口の中(頬の内側)に白い筋や横線ができる原因はあの癖を疑ってみて!

口の中のトラブル
スポンサーリンク




 

ママ

わたし、気付くとよくほっぺたの内側に『白い線』があるんだけど…何かの病気かしら…(汗)

という悩みを、歯科衛生士歴13年の経験から解消します!

結論から言うと『口の中の白い線』の正体は、あなたの『歯を噛む癖』でできた痕!

歯を噛む癖のせいで、歯をほっぺたに押し付け、『白い線』をつけていたんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

『白い線』以外にも、下の写真のように舌の端がデコボコしていませんか?

舌につくデコボコの痕

左右のほっぺたの内側に『白い線』があったり、舌がデコボコしているなら、『噛みしめ』を疑ってみましょう!

この記事を読めば、

  • ほっぺたの内側の白い線の正体
  • 歯を噛む癖のデメリット

が分かります!

 

『でもわたし、噛み締めなんてしてないわよ?』というあなたも、本文を読めば普段どれだけ歯を噛んでいたかに気づけます。

歯を噛む癖があると、歯の寿命が縮まります。

ぜひ本文を参考にして、歯に悪い癖を直しましょう!

 

スポンサーリンク

ほっぺたの内側に白い横線ができる原因

頬っぺたにつく白い線の原因

ほっぺたに白い横線がつく原因は、あなたの『噛みしめ』の癖にあります!

試しに、歯を噛んだ状態でほっぺたの『白い線』に触れさせてみて下さい。

 

『咬み合わせたライン』が『白い筋』に一致しませんか?

そして舌の端にみられるデコボコは、下の歯の形に一致するはずです。

 

このように、ほっぺたの白い線や舌のデコボコの原因は、あなたが普段から無意識にやっている歯を噛む癖の『噛みしめ』にあったのです!

 

ママ

え?でもわたし、噛みしめなんてしてないわよ。

きっとあなたも今、同じように思いましたよね?

 

でも本当ですか?

いきなりですが、あなたの歯は「今」

当たって(噛んで)いますか?それとも、離れていますか?

もし歯が少しでも当たっていれば、あなたは今まさに無意識に『噛みしめ』をしていました。

 

他にも、こんな症状はありませんか?

  • 起きたときにあごが疲れている
  • 首や肩がこっている
  • 偏頭痛がある
  • 固いものをよく噛んでいる

もし当てはまるものがあれば、あなたは普段から『噛みしめ』をしている可能性が高いです。

 

しかも歯を噛んだ状態では、ほっぺたや舌にも無意識に力が入ってしまいます。

歯科衛生士
歯科衛生士

反対に、歯を噛まずに口の周りに力を入れることは、かなり難しいですよね。

 

つまり無意識に『歯を噛んでいる』ということは、いつもほっぺたや舌を自分で『歯』に押し付けてしまっている…ということ。

その結果、かみ合わせの痕が舌やほっぺたに残っていたのです。

 

しかも『噛みしめ』すると、歯に必要以上に負担がかかってしまいます。

すると、

  • 歯や周りの組織に負担がかかる
  • 顎が痛くなる
  • 歯周病の悪化する
  • 歯の動揺が大きくなる
  • 知覚過敏になりやすい

など歯や周りの組織やあごの関節に、大きな負担がかかってしまいます。

歯科衛生士
歯科衛生士

だから、歯を噛む癖にはデメリットしかないんですよ…(汗)

歯は噛んでないのが正常な状態です

本来わたし達の歯は1日24時間のうち、食事や会話などの時間を除けば、23時間以上は歯が離れているのが正常な状態です。

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり、何秒も連続して歯が当たっているのは、異常な状態!ということなの。

 

例えば100の力で1秒噛むのと、1の力で100秒噛むのは同じことですよね?

 

ということは、弱い『1』の力でも継続して長時間『歯』が当たっていれば、ものすごい力が歯にかかってしまう!ということ。

 

そのまま歯に力がかかり続ければ、歯周病が悪化したり、歯が折れる原因にもなってしまいます。

 

それほど『噛む力』は強いんです!

ママ

ただ歯が当たっているだけなのに、怖いわね…。

しかも『噛みしめ』は、何かに集中しているときや、人間関係などでストレスを抱えているときに、無意識に噛んでしまう『癖』です。

あなたも歯を食いしばって、人間関係や仕事や育児を頑張り過ぎていませんか?

 

『歯を噛む癖』は自分の歯を守るためにも、絶対に直さないといけない悪い癖です。

しかし多くの人は、自分が『噛んでいる』ことに気づいていません…。

 

その理由は、噛んでいることが日常的になり過ぎて『癖』になってしまっているから。

つまり、噛みしめを直すためには、まず無意識に『噛んでいる』ことに、あなた自身が気付かなくては始まらないのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そのままでは無意識のうちに歯の寿命を縮めたり、あごの関節を痛める原因になってしまいますから…(汗)

 

噛みしめによる悪影響は、下の記事で詳しくまとめています。

突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因。
歯科医師の中には、「かみ合わせの悪さ」が「あごが痛い原因」と考えて治療していく先生がいます。 しかし患者さんによっては、治療をしてもなかなか痛みがなくならず、悩んでいる方がたくさんいるんです。 その理由は、歯科医師側が「あごが痛...

 

 

頬の内側の線の原因、歯を噛む癖に気付く2つの方法!

噛んでいることに気付く方法

実は『歯を噛む癖』は、あなたがその気になれば意外と簡単に直すことができるんですよ。

その方法を2つ紹介しますね!

噛みしめチェック方法!その1

自分では気づきにくい『噛みしめ』の癖。

 

自分が普段から『噛みしめ』をしているか自覚するためにも、食事前に口を大きく開けてみて、あごが痛くなる時間帯を見つけてみましょう!

 

歯をずっと噛んでいると、歯だけでなくあごや関節にも力がかかってしまいますよね。

つまり

  • 朝ごはんの前に痛いなら、寝ている間に噛んでいる
  • 昼ごはんの前に痛いなら、朝に噛んでいる
  • 夕ごはんの前に痛いなら、日中に噛んでいる

など、食事前にチェックすることで、噛んでいる時間帯の予想がつきやすくなるんです。

 

特に、ストレスが多い時間帯や集中している時間帯に噛んでいることが多いので、噛みしめをチェックすることは、日頃の生活を振り返るいいキッカケにもなりますよ!

 

噛みしめのチェック方法!その2

噛みしめをはじめ、自分の『癖』は、自分で気づいて直すしか方法はありません。

 

でも安心して下さい。

簡単に『癖』に気づける、素晴らしい方法があるんです♪

 

例えば、スマホやパソコンや車の中、冷蔵庫や洗面所や時計など、普段自分がよく見る場所や物に、

『歯!』
『噛まない!』

と書いた付せんや紙を家や仕事場など、とにかくいろんな所にペタペタ貼ってみましょう!

 

1日に何度も目にする場所にチェックの付せんがあれば、「あっ!今噛んでなかったかな?」と、自分で「噛んでいる」ことに気づきやすくなるんです!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

この方法は本当に効果があるのよ♪

もし噛んでたら歯を離せばいいだけなので、簡単ですよね。

 

チェックを繰り返すことで、想像以上に自分が歯を噛んでいることに気付いて、あなたもビックリするはずです。

 

理想はチェックするたびに、歯が噛んでないようになること。

一日に何度もチェックして、まずは自分が『噛んでいる』ことに気付くことから始めましょう!

 

噛みしめの癖を1秒で直す方法

スポンサーリンク




もし歯を噛んでたら、すぐに歯を離すことが大切です。

 

と同時に「1秒で簡単に歯を離す方法」があるのでご紹介しますね。

 

下あごがリラックスできる方法なので、ぜひ一緒に試してみて下さい♪

まず、口を閉じて歯を「グッ」と噛んで下さい。


そして、パッと力を抜いて下さい。


どうですか?歯が離れました?

歯科衛生士
歯科衛生士

口は閉じておこなってくださいね!

 

ほら!1秒で「噛みしめ」を直すことができましたよね!

 

ママ

ホント!簡単に歯が離れたわ♪

歯が離れた『今の下あご』の状態を、専門用語で下顎安静位(かがくあんせいい)と呼んでいます。

 

安静位とはつまり、あごがリラックスした位置です。

 

歯が離れていると、あごもリラックスしているため『あごの関節』にも負担がかかりませんよね。

まさに力がゼロの状態です!

 

このリラックスしたあごの位置を、食事や会話以外の1日の23時間以上キープできれば、噛みしめの悪影響から身を守ることができるんです!

 

噛みしめチェックは、「冷蔵庫を開けたら」「スマホを見たら」…など、自分流のチェック方法を決めて1日に何回もチェックしましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

目標は上にも書いたように、チェックする度に歯が噛んでないようになることよ♪

 

頬の内側に歯型がつく人は寝ている間も歯を噛んでいる

頬の内側に歯型がつく

あなたが白い線に気づいたのは、朝ではありませんか?

朝起きてほっぺたに白い線が付いていたり、舌に『歯型』が付いている原因は、睡眠中の『噛みしめ』にあります!

 

本来、寝ている時の体はリラックスした状態のはずですよね。

でも夜も歯を噛んでいるということは、昼間にかなり歯を噛んでいる可能性が高いのです!

 

まずは、上に書いた

①食事の前に口を大きく開け、あごが痛くなる時間帯を見つける

②『噛まない!』と書いた付せんや紙を、とにかくいろんな所に貼る

の2つの方法で、昼間の『噛みしめ』に気付くことから始めましょう!

 

昼間に歯を噛まなくなれば、夜の『噛みしめ』の頻度は必ず減ってきますから!

歯科衛生士
歯科衛生士

この2つの方法で、今まで何人もの患者さんが『噛みしめ』を直すことに成功しているんですよ♪

 

しかも、寝ている間に『噛みしめ』をしていると、歯やあごに負担をかけるだけではなくイビキの原因にもなってしまいます!

 

普段から歯を噛んでいると、奥歯が内側に倒れて口の中が狭くなり、舌の居場所がなくなります。

その結果、舌が喉に落ちて気道をふさぎ、イビキの原因になってしまうんです。

 

太った人がイビキをかくのは、喉に脂肪がついて気道をふさいでいるから。

でも、痩せていてイビキをかくなら『噛みしめ』をしている可能性はほぼ100%です!

 

イビキを予防するためにも、ぜひ噛みしめを直すことも意識してみましょう!

 

さらに、スリーパードクターズピローで寝るときの姿勢を改善する方法もありますから、イビキが気になっている方はぜひまくらの選び方も変えてみてくださいね!

 

なにも対策をしないままでは、噛みしめやイビキは改善しません!

 

朝起きて「あごが痛い…」「イビキで家族も眠れない」なんて、最悪な朝のスタートにしないためにも、まずは自分が噛んでいることに気付き、寝るときの姿勢も変えてみましょう!

 

寝ている間のイビキが気になる方は、こちらの記事↓↓も合わせて参考になさってくださいね!

寝てるときや睡眠中に口の中や舌を唇を噛む原因と簡単4つの対策方法!
なんで、寝ている間によく口の中や舌を噛むんだろう…。 この癖って直らないの? という悩みに、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします! 結論から言うと、あなたは昼間、無意識に歯を噛んでいます。 そのせいで、寝てい...

 

▼姿勢が改善するまくら選びはこちら▼

 

ほっぺたの内側に白い線がつく原因まとめ

わたし達は普段、ストレスがあったりパソコンやテレビに集中している時など、無意識に歯を噛んでいます。

 

噛んでる自覚があれば、まだいいのですが…。自分が噛んでることにも気が付いてない人が、本当に多いのです。

 

この記事を読んで下さっているあなたの歯は、『今』離れていますか?

 

もし噛んでいたなら、あなたはほぼ100%、普段から無意識に歯を噛むことが癖になっています!

 

そのままでは

  • 知覚過敏になる
  • 歯周病が悪化する
  • 歯にヒビが入る
  • 顎関節症になる

など、体や口の中に不調がでるのは時間の問題です…。

 

歯を失う原因は虫歯や歯周病だけではありません。

あなたもぜひ歯を噛んでいる癖に気づいて、大切な歯の寿命を延ばしましょう!

 

▼歯を噛む癖で歯周病を悪化させない方法も、丁寧に解説していますのでぜひ♪▼

毎日の歯磨きで血が出る原因は?突然の出血を止める2つのテクニック
毎日、歯磨きの度に血が混ざった唾液を吐き出していませんか? 「歯磨きしてもなんだか口の中もスッキリしない…」 「この出血は一体いつ治るの?」 「なんでわたしの歯ぐきは出血するの?」 そんないつ治るか分...

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました