子供の歯並びが悪い3つの原因。歯列矯正なしでも良くする方法はある!

注意したい歯並び
スポンサーリンク




歯並びが悪くなるのは、『遺伝』だからしかたない…。
歯並びが悪くなったら、歯列矯正で直すしかない…。
お金もかかるから、できるだけ自然に良くなってほしい…。

という心配に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

親としては、子どもの歯並びは良くあってほしいですよね。

 

実は歯並びって『遺伝的な原因』も関係しますが、それと同じくらい

 

  • 口の動かし方
  • 習慣・癖

 

の問題も関係してるんです!

 

 

つまり歯並びが悪くなる原因を知っていれば、『家で予防することができる!』ということ^^

 

 

しかもこれらの習慣は子どもが小さいほど効果があるので、歯並びが良い子になるよう、ぜひ参考になさってくださいね^^

 

 

 

スポンサーリンク

子供の歯並びが悪い根本的な理由

子供の歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因って、『歯の並び方が悪いから』だと思いますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実は、違うんです。

 

歯並びが悪くなるそもそもの原因は、あごの幅が狭いから。

 

歯がならぶ『土台』の幅が狭いから、綺麗に並びきらず

 

  • 歯がはみ出す
  • 歯が重なって生える

 

など、歯並びが悪くなる原因になっていたんですよ。

 

 

 

歯並びが悪くなる状態は、たとえるなら、7人がけのベンチに、無理やり8人座るようなもの。

 

ベンチ=あごの骨

人の数=歯の数

 

 

とイメージすると分かりやすいですよね。

 

全員がきちんと座るには、

 

  • ベンチを大きくする(あごの幅を広げる)
  • 人を減らす(歯の数を減らす)

 

ことをしなければ、全員座ることはできません…。

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえ、歯の数を減らすことはできませんよね…^^;

 

 

だからこそ、子どもの歯並びをキレイにしたい!なら、あごの幅を広げて、歯が全て並ぶようにする必要があるんですよ^^

 

ママ
ママ

でも「あごを広げる」って、家でもできるの?

 

大丈夫です!

 

 

なぜなら、子どものあごの骨はまだまだ成長中。

刺激を与えれば広がってくれるからです!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あごの幅が広がれば、歯が綺麗に並ぶ可能性も高くなりますよね♪

 

あごの幅って、遺伝的な要因も関係していますが、

  • 口の動かし方
  • 癖・習慣

なども大きく影響しています。

 

 

遺伝の問題は解決が難しいですが、「口の動かし方」や「習慣」が原因なら、家で改善することができますよね!

 

 

ちなみに、外側に生えた糸切り歯の八重歯(やえば)も、あごの幅が小さく歯が並びきらなかった例なんですよ。

 

親の八重歯は赤ちゃんに遺伝する?原因と予防方法を歯科衛生士が紹介!
八重歯は遺伝?赤ちゃんのうちからできる八重歯の予防方法や原因を紹介します。遺伝の問題は予防が難しくてもあごが成長する時期にできる予防方法は意外と簡単なんですよ^^

 

 

子供の歯並びが悪くなる3つの原因

子供の歯並び

あごの幅が大きい人もいれば、小さい人もいる。

 

遺伝の問題以外で考えられる最初の要因は、

  • 口の使い方
  • 習慣や癖

です。

 

中でも、

・赤ちゃんのときに、おっぱいをよく飲まなかった
・柔らかい食事ばかりで、口を動かさなかった
・歯やあごに負担がかかる癖をしている

 

の3つは、あごの幅が広がらず歯並びが悪くなる原因になります。

 

 

おっぱいをよく飲まなかった

あごの幅を広げるには、口をよく動かしてあごの骨に刺激を与えることが大切です。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そのためにしてほしいことは、おっぱいをしっかり飲ませることです^^

 

なぜなら赤ちゃんは、おっぱいを飲むことで、あごに刺激を与えることができるから!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その理由は、おっぱいの飲み方にあります。

 

実は赤ちゃんって、おっぱいを『吸って』飲んでいるのではなく、

 

  • 舌で乳首を上あごに押し付ける
  • ほっぺたをすぼませて、口の中に圧力を加える
  • 舌を波打つように動かして、『搾り出して』母乳を出す

 

と、口全体をつかって『しぼり出す』ように飲んでいます。

 

だから赤ちゃんは、おっぱいを飲むだけで

 

  • ほっぺた
  • あご

 

など自然にあごや骨に刺激を与え、あごを成長させることができるんですよ^^

 

 

おっぱいを飲むことは、それだけで『骨の刺激』になり、あごの幅を広げる動きになります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからこそ、おっぱいで育てられるなら母乳育児がおすすめなんですよ^^

 

とはいえ、事情があってミルクで育てる場合もありますよね。

 

そんなときは、『母乳の飲み方ができる哺乳瓶』を選ぶのがおすすめです^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

哺乳瓶選びって、実はけっこう大切です。

 

なぜなら哺乳瓶の種類によっては、あごを鍛えることができなくなってしまうからです。

 

 

哺乳瓶の中には、穴がポツン…と開いただけの乳首があります。

 

このタイプの哺乳瓶を使っていると、赤ちゃんはしぼり出す口の動きができず、『吸って』ミルクを飲むようになります。

 

 

『吸って飲む』動きでは、口の周りの筋肉がしっかり使われず、あごが成長しません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、あごの幅が狭くなって、歯並びが悪くなるリスクが高くなってしまうんです。

 

ミルクで育てるなら『母乳に近い飲み方』ができるビーンスタークがおすすめ^^

 

 

ビーンスタークは乳首に「弁」が付いています。

 

母乳の飲み方のように、しぼり出しながら飲める構造になっているんですよ^^

 

▼より詳しい哺乳瓶の選び方は、こちらが分かりやすいです▼

完母だけど哺乳瓶も使いたい!おすすめ哺乳瓶の選び方と嫌がる時の対処法
完母だけど用事や体調不良で哺乳瓶を使いたい時ありますよね。でも哺乳瓶の選び方を間違うと赤ちゃんの食べたり飲んだりする口の動かし方が下手になる可能性があります。おすすめの哺乳瓶の選び方と哺乳瓶を試すときのコツを紹介します。

 

 

柔らかい離乳食ばかり食べている

子供の歯並びを良くする方法

離乳食をよく噛むことも、あごに刺激を与えてくれます。

 

ところで『噛む』と聞くと、上下の歯をガチガチする…ようなイメージがありますよね。

 

でも、正しい『噛む動き』は、シマウマやキリンなどが『エサ』を食べるときのようなあごの動き!

 

あごを横に動かしながら、奥歯で食べ物をすり潰す動きなんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

野菜などを噛むとき、わたし達は自然にこの『奥歯ですり潰す動き』をしているんですよ^^

 

奥歯ですり潰す動きを習慣にしていると、内側に傾いてる奥歯を起き上がらせ、あごの幅を広げてくれます。

矯正治療なしで歯並びを良くする方法

 

そのまま順調にあごが成長すれば、2歳半〜3歳頃には、乳歯の間に隙間があいてくれます。

乳歯の隙間

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あごが広がれば歯が並ぶ隙間ができますから、当然、歯並びにもいい影響が期待できますよね!

 

 

でも離乳食って、

  • 柔らかいもの
  • 食べやすいもの

ばかり、作ってしまいますよね…。

 

そのまま柔らかい離乳食を食べ続けていると、赤ちゃんはあごを刺激するチャンスがなくなってしまいます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これ、すごくもったいないですよね…。

 

とはいえ、

ママ
ママ

でも離乳食って、食べやすくつくらないと
赤ちゃんが食べられないんじゃない?

 

 

と思いますよね…。

 

でもね。

 

赤ちゃんって、きちんとステップを踏んでいけば、歯がなくてもたいていのものは

  • 歯ぐき

をつかって食べることができるんですよ^^

 

 

詳しくは、こちら↓を参考になさってみてください^^

離乳食の進め方がわからない人必見!7・8・9ヶ月の進め方まとめ
7ヶ月・8ヶ月・9ヶ月頃からの離乳食の進め方が分からない方におすすめ、ノイローゼにならない離乳食の作り方と進め方を紹介します。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

知ればもっと肩の力を抜いて、離乳食を楽しめるようになりますから^^

 

 

歯やあごに負担がかかる癖をしている

唇をかむ癖

歯並びが悪くなる

  • 習慣

を知っておくことも大切です^^

 

 

例えば、無意識にしてしまう

  • 指しゃぶり
  • 本を読むとき、テレビを観るときに同じ方向に顔を傾ける
  • 頬杖をつく
  • いつも同じ方を下にして寝る
  • 片方ばかりで噛む
  • 口呼吸
  • 鉛筆や爪を噛む
  • 唇を舐めたり噛む
  • 歯を噛む癖
  • 舌で歯を押す

 

などの癖や姿勢など『大きな力』が長い時間あごにかかり続けると、
筋肉のバランスが崩れて歯並びが悪くなってしまうのです。

 

上のような癖があるときは、それぞれの対策方法を参考に、早急にやめさせましょう!

 

▼指しゃぶりの直し方はこちら▼

8ヶ月の赤ちゃんの指吸いをやめさせたい!歯並びに影響が出るのはいつから?
8ヶ月頃の赤ちゃんの指吸いをやめさせたい!指しゃぶりをやめさせる方法や歯並びへの影響、いつまでにやめさせた方がいいのかを歯科衛生士が紹介します。

 

 

▼口呼吸の直し方はこちら▼

口呼吸の原因と治し方!口を閉じる子供に大変身する6つの改善方法
赤ちゃんの口呼吸の治し方を紹介します。自然に口が閉じられる子にするコツを6つ歯科衛生士が紹介します。

 

 

▼歯を噛む癖の直し方はこちら▼

歯を噛みしめる癖やくいしばりを防止する!1秒で歯を離す方法を紹介!
気付くと歯を噛んでいることが多い…。 寝ている間も噛んでいるのか、朝起きるとあごがダルイ…。 歯を噛む癖って、どうすれば直せるの? という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします。 結論から言えば、「歯を噛みしめ...

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

補足ですが、乳歯を虫歯にしないことも歯並びを悪くしないコツになります。

 

なぜなら、乳歯が早く抜けたり虫歯で歯を失うと、歯並びが悪くなる可能性が高くなってしまうからです。

 

 

乳歯が早く抜けてしまえば、できた隙間に隣の歯が寄ってきます。

 

その結果、永久歯が生える隙間がなくなって、ガタガタの歯並びになる可能性が高くなってしまうんですよ^^;

 

 

虫歯にしないことはもちろん、乳歯が早く抜けそうなときや抜けてしまったときは、
歯医者で隙間が閉じないような処置をしてもらうようにしましょう。

 

 

なお家庭での虫歯予防の方法は、下の記事↓に簡単な方法をまとめているので、ぜひ参考になさって下さいね!

赤ちゃんの仕上げ磨きいつまで続ける?やめるタイミングと歯磨きを任せていい時期
赤ちゃんから始まる仕上げ磨き。いつまで続けるのか何歳まで続けるのか目安の時期を紹介します。歯磨きを任せる前に歯磨きを習慣化させるコツを歯科衛生士が紹介します。痛くない歯ブラシの選び方や磨き方や体勢を知っておくと、仕上げ磨きが一気に楽になりますよ。

 

 

子供の歯並びが悪い原因まとめ

遺伝以外で歯並びが悪くなる原因は、

 

・赤ちゃんのときに、おっぱいをよく飲まなかった
・柔らかい食事ばかりで、口を動かさなかった
・歯やあごに負担がかかる癖をしている

 

の3つが原因になることが多いです。

 

歯並びの問題は「遺伝」も関係していますが、それ以上に癖や口の動かし方も、大きく影響しています!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でもあごの骨が成長中の子どもなら、対策方法はあります!

 

 

口をよく動かしたり噛んで骨に刺激を与えていれば、まだまだあごは大きくなり、

歯並びだけでなく顔つきも良くなる可能性は十分あります!

 

 

紹介した方法は、家でできるしお金もかからないので、ぜひ意識してみてくださいね^^

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とくに赤ちゃんのころからよく噛む習慣を付けることは、この先もすっごく役に立ちますから^^

 

\安心して赤ちゃんに食べさせられる食材選びはこちら/

赤ちゃんにおすすめ!添加物・農薬が少ない安心・食材宅配ランキング
赤ちゃん家庭におすすめ!添加物・農薬少なめで安全基準がしっかりしている宅配野菜(食材宅配)ランキングを紹介します。安全性の高い食材をつかうと離乳食をつくらずそのまま家族の食事を取り分けられ家事や育児の負担を一気に減らすことができますよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました