歯磨きしても歯のぬめりが取れない!表面のヌルヌルの原因と3つの対策

唾液の効果
スポンサーリンク




あれ?歯磨きしたのに、舌や指で歯を触るとまだヌルヌルしてる気がする…。

いくら磨いてもぬめりが取れない…。

という疑問を、13年の経験をもつ歯科衛生士が解決します!

 

結論から言えば、歯磨きしても歯にぬめりを感じているあなたは、虫歯や歯周病のリスクが高くなっている可能性があるんです!

 

そこでこの記事では

  • 歯のぬめりの正体
  • 歯のぬめりを取る方法
  • ぬめりを放っておくデメリット

 

についてスッキリ解決します!

 

ぬめりの正体を知れば、虫歯や歯周病のない「健康な口の中」が手に入りますよ♪

 

さっそく、見てみましょう!

 

スポンサーリンク

歯を磨いても残る歯のぬるぬるの原因

歯磨きしても歯がぬるぬるする原因

歯磨きしても歯の「ぬめり」を感じているあなたは要注意!

実はその歯のぬめりを放っておくと、虫歯や歯周病の原因になってしまうんです。

 

ママ

でも歯がヌルヌルしているだけで、なんで虫歯の原因になるの?

と思いますよね?

その答えは「ぬめり」の正体が「バイオフィルム」という細菌の塊だからです。

 

バイオフィルムというバリアの中は、虫歯菌や歯周病菌にとって住み心地がとてもいい場所。

そのためバリアの中でどんどん増殖し、歯や歯ぐきが炎症を起こしやすい環境になってしまうんです。

 

つまり、バイオフィルムを取ることやつくらないことが、虫歯や歯周病予防になる!ということなんですよ。

 

歯がヌルヌルする正体

ところで「バイオフィルム」という言葉、なんだか聞きなれない言葉ですよね?

でも実は「バイオフィルム」は、わたし達にとってかなり身近な存在なんですよ。

ぬるぬるの正体のバイオフィルムは、細菌の塊です。

身近なところで、台所やお風呂場の排水溝の嫌なぬるぬるを想像してみると分かりやすいですよ。

実はあのぬるぬるもバイオフィルム。

細菌の塊だったんです。

 

ぬるぬるを取るためには、水を流すだけではダメ。

タワシやスポンジでこすらなくてはいけませんよね。

 

つまり歯のぬるぬるも、うがいだけではとれないということ。

歯ブラシでこすらなくては取れにくい汚れになっているんですよ(汗)

 

歯のぬめりの中には歯磨き粉の成分が入り込めない

細菌達はバイオフィルムというバリアの中で、安全に生き延びています。

しかも厄介なことに、バイオフィルムというバリアには抗生物質や抗菌剤が効きません。

 

つまりバイオフィルムがあると、歯磨き粉や抗菌剤など成分は中に入り込めず、肝心の細菌まで薬剤が届かないのです。

 

もちろんバリアが薄いうちなら、歯ブラシで丁寧に磨けば綺麗にすることはできます。

でも何日もバイオフィルムが取れない状況が続けば、バリアは強力にこびりつき歯ブラシでは取れなくなってしまいます。

 

そのまま放っておけば、歯磨きしにくい

  • 歯の間
  • 歯ぐきの間
  • 歯並びの悪いところ

にどんどん細菌の塊が増殖し、虫歯や歯周病になってしまうんです…。

 

歯の表面がぬるぬるし始めたということは、あなたの口の中で細菌が増え始めているサイン!

歯の表面に細菌の塊がこびりついたせいで、ぬめりを感じるようになってしまったのです。

そんな細菌だらけのぬるぬる汚れが歯についているなんて…考えただけで恐ろしすぎませんか?

 

さらに不潔な状態を放置していると、虫歯や歯周病だけでなく口の中が臭うようになります。

 

そう口臭の原因になってしまうんです。

 

虫歯や歯周病予防はもちろん口臭予防のためにも、歯のぬるぬるは早めに取るようにしましょう。

 

歯のぬめりの取り方と歯磨き方法

口の中のぬめりを取る方法

歯磨きの目的は、『歯を磨く』ことではなく、『口の中の細菌を取り除く』ことです。

毎日歯磨きしているのに歯のぬるぬる感が残ってしまうのは、歯ブラシがきちんと歯に当たっていない証拠。

 

しかもバイオフィルムは、「歯と歯ぐきの隙間」や「歯の間」など歯磨きしにくい場所でどんどん増殖していきます。

 

そのため、

  • 歯磨きが苦手な人
  • 歯並びが悪くて歯磨きがうまくできない人
  • 歯の被せものが多い人
  • 矯正治療中の人

は特にぬるぬるがつきやすいため、バリアが薄いうちに歯磨きで取ることが大切なんですよ。

 

頑固なバリアができてしまえば、歯医者でないと取りきることができなくなってしまいますから…(汗)

 

では、どんなふうにぬめりをとっていけばいいか紹介しますね。

細菌の溜まりやすい場所を知る

特に細菌が溜まりやすい場所は

  • 歯と歯ぐきの間
  • 歯の間

の2ヶ所。

つまり普段からこの2ヶ所に毛先が当たるよう、意識して磨けばいいんです。

 

まずは下の図↓のように、歯ぐきにも少し毛先が当たるように歯に直角(90度)に歯ブラシを当ててみましょう。

歯ブラシを直角に当てることができたら、小刻みに横に動かして汚れをとっていきます。

「汚れを取ろう!」と大きくゴシゴシ動かしたい気持ちは分かります。

でもゴシゴシ磨きは、どんどん歯ブラシが歯ぐきからズレてしまう原因になるんです。

 

そのため歯ブラシがズレないためにも、鏡を見ながら2本ずつ磨くように意識しましょう♪

 

次は歯の裏側です。

裏側など、毛先がまっすぐ当たらない時は、上の図の右側のように歯ブラシを「斜め」にすると、歯ぐきの間まで毛先が届きやすくなりますよ♪

 

なお、すでに歯ぐきに炎症がある場合は、磨く時に痛みを感じるかもしれません。

 

でも痛みがある場所を避けて磨いていると、ますます炎症が悪化してしまう悪循環になってしまいます。

万が一歯ぐきの炎症で痛みがある時はルシェロP-20のような柔らかい毛先の歯ブラシで、上の写真のように歯ブラシを上に向けて磨きましょう。

 

毛先が強く歯ぐきに当たらないので、痛みを感じにくく優しく歯磨きできるようになりますから♪

 

 

 

歯がぬるぬるする原因になりやすい食生活

歯がヌルヌルする原因

虫歯菌は、食べ物の中の「糖」と出会うことでネバネバ成分をつくり、歯にくっつきます。

 

そして虫歯菌は食べ物の「糖」をエサにして「酸」をつくり、歯のミネラルやカルシウムを溶かして穴を開けていくのです。

 

つまり、虫歯菌がいるだけでは虫歯にはならない!ということ。

虫歯菌は「糖」がないと歯を溶かせない!ということなのです。

 

でもわたしたちの食事には、お菓子だけでなくご飯にもパンにも「糖」が必ず含まれていますよね。

 

つまり食事をする度に、虫歯菌はネバネバ成分を作り出している!ということなんです。

 

ママ
ママ

じゃあ、食後にすぐ歯磨きしないと歯がヌルヌルになって、虫歯になっちゃうの?

と不安になってしまいますよね…。

 

安心して下さい♪

あなたの口の中の唾液が、溶けた歯の表面を修復し、口の中のバランスを保ってくれていますから。

 

でももし頻繁にお菓子やジュースを食べたり飲んだりする生活習慣を送っていると、どうなると思いますか?

 

そう。

口の中の「溶ける→修復する」のバランスが崩れて、虫歯のリスクが上がり、細菌のバリアが頑丈になってしまうのです…。

 

あなたも頻繁に間食したり、ジュースやスポーツドリンクをチビチビ飲むような食生活をしていませんか?

そのような食生活では、口の中にいつも「糖」がある状態になりますよね。

すると虫歯菌や歯周病菌が増え続け、ぬるぬるネバネバの不潔な口の中になる原因になってしまうのです。

 

食生活も見直さないと、あなたの口の中は虫歯菌が歯周病菌の温床になってしまうんですよ。

 

どうしてもチョコレートやアメを食べたい時は、下の記事で紹介しているように虫歯にならないお菓子を選んで上手に間食を楽しみましょう!

子供にチョコやグミを食べさせて良し!お菓子で虫歯予防ができる理由
虫歯にならないチョコや飴やガムなどのお菓子があります。甘味料には歯にいい甘味料と悪い甘味料があります。体にいい食品の選ぶ基準として特定保健用食品の「トクホ」があります。歯科関係のチョコレートやガムやアメなどの食品も虫歯の原因になりにくく再石灰化が期待できます。歯科関連のトクホに使われている甘味料は虫歯になりにくい代用糖を使っているので「歯にいい甘味料」です。

 

歯の表面のぬめりを予防する方法

歯の表面のぬめりを予防する方法

ぬめりを落とすには歯磨きや食事の取り方が大切です。

でも実は、他にもぬめりが付きにくくなる方法があるんですよ♪

 

その方法は、唾液をよく出すことです!

唾液がたっぷり出ている口の中なら、虫歯菌も唾液で流されてしまうんです。

でも、

  • 食事をよく噛まずに飲み込んでいる
  • 口呼吸をしている
  • 口がいつも開いている

など、口の中が乾燥して唾液が出ない生活を送っていると、口の中の虫歯菌や歯の汚れを洗い流すことができませんよね。

つまりあなた自身はもちろん、子供たちを虫歯にしたくないなら、食事をよく噛んで唾液を出し、普段から口を閉じて口の中を乾燥させない生活が大切なんですよ。

 

▼食事をよく噛むための方法は、こちらが参考になります▼

ご飯を噛まない子供でも100%噛む子になる食事の作り方と対策法!
食事やご飯を噛まない子の対策方法やよく噛む食事の作り方を紹介します。子供がご飯を噛まない原因は、噛まなくても飲み込めるメニューだからです。食材の「選び方」や「切り方」を工夫をするだけで、簡単に食事を食べにくくすることができます。

 

 

▼普段から口を閉じる方法は、下の記事にまとめています▼

口呼吸の原因と治し方!口を閉じる子供に大変身する6つの改善方法
口呼吸の原因と対策 。口呼吸を直す方法を紹介します。口が開いていたら声をかける、食事をよく噛む、歯並びの問題は専門医に相談する、鼻の病気を治す、あいうべ体操などがあります。常に口が開いていると口の中が乾燥しやすく虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。口呼吸を直すためには、まずは意識して口を閉じて「鼻呼吸」にすることが大切です。遊びながら楽しく口呼吸を直す方法もあります。

 

虫歯は

  • 砂糖
  • 細菌
  • 時間

など、いくつもの条件が整ったときにできるものです。

逆に言うと、条件がそろわないと虫歯はできません。

 

つまりわたし達ができることは「1つずつ原因を取り除いて予防すること」なんですよ。

 

虫歯や歯周病も細菌の感染症です。

歯磨きはもちろん、口の中を乾燥させず、唾液をよく出して細菌の塊(バイオフィルム)がつくられにくい環境にすることが、虫歯や歯周病の1番の予防になるんですよ。

 

歯のぬめりの正体まとめ

歯のぬめりの正体は、バイオフィルムという細菌のかたまりが歯にくっついているからです。

 

ぬめり予防には、

  • 丁寧な歯磨きでバリアが薄いうちに除去する
  • ダラダラ間食を食べない
  • よく噛んで唾液を出す

の3つを心がければ、嫌なぬめりを防ぎ虫歯や歯周病を予防することができます。

 

反対に歯磨きが不十分だったり、口呼吸などで口の中が乾燥した状態だと、どんどん細菌バリアは厚みを増し頑丈になってしまいます。

 

頑丈になれば、もう歯ブラシでは取ることができません(泣)

頑丈になってしまったバイオフィルムは、歯医者で取ってもらうしかないのです。

歯の表面がぬるぬるし始めたということは、あなたの口の中で細菌が増え始めているサイン!

 

ぜひ今回紹介した3つを意識して、口の中を快適にしましょう!

 

 

▼ぬめりの原因が分かったら、もっと口の中をスッキリする方法も参考になさってくださいね♪

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
家で自分でできる虫歯や歯周病予防。歯ぐきがブヨブヨする、口臭が気になる、歯磨きすると歯ぐきから血が出る歯周病や、虫歯がよくできる。虫歯や歯周病になる原因は歯に付いているプラークが取り切れていないから。特に歯の間のプラークを取ることが予防の第一歩!歯磨き方法やポイントを詳しく説明しています。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました