赤ちゃんがあごを出して受け口になる3つの原因と直し方!矯正治療する時期はいつから?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

赤ちゃんのかみ合わせが「になってる!」と、驚いた経験のあるママは多いと思います。

赤ちゃんの時期から「受け口」になっていれば、ビックリするのは当然ですよね(汗)

でも、

  • 赤ちゃんや子供の噛み合わせが「逆」になる理由は、なぜなのでしょうか?
  • 「反対の噛み合わせ」は、自然に直るのでしょうか?
  • 早く治療した方がいいのでしょうか?

という疑問に、たくさんの子供の矯正治療を見てきた歯科衛生士ママの経験から、

①赤ちゃんや子供の受け口が「どのタイプ」のものなのか

②歯医者で相談するタイミングはいつなのか

の2つについてできるだけ分かりやすくまとめたので、赤ちゃんがいるパパやママはぜひ参考にしてください(^^)

スポンサーリンク



1歳頃。赤ちゃんがしゃくれたようにあごを出す原因

赤ちゃんの上下の前歯が生え始める8ヶ月〜1歳頃。前歯が生えてきて嬉しい時期ですが…。

「うそ!この子受け口になっている!」なんて、驚いた経験のあるパパやママは多いはずです。

結論から言えば、3歳までの赤ちゃんが前歯を逆に噛む理由はまだ奥歯が生えてなく「噛み合わせが不安定な状態」だから。

赤ちゃん自身も「どこで噛んでいいのか分からない」ので、前歯を噛み合わせようと、下あごを前に出して噛もうとしているからなんです。

赤ちゃんの「受け口」は心配になると思います(汗)でも、奥歯が生える2歳半〜3歳頃までは、様子を見ておいて大丈夫です!

奥歯が生えて噛めるようになれば、3歳頃には噛み合わせも落ち着いてくれるはずですから(^^)

3歳を過ぎても下の歯が前になっているなら、歯医者でかみ合わせを診てもらおう

繰り返しますが、赤ちゃんの歯のかみ合わせが逆(受け口)になっていても、乳歯が20本全部生えそろう2歳半〜3歳頃になれば、自然に噛み合わせが直ることも多いんです。

そのため、3歳児健診の時に「かみ合わせ」を診てもらうのでも遅くはありません(^^)それに早すぎる時期に矯正歯科に行っても、まだ治療はできませんから…(汗)

ただし、3歳を過ぎても「受け口」が直らない場合は要注意!

「受け口」のまま成長してしまうと、将来、

  • 前歯で食べ物が噛み切れない
  • しゃくれた顔つきになってしまう

など、トラブルになる可能性が高くなってしまうんです(汗)

3歳を過ぎても下唇が出てるかみ合わせが直らない3つの原因と治療時期

もし、3歳を過ぎても反対咬合(受け口)になっているなら、

①歯が問題で受け口になっている場合

②骨が問題で受け口になっている場合

③癖の問題で受け口になっている場合

の3つの原因が考えられます。

詳しく見ていきましょう!

①歯が問題で受け口になっている場合

「歯の問題」で受け口になっている場合は、あごの骨には問題はなく、歯の生える位置や角度が、

  • 上の前歯が内側に傾いている
  • 下の前歯が前に倒れている

などが原因で受け口になっている場合です。

永久歯が生えてくると自然にかみ合わせが改善する可能性もあるので、小学校1~2年生頃までは「経過」を見ていくことも多いんですよ(^^)

でも、場合によっては、

  • 乳歯の側面を削る
  • 乳歯の前歯がグラグラで抜けそうなら歯を抜く

ような処置をして隙間をつくり、受け口を予防することもあります。

②下あごの骨が成長し過ぎて受け口になっている

「骨の問題」で受け口になっている場合は、上あごの発育不全や、下あごが前に出て(発育し過ぎて)受け口になっている場合です。

実は骨の問題で受け口になっている場合は、そのまま放っておくのは危険です!

下あごが成長し過ぎると、上あごの成長を邪魔してしまい「上下のあごのバランス」が悪くなってしまうからです(汗)

もし、乳歯の時点で「受け口」になっている場合は、上の前歯より下の前歯が何本前に出ているのかを数えてみましょう。

4本以内なら自然に治る可能性も期待できますが6本以上で骨の問題もあるなら、3〜4歳頃から矯正治療をして、あごを正しく成長させる必要があります。

③「 あご出しの癖」があると受け口の原因になる

子供のあごは、まだまだ成長途中!

そのため、もし「あごを前に出す」ような悪い癖がつくと、そのままあごが「間違った方向」に成長する可能性が高くなります。

例えば、「ゴリラ」のマネや志村けんさんの「アイーン」など、下あごを前に出して遊ぶ癖は「受け口」になりやすいので要注意!

面白がってあごを出して遊んでしまう子も多いので、受け口予防のためにも見つけた時は早めに注意をして「癖」が習慣化しないようにしましょう。

赤ちゃんの受け口の予防方法

赤ちゃんの「受け口予防」のために家でできる対策は、

  • 虫歯にしないこと
  • 食事は左右バランスよく噛むこと
  • あごを出して遊ばない
  • 指しゃぶりや頬杖などあごに負担がかかる癖をしない

など、普段の生活を見直すことです。

中でもおすすめしたいのが、食事や離乳食をよく噛ませる事!

実は上あごの骨を成長させるには、骨に刺激を与えることが大切なんです!

口の運動は「噛むこと」ですよね(^^)つまり、よく噛む刺激が骨に伝われば、あごの骨も順調に成長できる!ということ。

あごが広がれば、綺麗なかみ合わせや歯並びになる可能性が「グッ」と高くなりますよね♪

反対によく噛まないとあごの骨が成長できず、口の中が狭くなってしまいます。その結果、歯が並ぶ隙間がなくなり、かみ合わせや歯並びが悪くなってしまうのです…。

▼詳しくはこちらにまとめています▼

関連記事→すぐできる!子供の歯並びがガタガタになる3つの原因と綺麗な口元になれる5つの成功法!

とは言っても、よく噛んで食べて欲しいのに「柔らかい離乳食」ばかり出していても、お話しになりませんね(笑)

だからママにお願いがあります!

7カ月頃から始まる赤ちゃんの離乳食は、歯がまだ十分に生えてなくても「柔らかい離乳食」は作らず、ウンチの状態や体調が良いなら、どんどん大人と同じサイズのものを食べさせてあげてほしいんです!

「歯」や「あご」をたくさん使わせて、あごを正しく成長させてほしいんです!

関連記事→赤ちゃんがご飯や離乳食を丸呑みする原因は?プロ実践!丸飲みを治す方法は簡単です!

もっと簡単な方法は、野菜など繊維が多いものを大きく切って食卓に出すことです♪決して硬くない野菜でも、切り方を大きくするだけで途端に「よく噛む食事」に変身しますから(^ ^)

つまり、毎日の食事の内容を意識することで将来

  • 噛める子
  • 飲み込める子
  • 歯並びの綺麗な子

になれる!ということ\(^o^)/

主食を変えると噛む回数が増える

もっと簡単な方法もあります!

2歳前後になれば主食に「玄米」をくわえるのも、手軽に噛む回数が増える方法です♪

穀物には、エネルギーだけでなく食物繊維やビタミンBなどたくさんの栄養が含まれています。

ビタミンBは、炭水化物や脂質やたんぱく質が働く時に必要な栄養素。また、皮膚や粘膜の発達にも大きく関わっています。

しかし、玄米を白米に精白すると、なななんと!ビタミンや食物繊維やカルシウムは、半分近く減ってしまうのです…。

これ、すっご〜く勿体無いですよね(泣)

つまり主食のお米に玄米をくわえるだけで、噛む回数が増えて栄養バランスも格段に良くなる食事になるのです\(^o^)/

貴重な栄養素を捨てないで~!

とは言っても、玄米は「好き嫌い」が分かれる食品ですよね。

もしあなたがまだ玄米を食べたことがないのなら、ぜひ低価格なファンケルの発芽米 お試しセットで、玄米の味や食感を確かめてみましょう\(^o^)/

玄米臭さも気にならず甘みもあるので、子ども達も抵抗なく食べてくれますよ(^^)

我が家はもちろん玄米派(^^)娘もバクバク食べています\(^o^)/

でも一気に何キロも玄米を買ってしまえば、味が気に入らなかった時に余ってしまうかもしれません…。

だからまずは、少ない量で味や食感を試してみて、気に入ったら量を増やしていく方法で生活の中に取り入れていきましょう(^^)

まずは白米に玄米を混ぜて食べることから始めてみましょう\(^o^)/

主食に玄米を取り入れることは、子供の噛む回数も自然に増えるし栄養バランスも良くなるので、本当にオススメですよ(^^)

▼詳しくはこちらから確認できます▼

【ファンケル】「玄米」以上の栄養価とおいしさを兼ね備えた理想的なお米♪

まとめ

赤ちゃんの受け口は基本的に3歳頃までは様子をみていて大丈夫です。

まだ奥歯が生えてないこの時期は、赤ちゃん自身もどこで噛んでいいのか分からず、あごを前に出して噛もうとすることがよくあるんです(^^)

でも、3歳以降も受け口になる時は、

  • 骨の問題
    (矯正治療をするなら3~4歳頃から、矯正検査をすることが多いです。ただし、骨のズレがひどい場合は、身長が止まってから本格的な治療を開始します。)

  • 歯並びの問題
    (乳歯の段階から矯正治療を始めたり、永久歯が生える小学校1~2年生頃から始めることが多いです。)

  • 癖の問題
    (あごを前に出す癖は下あごが前に出る可能性が高くなりますので、一刻も早くやめさせましょう。)

と3つの原因があります。

どのタイプの「受け口」なのかで治療時期や方法も変わってくるので、気になったら早めに矯正歯科に相談に行ってみましょう(^^)/

わたし達ママができることは、あごを出す癖をやめさせたり食事をよく噛ませること(^^)

2歳を過ぎたらファンケルの発芽米 お試しセットで主食に玄米を取り入れるのも、手軽に噛む回数を増やす、本当にオススメな方法ですよ\(^o^)/

▼詳しくはこちらから確認できます▼


玄米が難しい方は、熊本発!!国産33雑穀米で噛む回数を増やしましょう\(^o^)/


基本的に赤ちゃんや子供の受け口は3歳頃までは様子をみて、3歳以降になっても「受け口になりそうかな?」と思ったら、早めに自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で相談することをおすすめします(^^)

▼虫歯にしないことも綺麗な歯並びには欠かせません!仕上げ磨きにも使える歯磨き方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

▼育児をしながら手軽に「歯を白くする」方法もぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする