すぐできる!子供の歯並びがガタガタになる3つの原因と綺麗な口元になれる5つの成功法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

子供の歯並びを綺麗にしたかったら、「あごの大きさ」を広げることを考えた方が賢いです!

多くの人が勘違いしていることがあるんです。

「子供の歯並び」の問題は、あごの大きさを広げることをまず考えないと解決しません!

それはなぜか。

答えはとてもシンプルで、まだ成長途中の子供のあごの骨は、刺激を与えれば広がるからです!

あごの幅が広がれば歯が並ぶ隙間ができるので、歯並びも綺麗になりますよね(^^)

しかも矯正治療をしなくても、あごを広げる方法は家庭でできることばかり!

実はあごの形は遺伝的な要因も関係していますが、環境要因も大きく影響しているんです!

遺伝の問題は解決が難しいですが、「環境」が原因なら、コントロール次第では歯並びが悪くなるのを防ぐことができる!ということですから(^^)

今回は特に

①歯の大きさとあごの大きさのバランスが悪い

②虫歯で歯を失ったり、乳歯が早く抜けてしまった

③唇を噛んだり、頬杖などの癖がある

と大きく3つの原因と解決方法を分かりやすくご紹介しますね。

まだ歯が生えてない赤ちゃんや、歯の生え変わり時期の子供がいるパパやママはぜひ参考にして下さい。

今、あなたが「子供のあごを広げよう!」と意識するかしないかで、子供達の将来の「歯並びの良し悪し」が決まりますから!

スポンサーリンク



子供の歯並びが悪い!デコボコやガタガタの歯並びになる原因

ガタガタの歯並びのことを、専門用語で叢生(そうせい)と呼んでいます。

そもそも歯並びが悪くなる原因は、あごの幅が狭くて全ての歯が並ぶ隙間がないから。隙間がないと歯が重なって生えてきたり、ズレて生えてしまいますよね…(><)

ちょうど7人がけのベンチ(あごの骨)に、無理やり8人(歯)が座るようなイメージです。ベンチ(あごの骨)を大きくするか、人を(歯)減らさないと、綺麗に座ることはできません…。

無理やり座ればゆっくり座れないし、それどころかベンチから飛び出す人も出てきてしまいます(汗)

ちなみに、八重歯は可愛いより、圧倒的にコンプレックスになる7つの原因と治し方でも書いたように、生える隙間がないために外側に生えた糸切り歯の八重歯(やえば)も叢生の一種です。

歯並びがガタガタだと、コンプレックスを感じてしまったり、歯も磨きにくいので虫歯や歯周病の原因になってしまいます…。

子供達を悲しい口元にしないためにも、早速、歯並びを悪くしない方法を見ていきましょう!

①子供の歯並びをガタガタにしたくないならあごの幅を広げること

あごの幅が大きい人もいれば小さい人もいる。遺伝的な問題以外で考えられるのが、環境要因です。

特に、

1,おっぱいをよく飲まなかった

2,柔らかい食事ばかりで、口を動かさなかった

2つが原因であごの幅は狭くなります。

1,しっかりおっぱいを飲まないと歯並びが悪くなる理由

あごの幅を広げるには、口をよく動かしてあごの骨に刺激を与えましょう。

骨は刺激を与えることで成長していきます。

つまり歯並びのいい子にしたいなら、まずは赤ちゃんを母乳で育てることです(^^)

それはなぜか。

その答えは赤ちゃがはおっぱいを『吸って』飲んでいるのではなく、舌を上あごに押し付けて『搾り出して』飲んでいるからです。

おっぱいを搾り出して飲むためには、

  • 頬っぺた
  • 口の周りの筋肉

を使わないと、おっぱいを飲むことができません。

つまり赤ちゃんはおっぱいを飲むだけで、自然にあごや口の周りの筋肉を鍛えて骨に刺激を与え、あごを成長させていたのです。

子供達を「綺麗な歯並び」にしたいママは、ぜひ母乳で育てることをおすすめします!

しかし中には、母乳が出にくいママもいらっしゃると思います。

もし「母乳が出にくいな…」とあなたが感じているなら、ぜひたんぽぽ茶を試してみましょう(^^)

たんぽぽ茶は母乳が出やすい栄養素が入っていて、味も美味しいので普段の水分補給としても飲みやすくて続けやすいお茶です。

妊娠中の方はもちろん、赤ちゃんや授乳中のママに必要な成分が入っているのでぜひ試してみましょう!

母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】はお試しセットもあるので、母乳育児で育てたいママは、まずは味を確かめてみるといいですね(^^)

合わせて読みたい→味も美味しいノンカフェインタンポポ茶は妊婦さんや母乳育児をしたいママの水分補給におすすめ!

一方、仕事や保育園で母乳育児が難しく哺乳瓶で育てるママは、哺乳瓶の選び方を工夫してみましょう!

実は、哺乳瓶選びはあなたが思っている以上にとても重要です!哺乳瓶選びを間違えると、あごが十分に成長しない可能性がありますから…(汗)

例えば、穴が開いただけの哺乳瓶の乳首を使っていると、赤ちゃんは搾り出す動きではなく、吸って飲む口の動きでミルクを飲んでしまいます。

吸って飲む動きでは、口の周りの筋肉が十分使われずあごが成長しません。その結果、あごの幅が狭くなって、歯並びが悪くなるリスクが高くなるのです(汗)

ミルクで育てる予定のママは、「母乳に近い飲み方」ができるビーンスタークを使いましょう!

(ビーンスタークは乳首に「弁」が付いているので、母乳の飲み方のように搾り出しながら飲める構造になっています)

▼ビーンスタークを使ってほしい理由は、こちらが分かりやすいです▼

関連記事→知らないと後悔!【間違った哺乳瓶選び】が子供の歯並びに悪影響になる理由。

母乳育児かミルクかは、栄養面などで議論されることも多いですが、歯科衛生士としてはあごの発達や歯並びをよくするためにも、可能なら母乳で難しい時はビーンスタークの哺乳瓶を使って、赤ちゃんのうちからあごを鍛えてほしいと思います!

2,綺麗な歯並びになる離乳食や食事の作り方。潰したり裏ごししてはいけない理由

おっぱいが終われば、次は離乳食ですね(^^)

繰り返しになりますが、あごを成長させていくためには、よく噛むことが大切なポイントです。

「噛む」というと、ガチガチと上下に歯を動かすイメージですが…違うんです。
シマウマなどが草を食べる時に下あごを横に動かしながら食べる姿を、あなたも見たことがありますよね(^^)

実は「噛む」という動きは、下あごを横に動かして、奥歯で食べ物をすり潰す動きなのです。(あなたも繊維の多い野菜などを食べる時は、自然にすり潰す動きになっています)

奥歯で食べ物をすり潰す動きは、内側に傾いてる奥歯を起き上がらせ、歯列の幅を広げてくれるとってもいい動き

離乳食をよく噛んで順調にあごが成長すれば、2歳半〜3歳頃には、乳歯の間に隙間ができてくるはずです(^^)

あごが広がれば歯が並ぶ隙間ができますから、当然、歯並びにもいい影響が期待できますよね。

でも。

ハンバーグやグラタンなど「柔らかい食事」ばかり出していては、子供達は大切な「噛む」という作業ができません!その結果、あごを成長させるチャンスを逃してしまうのです(汗)

これ、すごくもったいないと思いませんか?

それに「よく噛む食事」作りは想像以上に簡単なんですよ(^^)

詳しくは子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!参考に作ってみましょう!

②虫歯で歯を失ったり乳歯が早く抜けるとがたがたの歯並びになる

乳歯が早く抜けたり、虫歯で早く歯を失うことも、ガタガタの歯並びになる原因になります。

乳歯が早く抜けてしまえば、できた隙間に隣の歯が寄ってきます。その結果、永久歯が生える隙間がなくなって、ガタガタの歯並びになってしまうのです(汗)

虫歯にしないことはもちろん、乳歯が早く抜けそうなときや抜けてしまったときは、歯医者で隙間が閉じないような処置をしてもらうようにしましょう。

家庭での虫歯予防の方法は、プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!に簡単な方法をまとめているので参考にして下さい(^^)

③唇を噛む・舐める癖や頬杖も歯並びが悪くなる癖

例えば、無意識にしてしまう

  • 頑固な指しゃぶり

(対策方法→赤ちゃんの指しゃぶりはいつまで大丈夫?3歳〜4歳までは歯並びに影響が出にくい驚きの理由。

  • 本を読むとき、テレビを観るときに同じ方向に顔を傾ける
  • 頬杖をつく
  • いつも同じ方を下にして寝る
  • 片方ばかりで噛む
  • 口呼吸

(対策方法→【口呼吸の治し方】子供でも簡単に試せる6つの改善方法で口を閉じる子に大変身!

  • 鉛筆や爪を噛む
  • 唇を舐めたり噛む
  • 噛みしめ

(対策方法→1秒でできる噛みしめ癖の治し方!家で実践するくいしばりの対処方法とは。

  • 舌で歯を押す

などの癖で「異常な力」が長い時間かかり続けると、筋肉のバランスが崩れて歯並びや噛み合わせに問題が出てしまいます…(泣)

そのままではあごをズラして噛む癖がついて、あごがどんどん曲がって顔が変形する原因になってしまいます(汗)

上のような癖がある時は、それぞれの対策方法を参考に早急にやめるように注意しましょう!

まとめ

ガタガタの歯並びになる原因には

①歯の大きさとあごの大きさのバランスが悪い

②虫歯で歯を失ったり、乳歯が早く抜けてしまった

③唇を噛んだり、頬杖などの癖がある

と大きく3つの原因が考えらます。

あごの形態は「遺伝的な要因」も関係していますが、それ以上に癖や口の動かし方など「環境要因」も大きく影響しています!

わたし達ママができることは、

  1. 赤ちゃんは母乳で育てる
  2. 哺乳瓶はビーンスタークを使う
  3. 離乳食(食事)はよく噛んで食べさせる
  4. 子供用歯磨き粉【ブリアン】で虫歯予防をする
  5. 歯並びに影響する癖をやめさせる

を意識してあげることで、子ども達が「ガタガタの歯並び」になる可能性をグッと下げることができるのです\(^o^)/

子供達の骨はまだまだ成長途中!

口をよく動かしたり噛んで骨に刺激を与えていれば、まだまだあごは大きくなり歯並びだけでなく顔つきも良くなる可能性は十分あります!

そう!今からでも十分間に合うんです!

歯並びの「良し悪し」は遺伝だけが原因ではありません。

  1. 赤ちゃんは母乳で育てる
  2. 哺乳瓶はビーンスタークを使う
  3. 離乳食(食事)は、よく噛んで食べさせる
  4. 子供用歯磨き粉【ブリアン】で虫歯予防をする
  5. 歯並びに影響する癖をやめさせる

の5つを意識して、キレイな歯並びを子供達にプレゼントしましょう\(^o^)/

歯並びや矯正治療の相談は東京辺りでは精密審美歯科で、他の地域は自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で信頼できる歯医者を探しましょう(^^)/

▼虫歯にしないことも綺麗な歯並びには欠かせません!仕上げ磨きにも使える虫歯予防に効く歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

▼忙しいパパやママにおすすめ!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする