赤ちゃんがご飯や離乳食を丸呑みする原因は?プロ実践!丸飲みを治す方法は簡単です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

image

赤ちゃんが噛まずに離乳食を「丸飲み」してしまうと、「むせたらどうしよう…」と心配になりますよね。

しかし結論から言えば「大きいものを飲み込める」赤ちゃんは、それだけ「口の機能」が高い証拠!心配する必要はありません。

心配するより、赤ちゃんの成長を喜んであげましょう\(^o^)/

この記事では、赤ちゃんが丸飲みする原因と解決方法について解説していきます。

実は、丸飲みをやめさせる方法は本当に簡単なんです(^^)

その方法をお話ししますね。

スポンサーリンク



ご飯や大きいものを噛まずに丸飲みする赤ちゃんの対策方法

わたし達が食べ物を飲み込むまでの過程を細かく見ると

口の中に食べ物が入る。

頬っぺたや舌を使って歯の上に食べ物をおく。

食べ物をよく噛んで細かくし、唾液と混ぜて飲み込みやすい形にする。

舌を使って喉へ送り込み、飲み込む。

というステップを踏みながら食事をしています。

中でも「飲み込む」という行程は、このステップの最後の動きになりますよね。

つまり「大きなものを飲み込める」ということは、言い換えれば、上に書いた一連のステップ全体(食べる→噛む→飲み込む)がよく成長している証拠(^^)/

そう!赤ちゃんが「丸飲み」することは、心配するどころか「成長の証!」

喜ばしいことだったんです\(^o^)/

サプリメントや薬の錠剤を飲み込めない大人

少し話は変わりますが、最近、錠剤タイプの薬やサプリメントを「一粒ずつ」しか飲めない大人が増えています。

あんなに小さな錠剤なのに、何粒もいっぺんに飲めない大人がいるなんて…(汗)

一体どういうことなのでしょうか?

その理由は「食べる→噛む→飲み込む」という口の機能が衰えていたり、成長の過程で、十分に口を動かしてこなかったから…(汗)

つまり

  • 赤ちゃんの時に、しっかりおっぱいを飲まなかった
  • 噛まなくてもいい「柔らかい食事」ばかり食べていた

2つの原因が考えらます(汗)

赤ちゃんはママのおっぱいを飲む時、口の周りや舌やあごの筋肉を動かしながら母乳を飲んでいます。

おっぱいを飲むことで、自然に「舌の動かし方」や「飲み込み方」を覚えることができるんですよ(^^)

しかし、ミルクで育った赤ちゃんの中には「吸って飲む哺乳瓶」を使って、流し込むようにミルクを飲み、十分に口の周りの筋肉や舌を使えずに育った子がいるのです(汗)

ミルクで育てるなら、哺乳瓶選びはものすごく大切です!

知らないと後悔!【間違った哺乳瓶選び】が子供の歯並びに悪影響になる理由にも書いたように、哺乳瓶は母乳を飲むときと同じような口の動きが出来るビーンスタークを選んであげましょう。(お願いです!)

大人でもサプリメントや錠剤を一気に飲み込めない人が増えている原因は、口の筋肉を上手に動かせないから。

つまり、普段の食事や赤ちゃん時代の哺乳期に原因があったのです…(汗)

噛まなくても食べれる料理や離乳食が丸飲みの原因になっていた

実は「大きなもの」を飲み込めるかどうかは、「赤ちゃんの飲み込む力」「食べ物」によって決まります。

人は食べ物が口に入ると、本能ですぐに飲み込もうとします。でも「これは飲み込めないぞ!」分かった時、初めて噛むようになるのです。

例えば同じ大きさでも、バナナとリンゴならどちらが飲み込みやすいですか?バナナの方が、噛まなくても飲み込めてしまいますよね。

こういう事なんです(^^)

つまり、赤ちゃんが丸飲みをするなら「食材」や「切り方」を変えるしか方法はない!ということ。

口の筋肉をつけるには食事をよく噛むこと

口の体力をつける改善策は、食事をよく噛むこと。

でもハンバーグやグラタンやオムライスなど「柔らかい食事」ばかりでは、大人だってよく噛むことができませんよね(汗)

「よく噛む食事」は子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!でも書いたように、食材と切り方がポイントになります!

そう。料理を作る人の腕次第なのです(^^)

オススメは、繊維の多い葉物野菜を大きく切って食卓に出すこと。

我が家ではオクラは茹でてそのままの形で出したり、ブロッコリーも一口で食べられないサイズで出しています。

レタスは豪快に手で「バサッ」とちぎり、煮物の野菜も大きめに切る。お肉もミンチなんて使いません(^^)/

すると…。
夫も娘も、自然に前歯で噛みちぎって奥歯ですり潰すようになって…と、無意識に嚙む回数が増えるのです(^^)

あと意識しているのが、切り方(^^)

実は、同じ食材でも「切り方」によって噛む回数が変わります。
例えばタコ。「ぶつ切り」と「スライス」したものでは、どちらが噛む回数が多くなるか…簡単ですよね?

我が家では、こんな風に「すぐに飲み込めない、噛める食事」を作っています(^^)

料理も楽で、家族全員が無意識に噛む回数が多くなる方法なので、かなりおすすめですよ!

赤ちゃんが「丸飲み」してしまうなら、もっと大きく野菜やお肉を切って、どんどん歯で噛みちぎらせるようにすればいいのです\(^o^)/

逆に言えば、飲み込みにくくしなければ、赤ちゃんの丸飲みは直りません!

もし、食材を大きくして赤ちゃんが食べなくなったら【子供の遊び食べに効果抜群!】ご飯を食べない時は5つ対策方法で叱らずイライラ卒業!を参考にしてもらえると、何でも食べる子に変身するはずです(^^)

大きい物も食べさせよう!飲み込めない時は吐き出すから大丈夫です

赤ちゃんが大きいものが飲み込める(丸飲み出来る)という事は、しっかり口の周りの筋肉や舌が使えている!ということ(^^)

つまりは、それだけ赤ちゃんの口の能力が発達してきた証拠なんです♪

だから、ママ!「大きいものを飲み込んでしまった。この子大丈夫かしら…。」と心配するのではなく、『こんなに大きいものも飲み込めるようになったんだね♪』と、赤ちゃんを褒めて、喜んであげて下さい(^^♪

そして次からもっと大きく切って、食べにくい形態にして赤ちゃんにご飯を作ってあげましょう(^^)

▼具体的な離乳食の進め方は、こちらにまとめています▼

関連記事→失敗なし!7ヶ月目からの初めての離乳食の進め方や作り方は5つのステップで絶対に上手くいく!

「食べられるか、食べられないか」はママじゃなくて、赤ちゃんが決める事!

赤ちゃんは賢いです!「これは無理だよ~食べられないよ〜」と思ったら、吐き出したり、飲み込まずにずーっと口の中に入れていますから。

それに姿勢がしっかりしていれば、むせたり喉に詰まらせる心配はまずありませんよ(^^)

小さく切ってはダメ!大きく食べにくく作るのです!

大丈夫!赤ちゃんが離乳食でむせる事や飲み込めない事は大切な経験になる理由でも書いたように、「むせたらどうしよう…」と過剰に心配する必要はないんですよ(^^)

忘れないで下さい。

「食べられるか、食べられないか」はママじゃなくて、赤ちゃんが決める事なのです(^^)

まとめ

丸飲みする赤ちゃんは、心配どころか口の機能が発達している証拠!素晴らしいことです(^^)

赤ちゃんが丸飲みするなら、食材を大きく切ってもっと飲み込みにくく料理してあげましょう。

飲み込みにくい食事は、食材と切り方がポイントです。

「噛まないと飲み込めないもの」を出してあげれば、赤ちゃんも「なんとか噛んで食べよう!」と赤ちゃんなりに工夫するようになりますから♪←この経験がとても大切です(^^)

赤ちゃんは「一人座り」が出来て姿勢がしっかりしていれば、食べ物が喉につまってしまう心配はまずありません。

もし万が一つまっても、パパやママが冷静に

  • 背中を叩く
  • 口から出す

対処してあげればいいだけのこと(^^)

むしろ「つまったり、ムセる経験」は、赤ちゃんにとってはラッキーなことなんですよ(^^)

次から「もっと上手に食べてやる~」と、工夫するようになりますから♪怖がらず、赤ちゃんの力を信じてあげて下さい(^^)

食べることは一生続きます!

噛む基礎を身につける赤ちゃん時代に、あごをたくさん動かせるよう環境を整えてあげることが、わたし達ママの仕事なんですよ(^^)

▼歯が生え始めたら、歯磨きも始めましょう。赤ちゃんにも使える歯磨き粉の選び方もマスターしましょう▼

あわせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

▼育児の隙間時間でできる!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

▼子育て中でもできる「歯を白くする方法」も一緒に参考にしてみて下さい♪▼

合わせて読みたい→家で歯を白くする歯磨き粉の効果。歯が白くならないと諦めてたあなたも1ヶ月試してみて!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする