赤ちゃんの口がいつも開いている!口を閉じない半開きの原因と解決策

離乳食つらい
スポンサーリンク




なんでうちの子、いつも口が開いたままなの?
ベロも出てるし、顔もだらしなく見えるから直したい!
口が「ポカ〜ン」と開く癖って、直らないの?

という疑問に、自身も2歳の娘を育児中。

 

歯科衛生士歴13年の経験からお答えします!

 

結論から言えば本来、赤ちゃんはみんな、口が閉じられるはずなんです。

 

なのに、口が開きっぱなしになっているということは、口の周りの筋肉が弱い可能性があります…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも口が開きっぱなしになっていると、顔つきもだらしなくなるし、
歯並びにも悪影響が出てしまいます…。

 

そこでこの記事では、

  • 赤ちゃんの口がポカンと開いてしまう原因
  • 口を閉じる子になる方法

について解説していきます!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口がポカンと開いたままでは、風邪も引きやすくなってしまいます…。

 

口が開いている癖は早いほうが直しやすいので、ぜひ参考になさってくださいね^^

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの口がいつも開いている3つの原因と解決法

赤ちゃんの口が開いている原因

口を閉じるためには「下唇を上に持ち上げて」唇を閉じる必要があります。

 

ということは、いつも口が開いている赤ちゃんは下唇を持ち上げる『口の体力』がない!ということなんです…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、なぜ赤ちゃんは口を閉じられないのでしょうか…?

 

その理由は

①吸うタイプの哺乳瓶をつかっていた
②「柔らかい離乳食」ばかりを食べている
③風邪や鼻の病気を繰り返している

という3つの原因が考えられます。

 

 

吸うタイプの哺乳瓶をつかっていた

おっぱいをしっかり飲んだ赤ちゃんは、自然と口の周りの体力がつき、口を閉じる子になります。

 

その理由は、赤ちゃんのおっぱいの飲み方にあります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実は赤ちゃんって、おっぱいを『吸って』飲んでいるわけではないんですよ。

 

 

赤ちゃんがおっぱいを飲むには、

①おっぱいにかぶりつく

②舌で乳首を上あごに押し付ける

③舌や唇やほっぺたをつかって、おっぱいを搾り出すように飲む

という3つのステップで飲んでいます。

 

つまり赤ちゃんはおっぱいを飲むだけで、

  • 自然に口の周りを鍛える
  • 舌を上あごにつける

ことができるんです。

 

その結果、口が自然に閉じられるようになり、舌も上あごに付けることができるんですよ^^

 

 

一方、哺乳瓶で育った赤ちゃんの中には、十分口を動かさずミルクを飲んでいた子がいます。

 

その代表的な例が、「吸って飲む哺乳瓶」を使っている子です。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

このような哺乳瓶は、乳首にポツンと穴が開いているだけ。

 

なので、ミルクを流し込むように飲んでしまい、

  • あご
  • ほっぺた

など、口の周りの筋肉をしっかり使わずに育ってしまうんです…。

 

 

吸って飲む哺乳瓶は、ストロー飲みのように口先だけ動かせば飲めてしまいます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから、口を閉じる筋力がなく、
口が開いたままになってしまうんですよ…。

 

ミルクで育てるなら、哺乳瓶選びはものすごく大切です!

 

おすすめの哺乳瓶は、おっぱいを飲むときと同じような口の動かし方ができるビーンスタークの哺乳瓶。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ビーンスタークの哺乳瓶には乳首に「弁」がついています。

だから、搾り出すようにミルクが飲めるので、自然に口の周りの筋肉が鍛えられるんですよ^^

 

とはいえ、今さら哺乳瓶の種類を変えてしまうのは、現実的ではありませんよね…^^;

 

だから離乳食が始まっている場合は、『よく噛む』ことで口の周りの筋肉を鍛えていきましょう!

 

 

「柔らかい離乳食」ばかりを食べている

離乳食をつくるときって、

  • やわらかいもの
  • 小さく切ったもの

など、なるべく食べやすいようにメニューを考えますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、柔らかい離乳食ばかりでは噛むことができません…。

 

『口の運動』は、ミルクやおっぱいが終われば、「噛むこと」でしかできません!

 

つまり柔らかい離乳食ばかり食べていると、ほとんど噛まずに飲み込めてしまうため、
口の運動を十分することができず、口を閉じる筋力が弱くなってしまうのです。

 

 

ママ
ママ

でも、まだ歯も生えそろってないし、柔らかくしないと食べられないんじゃ…。

と思いますよね。

 

でもね。

 

下の記事↓でも紹介しているように、生後7ヶ月以降の赤ちゃんで、お座りの姿勢が安定した子なら、
歯がなくても『歯ぐき』や『舌』をつかって離乳食を食べることができるんです^^

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

赤ちゃんは、口にモノが入るとまず飲み込もうとします。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これは本能です!

 

 

でも『これは飲み込めないぞ!』と分かったとき、初めて噛むようになるんです^^

 

柔らかい離乳食では、『口を鍛えるチャンス』がなくなってしまいます。

 

 

だからこそ『口を閉じられる子』にするためにも、生後7ヶ月以降で、お座りの姿勢がしっかりしている子なら、どんどん噛める食事を経験させ、口を鍛えるチャンスをつくってほしいんです^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

おすすめの方法は、大人の食事の中で食べられそうなものを赤ちゃんにも取り分けること!

 

たとえば、

  • 硬めに炊いたご飯
  • 切り干し大根の煮物
  • きんぴらゴボウ
  • お味噌汁に入ったキノコ

 

などは決して硬くない食材ですが、自然に噛む回数が増えますよね!

 

このように大人の食事を薄味の『和食』にしてそれを分け与えれば、簡単に赤ちゃんの噛む回数を増やすことができるんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも和食は、赤ちゃんにとっても消化・吸収しやすいメニュー^^

 

塩分の問題も気になると思いますが、
出汁をしっかり利かせてあげたり、味の濃い新鮮な野菜を使えば、薄味でもとても美味しくつくれるんですよ^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯がなくてもモグモグできる離乳食の作り方は、こちら↓も参考になります。

離乳食をもぐもぐしない・噛まない赤ちゃんを100%噛む子にする方法
7ヶ月を過ぎたのに離乳食をもぐもぐできない・噛まない赤ちゃんを簡単に噛ませる方法を紹介します。

 

 

\安心して食べさせられる野菜の選び方はこちら!/

らでぃっしゅぼーや『ぱれっと』とは?0歳からおすすめしたい最適な理由
らでぃっしゅぼーやのぱれっとの特徴や安全性、赤ちゃんのいる家庭に使いやすい理由について紹介します。

 

風邪や鼻の病気を繰り返している

いつも鼻がつまっていると、口呼吸が癖になってポカン口が習慣になってしまいます。

 

そのまま口呼吸を続けていると、鼻に空気が流れず分泌物が乾燥し、
ますます鼻が通らなくなってしまうんです…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なので鼻がつまったときは、早めに病院へ行って、鼻の通りを良くしてあげましょう^^

 

もし鼻の通りが良くなったのに、口呼吸が直らないときは、『おしゃぶり』をつかうのも1つの手です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

『おしゃぶり』をくわえさせて、強制的に口を閉じてしまうんです^^

 

とはいえ、

ママ
ママ

でもおしゃぶりって、歯並びに悪影響って聞いたんだけど…

という不安もあるかもしれません。

 

たしかに『おしゃぶりを噛むこと』が癖になると、歯並びに悪い影響がでる可能性があります…。

 

しかし、このまま『口呼吸』が癖になった方が、次で紹介しているようなデメリットが多くなってしまいます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからまずは、『口を閉じる癖』を身につけることを優先的に考えてみましょう。

 

 

 

赤ちゃんの口がいつも開いていると起きる5つのトラブル!

口がポカンと開いていることが、赤ちゃんから癖になると、

 

  1. だらしない顔つきになる
  2. 口呼吸が癖になる
  3. 歯並びが悪くなる
  4. 食べ方が汚くなる
  5. 虫歯や口臭が強くなる

の5つの困った事が起こってしまいます。

 

詳しく見ていきましょう!

だらしない顔つきになる

口を閉じるには、重力に逆らって下唇を持ち上げておく必要があります。

 

でも下唇を持ち上げた状態をキープするには、口の周りに筋力がないとできません。

 

つまり、いつも口が開きっぱなしの赤ちゃんは、
言い換えれば「唇を持ち上げておくだけの力がない!」ということなんです…。

 

その結果、いつも口が開いた状態になって、

  • 口元に締りがない
  • ベロが出ている
  • だらしない顔つき

になってしまうんですよ。

 

 

口呼吸が癖になる

人間は鼻がつまってない限り、口を閉じて「鼻呼吸」をするのが正常な状態です。

 

実は赤ちゃんって、生まれたときは全員、『鼻呼吸』しているんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから、息継ぎなしでおっぱいやミルクを
一気に飲むことができるんです^^

 

しかしそんな赤ちゃんも、先ほど紹介したように、

  • 鼻づまりが長引いた
  • 柔らかい離乳食で口の筋力が弱い

などの理由から、「口呼吸」が癖になってしまうんです…。

 

 

鼻呼吸も口呼吸も「息を吸って吐くこと」と考えれば、同じ呼吸ですよね。

 

でも口呼吸が癖になると、口からダイレクトにウイルスやホコリが体の中に入ってしまいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、病気や風邪をひきやすくなってしまうんです…。

 

一方『鼻呼吸』は、ウイルスやホコリを『繊毛』がキャッチし、鼻水として外へだしてくれます^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

まさに、口呼吸は百害あって一利なし!
早めに治してあげましょう!

 

 

口呼吸の原因と治し方!口を閉じる子供に大変身する6つの改善方法
赤ちゃんの口呼吸の治し方を紹介します。自然に口が閉じられる子にするコツを6つ歯科衛生士が紹介します。

 

 

歯並びが悪くなる

実はあなたの歯って、理由もなく「今の位置」に生えているわけではないんです。

 

歯は、『歯並び』が良い悪いは別にして

 

  • 口の内側から押す舌の力
  • 口の外側から押すほっぺたや唇の力

 

の2つ力で、下の図↓のようにお互いの力のバランスを保ちながら「今の位置」に生えているんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、いつも口が開いていると、どうなるでしょうか?

 

とうぜん唇からかかる「外の力」が減り、
反対に舌で歯を前に押す「内側の力」が大きくなって、力のバランスが崩れてしまいますよね!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも「舌」は、筋肉の塊です。

 

舌の押す力はとても強いため、舌で押され続けた歯はそのまま前にたおれ、
『出っ歯』の原因になるなど、歯並びにも悪影響が出てしまうんです…。

 

 

▼関連記事▼

子供の歯並びが悪い3つの原因。歯列矯正なしでも良くする方法はある!
子供や赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因や習慣を紹介します。遺伝以外で歯並びが悪くなる子は赤ちゃんのときからの癖や習慣が大きく影響します。歯列矯正なしで家できる対策方法を歯科衛生士が紹介します。

 

 

食べ方が汚くなる

口が開いた状態が癖になると、食べ方も汚くなってしまいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とつぜんですが、あなたの「舌の先」、今どの位置についていますか?

口が開いている子の舌の位置

正しい「舌の先」の位置は、上の写真↑のように「上の前歯の裏あたり」です。

 

この位置に舌がついていることで、食べ物を上手に飲み込むことができるんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ためしに「唾液」を飲み込んでみましょう!

舌を上あごにつけたまま飲み込みますよね?

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

このように『舌』が上あごに無意識に付くことで、綺麗に食べることができるんです^^

 

でも口が開いたまま成長してしまうと、舌がいつもダラーンと下がった状態になります。

 

舌がいつも下がっていれば、唾液や食べ物を飲み込むとき、舌で前歯を押して飲み込む癖がついてしまいます。

 

その結果、食べ物を飲み込むときに舌が前に出るようになって、食べこぼしの多い子になってしまうんですよ。

離乳食を食べるとき舌を出す【迎え舌】の原因と簡単4つの直し方
離乳食を食べる時、舌が前に出る赤ちゃんの原因と対処法について解説します。

 

 

虫歯や口臭が強くなる

口がいつも開いていたり口呼吸になると、口の中が乾燥し唾液の量が少なくなってしまいます。

 

その結果、口の中を綺麗にしてくれる唾液が減って細菌が繁殖し、虫歯や口臭が強くなってしまいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ついでに前歯も乾燥するので、着色がつきやすくなってしまうんです…(汗)

 

赤ちゃんがいつも口が開いている時の対処法まとめ

気がつくと口が開いてしまう原因は、

  • 口を閉じる筋力が弱いから
  • 風邪や鼻の病気で鼻呼吸が難しいから

 

と大きく2つの理由が考えられます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

口が開いている癖は、早いほうが直しやすいです!

 

普段から口が開いていると、しまりがなくだらしない顔になったり、虫歯になりやすく歯並びも悪くなってしまいます。

 

そんな悲しい未来にしないためにも、あなたが今日からできることは、

 

・卒乳がまだの場合は、おっぱいをよく飲ませる

・生後7ヶ月以上で、お座りの姿勢が安定しているなら、大人の食事を取り分けて、どんどん噛むチャンスをつくってあげる

鼻の病気は早めに治す
(場合によっては『おしゃぶり』をつかってみる)

 

ことで、口を閉じる習慣を身につけさせましょう^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

顔つきや歯並びを悪くしないためにも、ポカン口は、早めに直してあげましょう!

 

 

ポカン口を予防する離乳食の作り方は、こちらが参考になります!

離乳食をもぐもぐしない・噛まない赤ちゃんを100%噛む子にする方法
7ヶ月を過ぎたのに離乳食をもぐもぐできない・噛まない赤ちゃんを簡単に噛ませる方法を紹介します。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました