歯の黄ばみや着色を簡単に取る方法!コーヒーや茶渋がつく意外な原因

虫歯・歯周病予防
スポンサーリンク




前歯によく茶渋が付いて、恥ずかしい…。

でも毎回歯医者でクリーニングしてもらうのも面倒だな…。

なにか良い着色予防の方法はないの?

という悩みを、歯科衛生士歴13年の経験から解決します。

 

あなたも、繰り返し付く「歯の黄ばみや着色汚れ」が気になっていませんか?

 

歯に着色が付いていると恥ずかしいし、口元の印象も暗くなるためなんとかしたいですよね。

だからと言って、歯の汚れを取ろうと力を入れて磨いてしまえば、今度は歯や歯ぐきを傷つけてしまいます…。

 

そこでこの記事では

  • あなたの歯に着色が歯につく原因
  • 歯を傷つけずに着色を取る方法

について紹介していきます。

 

本文を参考に、口元を気にせず笑えるあなたになりましょう!

 

スポンサーリンク

歯に着色汚れやステインがつく原因はコーヒーや紅茶などの飲食物

歯が着色する原因

歯が着色していても、虫歯や歯周病の直接の原因にはなりません。

しかし歯に着色が付いていると

  • 見た目の問題
  • 着色がついてる歯はザラついているので、新しく汚れが付きやすい

などのデメリットがあるため、なんとかしたいですよね。

 

実は、日常生活の中でつく着色汚れは、

  • コーヒー
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 緑茶
  • ワイン
  • カレー
  • タバコ

など、色が濃い飲食物が原因です。

 

飲食物やタバコの成分が直接歯につくと、歯の表面のタンパク質とくっついて、歯の着色汚れになってしまうのです。

 

中でも紅茶に多く含まれている「タンニン」は、ステイン汚れの原因になりやすい成分。

そのためお茶の中でも、特に「紅茶」を日頃から飲んでいる方は着色汚れが目立ちやすくなるんですよ。

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、安心して下さい。

まだ軽い着色汚れなら、丁寧な歯磨きや歯磨き粉を使えば落とすことができますから♪

 

しかし時間がたつと、歯の着色も濃くなって頑固にこびりつき、歯磨きだけでは取れなくなってしまいます。

 

だから色のつきやすい飲食物をよくとる場合は、食後にうがいをしたり、毎日の歯磨きで汚れが軽いうちに除去していくことが大切なんですよ。

 

金属イオンも着色の原因になる

コーヒーやお茶以外で着色する原因

補足ですが、もしお茶や紅茶など「色が付くもの」を飲まないのに、茶色っぽい着色が歯につく場合は、金属イオンが原因かもしれません。

 

鉄などの金属は、イオンの形で歯の表面に付着してしまうんです。

鉄分の多い飲料水や、鉄の配合されたサプリメントをよく飲んでいませんか?

 

コーヒーやワインなど「色が付きやすいもの」をとらないのに歯に着色汚れがつくなら、金属イオンが原因の可能性を疑ってみましょう。

口呼吸も前歯が着色しやすい原因になる理由

気づいたら口がよく開いている。

口呼吸が癖になっている。

あなたも当てはまりませんか?

 

実は、普段から口が開いていたり口呼吸が癖になっていると、前歯が着色する原因になってしまうのです。

 

それはなぜか。

口を閉じていれば、口の中は唾液で潤っているため、歯の汚れを洗い流してくれます。

一方で、口呼吸などで口が開いた状態だと、前歯が乾燥してしまいますよね。

そのため着色汚れが洗い流されず歯にこびりつき、落ちなくなってしまうのです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

湯のみにこびり付いた「茶渋」をイメージしてみましょう。

乾燥する前に綺麗に洗ってあげれば、茶渋は残りませんよね。

でも茶渋が残ったまま乾燥してしまえば、湯のみに茶渋がこびりついて取れなくなってしまいます。

 

これと同じことが、口の中でも起こっているんですよ。

着色を付きにくくするためにも、口呼吸や口を開けっ放しにする癖があるときは、早めに直しましょう。

 

なお、下の記事を参考にすると口呼吸を直す方法が分かりますので、ぜひ♪

口呼吸の原因と治し方!口を閉じる子供に大変身する6つの改善方法
口呼吸の原因と対策 。口呼吸を直す方法を紹介します。口が開いていたら声をかける、食事をよく噛む、歯並びの問題は専門医に相談する、鼻の病気を治す、あいうべ体操などがあります。常に口が開いていると口の中が乾燥しやすく虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。口呼吸を直すためには、まずは意識して口を閉じて「鼻呼吸」にすることが大切です。遊びながら楽しく口呼吸を直す方法もあります。

 

歯磨き不足も着色の原因になる理由

歯磨きの方法が悪い人や、適当に歯磨きしている人も、歯に着色汚れが付きやすくなります。

 

いつも同じ場所に着色汚れが付いていたり、歯の間や歯並びが悪い場所に着色汚れが付く場合は、

①歯全体に歯ブラシを当てる

②小刻みに磨く

③着色を予防する歯磨き粉に変える

の3つを意識し、歯磨き方法を見直してみましょう!

歯全体に歯ブラシを当てる

いつも同じ場所に着色がつく場合は、歯ブラシがきちんと当たってない可能性があります。

 

下の写真をみてください。

歯並びが悪い場所の磨き方

たとえば、歯が引っ込んだり重なってるところは、横磨きだけでは絶対に磨き残しができてしまいますよね…。

このように無意識に磨いていると、知らない間に歯ブラシが当たってない場所ができてしまうんです。

 

磨き残しを防ぐためにも、下の記事を参考にそれぞれの歯の磨き方を覚えてしまいましょう。

6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック
子供の永久歯の歯磨き方法や虫歯予防の方法を説明します。歯の生え変わりの時期には虫歯が多くなります。乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、前歯が生え変わる、6歳臼歯が生える、まだ乳歯はたくさん残っているなど、子供の口の中は大きな変化を迎える時期

 

 

なお歯ブラシで磨きにくい場所は、下の記事で紹介しているワンタフトブラシを使って磨いてみましょう。

奥歯の裏側や親知らずも磨きやすい!プロおすすめの歯ブラシの選び方
ワンタフトブラシは毛先が三角形のものや毛が長いものなど種類も豊富です。1番奥歯の裏側・生えかけの歯・半分歯ぐきに埋まっている歯・歯並びがガタガタな場所・歯ブラシや歯間ブラシでは磨きにくい場所・矯正器具の周り・嘔吐反射がある・つわりがある時・歯周病ではぐきが腫れ歯周ポケットが深い場所にも使いやすいので試す価値はあります。ワンタフトブラシの選び方や使い方を説明します。

 

小刻みに磨く

歯磨きしていると、つい「ゴシゴシ〜」と大きく歯ブラシを動かしてしまいますよね。

でも大きく歯ブラシを動かしていると、歯ブラシの毛先が歯からズレてしまい磨き残しの原因になってしまうのです。

 

歯磨きするときは、2本ずつを磨くイメージで細かく動かすようにしましょう。

歯科衛生士
歯科衛生士

たったこれだけでも磨き残しを防いで、着色汚れが付きにくくなりますから♪

 

着色を予防する歯磨き粉に変える

毎日丁寧に歯磨きしていても

  • 歯を傷つけないために「研磨剤なし」の歯磨き粉を使う
  • そもそも歯磨き粉を使っていない

 

場合もステイン汚れが付きやすくなってしまいます。

 

ステイン汚れを防ぐには、「研磨剤」が入った歯磨き粉で歯を磨く方法があります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからと言って、研磨剤が入っている歯磨き粉での磨きすぎは注意が必要です!

磨きすぎると逆に歯の表面を削ったり、歯ぐきが傷つく可能性がありますから…。

 

しかも歯の表面が傷つくと、傷ついた部分にまた「着色」が付きやすくなるデメリットもあるんです。

 

水道の蛇口もタワシでゴシゴシ磨けばキレイになりますよね。

でもしばらくすると、傷ついた部分に水垢やカビが付きやすくなってしまいます。

それは歯も同じ。

だからこそ歯磨き粉を使うなら、

  • 強く磨き過ぎない
  • 歯を守りながらステインを取ってくれるものを選ぶ

の2点に注意してほしいのです。

 

どんなに美人でも、歯が汚れていてはそれだけで老けた印象になりますし、不潔に見えてしまいます。

逆に顔がそこまで美人でなくても、歯が白いと、それだけで3割り増しで美人に見えるんですよ。

「笑顔がきれいな人」

「すごく若く見える人」

の印象は口元にあります。

なぜなら人は会話をするとき、相手の口元を見る傾向があるからです。

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり口元の印象が、相手があなたに対して抱く印象になるんですよ。

ぜひあなたも口元から明るくなるためにも、歯を守りながら美白してくれるを歯磨き粉を使ってみましょう!

 

歯の着色予防ができる歯磨き粉の選び方!ポイントと注意点

歯が白くなる歯磨きジェルの使い方

歯科衛生士のわたしが愛用している歯磨き粉は、ディノベートデンタルホワイトプロです。

 

この歯磨き粉は市販の歯磨き粉のように、研磨剤で歯の汚れをとるのではありません。

研磨剤が入ってなくても、歯の汚れだけを吸着して落としてくれる歯磨き粉なんです!

 

ディベートデンタルホワイトプロは、病院でも使用されているホワイトニング成分で、

ピロリン酸

リンゴ酸

ポリリン酸

のトリプルホワイトニングで、しつこい色素沈着を無理なく浮き上がらせ、着色汚れを付きにくくしてくれる効果があります。

 

要するに、研磨剤が入っていないので歯の表面に傷がつく心配もなく、傷ついた部分からまたステイン汚れがつく心配がない!ということ。

 

それどころか、歯に付いた汚れを包み込んではがしてくれ、天然素材の力で汚れがつかないように歯を守ってくれるんですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

市販の「研磨剤」の入りの歯磨き粉より、優しく歯を白くしてくれる点は、特にわたしが気に入っているポイントです♪

 

 

ディノベートデンタルホワイトプロの効果と使い方

ディノベートデンタルホワイトプロは使い方も簡単で、歯ブラシに「2プッシュ」つけて磨くだけです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とくに黄ばみが気になるところは、丁寧に磨きましょう。

発泡剤が入っていないので泡立ちは少ないですが、歯磨きしやすく磨いた後はスッキリしますよ。

 

さて使い始めてから、実際わたしの歯がどうなったかというと、こちらが使い始める前の歯です。

歯の黄ばみ

歯科衛生士
歯科衛生士

毎日歯磨きしていても、飲食物の成分の蓄積などで、全体的に黄ばみが目立つように…。

鏡を見るたびに歯の色が気になっていたんです(汗)

ホワイトニング後のような歯の白さこちらが使い始めて1ヶ月後の歯の色です!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

毎日朝と夜に使ってみましたが、全体的に「白さ」が戻ってきましたね♪

 

鏡で見ても、以前より「黄ばみ」が目立たなくなったのは本当にテンションが上がります!

 

歯磨き粉代わりに使うだけなので、続ける手間やストレスはまったくなく、子育て中でも無理なく続けることができました。

 

商品説明には、「効果は約1ヶ月で白さを実感する」とありましたが、わたしは約2週間位で効果をすでに実感しています♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

研磨剤が入っていないので、電動歯ブラシでも使えますよ♪

 

▼すぐに確認したい方はこちらから覗いてみて下さい▼

 

 

歯に着色が付きやすい人の共通点まとめ

同じように生活していても、着色がつきやすい人とつきにくい人がいるのは

  • 食生活
  • 口呼吸かどうか
  • 歯磨きの方法
  • 歯磨き粉の使い方

の違いが原因です。

 

あなたの歯に着色が付きやすいときは、

①色の付きやすいものを飲んだり食べたら、歯磨きやうがいをする

②口を閉じで口の中を乾燥させない

③歯磨き方法を見直す

④着色除去する歯磨き粉を選ぶ

ことを意識してみてください。

 

なお市販の研磨剤入りの歯磨き粉と違いディノベートデンタルホワイトプロは、研磨剤なしでホワイトニング効果が得られ、虫歯予防の効果もあります!

着色はそのままにしておいても絶対に取れることはありません!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯の着色が気になっているなら、ぜひ着色が軽いうちに歯の美白ケアを初めましょう!

 

歯が1トーン白くなるだけで、あなたの顔や表情の印象はかなり変わりますから!

 

▼すぐに確認したい方はこちらから覗いてみて下さい▼

 

 

▼より詳しい使い方や効果は、下の記事に丁寧にまとめているのでぜひ♪▼

やっと解決!あなたの歯が白くならない5つの原因と繰り返し付く着色汚れの対処方法
歯の着色汚れには種類があります。原因と対策方法を紹介します。歯の着色にはエナメル質表面のヤニやコーヒーのステイン着色、 虫歯による着色、石灰化不全での着色、テトラサイクリン薬剤による変色、神経が死んだことでの変色や表面の着色があります。表面に付いている着色を取るのか、歯の色自体を白くするのかで方法は変わりますし、歯を白くするホワイトニングも、神経があるのかないのかで治療方法も変わってきます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました