歯の生え変わり

スポンサーリンク
歯の生え変わり

子供のグラグラ乳歯を家で取る!痛みなく抜く方法を歯科衛生士が伝授!

グラグラの乳歯の家での抜き方を紹介します。①ギコギコ指で乳歯を動かして自分で抜く②フロスを歯に巻きつけて一気に抜く③自然に抜けるまで待つ方法があります。抜けたあとは、ガーゼを10分程度噛んでいれば出血は止まります。永久歯は乳歯の根っこを溶かしながら押し出すように生えます。乳歯が自然に抜け落ちるには数か月かかります。もし無理やり抜いて抜いてしまえば、場合によっては歯ぐきやの根っこが損傷する可能性があるんです。でもグラグラの乳歯なら乳歯は歯ぐきに引っ付いているだけなので、ほとんど痛みもなく抜けます。
歯の生え変わり

永久歯の前歯が斜めに生えてきた!歯の真ん中の隙間が閉じない3つの原因。

6〜7歳頃の永久歯の前歯の隙間や、前歯が斜めに生えることは、正常な歯の生え変わりの過程ではよくあること。糸切り歯が生えてくると隙間も閉じてくるので、そのままにしておいて大丈夫です。上の真ん中の永久歯の前歯は、真っ直ぐ生えてくるのではなく2本が少し離れハの字に生えてきます。前から2番目の歯が生える時、押されて真ん中の歯は少し寄っていきます。糸切り歯が生えるとさらに押されて、真ん中の前歯はくっついていきます。でも注意したいのは、糸切り歯が生えてきても隙間が閉じない時。いつまでも隙間が閉じない時は、骨の下に余計な歯がある、最初から歯がなくて隙間が閉じない、唇のスジが邪魔して隙間が閉じられない可能性が高いです。
歯の生え変わり

乳歯の奥歯の生え変わり。抜ける時期の早い遅いは歯並びに影響する?

乳歯の生え変わりの早い、遅いが永久歯の歯並びの良し悪しを決めます。永久歯へのスムーズな生え変わりのためには、適切な時期まで乳歯を残しておくことが何より大切です。乳歯の奥歯の歯の間の虫歯、乳歯の奥歯が早く抜けてしまう、6歳臼歯の生え方の異常で永久歯の生え変わりスペースが無くなると永久歯の歯並びがガタガタになる可能性があります。永久歯の糸切り歯や奥歯の生え変わり時期や歯並びを守る方法を紹介します。
歯の生え変わり

生えかけの親知らずが何度も腫れる原因と痛い時に効く4つの応急処置方法

親知らずはあごが小さくなったことで生えない人が増えています。智歯歯周炎が急性化すると骨が吸収し顔まで腫れ発熱し激痛が出て口も開かなくなることも。他にも炎症が急性化すると、腫れて痛みが出る、周りの骨を吸収します。症状がもっとひどい場合は顔まで腫れる、発熱する、激痛になる、口が開かなくなるなど、悲惨なことに。抗生物質を飲んで急性症状を落ち着かせ歯を抜いていきます。重苦しい感じがしたり、歯ぐきを噛んで痛いような「慢性的な症状」の場合も、歯を抜いて不快な症状の原因を取り除きます。
歯の生え変わり

永久歯のかみ合わせに「角」みたいな出っ張りや突起が!原因と2つの治療方法はこれだ。

中心結節は小臼歯の噛み合わせ面にあるとがった角の突起。中は神経が伸びて上と下の歯が噛んで中心結節が折れて神経が露出し細菌感染が起こればかなりの痛みが出ます。神経が死んでいれば抜髄にも。歯科用のプラスチックで保護し折れるのを予防したり、少しずつ突起を削って高さを調整し処置します。小さな「角」のような中心結節は、そのまま放っておいても自然に治ることはなく、本人も気がつかない間に、神経を傷めることがあります。
歯の生え変わり

乳歯の後ろから永久歯が重なって生えてくる原因と生え変わり時期の心配事3選!

乳歯の歯並びに隙間があいてきたり、下の永久歯の前歯が乳歯の後ろから生えてきた場合の原因や対処方法を解説します。永久歯の前歯がガタガタな時の歯並びを直すタイミングについても説明します。下の永久歯の前歯は乳歯の前歯より少し後ろから乳歯と重なった状態で生えてきますが乳歯がグラグラしているなら、そのまま様子を見ていて大丈夫です。乳歯が抜けてしまえば、舌の力で前歯は自然に正しく並びます。乳歯の時に隙間がないと、永久歯が生えた時ガタガタの歯並びになる可能性が高くなり矯正治療が必要になってくる可能性があります。
注意したい歯並び

奥歯の異変を見逃すな!子供のかみ合わせが左右にズレたり反対になる原因と7つの癖

奥歯のかみ合わせのズレの原因や治療方法を紹介します。交叉咬合・クロスバイトとは、奥歯の噛み合せが横にずれた噛み合わせのこと。本来なら上の奥歯が外側、下の奥歯が内側になって噛むところが上の奥歯が内側に入り込んでしまっている状態のことです。原因は指しゃぶり・頬杖・片方だけ顔を机に押し付けて字を書く・片方ばかりを下にして眠るなどで片側に力をかけているとかみ合わせがズレる原因になります。奥歯の交叉咬合は自然に治ことはほとんどないんです。
誤飲や歯の脱臼

子供が永久歯の前歯をぶつけた!抜けたりグラグラしている時の対処方法7選!

転んだり事故で歯をぶつけた時の対処方法をまとめました。出血している部分があれば止血し口の中の血は吐き出させます。血が混じった唾液を飲むと吐いてしまう原因になるので吐き出させ、気道を塞ぐものが口の中にあれば取り出します。怪我をした部分は、数日は歯磨きをしても痛いため、ほぐした綿棒にうがい薬や水を含ませて汚れを取って歯にくっつきやすい砂糖は控えておく方が良いです。
注意したい歯並び

あれ?他の歯より高さが低い乳歯がある!原因と治療方法を知っておこう。

低位乳歯とは噛み合わせに問題なかった乳歯が、何らかの原因で他の噛み合わせ面より低くなったもので乳歯の奥歯に多くみられます。原因として歯根膜が周りの骨と癒着して動けないからと言われています。噛み合わせに関係しないので虫歯や歯周病になりやすく、歯列や噛み合わせに問題を起こすので、永久歯の生え換わりに合わせて、乳歯を抜いて矯正治療することもあります。
歯の生え変わり

乳歯のすきっ歯は治療すべき?3歳の子供の前歯に隙間ができてきた原因とは

2歳〜3歳頃の乳歯の歯並びの隙間について解説します。2歳半〜3歳頃のいわゆる『すきっ歯』は、正常な発育の過程でできている隙間がほとんど。将来乳歯から「幅の大きい永久歯」へスムーズに生え変わるための隙間なので、心配する必要は全くありません。乳歯の隙間は永久歯生えかわるときに閉じていきます。永久歯は 中学生頃には永久歯が全て生えそいます。乳歯が隙間なくビシッと並んでいたら、永久歯に生え変わった時スペースが足りずに、歯並びがガタガタになる可能性があります。食生活と歯並びの関係も紹介します。
スポンサーリンク