離乳食の椅子は足がつくものを!足のぶらぶらは姿勢・歯並びが悪い子になる!

離乳食の進め方
スポンサーリンク




今まで膝の上で離乳食を食べさせてたけど、最近大人しくしてくれないし、両手も使えないから不便…。

足がブラブラせず、姿勢も安定する椅子がほしい!

という悩みに、自身も2歳の娘を育児中、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします^^

 

結論から言うと、子どもの椅子選びは、結構大切です。

 

なぜなら、合わない椅子を選んでしまうと、

  • 歯並び
  • あごの成長

にも、影響をあたえる可能性があるからです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんのあごの骨は、これからどんどん成長します!

 

骨が成長する時期だからこそ、床に足がしっかりついて姿勢を正せる椅子を、きちんとつかってほしいんです^^

 

正しい姿勢で食事をする習慣が身につけば、歯並びや顔の成長にもいい影響がでてきます!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実際にわたしが7ヶ月から娘につかっている椅子も紹介するので、ぜひ椅子選びの参考になさってくださいね♪

 

スポンサーリンク

離乳食の椅子は足がつくものを!ブラブラ足の2つのデメリット

足がブラブラした状態で食事をしていると、足の踏ん張りがきかず、

 

  • 体がどんどん前にズレる
  • 猫背になる

 

など、姿勢が悪くなってしまいます。

 

 

しかも、悪い姿勢が癖になると、

①口呼吸になる
②噛み合わせがズレたり顔つきが悪くなる

など、歯並びや顔つきにも悪影響が出てしまうんですよ…。

 

ママ
ママ

え?姿勢が悪いと歯並びや顔つきが悪くなるなんて、信じられない…。

そうですよね…。

 

でもね。

ちょっとした「姿勢や癖」でも、毎日積み重なれば、
それが大きな時間と力になって、歯並びや顔つきを悪くしてしまうんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その理由を紹介しますね。

 

口呼吸になる

姿勢が悪く猫背になると、『口呼吸』になりやすくなります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

猫背の子って、『下あごが前に突き出た』ような姿勢になっていますよね。

 

下あごが前に突き出ると、首がつっぱって口が開きやすくなります。

 

その結果、口呼吸が癖になってしまうんです…。

 

口呼吸が癖になると、舌がダラーンと下に下がって、だらしない顔つきになります。

 

さらに、無意識に舌で歯を押すようになり、歯並びが悪くなってしまうんです。

 

『舌』は筋肉の塊です!

歯科衛生士
歯科衛生士

舌で歯を押していると、簡単に歯並びが悪くなってしまうんですよ。

 

姿勢が悪くならないよう、椅子の選び方はもちろん、
下の記事でも紹介しているように、口呼吸が癖にならないよう気をつけましょう^^

赤ちゃんの歯並びを良くするには〇〇をする事!家でできる予防法は2つ!
赤ちゃんの歯並びを良くするにはあごの骨を刺激することです。おっぱいをしっかり飲ませて離乳食をよく噛ませると歯並びが良くなる理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

噛み合わせがズレたり顔つきが悪くなる

姿勢が悪かったり、足がぶらぶらして床に付いていないと、体のバランスがとれずに猫背になってしまいます。

 

するとしっかり噛めなくなるばかりか、

  • あごの発達
  • 歯並び

の悪化につながってしまうんです…。

 

猫背になると、上あごが前に傾いて、頭を後ろに反らせるような姿勢になりますよね。

 

その結果、頭のバランスを保とうと、下あごが後ろにさがってしまうんです。

 

つまり本来「前」に成長すべき顔が、下方へ成長し、
歯並びや顔つきに悪影響を与えてしまう!ということ…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とうぜん、そんな姿勢を続けていれば
バランスのとれた骨の成長は期待できませんよね…。

 

 

ママ
ママ

猫背って怖いのね…(汗)

 

離乳食の椅子は足がつくものを選ぼう!

離乳食でつかう椅子は、足が床にしっかりつくものを選びましょう^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実際、我が家で使っていた椅子を紹介しますね^^

折りたたみ式ベビーチェア

生後7ヶ月から離乳食を始めた我が家は、最初はベビーチェアをつかっていました^^

 

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

でもこの椅子では、しっかり足が付きませんでした。

 

『ずり落ちベルト』があっても、気づけばどんどん娘が前に滑り落ちていたんですよね…^^;

 

歯科衛生士
歯科衛生士

足もブラブラしていたため、こちらはすぐ買い換えることに…。

 

 

キコリの小イス

5歳まで使えるおすすめの子供用チェア

つぎに使ったのが、『キコリの小イス』でした^^

 

 

 

 

こちらは対象年齢が14ヶ月からなんですが、座らせてみると、娘の身長に合っていたので購入することに^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

使用感もなかなかよく、足もしっかり付くので気に入っています♪

 

こちら1歳前の娘↓ですが、足がしっかり床につき、食事中の姿勢も自然にまっすぐ伸びていますよね^^

姿勢が良くなる子供用の椅子

 

歯科衛生士
歯科衛生士

椅子もテーブルも『角』が丸いので、温かい造りになっています^^

 

椅子は組み立て式ですが、ドライバーさえあれば、わたし1人でも簡単に組み立てられました^^

 

\組み立て方は、こちら/

キコリの小イスとテーブルの組み立て方!何歳まで使えるの?5年使った感想
キコリの小イスとテーブルの組み立て方を写真付きで紹介します。何歳まで使えるのか5年間つかった感想を紹介します。

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

椅子の色はたくさんありますが、我が家は赤色を購入しました!

 

 

キコリの小イスの種類や色

他にもブラウンや白や木目調など色の種類も豊富なので、部屋の雰囲気をこわすことなく使うことができますよ♪

 

食事をするだけでなく、お絵かきやままごとなどオールマイティーにつかえる頑丈なテーブルと椅子なので、
5歳になった今でも、椅子は問題なく使えています^^

 

 

ただテーブルは4歳頃から身長に合わなくなってので、今は踏み台としてつかっています^^;

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ちなみに、大人がのっても平気なほど頑丈ですよ(笑)

 

 

離乳食の椅子で足がぶらぶらする時の対策法

赤ちゃんの体の骨は、まだまだ成長中です。

 

猫背や足を投げ出すなど「悪い姿勢」や「癖」が習慣になると、

  • 口呼吸になる
  • かみ合わせがズレる

など、歯並びや顔つきにも影響が出てしまいます。

 

 

だからもし、椅子に座っても足が床につかないときは『足おき』をつかって、
しっかり足がつくようにしてあげましょう^^

 

たとえば、

  • 踏み台
  • 段ボールや雑誌を重ねる

などで足が付くように工夫して、姿勢を安定させてみてください^^

 

足おきの裏側に『滑り止め』を貼っておくと、赤ちゃんが足で蹴ってもズレにくいですから^^

 

 

 

 

離乳食の椅子は足がつくものがおすすめまとめ

赤ちゃんの骨は、まだまだ成長中。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからこそ「癖」や「姿勢」を甘くみてはいけません。

 

姿勢が悪いと間違った方向にあごが成長し、歯並びが悪くなったり、顔つきが悪くなる可能性があります。

 

離乳食が始まったら、ぜひ

  • 食事中の姿勢
  • 椅子の高さ

にも気をつけてみましょう。

 

普段の何気ない「姿勢」や「癖」に気をつけていくことが、歯並びやあごの成長を正しく導くんですから^^

 

もし「子供用の椅子選び」に迷ったら、ぜひ我が家でも使っているキコリの小イスキコリのテーブルをつかってみて下さいね!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

デザインも可愛いし、姿勢も安定して食事ができるのでおすすめですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

\さらに赤ちゃんの歯並びを良くする方法は、こちらも大切^^/

赤ちゃんの歯並びを良くするには〇〇をする事!家でできる予防法は2つ!
赤ちゃんの歯並びを良くするにはあごの骨を刺激することです。おっぱいをしっかり飲ませて離乳食をよく噛ませると歯並びが良くなる理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

 

\安心して赤ちゃんに食べさせられる野菜の選びかたはこちら!/

らでぃっしゅぼーや『ぱれっと』とは?0歳からおすすめしたい最適な理由
らでぃっしゅぼーやのぱれっとの特徴や安全性、赤ちゃんのいる家庭に使いやすい理由について紹介します。

 






コメント

タイトルとURLをコピーしました