【子供が歯磨きを痛がる原因】仕上げ磨きを嫌いにさせない4つの方法

赤ちゃん歯磨きのやり方
スポンサーリンク




優しく磨いているのに、子どもが歯磨きを嫌がる…。

嫌がる子どもの仕上げ磨きに疲れた…なにか良い方法はないの?

という悩みに、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします^^

 

仕上げ磨きをしたいのに、子どもが口を開けてくれなかったり、首を振って泣いて拒否されると、
絶望的な気持ちになりますよね…(T_T)

 

結論から言えば、子どもが仕上げ磨きを嫌がる原因のほとんどは「仕上げ磨きが痛い」からです。

 

とはいえ『でも、優しく磨いてるわよ…?』と、あなたも思ったかもしれません…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でもね。

大人は軽い力でも、子どもにとっては痛いこと、多いんです…。

 

 

そこでこの記事では、「子どもが嫌がらない仕上げ磨きのコツ」を、ベテラン歯科衛生士が紹介していきます!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

痛くない磨き方は、コツをつかめば簡単です!

 

歯科衛生士おすすめの磨き方を丁寧に解説していくので、ぜひ参考にしてみてください^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

仕上げ磨きのイライラが、一気に楽になりますから^^

 

スポンサーリンク

子供が痛がる嫌がる仕上げ磨きにしない4つのコツ!

結論から言えば、仕上げ磨きを嫌がらない子にするには、

✕ 力を入れて磨く

のではなく

○ 歯ブラシをきちんと歯に当て、軽い力で磨く

と考えるのが、歯磨き嫌い克服の近道です^^

 

 

具体的な方法は、

①歯ブラシを持った手を固定する

②歯ブラシの持ち方を意識する

③力加減を覚える

④歯ブラシが当たると痛い場所を知る

の4つ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なお仕上げ磨きに使う歯ブラシは、小さくて毛先が柔らかめのものを選んであげるといいですよ^^

 

子どもってすぐ歯ブラシを噛むので、

  • 子どもに持たせる用
  • 仕上げ磨き用

と、歯ブラシは分けておいた方が、経済的でおすすめです^^

 

 

 

 

歯ブラシを持った手を固定する

仕上げ磨きをするとき、歯ブラシを持つ手が『宙ぶらりん』になっていませんか?

 

実は、歯ブラシを持った手を『固定』するだけで、ものすごく仕上げ磨きがしやすくなるんです^^

 

わたしの場合、下の前歯を磨くときは、歯ブラシを手を『あご』に添えて歯磨きしています^^

指で固定することで、歯ブラシがフラフラせず安定して磨けるようになります^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、優しく磨けるようになって、
子どもも歯磨きを痛がらなくなるんですよ^^

 

ちなみに指を添える場所は、子どもの

  • あご
  • ほっぺた

など、どこでもいいです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とにかく、あごやほっぺたに指を添えて磨くと、歯ブラシが驚くほど安定し、細かいところまで磨きやすくなりますから♪

 

反対に、歯ブラシを持つ手が宙ぶらりん状態では、

  • 歯ブラシを大きくゴシゴシ動かしすぎる
  • 磨く時に力が入りすぎる

など、子どもが嫌がる『痛い歯磨き』の原因になってしまいます。

 

たとえばアイラインを引くときも、手や指を顔に固定して描いた方が綺麗に仕上がりますよね♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これは仕上げ磨きでも同じです!

 

優しく磨くためには、歯ブラシを安定させること。

歯ブラシを安定させるには、歯ブラシを持った手の「固定」が大切なんですよ^^

 

 

歯ブラシの持ち方を意識する

歯ブラシの持ち方

優しい力で歯磨きをするには、歯ブラシの持ち方もポイントです^^

 

たとえば歯ブラシを「グー」で握って磨くと、力が入りすぎて痛い歯磨きになってしまうんです。

 

優しく磨くためにも、仕上げ磨きをするときは、歯ブラシは「鉛筆持ち」にするようにしましょう♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

「鉛筆を持ち」にすることで、小さな口の中でも、すみずみまで磨きやすくなりますから♪

 

力加減を覚える

痛くない歯磨きは、磨く力を覚えることも大切です^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あなたは軽い力のつもりでも、子どもにとっては、痛いことがあるからです…。

 

ちなみに歯磨きの力が

  • 強い
  • ちょうど良い

かは、歯ブラシの毛先を見れば簡単に分かりますよ^^

 

たとえば歯を磨いているとき、歯ブラシの毛先が倒れすぎていたら、力が強すぎる証拠!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

痛い歯磨きになってしまいます。

歯磨きの正しい力加減は、歯ブラシの毛先が倒れない程度の力!

150gです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

と言っても分かりにくいですよね…^^;

ぜひ、計りを使って150gの歯磨きの力を体験してみましょう!

歯ブラシの力加減

歯科衛生士
歯科衛生士

上の写真↑のように150g程度の力だと、歯ブラシの毛先は倒れませんよね。

 

つまり、毛先が倒れない150g程度の力で磨けば、
『仕上げ磨きが痛い!』なんてことはなくなるんです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

試してみると分かるんですが、150gって、ほんとに軽い力です^^

 

慣れないうちは、

『え?こんなに優しい力で、本当に汚れが取れてるの?』

と疑いたくなると思います^^;

 

でも毛先が当たっていれば、軽い力でも汚れは綺麗に取れますから安心して下さいね♪

 

 

なお詳しい「歯磨きの力加減」の見極め方は下の記事↓に詳しくまとめています^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ぜひ参考になさって、痛くない力加減を実感してみてくださいね!

歯ブラシの毛先がすぐ広がる!1ヶ月でダメになる原因と3つの対策方法
なんでわたしの歯ブラシ、すぐに毛先が広がってダメになるんだろ… という悩みに、何百人もの歯磨き方法を改善してきた歯科衛生士が13年の経験からお答えします! 結論から言うと、歯ブラシがすぐダメになる原因は、磨くときの力加減が「強すぎる...

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯磨きの力加減が分かれば、自分の歯磨きにも応用できますから^^

歯ブラシが当たると痛い場所を知る

実は口の中には、『歯ブラシが当たると痛い場所』があるんです。

 

とくにやりがちなのが、下の写真↓の矢印部分の「筋」に歯ブラシを当てしまうこと。

image

「筋」に歯ブラシが当たってしまうと痛いので、子どもが歯磨きを痛がる原因になってしまうんです…。

 

『筋』を歯ブラシで傷つけないためにも、下の写真↓のように、
「歯ブラシを持ってない人差し指」で『筋』をカバーしてみましょう。

image

歯科衛生士
歯科衛生士

そして指に歯ブラシをそわせるように磨くと、歯ブラシが『粘膜』や『筋』に当たるのを防ぐことができますから♪

 

たったこれだけでも「痛がらない仕上げ磨き」ができるので、ぜひ今日から実践してみてくださいね!

 

なお詳しい場所ごとの歯磨き方法は、下の記事↓に写真付きで解説しているので、
合わせて参考になさってくださいね。

 

6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック
毎日磨いているのに、繰り返す子供の虫歯に悩んでいませんか? 乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、 前歯が生え変わる 6歳臼歯が生える まだ乳歯がたくさん残っている …と、子供の口の中は大きな変化を迎える...

 

 

なお使う歯ブラシは、小さて毛先が少し柔らかめのものを選んであげるといいですよ^^

 

 

子供が痛がる嫌がる!大暴れして嫌がる時の3つの対処法

img_0424

もしいろいろ対策しても、子どもが大暴れしたり口を開けないときは、さらに

①すばやく歯磨きする

②美味しい歯磨き粉をつかう

③仕上げ磨きはしばらく中止する

の3つ方法を意識してみてください!

 

すばやく歯磨きする

正直『嫌がる子に時間をかけて1本ずつ歯磨きをする…』なんてできませんよね^^;

 

そんなときは、歯科衛生士のわたしが娘によくやる前歯の時短の歯磨き方法を実践してみてください♪

 

娘は歯ブラシを噛む癖があり、短時間で勝負しないと磨けない子。

歯科衛生士
歯科衛生士

なのでこの技を使ってます…(汗)

 

普通、前歯を磨くときは「裏」と「表」から分けて磨きますよね。

 

でも短時間で「サクッ」と終わらせたいときは、下の図↓のように歯ブラシの毛で前歯を挟んで動かし、一気に表と裏を磨いてみましょう。

ポイントは、歯ブラシで挟んだ状態で歯ブラシの毛先を何度かひねること

 

歯科衛生士
歯科衛生士

慣れるとかなりの時短テクになるので、嫌がるときなど「サクッ」と磨きたいときはぜひお試し下さい♪

 

 

その他の場所の『時短歯磨きのコツ』は、下の記事が参考になりますのでぜひ^^

【1歳2歳】歯磨きしないで寝るなら乳歯が虫歯になりやすい場所だけでも仕上げ磨きを!
うちの子、ご飯もおやつもしっかり食べてるのに、歯磨きする前に寝てしまう…。 虫歯になったらどうしよう…。 という悩みに、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします^^ 結論から言えば、歯磨きしないで寝...

 

 

味の美味しい歯磨き粉をつかう

歯磨きを嫌がるときは、「味の美味しい歯磨き粉」をつかってみるのもおすすめです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯磨き粉の『味』が気にいると、
すんなり磨かせてくれる子も多いんですよ♪

 

とはいっても、まだうがいが上手にできなかったり添加物いっぱいの歯磨き粉では、使うのもためらいますよね…。

そんなときは、ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルをつかってみましょう^^

 

 

この歯磨き粉、味がグレープ味で美味しいのはもちろん使っている成分が全て「食品」に使用される成分なんです^^

とくに

  • パラベン
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • 研磨剤
  • 洗浄成分

が入っていないので、誤って飲み込んでも安心ですし、「研磨剤」も入ってないので、
子どもの柔らかい歯や歯ぐきも優しく磨けるんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

何より泡立ちがないので、仕上げ磨きもしやすく、子ども嫌がりません^^

 

娘もこの歯磨き粉に変えてからは、スムーズに歯磨きさせてくれるようになりましたよ♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もうね。
歯磨き粉を味わうくらい気に入っています…^^;

 

虫歯予防ができるのはもちろん、食品レベルの成分をつかっているので、

  • うがいができない子
  • 歯磨き粉を飲み込んでしまう子

にも安心してつかえますから^^

ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル

 

実際つかってる様子は、こちら↓でまとめていますのでぜひ参考にしてみてください^^

無添加・フッ素なしのドルチボーレの歯磨き粉を歯科衛生士が子供に選んだ3つの理由
離乳食がはじまると、そろそろ歯磨きもスタートですよね。 歯科衛生士 最初わたしは、歯磨き粉をつけずに娘の歯を磨いていました。 でも3食+おやつも食べるようになると、『虫歯』の問題も気になりは...

仕上げ磨きはしばらく中止する

それでも口を開けなかったり、暴れてしまうときは、無理はせずしばらく歯磨きを止めてみましょう!

 

その間は

  • 人形で歯磨き遊びをする
  • 歯磨き関連の動画や絵本を見せる

など子どもが楽しく歯磨きに慣れていけるよう、遊びながら時期を待ってあげてください^^

 

 

また、

「歯磨きもお風呂で体をキレイにすることと同じだよ」
「キレイになったら気持ちいいよ〜」

 

と、歯磨きに対して良いイメージを話してみたり
前歯だけでもいいので、とにかく磨けたら褒める…を繰り返していきましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

焦らず焦らず…。

 

とはいえ

『でも、歯磨きしないと虫歯になるんじゃない?』

と、気になりますよね…。

 

 

でも、歯磨きができないときは

  • お菓子やジュースを頻繁に食べさせない
  • 野菜など繊維が多いものを食べさせる
  • 食後に水を飲ませる
  • キシリトールガムを食べさせる

などで、虫歯になりにくい環境をつくってあげれば、すぐに虫歯になる心配はありません^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

よほどお菓子やジュースばかりの食生活でない限り、1日や2日歯磨きできなくてもすぐ虫歯で穴があくことはありません。

 

赤ちゃんにおやつはあげないとダメ?必要?おにぎりや果物で十分な納得の理由
赤ちゃんにおやつはあげないとダメ?必要?という疑問にお答えします。おやつはおにぎりや果物にすることで、虫歯予防になる理由を紹介します!

 

 

それに今は虫歯の心配より、少しずつでも歯磨きに慣れてもらう方を優先させましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その方が、結果的に早く歯磨き嫌いを克服できますから^^

 

なお、より詳しい『歯磨きを怖がる子や暴れる子への対処法』は下の記事にまとめているので、
一緒に参考になさってくださいね♪

イヤイヤ期の歯磨き!口を開けない1・2歳への対策方法歯科衛生士が教えます
歯磨きしたいのに口を開けない…。 大泣きする…。 歯ブラシを噛んで離さない…。 仕上げ磨きをしようとすると逃げる…。 という悩みに、1児の母である歯科衛生士が13年の経験からお答えします^^ 歯磨きしようと...

 

子供が痛がる嫌がる仕上げ磨きにしない方法まとめ

子どもが仕上げ磨きを嫌がる原因は、たいていの場合、磨く力が強いからです。

 

痛くない仕上げ磨きの方法は、

①歯ブラシを持った手を固定する

②歯ブラシの持ち方を意識する

③力加減を覚える

④歯ブラシが当たると痛い場所を知る

の4つがポイントです^^

 

中でも①の歯ブラシを、子どもの

  • 顔の上
  • あご

などに固定して(添えて)磨く方法は、歯ブラシを持つ手が安定し、
驚くほど力を抜いて磨けるようになるのでぜひ試してみてください^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

痛くない仕上げ磨きにはコツがあります。

 

ポイントをつかんで優しく磨けば、歯磨きを痛がったり嫌がったりしなくなるので、ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

さらに『美味しい歯磨き粉』をつかうと、歯磨き嫌いがすんなり直って、『これで磨く!』というようになりますよ^^

 

ドルチボーレの歯磨き粉は、虫歯予防ができるのはもちろん、味も美味しく食品レベルの成分を使っているので、

  • うがいが上手に出来ない子
  • 歯磨き粉を飲み込んでしまう子

にも使いやすいですから^^

ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル

 

実際つかってる様子は、こちら↓でまとめていますのでぜひ参考にしてみてください^^

無添加・フッ素なしのドルチボーレの歯磨き粉を歯科衛生士が子供に選んだ3つの理由
離乳食がはじまると、そろそろ歯磨きもスタートですよね。 歯科衛生士 最初わたしは、歯磨き粉をつけずに娘の歯を磨いていました。 でも3食+おやつも食べるようになると、『虫歯』の問題も気になりは...

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました