突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因。

歯ぎしりとイビキ

多くの歯医者は「かみ合わせの悪さ」が「あごが痛い原因」と考え治療していくため、いつまで経っても「あごの痛み」が直らずに悩んでる患者さんが多くいるんです。

あくびをした時や固いものを食べた時、「あれ?なんかあごが疲れる(だるい)なぁ…」と、あごに異変を感じたことはありませんか?

 

そのだるさ、絶対に見逃さないで下さい!

 

放っておくと、あごを動かすと痛みを感じる顎関節症(がくかんせつしょう)になってしまう可能性がありますから(汗)

 

 

顎関節症は、決して珍しい病気ではありません!
それどころか日常生活の中のちょっとした癖や習慣でも起こってしまう病気なので、糖尿病などと同じく生活習慣病と呼ばれているんです。

 

 

生活習慣病を直すには、自分で生活習慣を見直したり病気を理解することが大切ですよね(^^)

 

顎関節症も普段の習慣や癖を見直すことが、予防や悪化を防ぐことにつながります!

 

中高年の病気のイメージの顎関節症ですが、実は今、若い女性や子供たちの間にも増えている病気なので、あなたも決して他人事ではありません!

 

でも、安心して下さい(^^)

 

顎関節症の症状や予防方法を知っていれば、もう恐れることはありません(^^)身近な病気の顎関節症について、あなたも一緒に考えてみませんか?

 

スポンサーリンク

あごが痛いしだるい!顎関節症の症状ってどんな病気?

あごが痛い「顎関節症」ですが、他にはどんな症状があるのでしょうか?

 

代表的な症状は5つ

  1. 口を開けようとすると痛い
    (耳の前が痛むことが多いです)
  2. 口を開けたとき音がする
    (音がしても症状が無ければ悪化することは少ないですが、音がだんだん大きくなったり、痛みが出てきたら要注意です)
  3. 口が大きく開かない
    (痛みが出ないように周りの筋肉があごの動きを抑えて、口が開きにくくなってしまいます。でも数日すると開くようになります)
  4. かみ合わせに違和感
    (関節や筋肉に問題があるとあごの動きが変わって、かみ合う位置が微妙にズレることがあります。しかし症状が治ると気にならなくなります)
  5. あごが閉じない
    (顎関節症以外にも、あごが外れたり外傷や骨折など場合も口が閉じなくなるので、正しい原因の見極めが必要です)

 

の症状があります。

 

 

顎関節症は安静にしていれば1週間程度で自然に治ったり、適切な対処方法で改善していくことも多い病気です。正しい知識を持って顎関節症と付き合っていけば、決して恐れることはありませんよ(^^)

 

万が一急にあごに痛みが出た時の対処方法は、あごが痛い時は冷やす・温める?家でできる顎関節症の応急処置は3つですに対処の仕方をまとめています。

 

 

急にあごが疲れる!顎関節症の原因は普段の癖や習慣にあり

顎関節症を引き起こす原因には、

  1. あごの関節のつくり
  2. ストレス
  3. 噛みしめ
  4. 頬杖などの癖
  5. 噛み合わせ

と、癖や姿勢などいろんな原因が考えられます。

 

 

例えば、上の5つの要因を積み木と考えてみて下さい。

 

いくつも積み木(要因)が積み上がり、その人の耐久力が限界になって積み木が崩れたときに、「あごの痛み」として症状が出てくるのです(汗)

 

もちろん原因の程度も人によってさまざま。

 

つまり、本当に「あごの痛み」を改善したいなら、原因となっている積み木を1つずつ降ろしていく作業が必要なんです。

 

噛み合わせの治療をしてもあごの痛みが治らない原因

「噛み合わせ」の良し悪しは、見た目ですぐ判断できる要因ですよね。

 

そのため、噛み合わせが悪くあごが痛い(顎関節症)の患者さんには、「噛み合わせを直すことがあごの痛みの治療方法」と考えやすかったんです。

 

 

しかし、噛み合わせを直してもまだ「あごが痛い」と訴えられた場合、歯医者は、歯に被せ物をしたり、矯正治療や手術など、どんどん患者さんの体に負担がかかる治療をすすめていきます(汗)

 

 

もし、噛み合わせを直して症状が改善したなら、その患者さんは上に書いた積み木の「噛み合わせ」の要因が大きかった!ということ。

 

原因の積み木を取り除いたことで、症状が改善されたのです。

 

でも、「噛み合わせ」を直してもまだあごが痛い時は、「他の積み木の要因」の方が大きいということ。

当然、一番大きな積み木を取り除かないと、痛みの解決にはなりませんよね(汗)

 

しかし、多くの歯医者では「かみ合わせの悪さ」が「あごが痛い原因」と考えて治療していくため、患者さんはいつまで経っても「あごの痛み」が直らずに悩むことになるんです…(汗)

 

 

また、顎関節症と精神的な問題との関係も、はっきりした事は分かっていませんから、少しくらいあごが痛かったり「カクン」と音がするだけで、必要以上に気にしないことが大切なんですよ(^^)

あごの痛みを訴える人に共通する癖

実は、あごの痛み(顎関節症)がある患者さんのほぼ100%は、普段から「噛みしめ」をしています。

 

わたしも何百人もの顎関節症の患者さんを診てきましたが、パーフェクトに近いほど、皆さん「噛みしめ」をしていました。

 

だからもしあなたが「あごが痛い」症状に悩んでいるなら、自分が「噛みしめ」をしていないか、まずチェックしてほしいんです!

 

  • 噛み合わせの調整
  • 矯正治療
  • 手術

のような処置は、患者さんに負担がかかりますよね(汗)

 

一方で、「噛みしめ」を直すことは「癖」を直すだけでいいので、患者さんの体に負担は全くありません(^ ^)

 

しかも、「あごの痛み」が改善する効果はかなり期待できます!

 

噛みしめで起こる口の中のトラブル

「噛みしめ?自分は歯なんか噛んでないわ!」と思う方も多いと思います。

でも…。ちょっと意識して欲しいんです。

 

「今」あなたの上下の歯は、当たっていますか?離れていますか?

 

もし歯が少しでも当たっていれば、まさに「今」あなたは噛みしめをしていたことになります(汗)

 

本来、上下の歯が当たっていいのは、

  • 食事中
  • 会話の時
  • 飲み込む時

の一瞬だけ。(トータルでも1日で30分〜1時間くらいです)

 

 

でも、

  • 集中している時
  • 重いものを持つ時
  • ストレスがある時

わたし達は知らない間に、歯を噛んでいます(汗)

 

 

「歯が当たっているだけなのに、何がそんなに悪いの?」と思いますよね?

「はい。悪影響しかありません」←きっぱり!

 

試しに、こめかみ辺りの筋肉を触って歯を噛んでみて下さい。

 

筋肉が動きませんか?

 

つまり歯が当たっている間中、顔や口の周りの筋肉は活動し続けている!ということ。

その結果、筋肉が疲労し、噛む筋肉が活動し続けることであごの関節が圧迫されて、顎関節症の原因になっていたのです!(汗)

 

口の中を見たときに、写真のような白い線はありませんか?

舌に歯型がついてませんか?

噛みしめすることで、口の周りの筋肉が緊張し、頬っぺたが歯に押し当てられて口の中に白い線がついたり、舌が歯に押し当てられ舌の周りに歯型がついてしまうのです。

 

 

写真のような症状があれば、普段から歯を噛んでいる証拠!

 

また、歯自体にも力がかかるので、歯の根っこは圧迫され、血液供給も減って違和感や痛みが出てしまいます(汗)中には被せ物が割れたり、取れてしまうトラブルがあることも。それだけ噛む力は強いということ(汗)

 

気づいてないだけで、あなたもきっと歯を噛んでいるはず。

 

ストレスがある時は特に注意してみましょう!

 

効果的な直し方は1秒でできる噛みしめ癖の治し方!家で実践するくいしばりの対処方法にまとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい(^ ^)

 

スパーレEXでリラックスしたり、自分にあったストレス解消を実践するのも噛みしめ予防になりますよ(^ ^)

 

顎関節症の治療期間と費用

顎関節症の検査や治療は保険適用になっているので、1回あたりの治療費は数千円程度です。
また、マウスピースのような装置を入れることになると5千円ほどかかるようになります。

 

中には自費治療の治療もあるので、気になる方は担当医に最初に確認したほうが安心ですね♪

 

治療期間も数週間で終わる人もいれば、数年間かかる人とさまざま。

 

 

顎関節症は日常生活に注意すれば、1週間ほどで症状の改善が期待できる病気です。でも、あごの異常が直らないときは、早めに矯正歯科の先生に相談してみましょう。

 

早めに対処することで、症状の悪化を防ぐことができますから\(^o^)/

 

 

まとめ

あごの痛みの原因は「噛みしめ」が関係している場合がほとんどです。

 

でも「噛みしめ」を直さず、噛み合わせの調整をしても、症状が良くなるどころか悪化する可能性もあります!

 

 

他院で「噛み合わせが良くなれば、あごの痛みは直ります。と言われたのに、治療しても直らない!」と不満を抱えて、わたしが勤めている病院に来院された患者さんを、今まで何人もみてきました。

 

 

患者さんの癖やあごの動き、粘膜の歯型の痕など、歯だけでなく全体をみてくれる歯科医の元で治療しないと、症状は良くなりません。

 

 

治療後にトラブルになることだってありますから…。

 

顎関節症は予防方法もありますし、もしあごが痛くても安静にしていれば1週間ほどで自然に直る病気です。正しい知識を持って顎関節症と付き合っていきましょう(^^)

 

顎関節症は早めに治療すれば、治療期間も短くてすみます。疑問なことや不安なことは自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で気軽に専門の先生に相談しましょう(^^)/

 

▼虫歯や歯周病にならない事も口の中の健康を守ります!正しい歯磨き方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

 

顎関節症の原因の多くは、噛みしめが原因です。
そして、噛みしめの原因はストレスがほとんどです(汗)

 

今の職場には原因はありませんか?今の職場で輝けていますか?未経験からの転職ならWORKPORTで輝ける居場所を見つけましょう(^^)

 

 

 

コメント