6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック

歯磨き方法

毎日磨いているのに、繰り返す子供の虫歯に悩んでいませんか?

乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、

  • 前歯が生え変わる
  • 6歳臼歯が生える
  • まだ乳歯がたくさん残っている

 

…と、子供の口の中は大きな変化を迎える時期になります。

乳歯の隙間

しかもこの時期、まだ小さいあごに大きな永久歯が生えてくるため、今まであった「乳歯の歯の隙間」が閉じてしまうんです。

 

その結果、歯の間に歯ブラシが届きにくくなり、虫歯になる子が増えてしまうのです(汗)

 

乳歯のすきっ歯は治療すべき?3歳の子供の前歯に隙間ができてきた原因とは
3歳頃になると、子ども達の乳歯が生えそろいます。 「やっと全部生えたね〜!」と、安心するのも束の間。 乳歯が生えそろうと今度は、 「あれ?乳歯の歯並びに隙間がある!」 「うちの子、すきっ歯になってる!...

 

ママ
ママ

でも乳歯はいずれ抜けるから、虫歯になっても放っておけばいいんじゃない?

いえいえ。

そんな単純な問題ではありません!

 

でも、子供達を虫歯から守るにはどうすればいいのでしょうか?

 

安心して下さい!答えはとっても簡単です。

 

正しい歯磨き方法を知る!

こう見ると、驚くほどシンプルですね!

 

「自己流の歯磨き方法」や「自己流の仕上げ磨きの方法」を続けていては、肝心の汚れが取り切れないまま歯磨きを終えている可能性があります!

 

言ってしまえば、間違った努力になっている。

 

間違った方法で歯磨きを続けても、虫歯は繰り返し治療費もかかってしまいます。なにより子供達のモチベーションも上がりませんよね。

 

だったら家での歯磨き方法を見直すことが、1番手軽な予防方法になると思いませんか?

 

もちろん、1度に全部覚える必要はありません。まずは、よく虫歯になる部分から「正しい歯磨き方法」を取り入れてみましょう!

 

大丈夫!

「正しい方法」で歯磨きを実践すれば、歯や歯ぐきは必ず!必ず!応えてくれます。

 

歯科衛生士として13年間。

 

数え切れない患者さんの口の中を診てきた経験から、子供達の口の中を綺麗で快適にする方法をご紹介しますね!

 

もちろん、

  • 大人の方の歯磨き
  • 仕上げ磨き

にも使える方法なので、パパやママは特にじっくり読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

大人の歯を虫歯にしない!正しい歯ブラシの持ち方

歯ブラシの持ち方

あなたや子供達は普段、どんな風に歯ブラシを持っていますか?

 

効果的に歯磨きをするためにも、まずは「歯ブラシの持ち方」を変えてみましょう!

 

子供達の中には、歯ブラシを「グー」で握って磨いている子がいますが、「グー」で握ると、余計な力が入って歯ブラシの毛先が倒れ、逆に磨きにくくなってしまうんです。

 

おすすめは「鉛筆持ち」

 

持ち方を変えるだけで、不思議と力が抜けて細かく動かせるようになるんですよ♪

 

小学生頃の歯ブラシの選び方

小学生頃に使う歯ブラシは、毛先が柔らかすぎる物より「ふつう」の硬さを選びましょう。

 

 

実は、虫歯で悩んでいる子供達のほぼ100%が、歯の間や歯ぐきの間が磨けていないんです。でも、「どこを磨けばいいのか」が分かれば、答えはシンプルです!

 

歯や歯ぐきの間の汚れを、いかに効率よく取っていくかを考える。

 

この発想こそがいちばん最初のステップとなるのです。

 

【場所別!】永久歯の正しい磨き方と歯ブラシの動かし方

次は動かし方です。

 

ポイントは、歯ぐきにも少し毛先が当たるように歯に直角(90度)に歯ブラシを当てて、2本ずつ磨くこと。歯ブラシの動かし方

裏側は、歯ブラシを上の図↑のように斜めにすると、歯ぐきの間まで毛先が届きやすくなりますよ。

 

よくある間違いは、歯ブラシを「ゴシゴシ〜!」と大きく動かしてしまうこと。

 

気持ちは分かるのですが「ゴシゴシ〜!」と磨くと、毛先が歯からズレてしまうんです…。慣れないうちは鏡を見ながら、2本ずつ小さく動かすことを意識してみましょう♪

 

「1ヶ所を10往復ずつ磨いて隣に移動する」感じで、全体を磨いてみましょう!

 

では次に、磨き残しが多い部分を中心に「場所別の歯磨き方法」を紹介しますね!

下の前歯の裏側の磨き方

下の前歯の磨き方

下の前歯の裏は、歯ブラシを縦にしながら1本ずつかき出すように磨きましょう。

ただし写真↑のように「歯ブラシのかかと」が歯から出すぎていると、毛先が歯からズレやすくなります!

 

細かい部分ですが意識して磨いてみて下さいね♪

 

上の奥歯の頬っぺた側の磨き方

上の奥歯の頬っぺた側(外側)は、大きく口を開けて磨くと、頬っぺたが伸びて歯ブラシが奥まで入りにくくなってしまいます。

 

ポイントは、

☓「口を大きく開けて磨こうとする」

のではなく、

○「口を半開きにして歯ブラシを奥まで入れて磨く」

 

と考えるのが正しい磨き方です。

上の奥歯の磨き方

ぜひ、口を閉じて(写真の様に)下のあごを磨く側にズラしたり、口を半開きの状態にして磨いてみましょう!

歯ブラシが入る隙間ができ、驚くほど奥まで磨きやすくなりますよ♪

1番奥の歯の磨き方

さらに、歯ブラシの柄で唇の角を「グイーッ」と引っ張って、1番奥の歯から手前に「かき出す」ように磨けば、奥歯の歯磨きは完璧です!

 

上の奥歯の裏側の磨き方

上の奥歯の裏側の磨き方

上の奥歯の裏側は、歯と平行になるように歯ブラシを入れて、歯ぐきの間に斜めに毛先を当て、細かく動かして磨きます。

 

上の奥歯は、鏡で見えにくい部分ですが、歯ぐきにも毛先が当たっている感覚をつかめば、鏡がなくても磨きやすくなりますよ♪

 

下の奥歯の裏側の磨き方

下の奥歯の磨き方

下の奥歯の裏側は「舌」があるので、どうしても毛先が届きにくくなる場所です。

そんな時は、歯ブラシを斜めに突っ込んで「つま先」を歯ぐきに当てるように磨いてみましょう!

 

なお、仕上げ磨きの時は子供に「アー」と声を出してもらうと、一瞬舌が下がって磨きやすくなりますよ。

 

歯並びが悪い部分

歯並びが悪い場所の磨き方

歯が引っ込んだり重なってるところは、横磨きだけでは絶対に磨き残しができてしまいます…。

でも、安心して下さい。

 

磨きにくい場所には、ワンタフトブラシを使ったり、歯ブラシをにして上下に動かすことで、磨きにくい場所にもしっかり歯ブラシの毛先が当たるようになりますから。

 

ワンタフトブラシの使い方はあとで説明しますね!

 

 

 

いかがですか?

このように、きちんとステップを踏んで「場所ごと」に磨いていけば、磨き残しを確実に減らすことが可能なんですよ♪

 

歯磨きしにくい場所におすすめの歯ブラシ

奥歯が磨きやすい歯ブラシ

ママ
ママ

でもやっぱり奥歯は磨きにくいわね…(汗)

もし奥歯や歯並びが悪い場所が磨きにくいときは、歯ブラシをもう1本使ってみましょう!

 

おすすめは、ワンタフトブラシです。

ワンタフトブラシは、ブラシが小さく小回りのきく歯ブラシなので、

  • 奥歯
  • 歯並びの悪い場所
  • 永久歯が生えかけている場所

 

など、1本あれば「磨きにくい場所」も簡単に磨ける優れものの歯ブラシです!

ワンタフトブラシの使い方

ワンタフトブラシを使って磨くときは、写真↑のように「ブラシのつま先」でかき出すように磨くのがポイントです。

 

1本持っていれば本当に便利なので、ぜひ仕上げ磨きにも使ってみて下さいね!

 

▼より詳しい使い方は下の記事↓が参考になります▼

奥歯の裏側や親知らずも磨きやすい!プロおすすめの歯ブラシの選び方
奥歯って磨きにくいな…。 親知らずが虫歯になった…。 歯並びが悪いところって、歯ブラシだけじゃ磨きにくいな…。 とあなたも困っていませんか? そこでこの記事では、磨きにくい場所でもスイスイ磨ける「ワン...

 

 

子供の虫歯予防に効くおすすめの歯磨き粉

子供用歯磨き粉

それでももし子供達に虫歯ができてしまうなら、「歯の間の汚れ」がうまく取れてない可能性があります。

 

虫歯の多くは「歯の間」から侵されていきます。

 

つまり、

○ 歯の表面だけ磨く

のではなく

✕ 歯の間の汚れを上手に取る

 

と考えることが、子供の虫歯を予防する最大のポイントです!

 

しかし、

「仕上げ磨きをしているけど、歯の間まで上手に磨けているのかな?」

「歯の間って磨きにくいけど、フロスを使うと子供が嫌がる…」

 

と、悩んでいるパパやママも多いのではないでしょうか?

 

そんな時は発想を変えて「歯磨き粉」を使って虫歯を予防をしてみましょう!

 

歯科衛生士が歯磨き粉をすすめる理由

今、子供たちはどんな歯磨き粉を使っていますか?

 

なんとなく、

  • 値段の安いもの
  • 話題の歯磨き粉

を手にとって使っている方も多いのではないでしょうか?

 

その歯磨き粉を使って、実際に効果はありましたか?

 

もし「コレだ!」という歯磨き粉にあなたが出会えていないなら、歯科衛生士のわたしがおすすめするBRIAN(ブリアン)を使ってみて下さい。

 

なぜわたしがBRIAN(ブリアン)をおすすめするかというと、市販のペーストの歯磨き粉は「泡」で汚れを落としていくものが多いのに対して、BRIAN(ブリアン)は「粉」の歯磨き粉。

 

そのため細かい粒子で、歯の間や奥歯、歯ぐきの間の歯ブラシが届きにくい場所までしっかり粒子が届いて、汚れを取り除いてくれるからです!

 

他に道具を増やす必要もなく「歯ブラシだけ」で歯の間の虫歯予防ができれば、子供達だけでなくママ自身も楽だし本当に助かりますよね!

 

フロスなど他の道具を使えば、歯磨き時間はその分どうしても長くなります。

 

歯磨きが好きな子なら問題ありませんが、フロスや歯磨き自体が嫌いな子や苦手な子なら、時間が長くなるほど暴れたり嫌がってしまうのは明らかです!

 

ママ
ママ

わたしも毎回仕上げ磨きのたびに疲れてしまうのよ…(汗)

 

だったら、歯磨き粉で歯の間の虫歯予防をした方が、お互いのためになると思いませんか?

 

「虫歯にならない!」という最終ゴールは同じでも、ゴールを目指す方法はいくらでもあります!その子にあった方法で歯磨きをしていきましょう。

 

▼詳しくはこちらから詳細が確認できます▼

 

 

 

ブリアンが子供に優しい歯磨き粉の理由

ママ
ママ

でも、歯磨き粉を使い始める時期はうがいができるようになってからの方がいいわよね?

 

たしかにその通りです。

 

しかしBRIAN(ブリアン)は、うがいをせずに唾液を出すだけでもOKなので、うがいが上手にできない子供達も、早い段階から手軽に虫歯予防ができるのです。

 

使い方も粉状の歯磨き粉を毛先につけて磨くだけなので、とても簡単です。

 

『イチゴ味』で美味しいので、うちの娘も嫌がることなく、味わっています(笑)

 

▼歯磨きする娘▼

歯磨きする赤ちゃん

子供が歯磨きを嫌がらないだけで、ママの育児の負担はかなり減ります!

 

ママやパパがもし

「フロスが上手に使えない…」

「歯の間が磨けているか心配…」

「手軽に子供の虫歯予防をしたい」

と思っているなら、歯ブラシ1本で虫歯予防ができるBRIAN(ブリアン)を使ってみる価値は十分ありますよね!

 

 

ママ
ママ

たしかに歯磨き粉なら、無理なく毎日続けやすいわ♪

 

 

 

 

 

ブリアンの2つのデメリット

なんでも完璧な商品がないように、もちろんBRIAN(ブリアン)にもデメリットがあります。

今度は、わたしが実際に感じたデメリットを2つ紹介しておきますので、ぜひ参考になさって下さいね。

 

①使い方が少し手間に感じる

BRIAN(ブリアン)は珍しい「粉」の歯磨き粉です。

そのため使うときに、粉を手のひらや小皿に出して歯ブラシにつける必要があるんです。行程は簡単ですが、ペーストの歯磨き粉より正直、手間ですよね。

 

でも、嫌がる子供にフロスを使うことを考えると、手間のかかる時間は圧倒的に少ないです!

 

それに味が美味しいので、BRIAN(ブリアン)を嫌がる子はほとんどいません♪

 

②値段が高い

もう1つのデメリットは、歯磨き粉の中では値段が高いことです。

 

数百円で買える歯磨き粉がある中で、「わざわざ値段が高い歯磨き粉を買う必要があるの?」と思いませんか?

 

わたしも正直「高っ…!」と思いました(汗)

でも物の値段や価値は考え方次第だと、わたしは思っています。

 

もし虫歯や歯肉炎になって歯医者に通えば、時間もお金もかかります。

それに嫌がる子供達を説得したり、ときには押さえながら治療することは、ママや子供達にとってもかなりのストレスになってしまいますよね。

 

だったら、歯磨き粉で予防する方がずっと安く歯を健康に保てると思うんです♪

 

 

 

あなたも、自分が使うシャンプーや化粧品にこだわりを持っていませんか?

なぜこだわりを持って「その商品」を選んだのでしょうか?

値段の安さだけでなく、「成分」や「求める効果」を見て、その商品を選んだはずですよね。

 

歯磨き粉だって同じです!

 

歯科衛生士として子供達と関わる中で「正しくケアしていれば、虫歯にならなかったのに…」と、何度も悔しい思いをしました…。

 

「虫歯になっても、治療すればいいんじゃないの?」と、あなたは思うかもしれません。

 

でも、1度削った歯は2度と元には戻りません!それに、1度虫歯になった歯は、健康な他の歯より、また虫歯になる可能性がグッと高くなるんです!

 

「今の歯磨き方法」で子供達が大人になれば、虫歯はもちろん歯周病になるのは明らかです!

 

「今」子供達が虫歯になっているのなら、今と「何か」を変えないと、この先も状況は変わりません!むしろ悪くなっていきます!

 

そんな未来なんて悲しすぎますよね…。

 

 

▼詳しくはこちらから詳細が確認できます▼

 

 

虫歯予防の方法まとめ

まとめると、無理なく虫歯ケアできるポイントはこの3つ!

①歯の表面でだけなく、「歯の間」や「歯ぐきの間」の汚れを取るのが鉄則!

②正しい歯磨き方法を知る!

③歯ブラシだけで虫歯予防したいときはBRIAN(ブリアン)を使う!

 

これらのポイントを守れば、子供の口の中の環境は必ず変わってきます。

 

歯磨きしているのに虫歯になるなら、今までの方法と「何か」を変えないと状況は良くなりません!

 

大丈夫!

 

意識とやり方を変えれば、歯や歯ぐきは必ず応えてくれます。いい結果になった患者さんをたくさん見てきたからこそ、わたしは自信を持って言えるのです!

 

「今」行動すれば、子供たちの健康な口の中を守ることができますから!

 

 

まずは歯磨き方法を変えてみたり、「歯磨き粉」を変えてみませんか?

ママ
ママ

でも、新しい歯磨き粉は子供達が気に入るか心配だわ…。

たしかにそうですよね。

 

でもBRIAN(ブリアン)は使って気に入らなくても、60日間の返金保障もあるので安心して試すことができるんです!

アフターサポートもしっかりしているので、まずは気軽に詳細を確認してみてくださいね!

 

白くて綺麗な子供の歯を見ることは、なかなか気持ちのいいものですよ♪

あなたもぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

▼パパやママ大人の虫歯や歯周病予防の方法はこちらから▼

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
毎日歯磨きしているのに、 歯ぐきがブヨブヨする 口臭が気になってきた 歯磨きすると歯ぐきから血が出る 歯磨きしていても虫歯が繰り返しできる と、気になっていませんか? これら虫歯や歯周...

 

 

 

 

 

コメント