歯の生え変わり

スポンサーリンク
歯の生え変わり

子供用の椅子のおすすめは2つ!食事中に足が付かないベビーチェアで歯並びが悪くなる理由とは。

歯並びが悪くなる原因と予防方法を紹介します。歯並びのいい子に育てたいなら歯並びだけ見ていてはいけません。あごの骨を正しく成長させる事が大切なんです。あごの骨の成長は癖や姿勢で変形し、歯並びにも影響してしまいます。猫背・指しゃぶり・頬杖をつく・いつも同じ方を下にして寝る・片噛みなどの癖であごは曲がったりズレやすくなります。「癖」も毎日積み重ねれば大きな力になります。
誤飲や歯の脱臼

子供が夜間や休日に急な熱やケガや病気に備えた、病院以外の3つの連絡先。

子供の急な発熱や怪我などの体調不良のときの対処方法や連絡機関を紹介します。特に日本中毒情報センター、医療情報ネット、小児救急医療電話相談#8000は覚えておきましょう。夜間や休日の急な怪我や病気には救急医療をつかいます。そのため軽い症状の場合には、翌日にかかりつけの病院を受診しましょう。救急医療はあくまで緊急事態に備えているものなので、人手や設備には限りがあります。しかも診療も1日限りで処方される薬は1日分が原則ですから、なるべく早めにかかりつけの病院を利用しましょう。
注意したい歯並び

歯の生え変わり時期が遅い!永久歯がなかなか生えてこない4つの原因

永久歯が生えるのが遅いときや、乳歯がなかなか抜けないときの対処方法を説明します。永久歯がなかなか生えてこない原因には、乳歯が残ったままになっている場合、最初から永久歯がない場合、余分な歯や肥厚した歯ぐきで生えるのが遅れている場合、骨にくっついて歯ぐきの中で埋まっている場合があります。永久歯が生え変わる時期は早い子と遅い子は2年くらいの差があります。生える時期に差があったり順番がズレている時は、歯医者でレントゲンを撮りましょう。
誤飲や歯の脱臼

赤ちゃんが誤飲したかも!すぐ病院?元気なら様子を見ていいの?対処方法まとめ。

赤ちゃんが万が一誤飲した時の対処方法をまとめました。誤飲はなにを飲み込んだかで対処方法が変わります。とがったり毒性のないもので、飲み込んだあとも赤ちゃんの機嫌がいいのならそのまま様子をみましょう。背中を叩いても外に吐き出さず、様子がおかしいときやボタン電池など危ないものと飲み込んだときは急いで病院へいきましょう。判断に困ったときは#8000で確認してみましょう。赤ちゃんが呼吸がおかしい、涙目で咳をしている、えづいている、顔色が悪い、グッタリしている症状がある場合は、誤飲してしまった可能性が高いです。
誤飲や歯の脱臼

トイレトレーニングはいつから?始め方とやり方は?おむつ外しの疑問をプロに聞いたまとめ。

トイレトレーニングの開始時期や具体的な方法を解説します。トイレトレーニングを始める時期は1歳半〜2歳頃を一つの目安にしましょう。言葉や動作を理解できるようになった。おしっこの間隔が2時間くらいあくようになった時期をみて始めていきます。方法は、おむつを外したらパンツもしくは何も履かせず過ごし、2時間に1回はトイレに座らせるようにします。失敗しても怒らないことが大切です。大きな気持で見守りましょう。
歯の生え変わり

八重歯は可愛いより、圧倒的にコンプレックスになる7つの原因と治し方。

八重歯は「可愛い」と言われていましたが、コンプレックスを感じている人も多いです。見た目や笑顔に自信がもてない、歯磨きしにくい、歯磨きすると歯ぐきから出血する、笑ったときや口を閉じるときに唇が八重歯にくっついて閉じにくい、食べにくい、口元を隠して笑ってしまう、口内炎ができるなどデメリットが多くなります。八重歯の治療方法や予防方法をまとまています。
注意したい歯並び

子供が出っ歯になる原因は遺伝と5つの癖!治療時期はいつから考える?

出っ歯になる原因や治療方法を紹介します。上顎前突や出っ歯は、前歯や上あごが前に出ていことです。原因には口呼吸・指しゃぶり・舌で前歯を押す癖・唇を噛む癖・爪を噛む癖で歯が前に倒れたり、猫背や首が前に出たような姿勢で下のあごの発達に影響が出てしまうから。前歯が噛み合わず食べ物を噛み切れず口呼吸になりやすく、口の中が乾燥していて虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
注意したい歯並び

唇を舐める・舌を噛む癖や頬杖も!子供の歯並びが悪くなる7つの原因

歯並びやかみ合わせが悪く習慣は頑固な指しゃぶり、本を読むときやテレビを観るときに同じ方向に顔を傾ける、いつも同じ方を下にして寝る、片方ばかりで噛む、口呼吸、鉛筆や爪を噛む、唇を舐めたり噛む、舌で歯を押す、偏咀嚼、頬杖をつく、かみしめ、くいしばり、歯ぎしりなど様々です。片側ばかりで食べていると使っている方ばかりに負担がかかったり、かみ合わせがズレたり、顔が曲がってしまう原因になります。対策方法は癖を直して左右両方の歯でよく噛んで食事をする事です。歯並びを悪くしないコツを紹介します。
歯の生え変わり

歯を早く生やす驚きの方法!歯が生えてない赤ちゃんからすぐできる3つの対策!

赤ちゃんの歯やあごを成長させる方法を紹介します。赤ちゃんの歯やあごを成長させるのには、赤ちゃんを笑わせたり噛める食事を食べさせて、顔や口の周りの筋肉をどんどん使うことが大切です。よく噛んで食べれば、歯から刺激が周りの骨に伝わって歯根膜の繊維や骨を作る力が活性化します。歯がまだ生えていない赤ちゃんもおっぱいを飲む、おもちゃや手足などいろんなものを口に入れて舐めたり噛む、言葉じゃない(喃語)で声を出す、表情を変えて筋肉を使えば、あごの骨にも力の刺激が伝わって骨をつくる働きが活性化し歯並びにもいい影響が期待できます。
注意したい歯並び

舌足らずの子供になる原因!「た行ら行」の滑舌が悪い時の3つの改善方法

滑舌の悪い子の原因や対策方法を紹介します。舌足らずな喋り方、口元が緩んでだらしない顔つきになっている、ポカン口など無意識のうちに口が開いている、口呼吸が癖になっている原因はすべて口の筋肉不足です。改善策は赤ちゃんの時は母乳もしくはビーンスタークを使う、よく噛んで食事を食べる、あいうべ体操をするの3つ。赤ちゃん時代の口の体力不足が、将来、舌ったらずや滑舌が悪いという問題で影響することを、是非ママには知ってもらいたいんです!
スポンサーリンク