赤ちゃんへの添加物の影響を少なくしたいなら○○を増やせばいい!

離乳食の進め方
スポンサーリンク




赤ちゃんの離乳食が始まると、『なるべく添加物が少ないものを食べさせたい!』と思いますよね。

 

でもスーパーの食材で、添加物が少ないものを見つけるのはけっこう難しい…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからといって、加工品すべてを手作りするのも現実的ではありません…^^;

 

そんなときは添加物や農薬の使用量が少なく、安全基準がしっかりした『食材宅配』をつかってみましょう^^

 

さらに食事をよく噛ませるよう工夫することで、添加物の影響を少なくすることができます!

 

なぜなら噛んで唾液をたくさん出すことは、毒消しの働きが期待できるからです^^

 

この記事では、

  • よく噛んで食べると添加物の影響が少なくなる理由
  • 赤ちゃんがよく噛む子になる方法

について紹介します^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

参考になさってくださいね^^

 

\添加物の少ない食材の選び方はこちら/

赤ちゃんにおすすめ!添加物・農薬が少ない安心・食材宅配ランキング
赤ちゃん家庭におすすめ!添加物・農薬少なめで安全基準がしっかりしている宅配野菜(食材宅配)ランキングを紹介します。安全性の高い食材をつかうと離乳食をつくらずそのまま家族の食事を取り分けられ家事や育児の負担を一気に減らすことができますよ。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんへの添加物の影響を少なくしたいならよく噛ませよう!

赤ちゃんの食事は、できるだけ添加物の少ないものを選びたいですよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえ、大昔のように自然食ばかり食べることは難しい…^^;

 

しかも子ども用の加工品でも、裏側をみると添加物が入っているため、いつかは口の中に入ってしまいます。

 

少量でも10年20年と身体のなかに入っていけば、『まったく問題ない』とは誰にも言えませんよね…。

 

 

でも、普段からよく噛む習慣が身についていれば、添加物の影響を少なくすることができるんです。

 

なぜならよく噛んで唾液を出すことで、カビや添加物の有害な物質の毒性を抑えることができるからです^^

 

丸飲みする動物と違い、わたし達は噛んで唾液と食べ物を混ぜることで毒素を消し、消化吸収率を上げています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも赤ちゃんに『よく噛んでね!』なんて、通じませんよね…^^;

 

しかも赤ちゃんの食事は、基本的に

  • 柔らかい
  • 小さく切ったもの

ばかり。

 

さらに前歯しか生えてない状態だと、そもそも噛むことが難しいように感じます。

 

でもね。

 

実は赤ちゃんって、きちんとステップを踏んでいけば、

  • 歯がなくても
  • 柔らかい離乳食じゃなくても

噛んで食べることができるんですよ^^

 

 

赤ちゃんをよく噛む子にする方法

実は生後7ヶ月を過ぎて、

おっぱいやミルクがしっかり飲める
②お座りの姿勢が安定している
③手が自由に動かせる

健康な赤ちゃんなら、歯が生えてなくても、ある程度なら噛んで食べることができるんです。

 

とくにおっぱいをしっかり飲んで育った子は、離乳食を上手に食べることができます^^

 

その理由は、『おっぱいを飲む口の動き』『食べ物を噛むときの口の動かし方』の基礎になるから^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんがおっぱいを飲む『口元』を、よく観察してみましょう!

 

おっぱいを飲んでるときって、赤ちゃんのあごが『上下』にリズムよく動いていますよね!

 

実はこの下あごの動きが、食べ物を「噛む」ときの基本となるんです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あなたも何か噛むとき、あごが上下に動いていますよね。

 

つまりおっぱいをしっかり飲んで育った赤ちゃんは、『食べものを噛む口の動き』が自然に練習できている!ということ^^

 

 

だから、歯が生えそろってない状態で離乳食をスタートしても、

  • 歯ぐき

をつかって上手に食べ物を噛むことができるんですよ^^

 

\詳しい理由はこちら!/

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

ゆっくり離乳食の回数や量を増やそう

生後7ヶ月を過ぎて、

おっぱいやミルクがしっかり飲める
②お座りの姿勢が安定している
③手が自由に動かせる

健康な赤ちゃんなら、ドロドロ状にした離乳食でなくても食べられます^^

 

もちろん最初は、ご飯を柔らかくしたものなどを、1日1回から食べさせて様子をみていきましょう。

 

そして体調やウンチの状態が良ければ、少しずつ1日2回、1日3回と回数を増やしていくんです^^

 

問題なく食べられるようなら、

  • 煮物の野菜を少し潰す
  • お味噌汁の具材

など、食べ物の種類を増やしていきましょう。

 

育児書のような

  • ドロドロ
  • つぶつぶ

の離乳食をつくらなくても、しっかりおっぱいを飲んで『噛む動きの基礎』ができている子なら、
大人の食事を少し潰す程度のものでも、あっけなく食べてしまうんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

わたし自身娘に、離乳食を1回も作らず育ててきました^

 

赤ちゃんは歯がなくても

  • 歯ぐき

をつかってなんとか噛もうとします。

 

 

この経験をすることで、歯が生えてきたとき噛んで食べることができるんですよ^^

 

\詳しい離乳食進め方は、こちらが参考になります/

離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ
7ヶ月・8ヶ月・9ヶ月頃からの離乳食の進め方が分からない方におすすめ、ノイローゼにならない離乳食の作り方と進め方を紹介します。

 

大きなものもどんどん経験させる

離乳食が進んでくると、丸飲みして全然噛まない…という問題も出てくると思います。

 

せっかく食事を出しても、すぐに飲み込んでしまえば噛む習慣は身に付きませんよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、丸飲みを直す方法は簡単です!

 

それは食べ物を『1口で食べられないサイズ』で出すこと。

 

たとえば1/4のりんごを丸飲みする赤ちゃんは、いませんよね…^^;

 

なぜなら丸飲みする原因は

  • 食材の種類
  • 大きさ

にあるからです。

 

詳しくはこちら↓で紹介していますが、丸飲み対策をすると噛む回数が一気に増えるので、ぜひ参考になさってください^^

 

赤ちゃんが離乳食やご飯を丸飲みする原因と簡単丸呑み対策レシピを紹介
うちの子、離乳食を噛まずに「丸飲み」してるけど大丈夫かな…? こんな食べ方して、むせたらどうしよう…。 という疑問に、約200人の赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします! 結論から言えば丸飲みできる赤ちゃ...

 

 

よく噛むことのメリット

どんなに栄養がある食材でも、噛まなければ体にとっては異物。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

せっかくの栄養素も吸収されにくくなってしまいます。

 

しかも『柔らかい離乳食』に慣れてしまうと、
  • 繊維のある野菜
  • お肉

など食べにくいものを嫌って、ますます噛まなくなってしまう悪循環に…。

 

だからこそ、赤ちゃんのうちから『よく噛めるもの』を意識的に食べさせてあげてほしいんです。
歯科衛生士
歯科衛生士

噛む食事は、ぜんぜん難しくありません^^

たとえば、
  • 切り干し大根の煮物
  • 高野豆腐の煮物
  • お味噌汁の中のキノコ類

 

などは決して固くはないけど、自然によく噛める食事ですよね^^

 

ほかにも

  • ニンジン
  • キュウリ
  • セロリ

をステック状にして、舐めさせたりガジガジさせるのもいいですね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

『安全基準』がしっかりしている野菜なら皮ごと食べられるので、さらに『よく噛めるおやつ』になりますから^^

 

よく噛んで食べ物をすり潰して飲みこめば、細菌は身体の中で生きることができません。

 

 

また

  • カビ
  • 添加物

など有害な物質も、唾液と混ぜることで毒性を抑えることができるんです^^

 

 

添加物が少ない食品を選ばないことはもちろん、身体の中に入った添加物の影響を少なくするために、
赤ちゃんのころから『よく噛む習慣』を意識してみませんか^^

 

 

\安全基準が厳しく、添加物の少ない食材の選び方はこちら/

赤ちゃんにおすすめ!添加物・農薬が少ない安心・食材宅配ランキング
赤ちゃん家庭におすすめ!添加物・農薬少なめで安全基準がしっかりしている宅配野菜(食材宅配)ランキングを紹介します。安全性の高い食材をつかうと離乳食をつくらずそのまま家族の食事を取り分けられ家事や育児の負担を一気に減らすことができますよ。

 

 

赤ちゃんへの添加物の影響を少なくする方法まとめ

赤ちゃんに添加物はなるべく取らせたくないですよね。

 

対策は、

  • 添加物が少ない食品を選ぶこと
  • よく噛む習慣をつけること

の2つ!

 

生後7ヶ月以上で、

おっぱいやミルクがしっかり飲める
②お座りの姿勢が安定している
③手が自由に動かせる

が整っている赤ちゃんなら、ステップを踏んでいけば歯がなくても大抵のものは噛めるようになります^^

 

ぜひ

『赤ちゃんの食事=柔らかいもの』

ではなく、新鮮な野菜をつかってどんどん噛める食事をつくってみてください^^

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました