離乳食を食べるとき舌を出す【迎え舌】の原因と簡単4つの直し方

離乳食の進め方
スポンサーリンク




なんでうちの子、食べるときに舌を前に出すのかしら…。
食べこぼしも多いから、直したいのよね…。

という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします!

 

 

結論から言うと、食べるときに舌が出る赤ちゃんは、

  • 口の周り

をじょうずに使えてない可能性があります!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舌を出さないと食べられない…ということは、
言い換えれば『舌の使い方がとても下手』なんです…。

 

 

しかも舌の使い方が悪いまま成長してしまうと、

  • 歯並びが悪くなる
  • 舌足らずな話し方になる

など、歯並びや発音にも問題が出てしまう可能性があるんですよ…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも安心してください!
直す方法はありますから^^

 

この記事では、赤ちゃんが舌を出して離乳食を食べる原因と対策方法について、ベテラン歯科衛生士が解説していきます。

 

 

舌を前に出す癖は、

  • 口の周りの筋肉
  • 舌の使い方

を見直せば良くなります♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

早く対処するほど直る可能性があるので、さっそく実践してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

離乳食を食べる時に舌を出す!迎え舌のデメリット

食べるとき舌が前に出る「迎え舌」のお話をする前に、あなたに知ってほしいことがあります。

 

実は歯は、理由もなく「今の位置」に生えているわけではないんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

と言われても、意味が分かりませんよね^^;

 

実はわたし達の歯って、歯並びが良い悪いは別にして、下の図のように

  • 内側から押す舌の力
  • 外側から押すほっぺたや唇の力

 

の2つ力でバランスを保ちながら、「今の位置」に歯が生えているんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも舌の使い方が悪いと、どうなるでしょうか…?

たとえば、『舌で歯を常に押している癖』があるとします。

 

すると「唇からかかる力」より「舌で歯を前に押す力」の方が大きくなりますよね。

 

その結果、内側と外側の力のバランスが崩れて下の前歯が倒れ、歯並びが悪くなってしまうんです。

 

 

しかも、舌で歯を押す癖があると「舌を前に出す」ことが増えてしまいます…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そうなれば、もう最悪です!

食事中に「迎え舌」になることはもちろん、滑舌が悪くなったり、
食べ物を「上手に飲み込めない子」になってしまうからです。

 

 

※食べ物を飲み込むには、舌を喉の方に動かして、食べ物を飲み込む必要がありますよね。

でも「舌が前に出る癖」があると、飲み込むときに舌が前に出てしまい、
うまくに食べ物が喉に送り込めません。

その結果、上手に飲み込めない子や食べこぼしの多い子になってしまうのです。

 

だからこそ、迎え舌など「舌を前に出す癖」があるときは、早急に直すことが

  • 綺麗な食べ方になる
  • 綺麗な歯並びになる

秘訣なんですよ^^

 

 

舌の正しい位置はココ!

歯科衛生士
歯科衛生士

ところであなたの「舌の先」、今口の中のどの部分についていますか?

舌を出しながら食べる子供を治す方法

「正しい舌の位置」は、↑の写真のように
上の前歯の少し後ろ(スポット)に、軽く舌の先が触れているのが正常な状態です。

 

舌が上の前歯の後ろに付いていることは、食べ物を上手に飲み込むためにも、とっても大切なことなんですよ♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ためしに『唾液』を飲み込んでみて下さい。

 

舌先が上あごに付いたまま「ゴックン」と飲み込みましたよね?

 

このように食べ物を喉へ送り込むためには、舌先が上あごについている必要があるんです!

 

でも舌が前に出る癖があると、飲み込むときに舌が前に出てしまい、食べ物がうまく飲み込めません。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、口から食べ物がこぼれてしまうのです。

 

 

つまり、迎え舌などで「舌を前に出す癖」のある子は

  • 舌が下の前歯の裏側にある
  • 上下の前歯の間から舌がはみ出している

など、ほぼ100%『舌』が正しい位置にないし、舌の使い方も下手な子になってしまいます…。

 

 

しかもそのまま成長してしまえば、食事中に

  • 口から食べ物がよくこぼれる
  • 口を開けたまま食べる
  • クチャクチャ音を立てて食べる
  • 舌で食べ物を迎えにいく(迎え舌)

など、食べ方も汚い子になってしまうんですよ…。

 

 

離乳食を食べる時に舌を出す赤ちゃんの原因は?

繰り返しますが食べるとき、舌が出る『迎え舌』になる原因は、舌の使い方がうまくないからです。

 

舌を出しながら食べる子供を治す方法

さらに、舌が本来あるべき位置(上の前歯の裏)にないことが原因です。

 

でも冷静に考えると、重力にさからって舌を上あごに付けるって、結構大変だと思いませんか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なのにあなたは今、舌を無意識に上あごに付けていますよね。

 

その理由は、赤ちゃんのときに舌を上げる練習をしていたからなんです。

 

 

実は赤ちゃんはみんな、母乳を飲むことで「正しい舌の位置」を覚えることができるんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

普通『母乳を飲む』と言うと、吸って飲む様子をイメージしますよね。

 

でも実は母乳って、吸って飲んでいるわけじゃないんです。

 

赤ちゃんは母乳を飲むとき、舌で上あごに乳首を押し付けて、絞り出すように飲んでいるんです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舌が、イモムシが木の枝を這う(はう)ような動きをことで、乳首から母乳を絞り出しているんですよ。

 

 

この動きをすることで、

  • 自然に舌が上あごに付く
  • 飲み込むときに舌を喉の方に送る

動きを身につけることができるんですよ^^

 

さらに母乳を飲むためには、舌はもちろん

  • あご
  • ほっぺた

など、口の周りの筋肉を使います。

 

その結果、

  • 噛む
  • 飲み込む
  • 発音

の基礎となる、口や舌の動かし方を自然に身につけることができるんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり迎え舌になっている子は、
母乳を飲む時期の口の使い方に原因があった可能性があるんです…。

 

たとえば、赤ちゃんのときに、乳首に穴がポツンと開いただけの『吸って飲むタイプ』の哺乳瓶を使っていたとします。

 

 

このタイプの哺乳瓶は、母乳を飲むときのように、舌で絞り出す動きではなく、
いわば『ストロー飲み』をしているように、チュウチュウ吸って飲む口の動きになります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ストローで飲み物を飲むときって、舌が『前後』に動きますよね。

 

この舌の動きが身についた赤ちゃんは、食べ物を食べたり飲み込むときに、舌が前に出やすくなるんです。

 

舌を出しながら食べる子供を治す方法

しかもストロー飲みのように、舌を前後に動かす癖がついてしまうので、
重力にさからって、上あごに舌先を付けることができなくなってしまいます…。

 

 

『母乳』の飲み方と、『吸って飲む哺乳瓶』では、赤ちゃんの

  • 口の動き
  • 舌の動かし方

が全く違います!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、「正しい舌の使い方」や「口の動き」ができないまま、成長してしまうんですよ。

 

 

だからこそミルクで育てるなら、できるだけ母乳に近い飲み方ができるもの(ビーンスターク)を使ってほしいんです!

 

ビーンスタークの哺乳瓶には『弁』が付いているので、母乳と同じように舌を上下に動かし、
絞り出すようにミルクを飲むことができるからです。

 

とはいえ離乳食が始まった今、これから哺乳瓶の種類を変えるのは現実的ではありません。

だからこそ、離乳食を噛めるメニューにして、たくさん口や舌をつかわせることが大切なんですよ^^

 

 

離乳食を食べる時舌を出す時の4つの対策方法

舌を歯の間から出す子供になる原因

 

歯科衛生士
歯科衛生士

舌を上手に動かせるようになれば、舌を前に出さなくなるし、食べ方も綺麗になります!

 

そのためにも

①離乳食は作らない

②風邪を引いたらすぐ治す

③一口の量を調整する

④大人の食事を取り分ける

の4つの方法を意識しましょう!

 

離乳食は作らない

口の運動は、『噛む』ことでしかできません。

 

でも離乳食って、どうしても

  • 柔らかく
  • 食べやすく

つくってしまいますよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、赤ちゃんは噛む練習ができなくなってしまうんです…。

 

あとで詳しく紹介しますが、生後7ヶ月以降で

 

・お座りの姿勢がしっかりしている
・手が自由に動く
・おっぱい(ミルク)をしっかり飲んでいる

 

赤ちゃんなら、歯がなくても大抵のものは食べられます^^

 

赤ちゃんは歯がなくても、おっぱいを飲むように舌を上あごに押し付けながら食べようとします。

 

そして成長とともに歯ぐきで上手に食べるようになって、歯が生えてくると噛んで食べるようになるんですよ^^

 

この経験を今の時期にたくさんさせ、口や舌をどんどんつかうチャンスをつくってほしいんです。

 

よく噛んで食べれば、口や舌をたくさん使うようになり、舌の使い方もうまくなっていきますから。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

その結果、舌が前に出にくくなるんですよ♪

 

風邪を引いたらすぐ治す

歯科衛生士
歯科衛生士

風邪を引いて鼻がつまると、口で呼吸するようになりますよね。

 

実は口呼吸が癖になると、ますます舌が前に出やすくなってしまうんです…。

 

舌を出しながら食べる子供を治す方法

舌は本来、上あごに付いているのが正常な状態です。

 

でも口呼吸をするとき、舌が上あごに付いていると呼吸がしにくいですよね…。

 

その結果、舌がダラーンと下がってしまい、食べるときに舌が前に出やすくなってしまうのです。

 

とくに鼻風邪を引くと口呼吸になりやすいので、早めに風邪を治してあげることも大切なんですよ^^

 

 

一口の量を調整すること

歯科衛生士
歯科衛生士

他には、一口の量を調整することも大切です。

実は1回に口の中に入れる食べ物の量が多いと、こぼさないように舌を出してしまうことがあるんです。

 

一口の量が多いときは、量を減らすことで、舌が前に出る癖を予防することができますよ。

 

大人の食事を取り分ける

先ほど紹介したように、母乳やミルク以外で口の運動をするには、『よく噛むこと』が大切です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、柔らかい離乳食では噛む練習ができませんよね…。

 

赤ちゃんは、口にモノが入るとまず飲み込もうとします。

 

でも、『これは飲み込めないぞ!』と判断したとき、初めて噛むようになるんですよ。

 

 

だからこそ離乳食は作らず、大人の食事の中で食べられそうなものを『取り分ける』というスタイルに変えて、
どんどん噛むチャンスをつくってあげてほしいんです。

 

 

繰り返しますが、生後7ヶ月以降で

・お座りの姿勢がしっかりしている
・手が自由に動く
・おっぱい(ミルク)をしっかり飲んでいる

赤ちゃんなら、歯がなくても大抵のものは食べられます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから大人の食事でも、大抵のものは食べられるんですよ^^

 

もちろん最初は、炭水化物や野菜を中心に取り分け、

脂肪が多い豚肉など動物性タンパク質や、アレルギーの原因になりやすいものは、与えないようにしてくださいね。

 

とはいえ、大人の食事が

  • ハンバーグ
  • グラタン

など、柔らかいものではダメですよね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

理想のメニューは、昔ながら和食!

 

たとえば、

 

  • 野菜がたっぷり入ったお味噌汁
  • 大きめに切った野菜の煮物
  • キュウリのステック
  • きんぴらや切り干し大根の煮物
  • 白米を少し固めに炊く

 

などたったこれだけで、赤ちゃんはもちろん家族全員、噛む回数が増える食事になるんですよ^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

硬いものでなくても、噛める食材やメニューはたくさんあります!

 

噛む回数が増えると、自然に舌で食べ物を右や左に動かすようになりますよね。

 

その結果、舌の使い方がうまくなり『前』に出さなくなるんですよ^^

 

離乳食をもぐもぐしない・噛まない赤ちゃんを100%噛む子にする方法
7ヶ月を過ぎたのに離乳食をもぐもぐできない・噛まない赤ちゃんを簡単に噛ませる方法を紹介します。

 

 

離乳食を食べる時に舌が出る原因と直し方まとめ

舌が前に出る根本的な原因は、赤ちゃんの時期に「正しい舌の動かし方」を身につけられず、舌を前に出す癖がついてしまったから。

 

そのまま成長してしまえば、

  • 食べ方が汚い
  • 滑舌が悪い
  • 口が開いたままのだらしない顔

になってしまいます。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

決して、かっこいい顔や可愛い顔ではないですよね…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、今からでも遅くありません!

 

①離乳食は作らない

②風邪を引いたらすぐ治す

1口の量を調整する

④大人の食事を取り分ける

の4つの方法で、口や舌の筋肉をつけていきましょう。

 

大人になれば食べ方が勝手に綺麗になるわけではありません。

 

舌をうまく使えるように練習しないと、食べ方が汚いまま大人になってしまうんです!

 

口の運動は『噛むこと』でしかできません。

 

どうか離乳食はつくらず、大人の食事を分け与えていろんな

  • 食感
  • 食材

を経験させてあげましょう。

 

そうすることで、舌や口の使い方がうまくなって、舌が前に出ないようになりますから^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

なお詳しい『取り分け』方法は、下の記事↓にまとめているのでぜひ参考になさってくださいね^^

 

離乳食をもぐもぐしない・噛まない赤ちゃんを100%噛む子にする方法
7ヶ月を過ぎたのに離乳食をもぐもぐできない・噛まない赤ちゃんを簡単に噛ませる方法を紹介します。

 

 

\赤ちゃんの離乳食におすすめ!安全な野菜の選び方はこちら/

らでぃっしゅぼーやを赤ちゃんのいるママにおすすめしたい5つの理由と特典!
らでぃっしゅぼーやは赤ちゃんのいる家庭にかなりおすすめです!送料が無料になる条件や野菜の品質や安全性など細かく紹介します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました