赤ちゃんはいつからから口呼吸できるの?口を開けて寝る癖を治す方法

妊娠・赤ちゃんの歯
スポンサーリンク




この子、寝てるとき口が開いているけど「口呼吸」しているの?

赤ちゃんっていつから「口呼吸」になるの?

という疑問に、自身も2歳の娘を育児中。歯科衛生士歴13年の経験からお答えします!

 

結論からいうと、赤ちゃんは生まれたときは、全員「鼻呼吸」をしています。

しかし1歳前後になると「口呼吸」をする子が増えてしまうんです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口呼吸は、歯並びが悪くなったり虫歯になりやすいなどデメリットしかありません!

 

そこでこの記事では、

  • なぜ赤ちゃんは「口呼吸」になるのか
  • 「鼻呼吸」に戻すにはどうすればいいのか

について紹介していきます。

 

同じ呼吸でも、「口」と「鼻」では天と地ほどの差があります。

どうか「口呼吸が」癖になる前に、本文を参考にして直してあげましょう!

 

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんが全員、鼻呼吸をしている理由

赤ちゃんが鼻呼吸をしている理由

赤ちゃんは生まれたとき、全員「鼻呼吸」をしています。

歯科衛生士
歯科衛生士

その証拠に、おっぱいやミルクを飲んでる赤ちゃんの口元を見てみましょう!

 

乳首をくわえたまま、何十分もおっぱいやミルクが飲めていますよね!

歯科衛生士
歯科衛生士

1回ずつ息継ぎなんてしていませんよね?

赤ちゃんが息継ぎなしでおっぱいやミルクが飲める秘密は、鼻で息をしながら飲んでいるからです。

 

 

一方でわたし達大人は、息をしながら飲み物を飲むことはできません。

それはなぜか。

その理由は、わたし達大人が食べたり飲んだりするときには「一瞬、息を止めて」飲んでいるからです。

歯科衛生士
歯科衛生士

試しに赤ちゃんみたいに、「息継ぎなし」で飲み物を飲んでみて下さい。

絶対に溺れちゃいますから(笑)

 

ママ
ママ

でも、なぜ赤ちゃんは「息をしながら」おっぱいが飲めるの?

その答えは、わたし達の体の構造にあります。

赤ちゃんが息継ぎなしでおっぱいが飲める理由

わたし達の喉には、

  • 口から胃へつながっている(食道)
  • 鼻から肺につながってる(気管)

がありますよね。

 

実は赤ちゃんの食道と気管はまだ分かれていて、食道と気管それぞれが同時に働くことができるのです。

ママ
ママ

だから赤ちゃんは、おっぱいを飲みながら呼吸ができるのね!

一方でわたし達大人の場合は、食道と気管がつながって交わる場所があります。

そのため飲みながら息をすれば、誤って気管に入って「むせて」しまうんですよ。

 

さらに万が一肺に入いれば「誤嚥性肺炎」になって、最悪の場合は死んでしまうことだってあります。

 

ママ
ママ

赤ちゃんと大人の体には、こんな違いがあったのね。

でもなんで成長すると、食道と気管がつながるの?

その答えは、言葉を話すことにあります!

 

いつから赤ちゃんは口呼吸を始めるの?

赤ちゃんの呼吸はいつまで鼻呼吸

成長すると赤ちゃんの気管と食道がつながる理由は、「言葉を話すこと」が大きく関係しています。

声を出すには、肺にある「空気」を鼻ではなく口から出す必要がありますよね。

 

大人の体だったら食道と気管がつながっているので、無理せず「言葉」を話すことができます。

しかしまだ食道と気管がつながってない赤ちゃんは、泣くときに気管を強制的に喉につなげ、声を出さなくてはいけません…。

 

そう。

赤ちゃんは必死に「泣き声」を出して泣いていたのです。

歯科衛生士
歯科衛生士

「泣き声を出すことも赤ちゃんにとっては大変なことなんだ…」と知っていると、泣かれたときのイライラも少し変わってきすよね。

 

しかもこの頃から赤ちゃんは、「あーうーうー」など、いわゆる「喃語」(なんご)をしゃべり始めますよね。

実は、赤ちゃんが「口呼吸」になるのは、ちょうどこの頃(1歳前後)と言われているんです。

 

つまり、言葉を話す(1歳頃の)時期に「口呼吸」を癖にしないことが、赤ちゃんの口呼吸予防につながる!ということなんです。

 

鼻づまりも注意!口呼吸のデメリット

赤ちゃんが息継ぎなしでおっぱいをのむ理由

呼吸には、

  • 鼻から空気を吸う鼻呼吸
  • 口から肺に空気を入れる口呼吸

の2種類があります。

 

鼻呼吸も口呼吸も「息を吸って吐くこと」と考えれば、同じ呼吸に変わりないのですが…実は天と地ほどのすごい差があります!

 

なんと、呼吸を「口」にするだけで、

  • 病気を引き起こす原因になる
  • 虫歯や歯周病の原因になる

可能性が高くなってしまうんです。

口呼吸になると、唾液が減って口の中が乾燥してしまいます。
その結果、細菌が繁殖して、虫歯や病気の原因になってしまうのです。

 

大げさげではなく、口呼吸にメリットなんて全然ありません!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

一方で、鼻呼吸のメリットはたくさんあります♪

想像してみましょう。

 

寒い日に、外で息を思いっきり吸ったとき

  • 鼻から息を吸ったとき
  • 口から息を吸ったとき

で、体に入る「空気の冷たさ」に違いがありますよね?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口呼吸の方が、体の中が冷えますよね!

 

その理由は、口呼吸をすると口から入った冷たい空気が、口の中の水分を奪いながら肺へ移動するからです。

つまり、冷たい空気がいきなり体の中に入ってくるので、喉を痛めたり、乾燥する可能性が「グッ」と高くなるんですよ…。

 

一方、鼻から吸い込んだ空気は、鼻のフィルターを通って温められて肺へ送られるので、喉が乾燥することはありません!

 

このように、鼻呼吸と口呼吸には天と地ほどの差があるのです。

 

なお、口呼吸のデメリットについては下の記事に詳しくまとめているので、合わせて参考になさってくださいね。

赤ちゃんの口呼吸改善方法はたった2つ!鼻呼吸にすれば1歳以降も風邪や病気が予防できる!
呼吸の方法で、赤ちゃんが「病気にかかりやすい・かかりにくい」に差が出るとしたら…あなたは信じますか? 突然ですが…。 あなたは普段、口と鼻どちらで呼吸をしていますか? 「もちろん!鼻呼吸しているわ~」 と...

 

 

赤ちゃんの口呼吸を治す方法

ママ
ママ

でも、まだ言葉が分からない赤ちゃんに「口呼吸」をやめさせるなんてできるの?

あなたもきっと同じ疑問をもったと思います。

 

結論から言うと、できます!

 

もちろん言葉で言ってやめさせることは難しいです。

だからこそ、赤ちゃんが自然に口を閉じるよう習慣づけてあげましょう♪

 

そもそも口呼吸になってしまう原因は、普段から口を閉じていないから。

ではなぜ口を閉じでいないのでしょうか?

 

その理由は、口の周りの筋肉が弱いからです。

歯科衛生士
歯科衛生士

口を閉じるには、下唇を上に持ち上げてキープする必要がありますよね。

つまり、口呼吸になっている赤ちゃんは、口を閉じておく筋力が恐ろしく弱い!ということなんです。

 

その主な原因は以下の2つ。

 

①ちゅうちゅう吸って飲む哺乳瓶をつかっている

▼解決方法はこちら↓です!

【哺乳瓶のちくびの種類と選び方】おすすめは母乳と飲み方が同じもの!
哺乳瓶ってどれを選べばいいの? 赤ちゃんが飲みやすいものを選んだ方がいいの? という疑問に、これまで100人以上の赤ちゃんと関わってきた歯科衛生士が、13年の経験からお答えします。 結論から言うと、哺乳瓶の選び方を間違...

 

②早い段階で離乳食を始めている

▼解決方法はこちら↓です!

離乳食は裏ごししない・わざわざ作らない!赤ちゃん用の食事が招く危険とは
赤ちゃんの離乳食って、いつから始めればいいの? どんな硬さのもの?大きさはどれくらい? という疑問に、自身も1児の母で歯科衛生士歴13年の経験からお答えします。 結論から言えば、赤ちゃんを何でも食べる子にしたいなら、離乳食はつ...

 

この2つが原因で口を閉じる筋力がなく、自然に口があいて「口呼吸」が癖になってしまう子が増えていたのです!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも口が開いたまま成長するのは、本当に危険なんですよ。

そのまま成長してしまえば、

  • 口が開いた「だらしない顔つき」になる
  • 舌のつかい方が悪く「迎え舌」で食べる
  • 食べこぼしの多い子

になるからです。

 

詳しくは下の記事を参考にしてみましょう。

離乳食を食べるとき舌を出す【迎え舌】の原因と簡単4つの直し方
なんでうちの子、食べる時に舌を前に出すのかしら…。 「迎え舌」ってお行儀が悪いから直したいのよね…。 でもどうすればいいの…。 という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします! 結論から言うと、「迎え舌」にな...

 

子供の歯並びが悪い3つの原因。歯列矯正なしでも良くする方法はある!
子供の歯並びが悪くなるのは、遺伝だからしかたない…。 やっぱり歯並びが悪くなったら、歯列矯正で直すしかないのかな…。 お金もかかるから、できるだけ自然に良くなってくれないかな。 と、あなたも子供の歯並びが悪くならな...

 

歯科衛生士
歯科衛生士

以上の理由からも、赤ちゃんの口呼吸は「癖」になる前に直してほしいのです。

 

ただし、赤ちゃんの中には「鼻づまり」から口呼吸が癖になることもあります。

そのため鼻づまりがあるときは、早めに耳鼻科に行って解消してあげましょう。

ママ
ママ

たしかに子供の鼻づまりって長引くことが多いわよね…(汗)

もしズルズルで苦しそうなときは、すーすー茶でスッキリする方法も考えてみましょう!

 

なお、鼻づまり以外での口呼吸の直し方は、↓の記事を参考になさって下さいね。

口呼吸の原因と治し方!口を閉じる子供に大変身する6つの改善方法
子ども達が口を開けて「口呼吸」をしている姿が気になっていませんか? でも、いつか勝手に直るだろう…と、そのまま放っていませんか? 断言します! 子ども達が口呼吸をしているのを発見したら、絶対にやめさせて下さ...

 

鼻呼吸の赤ちゃんが口呼吸になる理由まとめ

赤ちゃんは生まれたとき、全員鼻で呼吸をしています。

 

しかし成長するにつれて気管と食道がつながり、言葉(喃語)が話せるようになる1歳頃から、口呼吸になる子が増えてしまいます。

 

鼻呼吸も口呼吸も「息を吸って吐くこと」と考えれば、同じ呼吸に変わりないのですが…実は天と地ほどのすごい差があります!

 

なんと呼吸を「口」にするだけで、

  • 歯並びが悪くなる
  • 虫歯の原因になる

可能性が高くなってしまうんです。

 

大げさげではなく、口呼吸にメリットなんて全然ありません!

だからこそ赤ちゃんを口呼吸にしてはいけないのです!

 

赤ちゃんを健康に育てるためにも、「口呼吸」にしないことが、わたし達大人の大切なお仕事なのですよ♪

 

▼赤ちゃんの虫歯予防!歯科衛生士も娘につかっている歯磨き粉は、こちらがおすすめです▼

【0歳でも安心】歯磨き粉を飲み込む赤ちゃんも使えるおすすめ3選!
虫歯予防のために赤ちゃんに歯磨き粉をつかいたい。 でも、どれを選べばいいの? 大人用の歯磨き粉じゃダメよね…。 という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお応えします! あなたも赤ちゃんに、どんな歯磨き粉を選べば...

 

▼育児の隙間時間でできる!10秒でできる口臭ケア方法もぜひ♪▼

低刺激のマウスウォッシュで朝の口臭やネバつきが予防できる納得の理由
「歯磨きして寝たのに、毎朝自分の口のニオイが気になる…」 あなたも丁寧に歯を磨いたり舌のお手入れをしているのに、口のニオイやネバつきがなくならずに悩んでいませんか? 寝る前に水を飲んでみたり、息がかからないように...

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました