歯の生え変わり

スポンサーリンク
歯の生え変わり

え?あの癖も?子供が受け口になる4つの原因と年齢別の治療時期。

子供の受け口の種類と治療方法や治療時期を解説します。反対咬合は上下の噛み合わせが反対になっている状態です。噛みにくいし発音しにくかったり、また見た目が悪いなどの精神的な影響が出る問題もあります。 骨格が問題の受け口は早めに治療します。受け口がひどい場合は矯正治療と外科手術であごの骨を切って治すこともあります。歯並びの問題で受け口になっている場合は乳歯から矯正治療を始めたり、永久歯が生える小学校1~2年生頃から始めることが多いです。赤ちゃんの受け口は奥歯が生える3歳まで様子を見て大丈夫です。
歯の生え変わり

【歯の数が足りない】乳歯がなかなか抜けないし永久歯が生えるのが遅い原因と3つの治療方法。

子どもの口の中にいつまで経っても抜けない乳歯、長い間生えてこない永久歯がある場合の原因と治療方法を説明します。永久歯の歯が最初からない先天性欠如。子ども達が先天性欠如の歯がある場合、歯がない部分の噛み合わせの異常・噛む力の低下・前歯なら審美的な問題などの問題が出てきます。後から生えてくるはずの永久歯がない場合、その部分の周りの骨の吸収を防ぐために、抜けずに残った乳歯を保存します。歯があるかどうかはレントゲンで確認します。
注意したい歯並び

子供のかみ合わせが深い!上の前歯しか見えない4つの原因と治療方法

かみ合わせが深く下の歯が見えない歯並びの原因と治療方法を説明します。過蓋咬合は、下の歯が見えないほど上の前歯が覆い被さって、かみ合わせが深い状態で矯正治療で直していきます。原因には骨格の問題・噛みしめ・虫歯などで奥歯がかみ合わなくなったなどがあります。歯が乾燥して虫歯や歯周病になりやすい・下の前歯で傷つける・あごの動き阻害して顎関節症になる・前歯が大きく見えるなどのトラブルもあるので早めに治療を考えましょう。
注意したい歯並び

子供の滑舌が悪い原因は?「サタラ行」の発音が言いにくいときの改善方法!

子供の滑舌や発音が悪い時は、舌の筋が原因かもしれません。また永久歯の前歯の隙間が閉じないときは上唇の筋が原因の可能性があります。また舌小帯短縮症で付着異常があると舌の可動域が狭くなり、舌で下の前歯を前に押し反対咬合の原因にもなります。呼吸や飲み込みや「カ・タ・ラ行」の発音にも影響がでます。舌小帯の切除やレーザーによる治療、舌のトレーニングをする必要があります。
スポンサーリンク