、もう言葉が理解出来る子供達が注意しても食べない・食べ物で遊んでいる状態なら、ママもイライラ!すよね(汗)

そんな時、

「食べるまで付き合いますか?」
「別のメニューを出しますか?」
「それとも怒りますか?」

実は、いい方法があるんです(^^)

イライラする必要なし!怒らずにご飯を全部食べさせる方法

子供達が食べないものが出てきても、ママは「じゃあ、ちょっとだけでも食べようね」と、おかずの量を少なくしては「ダメ」!

好きなおかずと同じ量を出しましょう。

そして、ここからが大切です!

もし子供がご飯を残したら、ママは「食べなさい!」なんて怒る必要はありません。

「じゃあ、後で食べようね」とサッサと片づけてしまえばいいのです。

残したものは冷蔵庫へGO!

そして次に子供が「お腹空いた~」と、ママのところに来たらまずは「残したもの」だけを出しましょう。

つまり、全部食べ終わるまでは、新しいご飯は出てこない仕組みを作るのです。

子供達はお腹が空いていれば、文句を言いながらも必ず食べます!

それにママが下手(したて)に出て、子供達の方が「食事の主導権」を握ってしまっては、この先、親の言うことを聞かない子になる可能性が高くなってしまいます。(そんな患者さん親子を、わたしは何十人もみてきました…)

「全部食べるまで次の食事が出ないシステム」を実行することで、子供は「食べたくないもの」「嫌いなもの」を我慢して食べるようになります。

実はこの「小さな我慢」がとても大切なんです!

ストレスなし!食事のしつけで親子の上下関係ができる

食事の始まりはしつけの始まり。

とはまさにその通りで、「食べきるまで次のご飯は出てこないシステム」が当たり前になれば、親子の上下関係がしっかりつくれるようになります(^^)

つまり、パパとママのいう事をきちんと聞く子になっていく!ということ(^^)/
(思春期で言うことを聞かなくなることとは、また別の話です)

でも「そんなの当たり前のことなんじゃ…」と思いますよね?

しかし患者さんの中には、子供の言うことを「ハイハイ」と聞くママも多く、よくよく話を聞いてみると、「食事も子供が食べてくれるもの」ばかりを食べさせている家庭も多かったんです…。

小さな我慢が出来ずに育ってしまうと、「大人は何でも言うことを聞いてくれるんだ!」と子供が勘違いし、家庭の中でいつの間にか親子関係が逆転してしまいます。

子供が成長するにつれ、「親子関係」も形を変えていきますが、子供達が小さいうちは親子の上下関係を「キチッ」としておくことが、しつけにおいては本当に大切なことなのです!

だからこそ「食べなければ次のご飯も同じもの!」という一貫性をパパとママが持っていれば、子供達は自然と「我慢すること」を覚え、出されたものを食べるようになるんです。

もしその時食べなくても、「後で食べるから置いといて~」と言うようになるんです(^^)

でも、パパやママのどちらかが「まぁ、いいじゃないか…」と甘やかせば、子供達は「あれ?どっちの意見を聞けばいいの?」と混乱しますし、優しい方の言葉を聞いてしまうでしょう…それでは意味がありませんよね…(汗)

食事ついては、パパとママが一貫した姿勢で取り組んでいくことが大切です!

「もちろん家の食事は、ママやパパ達大人が主役のメニューを作ってください(^ ^)つまりそれは、【重要】子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!今日から簡単に出来ます。でも書いたように、栄養のバランスのとれた和食です。

食事で小さな我慢を子供に教えていくことが躾になる

例えば、戦争中で食料が手に入らない時代なら、『今日はピーマンしかないのよ』とピーマンだけが食卓に並んでも、子供達は文句を言わずにピーマンを食べていたはずですよね。

食料が溢れている今の時代だからこそ、『これが嫌い』『これなら食べる』など、食の選り好みができるのです。

長い歴史から考えると食料が余っている今の時代は、本当に幸せな時代。
でもその反面、嫌だから食べない!という事が許されているのです…。(アレルギーなどで食べられないのは別です)

だからこそ、「残したものを食べないと次のご飯はなし」と徹底しておこなうことで、小さな我慢を身につけた子供達はパパやママの言う事を聞くようになり、上下関係が「キチッ」とできた親子関係を築くことができるのです。

それに幼い子供達は、毎日

  • 食事
  • 遊ぶ
  • 排泄
  • 寝る
  • 泣く

の5つしかしていないですよね。
(習い事などは遊びと考えてくださいね)

この5つの中で躾が出来るのは、食事の時だけです!(遊びは子供の時間ですから)

食事の始まりは、しつけの始まり!

何より、食べない時はサッサと片付ける方法は、子供を叱らなくていいのでママ自身も楽だしストレスもかからない本当におすすめの方法なんですよ(^^)

この方法を徹底しているわたし自身も、食事に関しては娘にイライラすることはありませんし、ストレスも感じず楽しく食事ができています(^^)

子供が小さいうちは、しつけができるのは食事のときだけ!

食事では子ども達に負けないで下さい!!!

実際に「食べるまで次の食事なし」にしている友人の話

わたしの友人も「食べるまで次の食事はなし」の方法を取り入れている1人。

先日も「肉団子をグチャグチャにして食べないからイライラしたけど、次のご飯もそのまま出してやったわ」と話しておりました(笑)

ちなみに、グチャグチャ肉団子を次の食事で出されたときは全部食べたそうです(笑)
友人はイライラが入ってしまいましたが…これでいいんです!

お腹が空けば、必ず子供達は出されたものを必ず食べるんです!

まとめ

遊び食べをやめさせて、しつけも出来る方法は

  • 食べなくても怒らない。サッサと食事をさげる
  • 次のご飯やおやつは「残したものだけ」をまずは出す
  • パパとママの一貫性、ブレない軸が大切
  • 子供が嫌いなメニューでも、減らしたりせずに家族と同じ量を出す
  • 食事のメニューは親に合わせる

この5点だけです。

特に、食べなかったらサッサと食事をさげて、次の食事は残したものから食べさせる方法はおすすめです!

歯科衛生士として13年。

今まで何百人もの子供達やパパやママと接してきた経験があるからこそ言える方法です!

騙されたと思って、ぜひ実践してみてください!

ただし、夫婦で一貫してやらないと、これらの方法はうまくいきませんよ\(^o^)/

▼赤ちゃんの食後の歯磨き。成分安心で虫歯予防に効果的な歯磨き粉は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

家で手軽にホワイトニングしたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

育児に追われて、自分の歯のメインテナンスが不十分になっていませんか?

黄ばんだ歯では、鏡を見たときもテンションが上がりませんよね(汗)わたしも、黄ばんだ自分の歯を見るたびに、悲しい気持ちになっていた一人。

ホワイトニングは高い…でも、歯を白くしたいときは、歯磨き粉で歯を白くする方法があります。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ\(^o^)/

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)今まで使ったどの歯磨き粉より歯が白くなりました(^^)

1ヶ月で、ここまで白くなっています(^^)

普段の歯磨き粉として使うだけなので、小さな子供を子育て中のわたしでも、手間や続けるストレスは全くありません!

まさに、今までのホワイトニングとは比べ物にならないほどの快適さで「歯を白く」することができますよ(^^)

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい\(^o^)/

使っているから言えます。簡単だから続けられる【プレミアムブラントゥース】は本当に白くなりますよ(^^)

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする