6ヶ月頃の赤ちゃんが離乳食でむせる・咳き込む3つの原因と対処法

離乳食の進め方
スポンサーリンク




離乳食で、むせるのが怖い…!
『オエッ!』とならないよう、気をつける方法ってないの?

という疑問に、自身も2歳児を育児中、約200人の赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします。

 

赤ちゃんの離乳食って、

  • むせないように
  • 喉につまらせないように
  • 咳き込まないように

と、なにかと気をつかいますよね。

 

でも結論から言えば、離乳食でむせてしまう原因は、

  • まだ赤ちゃん自身の食べる準備ができてないから
  • 柔らかい離乳食ばかり食べさせているから

かもしれないんです。

 

とくに生後7ヶ月未満から離乳食を始めている場合は一旦やめて、
おっぱいやミルクを十分与えた方が、じょうずに食べる子になるんですよ^^

 

この記事を読めば、赤ちゃんがむせる原因と対処方法が分かります!

 

ぜひ参考にして、安心して赤ちゃんと食事ができる時間をつくりましょう。

 

この記事では、育児書や栄養指導とは全く逆のことを書いています。

しかし読んでいただければ、
「早すぎる離乳食」や「柔らかすぎる離乳食」のデメリットが分かって頂けると思いますのでぜひ参考になさってください。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが離乳食でむせる・咳き込まないための3つのサイン

離乳食を始める時期

生後6ヶ月未満の赤ちゃんが離乳食でむせてしまう原因は、
まだ赤ちゃん自身の「食べる準備」ができてないからかもしれません。

 

なぜなら、赤ちゃんの離乳食は

①おっぱいやミルクがしっかり飲める
②お座りがしっかりできる(姿勢が安定している)
③手が自由に動く

の3つの条件がそろう、生後7ヶ月目以降のスタートが1つの目安になるからです。

 

だから、5ヶ月や6ヶ月など早い時期から離乳食を開始している場合は、
3つの条件がそろう生後7ヶ月まで、一旦お休みたほうがいいかもしれません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

詳しく説明しますね。

おっぱいやミルクがしっかり飲める

赤ちゃんはおっぱいやミルクをしっかり飲むことで、
「噛む」→「飲み込む」という『口の動き』を身につけています。

 

実は赤ちゃんって、おっぱいを吸って飲んでいるわけではないんです。

 

おっぱいを飲むには、舌で乳首を上あごに押し付け、搾り出すように飲まなくてはいけません。

 

この『舌』の位置が、じょうずに飲み込むために大切なんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

試しに、唾液を飲み込んでみてください^^

舌が上あごに付いたまま、唾液をゴックン!と飲み込みましたよね。

 

このように、じょうずに飲み込むためには、舌が上あごに付いたまま、喉に食べ物を送る必要があります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その口の動きの基礎を練習ができるのが、哺乳期間なんですよ^^

 

おっぱいをしっかり飲んでいる赤ちゃんは、『舌を上あごにつける』動きが、自然にできるようになります。

 

その結果、食べ物をスムーズに飲み込めるようになるんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つぎに、おっぱいを飲む赤ちゃんの『あごの動き』を見てみましょう。

 

 

おっぱいを飲むたびに、上下にあごが動いていますよね?

 

この『あご』の動きこそ、まさに『噛むとき』の口の動かし方なんです!

 

つまり、しっかり母乳やミルクを飲んだ赤ちゃんは、
自然に食べ物を『噛む→飲み込む』という口の動きができるようになる!ということ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、離乳食が始まっても上手に食べられるようになるんですよ^^

 

 

 

反対に、

  • 『吸って飲むような哺乳瓶』を使っていた
  • 早くから離乳食を始めてしまった

 

赤ちゃんは、十分『口』や『舌』を動かす練習ができていません。

 

だから飲み込むのが下手だったり、むせやすくなってしまうのです。

 

完母だけど哺乳瓶も使いたい!おすすめ哺乳瓶の選び方と嫌がる時の対処法
完母だけど用事や体調不良で哺乳瓶を使いたい時ありますよね。でも哺乳瓶の選び方を間違うと赤ちゃんの食べたり飲んだりする口の動かし方が下手になる可能性があります。おすすめの哺乳瓶の選び方と哺乳瓶を試すときのコツを紹介します。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえ、哺乳瓶の種類を今さら変えることは現実的ではありませんよね…。

 

だからミルクで育てている場合は、生後7ヶ月まではそのまましっかりミルクを飲んでもらい、
離乳食で口を動かす練習をしていきましょう^^

 

 

お座りがしっかりできる

5〜6ヶ月など早すぎる時期に離乳食を食べさせても、赤ちゃんは上手に食べることができません。

 

その理由は、『姿勢』も関係しています。

 

実はお座りがしっかりできず不安定な姿勢だと、上手に食べ物を飲み込むことが難しいんです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

想像してみましょう。

 

もしあなたが寝たきりになった場合、不安定な姿勢で食事をしたら、むせてしまうと思いませんか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これは赤ちゃんだって同じです!

 

お座りの姿勢がしっかりしていない時期から離乳食を食べさせることは、むせる原因になってしまうんですよ。

 

だからこそ離乳食の開始は、お座りがしっかりできて姿勢が安定する生後7ヶ月目以降からスタートしてほしいんです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろん姿勢が不安定なら、開始時期をもっとあとにしてもかまいません^^

 

 

離乳食のスタートって、育児書によっては5カ月や6カ月からとも書かれていますよね。

 

でも下の記事↓でも紹介しているように、アレルギー予防のためにも、生後7カ月までは待ってから始めてほしいんです。

 

▼離乳食をスタートする時期は、こちらが参考になります▼

離乳食で果汁やプリンは何ヶ月から始める?7ヶ月まで待つべき大切な理由
赤ちゃんの離乳食で果汁やプリンは何ヶ月から始める?食べさせていい?という疑問を分かりやすく解説します。

 

 

 

手が自由に動く

赤ちゃんって、腰がすわってしっかりお座りができるようになると、手も自由に動かせるようになります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

人間は、手で食べ物をつかんで口に入れますよね!

 

 

だから手が自由に動かせるようになることも、離乳食がじょうずに食べられる『サイン』になるんですよ^^

 

しっかりお座りができ手が自由に動かせるようになると、赤ちゃんの食べる能力はドンドン上がっていきます。

 

すると、

  • ご飯
  • 野菜の煮物

など「大人と同じもの」でも、胃腸が慣れると平気で食べられるようになるんですよ^^

 

ママ
ママ

え?歯がなくても!?

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そうなんです^^

 

 

赤ちゃんは歯がなくても、おっぱいを飲むときのように『舌』を上あごに押し付けて食べようとします。

 

そして成長すると歯ぐきで食べるようになり、歯が生えてくると、歯で噛んで食べるようになるんですよ^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから手があまり自由に動かせないうちは、一生懸命離乳食をつくっても、じょうずに食べられないんです…。

 

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

離乳食でむせる原因

丸飲みする赤ちゃんの原因

赤ちゃんはおっぱいの飲み方を、『本能』で知っています。

 

でも食べることは、『経験や学習』を通して、あとから身につけていくもの。

 

つまり、

  • 噛む
  • 飲み込む

がうまくできるようになるには、『練習』する必要があるんですよ^^

 

そもそも食べ物を飲み込むまでには、

①口の中に食べ物が入る

②ほっぺたや舌を使って、歯の上に食べ物をおく

③食べ物をよく噛んで細かくし、唾液と混ぜて飲み込みやすい形にする

④舌を使って喉へ送り込み、飲み込む

という4つのステップが必要です。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そしてこの一連の『口の動き』は、
本来おっぱいを飲むことで鍛えられています^^

 

だからおっぱいをしっかり飲んだ子は、離乳食が始まっても(初めは上手に飲み込めないかもしれませんが)、練習や経験を重ねるうちにじょうずに食べられるようになるし、

『これくらいなら飲み込めるな!』と、自分で分かってくるんですよ^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも今の離乳食は、噛まなくてもいい柔らかいメニューばかり…。

 

 

よく噛んで食べるためには

  • あご
  • 口の周りの筋肉

など、さまざまな筋肉を動かす必要があります。

 

でも柔らかい離乳食では、口をほとんど動かさず飲み込めてしまいますよね。

 

その結果、いつまで経っても『噛む練習』ができず、じょうずに飲み込むことができなくなるのです。

 

離乳食は裏ごししない・わざわざ作らない!赤ちゃん用の食事が招く危険とは
裏ごしって、絶対しないとダメなの? 毎回は正直めんどくさい…。 スプーンで潰しただけじゃ、ダメなの? という悩みに、約200人もの赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします^^ 結論から言えば、離乳...

 

 

 

赤ちゃんが離乳食でむせた時の対処法

離乳食でむせた時の対処方法

繰り返しますが、赤ちゃんが生後7カ月目を過ぎて

①おっぱいやミルクがしっかり飲める
②お座りがしっかりできる(姿勢が安定している)
③手が自由に動く

3つのサインが整っているなら、食べ物が喉につまることはまずありません。

 

 

逆に3つのサインがまだの赤ちゃんに離乳食を食べさせてしまうと、
つまってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

むせてしまうと、離乳食をあげるのが怖くなりますよね…。

 

でもむせることは、赤ちゃんにとってはラッキーなんですよ^^

 

つかまり立ちをして歩きだす頃も、何度も転んで頭や手を打ちながら歩けるようになっていきますよね。

 

転ぶ経験をして、徐々にうまく歩けるようになっていく…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

最初から上手に歩ける子なんていません。

 

 

 

これは食べることも同じです!

 

だからもし赤ちゃんがむせてしまっても、
「いい経験をしたね」と大きな気持ちで見守って欲しいのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

むせる経験は、赤ちゃんにとってチャンス!

 

「次は、もっと工夫して食べよう」と赤ちゃんなりに試行錯誤することができますから。

 

それに赤ちゃんが食べるときは、大人が必ず傍にいますよね。

 

だから万が一むせても

  • 背中をたたく
  • 喉に手を入れて、つまったものをとる

など、冷静に対処してあげれば問題ないんですよ^^

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実はうちの子も、枝豆を喉につまらせた経験があります。

 

そのときは背中を叩いて出してあげましたが、
その失敗のあとからは1度もつまらせることがなくなったんです^^

 

赤ちゃんが誤飲したかわからない…でも元気。病院へ行くタイミングを紹介
赤ちゃんが誤飲や誤嚥したときの症状・誤飲したかわからない時の病院へ行くタイミングを紹介します。また緊急の連絡先もまとめました。

 

赤ちゃんの離乳食は生後7ヶ月から始めよう

赤ちゃんの離乳食は

①おっぱいやミルクがしっかり飲める
②お座りがしっかりできる(姿勢が安定している)
③手が自由に動く

の3つの条件がそろう、生後7ヶ月以降から始めましょう。

 

さらに、離乳食をむせずに食べられる子にするには、
柔らかい離乳食ではなく、口や舌をたくさんつかえるメニューにすることも大切です。

 

離乳食は裏ごししない・わざわざ作らない!赤ちゃん用の食事が招く危険とは
裏ごしって、絶対しないとダメなの? 毎回は正直めんどくさい…。 スプーンで潰しただけじゃ、ダメなの? という悩みに、約200人もの赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします^^ 結論から言えば、離乳...

 

 

繰り返しますが、お座りができ手が自由に動くようになると赤ちゃんの食べる能力はグングン上がってきます!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯がなくても、工夫して食べられるようになります!

 

だから基本的に離乳食は、

  • ご飯を軽く潰したもの
  • 煮物の野菜

など、大人の食事の中から食べられそうなものを取り分けていきましょう。

 

もちろん最初は、固形物に胃腸が慣れるまでは1日1回から始め、
体調が良さそうなら、1日2回・1日3回と、どんどん回数や量を増やしていきましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

むせるのが怖い気持ちも分かります…。

でも上手に飲み込めるようになるには、失敗を経験する必要があるんです。

 

 

だから離乳食も、柔らかすぎるものではなく、できるだけ噛める食事を与えてほしいんです。

 

それに生後7ヶ月をすぎて、

①おっぱいやミルクがしっかり飲める
②お座りがしっかりできる(姿勢が安定している)
③手が自由に動く
ができている赤ちゃんなら、
『噛む』→『飲み込む』という『基本の口の動き』は練習してきています。
歯科衛生士
歯科衛生士

だから怖がらず、離乳食は『噛めるもの』を出してあげてほしいんです。

 

赤ちゃんは、口にモノが入るとまず飲み込もうとします。

 

そして「飲み込めない!」と分かったとき、初めて噛むようになるんですよ。

 

でも柔らかい離乳食では、噛む練習できないため、
丸飲みの原因になったり、むせる原因になってしまうんです。

 

『大きいかな?噛めるかな?』と、あなたが心配になる気持ちも分かります。

 

でも、「食べれる・食べれない」は赤ちゃんが決めていくこと!ですよね?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なたの赤ちゃんは賢いです!

 

もし大きくて飲み込めないときは、むせるより先に口から出してくれますから。

 

 

むせないよう離乳食を柔らかく小さくすることは、赤ちゃんの「食べる練習」するチャンスを、わたし達大人が奪っている!とも言いかえられます。

 

 

だからこそ、生後7ヶ月で離乳食を開始したら、どんどん噛むチャンスをつくってあげてほしいのです。

 

 

▼詳しい離乳食の進め方は、こちらが参考になります▼

離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ
7ヶ月・8ヶ月・9ヶ月頃からの離乳食の進め方が分からない方におすすめ、ノイローゼにならない離乳食の作り方と進め方を紹介します。

 

 

 

赤ちゃんが離乳食でむせる原因と対処法まとめ

離乳食でむせるのは、時期が早すぎるのかもしれません。

 

離乳食開始の目安は

①おっぱいやミルクがしっかり飲める
②お座りがしっかりできる(姿勢が安定している)
③手が自由に動く

3つのサインが整った、生後7ヶ月以降が1つの目安です。

 

姿勢がしっかりして、おっぱいやミルクを飲んだ子は、『噛む→飲み込む』といった口の動きができるようになっています。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろん最初は、むせることもあるかもしれません。

 

でも『食べること』は、経験によってうまくできるようになります。

 

1度失敗すると怖くなる気持ちも分かります…。

 

でも失敗したり飲み込めない経験は、確実に赤ちゃんの食べる能力を高めるステップになっていくんですよ^^

 

\安心して赤ちゃんに食べさせられる野菜の選びかたはこちら!/

らでぃっしゅぼーやを赤ちゃんのいるママにおすすめしたい5つの理由と特典!
らでぃっしゅぼーやは赤ちゃんのいる家庭にかなりおすすめです!送料が無料になる条件や野菜の品質や安全性など細かく紹介します。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました