赤ちゃんが出っ歯になる原因は遺伝と5つの癖だった!治療を始める時期はいつからがいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

子供や赤ちゃんを「出っ歯」にしたくないパパやママにとっては、耳寄りな情報です!

前歯や上あごが前に出て出っ歯になってしまうと

  • 口が閉じにくい
  • いつも口が開いている
  • 前歯や歯ぐきが乾燥してしまう
  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 歯ぐきが見え過ぎて「ガミースマイル」になる
  • 前歯で食べ物が噛み切りにくい
  • 転んだ時に唇を切ったり歯が折れてしまう

など、口の中のトラブルも多くなってしまいますよね(;_;)

「出っ歯」になると前歯が噛み合わないので、食べ物をうまく噛み切ることが出来ません…。

それに、口が閉じにくいと「見た目の問題」にも影響しますし、歯や歯ぐきが乾燥してしまえば、虫歯や歯周病になってしまいます。ついでに、着色もつきやすい口の中に…(泣)

「そう。いい事が一つもないのです…。」

歯の着色は【プレミアムブラントゥース】で白くできますが、歯並びにコンプレックスがあると、笑うときに手で口を隠したり、心から笑うことが出来なくなるかもしれません(><)

この記事では、赤ちゃんや子供達を出っ歯にしないための方法を紹介していきます。悲しい口元にならないためにも、早速、具体的な予防方法を見ていきましょう(^^)

スポンサーリンク



口を閉じて笑うのが難しい!出っ歯(上顎前突)になってきた理由は遺伝なの?

実は出っ歯になる理由には、

①生まれつきのもの(骨格など遺伝的なもの)

  • 上あごが前に出ている
  • 下あごが引っ込んでいる

②生まれた後からのもの(癖や姿勢など)

  • 口呼吸
  • 指しゃぶり
  • 舌で前歯を押す癖
  • 唇を噛む癖
  • 爪を噛む癖

と大きく2つの原因があります。

注意したいことは、出っ歯になる原因は①の骨格や遺伝が原因になっている場合もありますが、②の癖や姿勢が原因でも出っ歯になる!ということ。

遺伝が原因の場合は、予防はなかなか難しいかもしれませんが、癖や姿勢が原因の場合なら予防をすることは可能ですから(^^)

子供が出っ歯になる原因は姿勢や指しゃぶりなどの癖だった!

実は、子供達が普段「何気なくやっている癖」の中にも、出っ歯になる原因はたくさんあるんです(汗)

例えば、

  1. 口呼吸
  2. 指しゃぶり
  3. 舌で前歯を押す癖
  4. 唇を噛む癖
  5. 爪を噛む癖

の5つの癖がある場合は、出っ歯になる可能性があるので注意が必要です!

どの癖も決して強い力ではありませんよね。しかし強い力でなくとも、歯に力がかかり続けると歯は動いてしまうんです。
(だから、矯正治療が出来る!というメリットもあるのですが…汗)

例えば、机の上にあごを乗せて本を読む習慣があると、下あごが後退して出っ歯になります。ついついやっている子供達も多いかもしれませんね(汗)

他にも、猫背など背中が丸まっていたり、首が前に出たような姿勢でいると、下あごの発達に影響が出る場合もあります…。

猫背で前かがみになると、呼吸器系や内臓系を圧迫して呼吸がしにくくなってしまいます。

その結果、鼻呼吸がしにくいので口呼吸になり、あごを前に出して頭を後ろに反らせるため、自然に首が突っ張った姿勢になってしまうんです。

(口呼吸をすると、あごが自然に少し上向きになりませんか?この姿勢のことです)

しかも首が突っ張った状態ではあごは下に引っ張られ、下あごが正しく前に成長できなくなりってしまいます。その結果、下あごが引っ込んで出っ歯に見えてしまう!というシナリオが出来上がるのです(汗)

わたし達大人も、スマホやパソコン作業中や何かに夢中になっていると、無意識に姿勢が悪くなってしまうこと、多いですよね…(汗)

でもその無意識を続けていると、子供達の将来の「顔つき」や「歯並び」にまで影響がでる!ということはパパやママは絶対に忘れないで下さい!

子供の顔やあごはまだまだ成長中!

間違った方向に成長させないように、すぐできる!子供の歯並びがガタガタになる3つの原因と綺麗な口元になれる5つの成功法!でも書いたように、家庭でも注意することがとても大切なんですよ(^^)

指しゃぶりで出っ歯になる

赤ちゃんや子供達の場合、指しゃぶりが原因で「出っ歯」や前歯がかみ合わない「開咬」になることも多いんです。


でも安心して下さい(^^)

骨格に問題がなければ、骨格に悪影響が出る前の3歳頃までに指しゃぶりを止めることで、自然に歯並びが治る可能性がありますから。

家で出来る指しゃぶりの直し方は、指しゃぶりの直し方を参考にしてみて下さいね(^^♪

口呼吸と出っ歯の関係

「口呼吸」も子供達が出っ歯になる大きな原因になります。

わたしたちの歯は

  • 口の外側の頬っぺたや唇
  • 口の内側の舌

の「力のバランス」で今の位置に生えています(^^)

でも…口が開いている「口呼吸」が癖になれば、外からの力がかからなくなり、歯は前に倒れて、出っ歯になる可能性が高くなってしまうのです…(汗)

口呼吸は百害あって一利なし!

【口呼吸の治し方】子供でも簡単に試せる6つの改善方法で口を閉じる子に大変身!でも書いたように、口呼吸は絶対に直しておきましょう。

では次に、具体的な出っ歯の治療方法を見ていきましょう(^^)

出っ歯の治療方法は矯正治療で直そう!

出っ歯を直す方法は、まず「悪い癖」を直すこと。そして矯正治療で直していきます(^^)

上あごが成長し過ぎの場合は、矯正治療で下あごの成長を促したり、上あごの成長を抑えていきます。

一方で下あごが引っ込んでいる場合は、矯正治療で下あごの成長を促します。

もしあごの骨に問題がなく、歯が前に倒れて出っ歯になっているときは、歯を抜いてできた隙間を使って矯正治療で前歯を中に入れていきます。

もちろん症状によって使う矯正装置も変わってくるので、担当医とよく相談してみましょう(^^♪

まとめ

「出っ歯」と言っても、実は

  • 上あごが成長し過ぎて前に出て、出っ歯になっている
  • 下あごが本来あるべき位置より後ろに押し込められて、出っ歯になっている
  • あごには問題はなく「癖」や「姿勢」が原因で前歯が前に倒れて、出っ歯になる

と3つの理由があったんです。

関連記事→子供用の椅子のおすすめは2つ!食事中に足が付かないベビーチェアで歯並びが悪くなる理由とは。

わたし達が普段何気なくやってしまう癖や姿勢が、あごの骨や歯並びにも関係していたなんて、驚きですよね…。

ママが出来る事は、子供達が「あごに負担をかける癖」や「姿勢が悪い」ところを見つけたら、声をかけて直していくこと(^^)

特に

  1. 口呼吸
  2. 指しゃぶり
  3. 舌で前歯を押す癖
  4. 唇を噛む癖
  5. 爪を噛む癖

の5つの癖がある場合は、出っ歯になる可能性があるので注意が必要です!

もし気になることがあれば、早めに歯医者へ相談に行きましょう(^^)/

本格的な矯正治療は、永久歯の前歯が生える小学校1~2年生ころから始めることが多いです。

でも、下あごが引っ込んでいるなど骨格に問題のある場合は、早めにあごの成長を促す事もあるので、担当医とよく相談してみましょう(^^)/

歯並びや矯正治療の相談は東京辺りでは精密審美歯科で、他の地域は自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で信頼できる歯医者を探すのがおすすめです(^^♪

簡単!虫歯予防に効く歯磨き方法

出っ歯で歯が乾燥すれば、虫歯や歯肉炎になりやすくなります。

ママやパパはもちろん、子ども達の仕上げ磨きのコツをまとめました\(^o^)/歯科衛生士が我が子に実践している方法ですので、ぜひ参考にしてみて下さいね(^^)

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

家で手軽に歯の着色を落としたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

手軽に安く歯を白くしたい人には、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があります。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ。

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)

今、ここまで白くなっています\(^o^)/

普段の歯磨き粉として使うだけなので、小さな子供を子育て中のわたしでも、手間や続けるストレスは全くありません!

まさに、今までのホワイトニングとは比べ物にならないほどの快適さで「歯を白く」することができますよ(^^)

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい\(^o^)/

使っているから言えます。【プレミアムブラントゥース】は本当に白くなりますよ(^^)

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする