赤ちゃんが口を開けて寝るならおしゃぶりも考えて!ポカン口が虫歯になりやすい理由

離乳食つらい
スポンサーリンク




うちの子、鼻もつまってないのに、ポカンと口が開いたまま寝てる…。
口呼吸って良くないって聞くけど、どうすればいいの?
という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします^^

 

結論から言えば、口が開いて口呼吸になっているなら、おしゃぶりをつかってみるのも1つの手。

 

『口呼吸』が癖になると、

  • 病気
  • 虫歯

になりやすいのはもちろん、歯並びにも悪影響のため、ぜひ『鼻呼吸』を習慣にしてほしいんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とはいえ、赤ちゃんに言葉で『口を閉じてね!』と言っても、なかなか伝わりませんよね…。

 

そこでこの記事では、

  • 口呼吸が病気になりやすい理由
  • おしゃぶりを使って鼻呼吸にする方法

について紹介します^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんのポカン口に悩んでいるなら、ぜひ参考になさってくださいね!

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが口を開けて寝る…口呼吸のデメリット

赤ちゃんの呼吸はいつまで鼻呼吸

そもそも呼吸には、

  • 鼻から空気を吸う鼻呼吸
  • 口から肺に空気を入れる口呼吸

の2種類があります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろんどちらの呼吸法でも、「息」はできますよね…。

 

でも実は「鼻呼吸」と「口呼吸」の違いは、息を吐いたり吸ったりする「場所が違う」だけではないんです!

 

 

なんと、呼吸を「口」にするだけで、

  • 病気
  • 虫歯

になる可能性が高くなってしまうんです(汗)

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その理由は、空気が体に入ってくる『流れ』にあります。

 

たとえば、寒い日に外で息を思いっきり吸ったときのことを、思い出してみましょう。

 

  • 『鼻』から息を吸ったとき
  • 『口』から息を吸ったとき

で、体に入る「空気の冷たさ」に違いを感じますよね?

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口呼吸の方が、体の中が冷えませんか?

 

その理由は『口呼吸』をすると、口から入った冷たい空気がダイレクトに体の中に入ってくるから。

 

しかも『口呼吸』で入ってきた空気は、口の中や喉の水分やを奪いながら肺へ移動します。

 

 

つまり、冷たい空気がいきなり体の中に入ってくるだけでなく、

  • 喉を痛めたり、乾燥する
  • 口の中が乾燥して虫歯になる可能性が上がる

原因になってしまうんです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口の中が乾燥すると、歯の表面も乾燥してしまいますよね。

 

すると、唾液が歯の汚れを洗い流せず、虫歯リスクが上がってしまうんです。

 

しかも口呼吸が癖になると、鼻呼吸をしなくなってしまいます。

 

そのままでは鼻に空気が流れず分泌物が乾燥し、ますます鼻が通らなくなる悪循環に…(汗)

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからこそ癖になる前に、口呼吸は直す必要があるんですよ。

 

赤ちゃんはいつから口呼吸できるの?鼻呼吸ができない子になる3つの原因
赤ちゃんはいつから口呼吸ができるのか・鼻呼吸と口呼吸になる子の差はどこにあるのかについて紹介します。赤ちゃんのうちから口呼吸を予防する方法を歯科衛生士が解説します。

 

 

鼻呼吸の3つのメリット

赤ちゃんが鼻呼吸をしている理由

 

歯科衛生士
歯科衛生士

一方で鼻呼吸には、メリットしかありません^^

 

鼻呼吸をすると、鼻から吸い込んだ空気は『鼻のフィルター』を通って温められ、肺へ送られます。

 

そのため、喉が乾燥することはありません^^

 

しかも鼻から吸い込まれた空気は、曲がりくねった鼻の中を通るので、

①ほこりや細菌やカビなどを取り除く
②温度を一定に保つ
③温度の調整

働きまであるんです^^

 

ほこりや細菌など有害な異物を取り除く

鼻の穴の中には「鼻毛」だけでなく、繊毛(せんもう)があります。

 

この繊毛のおかげで、

  • ウイルス
  • ホコリ
  • カビ

など有害なものを鼻水として外へ出し、体の中に異物が入らないようにしているんです^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

まさに鼻は、空気清浄機みたいな働きをしているんです♪

 

温度を一定に保つ

 

歯科衛生士
歯科衛生士

鼻呼吸は、空気の温度調節もおこなってくれます^^

 

鼻から入った空気は、温められてから肺の中に入っていきます。

 

そのとき「冬の冷たい空気」も温められてから喉を通るので、喉を痛めることがないんですよ^^

 

 

湿度の調整

鼻呼吸をすると空気が温められるだけでなく、『加湿』もされます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

加湿されると、その湿気で細菌の侵入を防いでくれるんです^^

 

 

ウイルスや細菌は「乾燥した環境」が好きなので、加湿された環境では繁殖できません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

さらに加湿された空気は喉にも優しいので、風邪予防になるんですよ♪

 

以上の働きから、鼻呼吸は口呼吸に比べ断然病気になりにくいのです\(^o^)/

 

 

赤ちゃんが口を開けて寝るならおしゃぶりも考えよう

口呼吸はデメリットだらけですが、赤ちゃんに『口を閉じようね…』と言っても、すんなり閉じてはくれませんよね^^;

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そんなときは、『おしゃぶり』を使ってみるのも1つの手です。

 

とはいえ、

 

ママ
ママ

でも、おしゃぶりをつかうと、歯並びが悪くなるって聞くけど…。

 

という不安もあると思います…。

 

 

たしかに長期間おしゃぶりをつかったり、おしゃぶりを噛むなどの習慣が続くと、歯並びが悪くなる可能性もあります。

 

 

でも今、『鼻呼吸』と『歯並び』のどちらを優先させるか…を考えると、
赤ちゃんの場合は『鼻呼吸』にすることを優先させた方がいいと思うんです!

 

なぜなら『口呼吸』が癖になってしまった方が、病気になりやすいのはもちろん、虫歯や歯並びへの影響が大きくなってしまうから…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから今は、歯並びの問題より、口呼吸を直すことを優先に考えてみましょう!

 

なので寝るときに口が開いてしまうなら、おしゃぶりを使うことも考えてみましょう!

 

 

そしてもう1つ。

 

『口を閉じられる子』にするには、離乳食をよく噛ませることも大切です!

 

そもそも、口がポカンと開いてしまう理由は、普段から口をあまりつかってないから。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口を閉じるには、重力に逆らって下唇を持ち上げる必要がありますよね。

 

つまり、口が開いてしまう赤ちゃんは、唇を持ち上げてキープする筋力がない…ということなんです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからいつも口がポカン…と開いてしまうんですよ。

 

赤ちゃんの口がいつも開いている!口を閉じない半開きの原因と解決策
赤ちゃんの口がいつも開いている原因と予防方法を丁寧に紹介します。

 

 

解決方法は、離乳食をよく噛ませること!

 

口の運動は、おっぱいやミルクが終わったら『噛むこと』でしかできません。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

当然、柔らかい離乳食では、十分に口の運動はできませんよね…。

 

離乳食は裏ごししない・わざわざ作らない!赤ちゃん用の食事が招く危険とは
裏ごしって、絶対しないとダメなの? 毎回は正直めんどくさい…。 スプーンで潰しただけじゃ、ダメなの? という悩みに、約200人もの赤ちゃんの食事指導に関わってきた歯科衛生士がお答えします^^ 結論から言えば、離乳...

 

 

だからこそ、離乳食は作らず『大人の食事』を取り分けるスタイルにしてほしいんです。

 

 

大人の食事を『薄味の和食』にすれば、赤ちゃんにも問題なく取り分けることができます^^

 

ママ
ママ

え?そんなことしていいの?!

と思うかもしれませんが、大丈夫です^^

 

 

なぜなら赤ちゃんってステップを踏んでいけば、大人と同じ大きさの食事でも、平気で食べることができるんですから^^

 

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

大人の食事を取り分けることで、赤ちゃんは自然に噛む回数が増えていきます。

 

 

すると自然に

  • あご
  • ほっぺた

の筋力をつけることができ、重力に逆らって唇を持ち上げ『口を閉じられる子』になるんですよ^^

 

 

昼間は、離乳食をよく噛ませる!

夜は、おしゃぶりをつかって口を閉じさせる!

 

すると『おしゃぶり』をつかわなくても、寝ている間も自然に口が閉じられる子になり、
鼻呼吸が習慣になっていくんですよ^^

 

\奥歯がなくてもよく噛む子になる方法は、こちら!/

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

赤ちゃんが口を開けて寝る!口呼吸のデメリットまとめ

口呼吸になると、ダイレクトに空気と一緒にウイルスやホコリも体の中に入ってしまいます。

 

 

口呼吸は

  • 免疫機能が低下
  • 風邪や病気になりやすい
  • 虫歯になりやすい

など、デメリットばかり…。

 

 

だからこそ、起きているときはもちろん、寝ているときも『口を閉じる習慣』を身につけてあげてほしいんです。

 

 

どうしても口が開いてしまうなら、おしゃぶりを使うことも考えてみましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

と同時に、離乳食をよく噛ませて、口の周りの筋力をつけることも大切です^^

 

口を良く動かせば、自然に口が閉じられる子になって、『鼻呼吸』が習慣になっていきます^^

 

赤ちゃんの健康はもちろん、虫歯や歯並びにもいい影響があるので、ぜひ

 

昼間は、離乳食をよく噛ませる!

夜は、おしゃぶりをつかって口を閉じさせる!

 

の2つを意識してみてください^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

成長してから口呼吸を直すのは、けっこう大変ですから…。

 

\奥歯がなくてもよく噛む子になる方法は、こちら!/

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました