8ヶ月の赤ちゃんの指吸いをやめさせたい!歯並びに影響が出るのはいつから?

離乳食つらい
スポンサーリンク




指しゃぶりで歯並びが悪くなるって本当?
もう歯も生えてきたし、そろそろやめさせたい!
指しゃぶりを止めさせる方法が知りたい!

という悩みに、歯科衛生士13年の経験からお答えします^^

 

眠いときやお腹がすいたとき、気づくとずっと指を吸っている我が子。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

前歯も生えてきたし、歯並への影響も心配ですよね…。

 

でも指しゃぶりは、3歳頃になると自然にやめる可能性がある!と言われています^^

 

とはいえ、歯並びやあごの成長への影響を考えると、早めにやめさせる方がメリットは大きいです。

 

そこでこの記事では

  • 指しゃぶりの原因
  • いつまでにやめさせればいいのか
  • 楽しく指しゃぶりをやめる方法

について、歯科衛生士が解説していきます^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ぜひ参考になさってください^^

 

 

スポンサーリンク

8ヶ月頃の赤ちゃんの指吸いの原因!何歳までにやめさせれば歯並びに問題ない?

指しゃぶりはいつまでいいの

指しゃぶりの原因の特定は難しいと言われていますが、

  • 寂しさからの精神安定剤
  • 口さみしい
  • 眠い

などが考えられています。

 

また指しゃぶり、と言っても

  • 親指を吸う
  • 指を2本入れて吸う
  • 足の指を吸う
  • 拳を舐める子

と赤ちゃんによってさまざま。

 

とはいえ『指しゃぶりをやめさせたい!』と思っても、指をはずすと怒ったり激しく泣くので、
なかなかやめさせることもできませんよね…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも指しゃぶりが長く続くと、『出っ歯』など歯並びにも悪影響が出くるため心配ですよね…。

 

しかし指しゃぶりは、3歳頃になると自然にやめる子が多い癖です。

 

なので3歳頃までに、

  • 頻度や回数が減ってきている
  • 強く吸わなくなった

なら、歯並びへの影響はほとんどないか、あっても軽度なものと言われているんですよ^^

 

 

それに3歳頃までの指しゃぶりは、おっぱいを飲んでいた頃のなごりや生理的現象だと考えられています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なので頻度が減っているようなら、あまり神経質にならなくて大丈夫ですよ♪

 

ただし3歳を過ぎても、

  • 指しゃぶりの頻度が減らない
  • 指にタコができるくらいの激しい指しゃぶりをする
  • 昼間もよく指しゃぶりをする

なら要注意!

 

早めに矯正歯科や小児歯科で診てもらった方が安心です。

 

指しゃぶりをしていると「早くやめさせなきゃ!」と、焦ってしまいますよね。

 

でも、無理に指しゃぶりをやめさせようとすると、
赤ちゃんの心にもよろしくないし、爪噛みなど「他の症状」が現れて、むしろ逆効果になることもあります…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからこそ、赤ちゃんの気持ちも配慮しながら「やめさせる方法」を考えていく必要があるんですよ^^

 

 

赤ちゃんの指吸いで歯並びが悪くなる理由

指しゃぶりで歯並びが悪くなる原因

指しゃぶりは、

  • 吸う頻度
  • 吸う強さ
  • 吸う期間

などによって、歯並びに影響が出てしまいます。

 

その理由は、指を口に入れることで長時間歯に力がかかってしまうから。

 

指しゃぶりをすると、上下の歯の間に指を挟み、強めに指を吸いますよね。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、出っ歯になったり、前歯がかみ合わなくなったり…と、歯並びに悪影響を与えてしまうんです。

 

しかも3歳を過ぎても、指にタコができるほどの、頑固な指しゃぶりが続けば、

  • 歯並びが悪くなる
  • 舌足らずな喋り方になる
  • うまく飲み込めない

など、歯並びの他にもトラブルが起こってしまいます。

 

出っ歯になる

指を歯の間に挟んで強く吸うと、歯やあごに強い力がかかりますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも指しゃぶりをしている間、ずっと上あごと前歯は『前』に押し続けられます。

 

その結果、歯列の幅が狭くなって、歯が前に出てしまい「出っ歯」になってしまうんです。

 

子供が出っ歯になる原因は遺伝と癖!赤ちゃんから注意したい5つの癖
赤ちゃんの出っ歯は遺伝だけじゃなく、口呼吸や指しゃぶりなどの癖が原因で起こることがあります。赤ちゃんのうちから気をつけたい出っ歯になる癖と予防法を紹介します。

 

前歯が噛み合わなくなる

指しゃぶりで歯並びが悪くなる理由

指しゃぶりで前歯の間に指を入れると、

  • 上の歯は前に
  • 下の歯は内側に

倒れます。

 

すると上下の歯の間に隙間ができて、前歯が噛み合わなくなってしまうんです。

 

 

 

上あごが狭くなる

指しゃぶりが長引くと、あごの側面が常に圧迫されます。

 

その結果、あごの『横の成長』が邪魔され、上あごが狭くなり
上下の歯並びのバランスが崩れてしまうんです。

 

 

奥歯のかみ合わせがズレる

上あごの幅が狭くなると、下あごとのバランスが悪くなってうまくかみ合わず、
横にずらして噛む癖がついてしまいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ズラして噛む癖が身につくと、奥歯のかみ合わせがズレる原因になります。

 

 

舌が前に出る

指しゃぶりをすると、前歯の間に隙間ができます。

 

すると、この隙間に

  • 舌を入れる
  • 飲み込むときに舌で歯を押す

ような癖がついてしまうんです…。

歯の間に舌を入れる癖

歯科衛生士
歯科衛生士

この癖、本当に厄介なんです…。

 

 

舌を歯の間に入れたり、舌を前に出す『悪い癖』があると、

  • 舌足らずな話し方になる
  • 「サ・タ・ナ・ラ行」の発音がうまく言えないことがある
  • 迎え舌になる

と、良いことがありません。

 

離乳食を食べるとき舌を出す【迎え舌】の原因と簡単4つの直し方
離乳食を食べる時、舌が前に出る赤ちゃんの原因と対処法について解説します。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

大人で指しゃぶりをしている人はいませんが、
「舌を歯の間に入れる癖」がある人は結構いるんですよ^^;

 

 

だからもし3歳以降も指しゃぶりが続くなら、歯並びに影響が出る前に歯医者で相談してみることをおすすめします。

 

赤ちゃんの指吸い!歯並びに影響が出る前にやめさせる方法

指しゃぶりをやめさせる方法

赤ちゃんの指しゃぶりには「精神安定剤」の効果があります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから無理に指しゃぶりをやめさせようとすれば、
逆に赤ちゃんのストレスになる可能性があるんです…。

 

そのため指しゃぶりをやめさせたいときは無理はせず、他のことに集中させて、指をくわえる時間を減らしていきましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

指しゃぶりは、できれば早めに直すほうがメリットは大きいです!

でもまだ言葉が理解できないときは、遊び感覚で指しゃぶりをやめられるように

 

  • 指人形で『わたしをお口にいれないでー』と遊ぶ
  • 散歩や公園など外で遊ばせて、指しゃぶりのことを忘れさせる
  • 指しゃぶりの絵本を読む

 

など、赤ちゃんが楽しみながら指しゃぶりを忘れるよう工夫をするのがおすすめです^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

意外に効果があるのが絵本です。

 

わたしのオススメは、

 

歯科衛生士
歯科衛生士

『ゆびたこ』は少し絵が怖いです…(笑)

 

 

の3冊です^^

 

絵本はまだ言葉が分からない赤ちゃんでも、絵で理解できます^^

 

何度も繰り返し読むうちに、「指しゃぶりをやめなきゃ!」と赤ちゃんも理解しやすいので、おすすめですよ^^

 

 

赤ちゃんの夜の指吸い!やめさせたい時の対策法

夜の指しゃぶり対策

昼間の指しゃぶりの回数が減っても、夜はなかなか直らず長引く可能性があります。

 

夜の指しゃぶりの対策は

  • 手をつないで寝る
  • 絵本を読んで寝かせる
  • 寝る前やお風呂に入りながら「今日は指をくわえず寝ようね」と約束する

の3つの方法を試してみましょう。

 

 

もしどうしても指しゃぶりが直らないときは、防止グッズとして、チュチュバイバイスキンクリームを試してみる方法もありますので、
指しゃぶりが長引いたり、頻度が多くなったときは使ってみるといいかもしれません^^

 

歯並びを悪くしない予防方法

 

歯科衛生士
歯科衛生士

最後にもう1つ。
対策法ではないですが、離乳食をよく噛ませることもおすすめです。

離乳食をよく噛んで食べると、あごの骨を刺激して幅を広げてくれる効果があるんです^^

 

さきほど紹介したように、指しゃぶりをするとあごの幅が狭くなったり、歯並びへの悪影響が出てしまいます…。

 

でも、なかなか指しゃぶりが直らないときは、悪い影響を少しでも緩和するための予防策として、
普段から離乳食をよく噛ませて食べさせることはおすすです!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あごの骨は、噛むことで刺激され成長していきます。

 

つまり、

  • よく噛んであごの幅を広げていく
  • 絵本や指人形などで指しゃぶりへの注意をそらす

 

2つの方法を試していけば、歯並びへの悪影響を最小で止めることができる!というわけです^^

 

ママ
ママ

でもまだうちの子、奥歯が生えてないんだけど…

という赤ちゃんでも大丈夫です^^

 

なぜなら生後7ヶ月以降の赤ちゃんで、

  • しっかりお座りができる
  • おっぱいやミルクがしっかり飲める
  • 手が自由に使える

赤ちゃんなら、奥歯がなくてもたいていのものは食べられますから^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

詳しくは、こちらを参考になさってみてください^^

歯が生えてないけど離乳食始めていい?離乳食に歯の本数は関係ない理由
歯が生えてないのに離乳食は始めていいの?歯の生え方と離乳食を食べられるかは関係ありません。その理由を歯科衛生士が紹介します。

 

 

\赤ちゃんがよく食べる野菜や果物の選び方は、こちらが参考になります^^/

らでぃっしゅぼーや『ぱれっと』とは?0歳からおすすめしたい最適な理由
らでぃっしゅぼーやのぱれっとの特徴や安全性、赤ちゃんのいる家庭に使いやすい理由について紹介します。

 

 

赤ちゃんの指吸いの原因と歯並びへの影響まとめ

指しゃぶりは

  • 精神安定剤
  • 口さみしい
  • 眠い

などが原因に考えられています。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんの指しゃぶりは『生理現象』だったり『精神安定剤』の役目があるので、
3歳頃になると自然にやめる子も多いです。

 

 

ただし

  • 強く吸う
  • 頻度が多い

指しゃぶりは、歯並びやあごの成長への悪影響もあるので、今のうちに対策をしておいた方が安心です!

 

 

まだ言葉が理解できないときは、遊び感覚で指しゃぶりをやめられるように

 

  • 指人形で『わたしをお口にいれないでー』と遊ぶ
  • 散歩や公園など外で遊ばせて、指しゃぶりのことを忘れさせる
  • 指しゃぶりの絵本を読む

 

など、赤ちゃんが楽しみながら指しゃぶりを忘れるよう工夫して、指しゃぶりの回数を減らしていきましょう^^

 

 

さらに離乳食をよく噛ませておくことで、あごの骨の成長を促し、指しゃぶりの悪影響を予防することができます^^

 

 

ぜひ指しゃぶりの予防とともに、よく噛める離乳食を食べさせて歯並びのキレイな子にしましょう^^

 

 

\赤ちゃんがよく食べる野菜や果物の選び方は、こちらが参考になります^^/

らでぃっしゅぼーや『ぱれっと』とは?0歳からおすすめしたい最適な理由
らでぃっしゅぼーやのぱれっとの特徴や安全性、赤ちゃんのいる家庭に使いやすい理由について紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました