舌を前に出して食べる「迎え舌」の子供は要注意!原因は?2つの改善方法は必見!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

「迎え舌」になっている子は、赤ちゃんの時に原因があった可能性が高いんです!

子ども達が普段、舌を出して食べる「迎え舌」になっていたら要注意!

「迎え舌」はお行儀が悪い食べ方なので、気になっているパパやママも多いと思います。

実は、舌の使い方が悪いと「迎え舌」だけでなく、将来、歯並びが悪くなったり、発音にも問題が出てしまう可能性があるんです!

この記事では、子ども達が「迎え舌」になる原因や対策方法について説明していきます(^^)

舌を前に出す癖は異常なこと。絶対に早く正しく直しましょう!

今対処をしておけば、外で食事をする時に子ども達が恥ずかしい思いをしなくてすみますから(^^)

スポンサーリンク



迎え舌を直す!食事中に舌が出ると子供の歯並びが悪くなる原因になる理由

「迎え舌」のお話をする前に、あなたに知ってほしいことがあります。

実は歯は、理由もなく「今の位置」に生えているわけではないんです。

と言われても、「ん?どういうこと?」と思いますよね?(^^)

歯は(歯並びが良い悪いは別にして)

  • 内側から押す舌の力
  • 外側から押す頬っぺたや唇の力

の2つ力でバランスを保ちながら「今の位置」に生えているんです(^^)

でも、舌の使い方が悪いとどうなるでしょうか…?

例えば、舌で歯を押していると、「唇からかかる外側の力」より「舌で歯を前に押す内側の力」の方が大きくなり、内側と外側の力のバランスが崩れてしまいますよね。

その結果、下の前歯が前に倒れ歯並びが悪くなってしまうのです!

しかも、舌で歯を押す癖があると「舌を前に出す」ことが増えてしまいます。

そうなれば、もう最悪です!

食事中に「迎え舌」になることはもちろん、食べ物を「上手に飲み込めない子」になってしまいますから(汗)

迎え舌など「舌を前に出す癖」のある子は、早急に直すことが

  • 綺麗な食べ方になる
  • 綺麗な歯並びになる

秘訣なんですよ(^^)

舌を前に出して食べる癖がある人は舌がうまく動かせない

ところで、あなたの「舌の先」は、今口の中のどの部分についていますか?

「正しい舌の位置」は、図のように上の前歯の少し後ろ(スポット)に、軽く舌の先が触れているのが正常な状態です。

実は、舌が上の前歯の後ろに付いていることは、食べ物を飲み込む為にも非常に大切なことなんですよ(^^)

あなたも唾液を飲み込んでみて下さい。

舌先が上あごに付いたまま「ゴックン」と飲み込みましたよね。

食べ物を喉へ送り込む為には、舌先は上あごについておく必要があるんです。もし、舌が前に出る癖があると、飲み込む時に舌が前に出て、食べ物が口からこぼれてしまいますから。

しかし、迎え舌などで「舌を前に出す癖」のある子は

  • 舌が下の前歯の裏側にある
  • 上下の前歯の間から舌がはみ出している

など、ほぼ100%正しい位置にはありません(泣)

舌が「正しい位置」にないと、食べ物がうまく飲み込めなかったり、舌足らずな話し方の原因になります(汗)

さらに食事中に

  • 口から食べ物がこぼれる
  • 口を開けたまま食べる
  • クチャクチャ音を立てて食べる
  • 舌で食べ物を迎えにいく(迎え舌)

など、食べ方が汚くなってしまうのです(汗)

飲み込む時にベロを出す子供達。舌癖が悪くなる根本的な理由と4つの対策方法

迎え舌になる原因は、舌の使い方が下手だから。さらに言うと舌が正しい位置(上の前歯の裏)にないことが原因です。

しかし本来わたし達は、赤ちゃん時代におっぱいを飲むことで「正しい舌の位置」を覚えたり、「噛むこと」や「飲み込むこと」や「発音」の基礎を自然に身につけているはずなんです。

しかし、赤ちゃんの時に

せいで、「正しい舌の使い方」や「口の動き」を練習できないまま成長し、舌の使い方が下手な子ども達が増えてしまったのです。

ミルクで育てるなら「哺乳瓶選び」はあなたが想像しているより大切です!

哺乳瓶を使う時は知らないと後悔!【間違った哺乳瓶選び】が子供の歯並びに悪影響になる理由。を参考に「母乳の飲み方に近い動きができる」哺乳瓶を選びましょう!

では哺乳が終わった子ども達の迎え舌は、どうやって直せばいいのでしょうか?

対策方法は

①食事をよくかむこと

②口や舌を鍛える体操をする

③口呼吸を直すこと

④1口の量を調整すること

の4つです(^^)

詳しく見ていきましょう!

①食事をよく噛んで食べる

哺乳が終わった子ども達の迎え舌の直し方は、食事をよく噛んで食べることです(^^)

しかし今のわたし達の食事は、柔らかく食べやすいものばかり。そのため、舌や口の周りの筋肉を使うことなく、舌を動かす機会があまりないんです。

解決策は、食材や切り方を工夫すること!

ぜひ【重要】子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!今日から簡単に出来ます!を参考に、噛める食事を作りましょう(^^)

噛む回数が増えれば、自然に食べ物を口の中でよく動かすようになるので、口や舌を鍛えることができますから(^^)/

②口の周りや舌を鍛える

口や舌の運動でおすすめなのが「あいうべ体操」です。

「あいうべ体操」で口の周りを鍛えるころで、口を閉じられるようになります。さらに舌も一緒に鍛えることで、舌をスムーズに動かせるようになるんですよ(^^)

詳しい方法は【簡単】顔ヨガで即効効果!話題のあいうべ体操のやり方の超具体的な方法はコレだ!を参考にしてみましょう。

子ども達でもできる簡単な体操ですから、続けやすいですよ(^^)

③1回に入れる食べ物の量が多い

1回に口に入れる食べ物の量が多いと、こぼさないように舌を出してしまうことがあります。

1口の量が多い時は適正な量を教えてあげることで、舌が前に出る癖を予防しましょう。

④口呼吸が癖になっている

口呼吸になっている子は100%上の前歯の裏に舌がなく、舌の位置も下がっています。

さらにいつも口が開いているため、歯の間から舌が出やすくなり、迎え舌の原因になってしまうんです。

口呼吸は【口呼吸の治し方】子供でも簡単に試せる6つの改善方法で口を閉じる子に大変身!を参考に早急に直しましょう!

まとめ

「迎え舌」になる根本的な原因は、赤ちゃんの時期に「正しい舌の動かし方」を身につけられず、舌を前に出す癖がついてしまったから。

「迎え舌」の癖が直らないまま成長してしまえば、食べ方も汚くなるし、滑舌が悪くなったり、口が開いたままのだらしない顔になってしまいます。

決して、かっこいい顔や可愛い顔ではないですよね…。

でも、今からでも遅くありません(^^)

子ども達の「迎え舌」を見つけたら、絶対にそのままにせず、

①食事をよくかむこと

②口や舌を鍛える体操をする

③口呼吸を直すこと

④1口の量を調整すること

の4つの方法で、口や舌の筋肉をつけていきましょう。

子ども達が「無意識」にやっている迎え舌などの悪い習慣を見逃さないことが、将来起きるトラブル回避につながります!

まずは【重要】子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!を参考に、よく噛める食事を作ることから始めてみませんか?(^^)

歯並びや矯正治療の相談は、自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で信頼できる歯医者に相談してみましょう(^^♪

簡単に子供の虫歯予防ができる方法

綺麗な歯並びに虫歯予防は必須です!

歯科衛生士が我が子に実践している歯磨き方法をまとめました。簡単な方法なので、ぜひ参考にしてみて下さいね\(^o^)/

合わせて読みたい→プロ直伝!虫歯予防の歯磨き完全テクニック!上手な歯の磨き方はここを押さえて!

▼詳しくはこちらからも確認できます▼

家で手軽にホワイトニングしたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

育児や家事に追われて、自分の歯のケアがおろそかになってしませんか?

ホワイトニングは高い…でも歯を白くしたい時は、歯磨き粉で歯を白くする方法があります。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ\(^o^)/

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中!今まで使ったどの歯磨き粉より歯が白くなりました(^^)

1ヶ月で、ここまで白くなっています(^^)

普段の歯磨き粉として使うだけなので、小さな子どもを子育て中のわたしでも、手間や続けるストレスは全くありませんでした!

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい!

使っているから言えます!本当に白くなりますよ\(^o^)/

あなたもぜひ、簡単だから続けられる【プレミアムブラントゥース】で顔の印象を明るくしましょう\(^o^)/

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする