【0歳でも安心】歯磨き粉を飲み込む赤ちゃんも使えるおすすめ3選!

妊娠・赤ちゃんの歯
スポンサーリンク




虫歯予防のために赤ちゃんに歯磨き粉をつかいたい。

でも、どれを選べばいいの?

大人用の歯磨き粉じゃダメよね…。

という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお応えします!

 

あなたも赤ちゃんに、どんな歯磨き粉を選べばいいのか迷っていませんか?

まだうがいができない赤ちゃん。

万が一飲み込んでもいいように、成分も安心なものを選びたいですよね。

 

そこでこの記事では赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方について、歯科衛生士としてまた1児のママとして「おすすめするもの」を紹介していきます!

 

あなたにおすすめしたい「赤ちゃん用の歯磨き粉」を、実際に1歳の娘に使ってみた経験から紹介していきますので、参考にしていただければ嬉しいです♪

 

 

スポンサーリンク

うがいができない赤ちゃん用の歯磨き粉おすすめの選び方

0歳の赤ちゃんが使える歯磨き粉

歯磨き粉を使う時期は、赤ちゃんが「うがいができるようになってから」でも遅くはありません。

でも赤ちゃんが嫌がらないなら、早いうちから歯磨き粉を使うのはいいことです!

歯磨き粉の成分で、虫歯予防効果が期待できますから♪

 

ただし、赤ちゃんの歯磨き粉を選ぶときは

①まだうがいができないので、飲み込んでも安全なもの

②歯を傷つけないために「研磨剤」が入っていないもの

③虫歯予防効果があるもの

の3つのポイントで考える必要があります。

 

「どれでも一緒でしょ?」と適当に選ぶと、

  • 泡立ちが多くて歯磨きしにくい
  • 味が辛くて赤ちゃんが嫌がる
  • 飲み込んでも安全なものではない

歯磨き粉を選んでしまうかもしれませんから…。

 

一言で言うと「初めての歯磨き粉は、適当に選んではいけない!」ということです。

 

娘の歯磨き粉を買うなら、飲み込んでも安全なものを選ぶ!

そうわたしは心に決めていました。

 

では歯科衛生士のわたしが使っている、上の条件を満たした3つの歯磨き粉をご紹介しますね!

 

辛くない歯磨き粉!泡タイプ「チェックアップフォーム」の特徴

赤ちゃんに使える泡タイプの歯磨き粉

繰り返しになりますが、赤ちゃんがうがいができないうちは飲み込んでも安心な成分の歯磨き粉を選ぶことが大切です。

 

泡タイプの歯磨き粉が好みなら、フッ素が入って研磨剤なしのCheck-up foam を使ってみましょう!

ポンプ式なので、使い方も簡単です♪

まず赤ちゃん用の歯ブラシの半分くらい(写真赤線くらい)に、半プッシュ量の泡を出します。

赤ちゃんの歯磨き粉の量

商品説明欄には「ワンプッシュ」とあるのですが、半プッシュでも十分な量です♪

1本買えば、かなり長い間使えてお得ですよ♪

歯ブラシにつけたら、いつも通りに磨いていきましょう!

 

泡タイプの歯磨き粉なので、すぐに口の中に泡が広がります♪

研磨剤も入ってなく味も辛くなくマイルドなので、赤ちゃんも嫌がらず使ってくれますよ♪

 

磨いた後はそのままでもいいですが、泡が気になるときは、ティッシュやガーゼなどで余分な泡を拭き取ってあげましょう。

 

ママ
ママ

でも赤ちゃんによっては、泡立ちが苦手な子もいるんじゃない?

そうですよね。

そんな泡立ちが苦手な赤ちゃんには、つぎに紹介するジェルタイプの歯磨き粉を使ってみましょう♪

 

ジェルタイプの歯磨き粉「ベビートゥースペーストジェル」の特徴!

おすすめ赤ちゃん用歯磨きジェル

泡立ちが苦手な赤ちゃんには『ジェルタイプ』の歯磨き粉を試してみましょう!

 

赤ちゃん用の「ジェルタイプの歯磨き粉」の特徴は

発泡剤なし(泡立ちがなく磨きやすい)

②研磨剤なし(未熟な乳歯を傷つけない)

③成分無添加(飲み込んでも安心)

の3つです!

その3つの条件を満たしたジェルタイプの歯磨き粉が、ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルです。

娘は泡立ちが苦手だったので、うちでは主にジェルタイプの歯磨き粉を、歯の生え始めから使っていました。

 

とくにわたしがこのジェルを気に入ったところは、使っている成分が全て「食品」に使用される成分だったことです。

 

  • フッ素
  • パラベン
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • 研磨剤
  • 洗浄成分

が入っていないので、誤って飲み込んでも安心ですし、「研磨剤」も入ってないので赤ちゃんの歯や歯ぐきも優しく磨けるんですよ。

 

使い方も、適量を歯ブラシやガーゼに付けて優しく磨くだけなので簡単です!

うがいができない赤ちゃんなら、口から出た唾液をティッシュで拭き取ってあげれば完了です。

 

わたしは娘が眠っている間に、ガーゼにジェルを少量付けて歯磨きしていたこともありました(笑)

 

ママ
ママ

たしかに前歯だけしか生えてないときは、寝ている間にサッと磨く方法もありね♪

 

前歯だけ生えていたときの娘↓です。

前歯が生えてきた時の磨き方

 

味もグレープ味で美味しいので、娘も嫌がらずに歯磨きできて本当に重宝していましたよ♪

 

▼泡立ちのないジェル歯磨きなら、こちら↓を使ってみましょう!▼

ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルのデメリット

どんなものにもデメリットがあるようにドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルにもデメリットがあります。

 

わたしがまず感じたデメリットは、虫歯予防に効果的な「フッ素」が入っていないことです。

 

歯磨き粉を使う1番の目的は「赤ちゃんを虫歯にしたくないから」のはず。

なのに「虫歯予防に効果的なフッ素が入ってないってどうなの?」と疑問に思いませんか?

また、虫歯や歯周病予防には食べカスをとるのが一番の予防方法なのに「洗浄成分」も入っていません。

 

わたしも最初「本当にこの歯磨き粉で大丈夫?」と思い、気になったので調べてみました。

 

すると、

うがいができない赤ちゃんが飲み込んでも安全なように「フッ素」は入っていない。

 

②洗浄成分の代わりに、食物繊維の一種で粘りのある「アルギン酸Na」が入っていることで、食べカスなどの汚れを落としやすくしてくれる。

という理由があることが分かりました。

 

ママ
ママ

確かに赤ちゃんが使う歯磨き粉は、万が一飲み込んだり口の中に残っても「安全なもの」が1番よね!

 

食品レベルの成分を使っている!ということでドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルを購入したのです。

泡立ちがないので娘も嫌がらず、味も美味しいためスムーズに歯磨きさせてくれましたよ♪

1本丸々使い切ってくれました♪

 

▼泡立ちのないジェル歯磨きなら、こちら↓を使ってみましょう!▼

子供の虫歯予防のコツは歯の間の汚れを上手にとること

おすすめの子供用歯磨き粉

ここまでは、乳歯が生えたての赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方について紹介しました。

 

でも月日が経つのは早いもので、前歯しかなかった娘の歯も、だいぶ奥まで生えそろってきました♪

 

するとわたしの中で「歯の間の汚れをとることに特化した歯磨き粉を探したい!」という気持ちが強くなってきたんです!

 

それはなぜか…。

その理由は歯が生え始めると、どうしても「歯の間の汚れ」が取れにくくなってしまうから。

そして、子ども達の虫歯が多い場所は「歯の間」だからです!

 

とは言っても、ただ闇雲に歯を磨いても歯の間の汚れは取れません。

それに磨く力が痛ければ、「歯磨き嫌い」になってしまう可能性もありますよね…(汗)

 

歯の間には「フロス」を使う方法もありますが、嫌がる子も多いし、慣れてないと使い方も難しい問題もありますよね…。

 

もし、子どもの乳歯が生えそろってきて

「歯の間までしっかり磨きたいけど、フロスは嫌がる…」

「仕上げ磨きはしているけど、きちんと磨けているか心配…」

という悩みがあるなら、ぜひ使ってほしい歯磨き粉があるんです。

 

もちろん、うがいが上手にできない子にも使えますよ!

 

2歳半頃の子供用歯磨き粉は、成分安全なブリアンを使おう!

乳歯が生えそろってきたら使いたい歯磨き粉

歯磨きしても虫歯ができてしまう原因は、「歯の間の汚れ」が取れてないからです。

 

虫歯の多くは「歯の間」から侵されていきます。それは大人も子ども達も同じこと。

つまり、歯の間の汚れを上手に取ることが、虫歯予防の最大のポイントなんです。

 

でも、

「仕上げ磨きをしているけど、歯の間まで上手に磨けているのかな?」

「歯の間って磨きにくいけど、フロスを使うと子どもが嫌がる…」

とあなたも悩んでるんですよね。

 

そんな時は「歯磨き粉」で歯の間の汚れをとって虫歯予防をしませんか?

 

歯科衛生士のわたしがおすすめするのは、殺菌剤・発泡剤・界面活性剤など、体に悪いものは使ってないBRIAN(ブリアン)です!

 

市販のペーストの歯磨き粉は「泡」で汚れを落としていくものが多いですよね。

でもBRIAN(ブリアン)は「粉」の歯磨き粉!

なので粒子がとても細かいんです。

 

だから、

①細かい粒子で、歯の間や奥歯、歯ぐきの間の歯ブラシが届きにくい場所までしっかり粒子が届いて汚れを取り除いてくれる

 

②虫歯菌除去成分『BLIS M18』で歯を磨く事で、虫歯菌が入った口のなかも、虫歯になりづらい環境をつくれる

と、大きな2つの効果が期待できる歯磨き粉なんです。

 

ブリアンが子供に優しい歯磨き粉の理由

BRIAN(ブリアン)は磨いた後、うがいをせずに唾液を出すだけでOKな歯磨き粉です。

だからうがいが上手にできない子ども達でも、早い段階から手軽に虫歯予防ができるんです。

(もちろん赤ちゃんからでも使えます!)

 

使い方も、粉状の歯磨き粉をブラシの毛先につけて磨くだけなので簡単です♪

もちろん味も『イチゴヨーグルト味』で美味く、添加物をつかってないので、赤ちゃんや子どもにも安心して使うことができますよ。

 

味も『イチゴヨーグルト味』で美味く、成分もこだわっているので、うち娘も嫌がらず仕上げ磨きさせてくれ助かっています♪

 

うちの娘は味が好きなのか、味わいながら歯磨きしていました(笑)

わたし自身も安心して使えるのでとても気に入っているんです。

子どもが歯磨きを嫌がらないだけで、あなたの育児の負担もかなり減りますよね…。

 

あなたがもし

「フロスって毎日使うの面倒だな…」

「歯の間が磨けているか心配…」

「手軽に子どもの虫歯予防をしたい」

 

と思っているなら、歯ブラシ1本で虫歯予防ができるのはかなり魅力的ですよね!

歯磨き粉なら、「面倒臭がり屋さん」でも毎日使えますから!

 

▼もう仕上げ磨きで苦労したくないときは、こちらから!▼

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
子供用歯磨き粉【ブリアン】

 

 

ブリアンの2つのデメリット

ここまで聞くと、「お?いい歯磨き粉見つけた!」と思ってしまいますよね。

でも、ちょっと待って下さい!

なぜなら、ブリアンにもデメリットがあるからです。

 

わたしが感じたデメリットは2つ。

 

デメリット①ペーストの歯磨き粉より使うのに手間がかかる

ブリアンは珍しい「粉」の歯磨き粉です。

そのため使うときに「粉」を小皿に出し、歯ブラシにつけなくはいけません。

行程自体は簡単ですが、正直ペーストの歯磨き粉より手間ですよね…。

 

でも、嫌がる子どもにフロスを使うことを考えると、手間のかかる時間は圧倒的に少ないです!

しかも味が美味しいので、BRIAN(ブリアン)を嫌がる子はほとんどいません。

うちの娘も嫌がりませんでしたよ♪

そう考えると、粉をつける手間はしょうがないかな…とわたしは感じました。

 

デメリット②値段が高い

もう1つのデメリットは歯磨き粉の中では値段が高いことです。

初回特別価格でも2980円ですから、正直高いですよね…。

 

それに、ドラックストアに行けば数百円で買える歯磨き粉ばかり。

なのになんで「わざわざ値段が高い歯磨き粉を買う必要があるの?」と思いませんか?

 

でも、物の値段や価値は考え方次第だとわたしは思っています。

だって、今の子ども達の健康な歯や歯ぐきを保つための「未来への投資」と考えれば、決して高くない金額ですよね。

 

もし虫歯や歯肉炎になって歯医者に通えば、時間もお金もかかるしあなたや子ども達のストレスにもなってしまいます…。

 

それに何度も歯医者に通ったり詰めものをする金額を考えると、結果的に予防に時間やお金をかけた方がずっと安く歯を健康に保てると思いませんか?

 

あなたもきっと、自分が使うシャンプーや化粧品にこだわりを持っていますよね!

 

なぜこだわりを持って「その商品」を選んだのでしょうか?

その理由は、値段の安さだけではないですよね。

 

歯磨き粉だって同じです!

歯科衛生士として子ども達と関わる中で「正しくケアしていれば、虫歯にならなかったのに…」と、何度も悔しい思いをしてきました…。

 

「虫歯になっても、治療すればいいんじゃないの?」とあなたは思うかもしれません。

でもね。

1度削った歯は、2度と元には戻りません!

それに、「間違った歯磨き方法」のまま子ども達が大人になれば、虫歯はもちろん歯周病になるのは明らかです!

 

だからこそ子ども達を虫歯にしたくないなら「歯磨きのテクニック」より、まずは嫌がらず歯磨きする習慣を身につけることの方が大切なんですよ。

 

それでも「高いな…」「どうしようかな…」と、迷っているあなたも大丈夫です!

なぜならBRIAN(ブリアン)は使って気に入らなくても、60日間の返金保障もあるからです!

だから初めてでも、安心して試すことができるんですよ♪

 

アマゾンや楽天でも販売されてない商品ですから、お得に買える公式サイトから確認してみてくださいね!

 

▼お得に買える公式サイトはこちらから!▼

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
子供用歯磨き粉【ブリアン】

 

▼より詳しい歯磨き粉の使い方は、こちらにまとめています!▼

うがい不要で辛くない!子供や赤ちゃんにも安全な歯磨き粉の成分と効果
辛くなく赤ちゃんやうがいのできない小さな子供でも使える、成分安心で味も美味しい歯磨き粉を紹介します。飲み込んでも安心な歯磨き粉なので、ぜひ初めての歯磨き粉選びの参考になさってくださいね♪

 

 

うがいができない赤ちゃんや子供におすすめの歯磨き粉まとめ

いかがでしたか?

おすすめした3つの歯磨き粉は、わたしが娘に実際に使った歯磨き粉です。

 

まとめると、赤ちゃんの歯磨き粉選びに迷っているなら

 

歯の生え始めに使って欲しい最初の歯磨き粉は

 

乳歯が生えそろう2歳半頃からは

を選んでみてはいかがでしょうか。

 

市販の歯磨き粉の中には、子どもにとっては味が「辛く」感じるものも多く、嫌がって歯磨きさせてくれないことも多いです。

逆に味が気に入れば、すんなり歯磨きさせてくれますよ♪

 

今回紹介した

の3つは、辛くないし味も美味しいので、子ども達も喜んで受け入れてくれますよ。

もちろん、うがいができない赤ちゃんや子ども達でも安心して使えます!

 

意識とやり方を変えれば、歯や歯ぐきは必ず応えてくれます。

いい結果になった子ども達をたくさん見てきたからこそ、わたしは自信を持って言えるんです!

 

子ども達の綺麗な口の中を見ることは、なかなか気持ちがいいものですよ♪

 

早速あなたも子ども達の口のケアを始めましょう!!

 

▼もう仕上げ磨きで苦労したくない!そんなあなたはこちらから!▼

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
子供用歯磨き粉【ブリアン】

 

▼より詳しい歯磨き粉の使い方は、こちらにまとめています!▼

うがい不要で辛くない!子供や赤ちゃんにも安全な歯磨き粉の成分と効果
辛くなく赤ちゃんやうがいのできない小さな子供でも使える、成分安心で味も美味しい歯磨き粉を紹介します。飲み込んでも安心な歯磨き粉なので、ぜひ初めての歯磨き粉選びの参考になさってくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました