食事中足がブラブラ付かない姿勢は歯並びにも影響!おすすめ子供用の椅子はこれだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

子供用の椅子の選び方を間違えると、子供の歯並びやあごの成長に影響を与えます!

食事中の子供の姿勢が気になることはありませんか?

まだ子供の身長が低いと、足が床に付いてない状態で食事をすることも多いですよね…。

結論から言えば、足が床につかないような椅子を使っていると、子供達の「顔の成長」や「歯並び」にも悪影響がでます。

しかも猫背など姿勢が悪い子は

など、大袈裟ではなく歯並びや顔つきにも悪影響が出てしまうんです。

あごの骨が成長する時期だからこそ、床に足がしっかりついて姿勢が良くなる椅子を小さい頃からきちんと使いましょう(^^)

この記事では、子供用のおすすめの椅子の選び方について解説していきます。

子供達を綺麗な歯並びにしたい方はもちろん、子供用に椅子を探しているパパやママは、ぜひじっくり読んでみて下さい(^^)

知っているのと知らないとでは、子供の顔つきや歯並びに将来大きな「差」が生まれるはずです!

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク



食事中に足がつかないベビーチェアや椅子を使うと猫背になって歯並びや顔つきが悪くなる

唇を噛む・唇を舐める癖・頬杖も!子供の歯並びが悪くなる7つの癖と予防方法を大公開!でも紹介しましたが、歯並びは普段の「癖」や「姿勢」の影響を簡単に受けてしまうんです。

だからこそ、「普段の姿勢」を気を付けておくことが、綺麗な顔つきや歯並びになる近道なんですよ(^^♪

ちょっとした「癖」でも、毎日積み重ねれば大きな時間と力になります!

例えばゲームに熱中して、子供達がおばあちゃんのように猫背になっていたら要注意!そのままではバランスのとれた骨の成長は期待できません。

猫背の子供達をよく観察してみましょう。あごを突き出す様な姿勢になっていたり、口元がだらしなく開いていませんか?

実は猫背になると、上あごが前に傾いて頭を後ろに反らせるような姿勢になるんです。

すると頭のバランスを保とうと下あごが後ろに後退し、本来前に発達すべき顔を下方へ成長させ、歯並びや顔つきに悪影響を与えてしまうのです…。

今度は、子供達の普段の食事中の姿勢を思い出してみましょう。

「食事の時、足が床に付いていますか?」

足が床に付いていないと体のバランスがとれずに猫背になって、しっかり噛めなくなるばかりか、歯並びの悪化につながります(;_;)

だからこそ椅子に座っても子供の足が「宙ぶらりん状態」の時は、段ボールや雑誌を重ねて足がつくように工夫し、姿勢を安定させることが大切なんですね。

もし床に座って食べるなら、正座やパパやママの膝の上で食べさせましょう。足を投げ出して食べると、体が傾く原因になってしまいますから(汗)

関連記事→初めての離乳食は、向き合って赤ちゃんに食べさせてはダメな理由。

わたし達大人も、スマホやパソコン作業中や何かに夢中になっていると、無意識に姿勢が悪くなってしまうことも多いですよね…(汗)

でもその無意識を続けていると「顔つき」や「歯並び」にまで影響がでる!ということは絶対に忘れないで下さい!

では早速、子供達におすすめの椅子を2つ紹介しますね(^^)

5歳まで使える!足が床にしっかりつく子供用おすすめの椅子

あなたがもしどの椅子にしようか迷っているなら、子供がまだ小さいうちならキコリの小イスキコリのテーブルがおすすめです(^^)

可愛い子供用椅子はキコリの小イスとテーブルがオススメ!組み立て方と使用感は?でも紹介しましたが、今うちの2歳の娘も使っていて、なかなか使用感もよく足もしっかり付くので、子供用の椅子としてはかなり使いやすくておすすめですよ(^^)

足がしっかり床につくので、座った時の姿勢も自然に背筋がまっすぐ伸びていますね!

我が家は赤色を購入しましたが、他にもブラウンや白や木目調など色の種類も豊富なので、部屋の雰囲気をこわすことなく使うことができますよ(^^)

食事をするだけでなく、お絵かきやままごとなどオールマイティーに使える頑丈な机と椅子なので、5歳頃まで長く使えそうです(^^)

実は我が家は以前ベビーチェアを使っていたのですが、足が付かなかったため、気づけばどんどん娘が前に滑り落ちてしまい、結局、膝の上に座らせて食事を食べさせていたんです(汗)

足置きを使っても蹴飛ばされて、なかなかうまくいきませんでした。

我が家の様な失敗をしないためにも、最初から足がしっかりつく椅子を使って猫背を予防していきましょう!

小学生頃の椅子は姿勢矯正の座椅子を使って姿勢を直そう

小学生頃の子供達に使ってほしい椅子は、座るだけで自然にいい姿勢になる背筋を伸ばす座椅子です(^^)

気づけば食事以外にも、勉強中や読書やゲーム中に姿勢が悪くなっている子が多いですよね。

だからと言って一回ずつ「姿勢悪いよ!」と注意するとなれば、今度はママが大変です…(汗)

そんな時は、座るだけで自然にいい姿勢になる背筋を伸ばす座椅子を使ってみましょう!

普段使っている椅子の上でも使えるから、わざわざ他の椅子を買う必要もなく食事中も自然で綺麗な姿勢を保つことができますよ(^^)

ボリュームがある背もたれなので、180度倒してストレッチすることも可能です。勉強の合間の息抜きとしてはもちろん、わたし達大人も体を伸ばすときに使えます(^^)

更にこんな使い方も!横隔膜を支えてくれるので、猫背になりがちなゲーム中でも姿勢を保ってくれるんです♪

子供の姿勢を1回ずつ注意することは、忙しいママやパパにとっても大変なことです。

でも、悪い姿勢のままでは、子供の歯並びが悪くなるリスクは避けられません!

だったら、背筋を伸ばす座椅子で「正しい姿勢」に矯正していく方法が、家でできる一番いい予防になると思いませんか?

普段使っている椅子の上に置いても使えるので、新しく椅子を買う必要もなく経済的ですよ(^^)

まとめ

子供たちのあごは、まだまだ成長中!

姿勢が悪いと間違った方向にあごが成長し、歯並びが悪くなり、簡単にかみ合わせが悪くなってしまうんです(汗)

子供の食事中の姿勢はもちろん、普段の何気ない「姿勢」や「癖」に気をつけていくことが、歯並びやあごの成長を正しく導きます♪

もし「子供用の椅子選び」に迷ったら、ぜひ我が家でも使っているキコリの小イスキコリのテーブルを使ってみて下さい!デザインも可愛いし、姿勢も安定して食事が出来るのでおすすめですよ(^^)

そして小学生位の子供達は、背筋を伸ばす座椅子で「正しい姿勢」に矯正していきましょう!

あごの骨が変形したり歯並びが悪くなれば、将来矯正治療を考えないといけなくなります…。でも「今」意識することで、将来の歯並びや顔つきに大きな「差」生まれることは間違いありません!

「癖」や「姿勢」を甘くみてはいけないんです!

あごがズレたまま成長すれば、矯正治療だけでは治らなくなります。あごの骨を切る手術が必要になる場合もあるので、ぜひ、今のうちから予防していきましょう!

歯並びで気になることは早めに自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で、信頼できる病院で気軽に話だけでも聞いてみることをおすすめします(^^)

背筋を伸ばす座椅子はこちらからも確認できます▼

▼歯科衛生士推薦!食後の歯磨き方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

▼パパやママにおすすめ!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー







スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする