フッ素洗口でうがいは子供におすすめ!虫歯予防になる効果的な使い方

フッ素・キシリトールの効果
スポンサーリンク




子供の虫歯予防のために、家ではフッ素入りの歯磨き粉を使っている。

というママも多いと思います

虫歯予防に効果的な「フッ素」。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

特に生えかけの「永久歯」は、まだまだ未熟で虫歯になりやすい状態のため、フッ素をつかって積極的に虫歯予防をしてあげることはいいことです♪

 

フッ素で虫歯予防をするには、

①歯医者で「高濃度」のフッ素を塗ってもらう方法

②家庭で「低濃度」の歯磨き粉をつかう方法

の2つの方法がありますよね。

 

でも実は、歯磨き粉以外にも「フッ素洗口」という方法で虫歯予防ができるんです!

 

ママ
ママ

フッ素洗口?一体どんな方法なの?

 

そこでこの記事では、「フッ素洗口」の方法や効果について歯科衛生士が紹介していきます!家で子供の虫歯予防がしたいママやパパは、ぜひ参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク

虫歯予防に効果あり!家でできる「フッ素洗口」はどんな方法?

フッ素でうがいをする方法

フッ素洗口は、永久歯の虫歯予防に有効な方法で、

  • 方法が簡単
  • 虫歯予防効果が高い
  • 費用が安い

という特徴があります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

学校で集団でおこなうこともありますが、家庭でおこなう方法もあるんですよ♪

 

フッ素洗口はやり方も簡単で、歯磨き後に「低濃度のフッ素の液」を少量口に入れて、1分間「ブクブク~」とうがいをするだけ。

 

簡単な方法なので、子供達でも簡単にフッ素で虫歯予防ができるんです♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

うがいをした後は、30分は飲食はしないで下さいね!

 

特に、フッ素洗口をおこなってほしい時間帯は、夜寝る前です!

 

その理由は、夜は唾液の出る量が減って、口の中の汚れが洗い流されず虫歯になりやすい時間帯だから。

つまり夜歯磨き後にフッ素洗口することは、虫歯予防にとても効果的なんです♪

 

フッ素洗口液でブクブクうがい!虫歯予防の効果はどのくらい期待できるの?

フッ素洗口の効果

 

ママ
ママ

ところで「フッ素洗口」すると、どのくらい虫歯予防の効果が期待できるの?

虫歯予防に効果的なフッ素洗口は

  • 洗口液のフッ素濃度
  • 洗口回数
  • 洗口開始の年齢
  • 洗口期間

が虫歯予防のポイントになります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

効果を最大限得るためにも、6歳臼歯の生え始め頃(6〜7歳頃)から中学生頃まで続けることが大切なんですよ♪

 

実は、フッ素洗口を始めてから新しく生えてきた永久歯は、すでに生えていた永久歯よりも虫歯の予防効果が高い!と言われているんです。

 

さらに、永久歯が生えそろう14歳頃まで続けてフッ素洗口をすることで、虫歯予防の効果はさらに高くなります!

 

フッ素洗口の安全性とデメリット

フッ素の安全性

ママ
ママ

フッ素洗口には興味があるけど…安全に使えるの?飲み込んでも大丈夫なの?

 

と気になるパパやママもいらっしゃると思います。

 

安心して下さい!

フッ素洗口は、1回分の使う量を万が一飲み込んでも安全な量で計算されているので、用法通りに使えば安全に使えます!

 

もちろんフッ素洗口をした後には、口の中に少しフッ素は残ってしまいます。

 

しかしその量は、緑茶やウーロン茶1〜2杯に含まれている天然のフッ素量と同じ。

 

そのため、使用方法を守ってつかえば中毒症状が出ることもないので、少量のフッ素が口の中に残っても心配する必要はないんですよ。

 

もちろん大量に飲みこんだ場合は、下の記事で紹介したように「中毒症状」が出る可能性があるので注意しましょう!

 

フッ素の安全性をプロが解説!歯磨き粉は子供に危険?適正量を守れば害はなし。
虫歯予防のために子供にフッ素を使いたいけど「フッ素って安全なの?」と、気になってるママも多いかと思います。 結論から言うと… 「安全です!」 でも、フッ素を効果的に使うためには適正量の使用が...

 

フッ素洗口のデメリット

子供でも手軽に虫歯予防ができ安全性が高い「フッ素洗口」ですが、もちろんデメリットもあります。

 

まずは、ブクブクうがいができるようにならないと使えないこと。

そして家でおこなう方法なので、「飽きず」に子供達が続けられるかも難しいところです。

 

お茶に含まれているフッ素で虫歯予防はできるの?

お茶のフッ素でも虫歯予防はできるの

「フッ素」は歯磨き粉に入っているだけでなく、海水や植物や動物など…わたし達の周りにある全ての物質に微量ながら含まれている物質です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろん、わたし達が毎日飲んでるお茶や水や食べ物の中にも、必ずと言っていいほど含まれています。

 

中でも「お茶」には、比較的多くフッ素が入っています。

ママ
ママ

じゃあ、お茶で口をゆすぐと虫歯予防になるの?!

と考えてしまいそうですが、残念ながら期待はできません…。

 

 

フッ素洗口は、歯の表面からフッ素を取り入れることで虫歯予防効果を上げていきます。

でもそこには条件が…!

フッ素濃度が、一定以上の洗口液を使わないと効果がない!ということ。

 

比較的多くのフッ素が入っていると言われているお茶ですが、お茶のフッ素濃度は低いので、うがいをしてもフッ素洗口のような効果は得られないのです。

残念…。

フッ素洗口まとめ

生えかけの永久歯は、まだ未熟で虫歯になりやすい状態です。

そんなとき、永久歯が生えそろう14歳頃まで続けてフッ素洗口をすることで、虫歯予防効果を高めることができるんです。

 

子供たちが「ブクブク~ペッ」とうがいができるようになったら、夜の歯磨き後の「フッ素洗口」を考えてもいいかもしれませんね!

 

フッ素洗口に興味があれば、購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

▼まだフッ素洗口が難しいときは、飲み込んでも安全な歯磨き粉で虫歯予防をしていきましょう▼

0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。
赤ちゃんがつかう歯磨き粉は、絶対に適当に選ばないで下さい! わたしが歯医者で働いているとき、ママ達からの質問で多かったのが ①赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方が分からない。 ②うがいができないのに歯磨き粉を使っていいの? ...

 

 

▼子どもの仕上げ磨きのコツも一緒にマスターしましょう▼

6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック
毎日磨いているのに、繰り返す子供の虫歯に悩んでいませんか? 乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、 前歯が生え変わる 6歳臼歯が生える まだ乳歯がたくさん残っている …と、子供の口の中は大きな変化を迎える...

 

 

 

 

 

コメント