子供のかみ合わせが深いと矯正治療は必要?4つの原因と6つのトラブル。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

「イー」と噛んだ時に、上の歯が下の歯をほとんど隠しているかみ合わせになっていませんか?

子ども達に「イー」っと噛んでもらったとき、「かみ合わせが深い」ことに気づくことがあります。

本来正常なかみ合わせは、噛んだ時に下の前歯が見えているはずですが、下の歯が見えないほど上の前歯が覆い被さり上の図のようにかみ合わせが深い状態を、専門用語で過蓋咬合(かがいこうごう )と呼んでいます。

実は「出っ歯」や「受け口」と同じように、「かみ合わせが深い」時も矯正治療が必要になる歯並びなんですよ。

しかし困ったことに、「出っ歯」「受け口」と違って「かみ合わせが深い歯並び」は、パパやママが「異常」があるとは気づきにくい歯並び!

そのため、かみ合わせが深いことを気にして「矯正歯科で診てもらおう!」とはなかなかならず、学校検診や歯医者で歯並びを指摘されて、矯正歯科に来院される患者さんがほとんどなんです。

この記事では、見逃されることの多い「かみ合わせが深い歯並び」の原因や治療方法について解説していきます。

子ども達がよくする「ある癖」が原因でも起こってしまう歯並びなので、子どもをもつパパやママは、ぜひじっくり読んでみて下さい。

スポンサーリンク



幼児でも当てはまる!噛んだときに下の歯が見えない噛み合わせになる原因

かみ合わせが深くなる原因には、どんなものがあるのでしょうか?

例えば

  1. 噛みしめなどの癖
  2. 虫歯などで奥歯がかみ合わなくなった
  3. 遺伝
  4. 下あごが小さいなど、あごのバランスがとれていない

4つが原因として考えられます。

遺伝以外にも、日常生活の中のちょっとした癖が原因で「かみ合わせが深くなる」ことは、ぜひパパやママは知っていて下さいね。

合わせて読みたい→唇を噛む・唇を舐める癖・頬杖も!子供の歯並びが悪くなる7つの癖と予防方法を大公開!

癖の中で特に気を付けたいのが「噛みしめ」です!

あなたも下を向いて何かに集中しているとき、無意識に歯を噛んでいた経験があると思います。

実は、歯を無意識に噛む「噛みしめ」が癖になると、あごの成長や歯並びに大きな悪影響を与えてしまうのです(汗)

「噛みしめ」はママやパパ大人も、絶対に直しておきたい癖の1つ!

「自分や子ども達には関係ないわ〜」と思っているあなたも、きっと無意識に噛んでいるはずです!

詳しくは1秒でできる噛みしめ癖の治し方!家で実践するくいしばりの対処方法を参考にして、まずは自分が噛んでいることに気づきましょう(^^)

本当に、ほぼ100%の方がやってしまっている癖ですから(汗)

かみ合わせが深い歯並びで起きる影響やトラブル

ただ「かみ合わせが深い」だけ…と過蓋咬合を侮ってはいけません。

そのまま放っておくと、厄介なトラブルが起こってしまうのです…(泣)

例えば、

①上の歯が乾燥して虫歯や歯周病になりやすくなる。
(前歯が乾燥して唾液の量が減ってしまい、虫歯や歯周病のリスクが高くなります)

②上あごの内側を下の前歯で傷つける。
(かみ合わせが深いので、上あごに下の歯が食い込んで傷つけたり、口内炎や痛みが出ることもあります)

③歯ぎしりや噛みしめで症状が悪化しやすい。
(噛みしめなどで強い力がかかると、ますます歯ぐきを傷つける原因になります)

④前や横へ動くあごの動き阻害して顎関節症になる。
(下あごが自由に動きにくくなるので、あごの関節に負担がかかって顎関節症になってしまいます)

⑤前歯が大きく見える。
(歯の大きさは変わらないのに、前歯しか見えないので歯が大きく見えてしまうことがあります)

⑥かみ合わせが深く、食事のときに食べ物がしっかり噛み切れない。

の6つのリスクが高くなってしまいます…(泣)

かみ合わせが深い時は、他にトラブルが起こる前に矯正歯科で診てもらうことをおすすめします。

過蓋咬合の治療方法と乳歯のかみ合わせが深い時の対処方法

かみ合わせが深い場合は、矯正治療で上の歯を歯ぐきに押し込む力をかけながらかみ合わせを浅くし、下の前歯がしっかり見えるように治療していきます(^^)/

また、子ども達が無意識に歯を噛んでしまうときは、噛みしめに気づけるように家の中でも工夫しましょう。

さらに、メリハリをつけて外で思いっきり遊ばせたり、たくさんママとおしゃべりすることも、歯を噛まなくなるいい方法ですよ♪

歯を噛んでいると、矯正治療をしていてもなかなか歯が動かず、治療期間だけが長くなってしまいます。

繰り返しますが「噛みしめ」は絶対に直しましょう!

乳歯のかみ合わせが深い場合の治療方法

基本的に乳歯の間は「深いかみ合わせ」の治療は始めず、永久歯が生え始める時期まで様子をみて経過を観察していきます(^^)

それはなぜか。

その答えはわたし達のあごは上あごから成長して、その後下あごが成長していくからです。

そのため一時的に上あごの成長が早くなってしまい、かみ合わせが深くなることがあるのです。

ただし、気をつけてほしいのは乳歯の奥歯に大きな虫歯があるとき

虫歯のせいでかみ合わせ面が崩壊して歯の高さが低くなり、全体のかみ合わせが深くなっている場合は、そのままにしておくのは危険です!

かみ合わせの高さを回復する治療をする必要があるので、絶対にそのままにせず早めに治療に行きましょう!

まとめ

かみ合わせが深くなる原因には、

  1. 噛みしめなどの癖
  2. 虫歯などで奥歯がかみ合わなくなった
  3. 遺伝
  4. 下あごが小さいなど、あごのバランスがとれていない

など、4つが原因に考えられます。

遺伝だけでなく、わたし達が普段何気なくやってしまう「噛みしめ」などの癖が、あごの骨の成長や歯並びにも影響するなんて…!驚きですよね。

わたし達ママが出来る事は、「あごに負担をかける癖」を見つけたら、声をかけて直していくこと(^^)

もちろん、乳歯を虫歯にしないことも大切な予防になります。

「かみ合わせが深い歯並び」は、気づきにくい歯並びの異常です。

でもそのままにしていれば虫歯や顎関節症の原因になってしまうので、ぜひ今日から仕上げ磨きの度に子ども達に「イー」と噛んでもらって、一緒に「かみ合わせ」のチェックをしていく癖を付けましょう!

歯並びの相談は【大塚駅前歯科】自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で信頼できる歯医者を探しましょう♪矯正治療は2~3年続く長い治療になりますから、病院選びは慎重に!

▼乳歯や永久歯を虫歯にしない方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

▼育児の隙間時間で口臭予防ができる!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする