矯正治療

歯並びがガタガタでコンプレックス。歯科矯正をしようか考えている大人の方へ伝えたいこと。

矯正治療を考えているなら、まだ、あごの成長が残っている子供のうちに開始したほうがオススメです。あごの土台をキチッとつくることで、その後の歯並びや口の使い方にもいい影響が出る可能性が高くなります。矯正治療は力をかけ歯を骨の中を移動させる治療です。ガタガタの歯並びを綺麗にし正しい噛み合わせにして整った口元にします。放置すると歯が抜ける危険がある、時期を逃すと矯正が難しくなる、歯が埋まっていて生えてこない、生えるのが著しく遅い歯がある、全く違う場所に生えてしまった場合には早めに治療を開始し他が安心です。
口臭対策

朝、寝起きのキツイ子供の口臭の原因は2つ!病院は何科のどこで相談すればいいの?

子供の口臭予防方法や改善策をまとめました。改善しない口臭は歯医者で相談してみましょう。口臭の原因は虫歯、歯磨きが不十分、口呼吸、舌の汚れが考えられます。もし口臭が気になったら、口呼吸を治す、鼻の病気はないか確認する、歯磨きを丁寧にしてプラークを落とす、食事やガムを噛むことで唾液を増やす、水を飲む方法を試しましょう。夜寝てる間は唾液の量が減ってしまい細菌が繁殖しやすく朝の口臭の原因になります。口呼吸や歯磨きが不十分で歯に食べカスがつまったままでも、朝の口臭が強くなります。
歯磨き方法

電動歯ブラシと手磨きは実際どちらが綺麗に磨けるの?効果の違いを徹底分析!

電動歯ブラシは、適切に使うことで効率的な歯磨きが出来る道具ですが、歯磨きのテクニック、歯磨きに対する意識、口の中の状況によっては、手で磨く歯ブラシの方がいい場合もあります。電動歯ブラシ(ソニッケアー)は手で磨く歯ブラシのように前後に動かすと歯の間や噛み合わせ面の溝などのプラークを磨き残してしまいます。ブラシを動かさず毛先を歯の間や噛み合わせ面に当て、しばらく動かさないように使うことが正しい使い方。毛先の広がり具合や歯ぐきの状態など定期検診でチェックしてもらいましょう。
唾液の効果

フッ素入り歯磨き粉と歯医者で塗られるフッ素の違い。虫歯予防の効果をプロが解説!

家で使うフッ素入りの歯磨き粉と歯医者で塗るフッ素の効果の違いを紹介します。のフッ素の働きは虫歯で酸が作られるのを抑える、抗菌作用。再石灰化で歯を溶かす酸に強い歯を作る効果があります。フッ素入りの歯磨き粉を効果的に使う為に歯磨きした後のうがいを軽めにするとフッ素が歯に留まってる時間が長くなります。歯医者さんでフッ素を3ヶ月〜6ヶ月に1度の定期的な塗布も合わせると効果の持続が長くなります。
口の中のトラブル

銀歯を入れてから口の中が荒れるし痛い、舌や頬が赤くなった原因は金属アレルギーを疑おう。

口の中の銀歯や金属でも金属アレルギーになります。金属アレルギーの予防方法や治療方法を解説します。歯科の金属アレルギーの検査はパッチテストがあります。粘膜炎で赤くなっている・口内炎がなかなか治らない・金属の周りの歯ぐきが白くなっている・金属に接しっている頬っぺたや舌が赤い・金属が当たるところが赤くなっている・手や足に水泡が出来て赤くなっている。こんな症状は金属アレルギーの可能性があるので要注意です。金属アレルギーは誰でもなる可能性があります。
唾液の効果

口の中がかわくしネバネバするならドライマウスが原因かも!乾燥する時の6つの対策方法

ドライマウス(口腔乾燥症)の症状は口の中が乾燥するので、虫歯や歯周病になりやすい、口が渇いて喋りにくい、食事の時に飲み物がないと飲み込みにくい、舌がヒビ割れやすい、口角炎ができやすいなどの症状が出てきます。またパンやお煎餅を食べても口の中に引っ付いて食べにくかったり、飲み込みにくいなど日常生活でもトラブルが起こってしまいます。 口の中の乾燥が気になったらマッサージをする、食事をよく噛む、保湿剤を使う、薬を見直す、口呼吸をやめる、ストレスない生活をするなどの対応をして唾液を出す生活を心がけましょう。
虫歯・歯周病予防

朝起きたら口が臭い原因は?寝起きの口臭を減らす7つの予防方法は必見です。

口臭の種類。朝起きたときの生理的口臭、食べ物、蓄のう症(副鼻腔炎)や慢性鼻炎、歯周病、虫歯、心因性の口臭などの原因があります。昼は唾液で、口の中の汚れは洗い流されてます。夜は唾液の量が減ってしまいます。口の中に磨き残しがあれば、細菌が増えてにおいの原因物質がたくさん作られてしまいます。
妊娠・赤ちゃんの歯

赤ちゃんが歯磨きを嫌がったり苦手なら、歯磨きシートで1日1回磨く方法を勧める2つの理由。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がらないための準備方法を紹介します。赤ちゃんの初めての歯磨きの準備には歯が生える前の赤ちゃんが何でも口に入れ始める3ヶ月~4ヶ月ごろから赤ちゃんをママの膝の上に寝かせたり、おむつ交換の時を利用して、手足や顔や口の周りを触りながら、清潔な指を口の中で触ってあげると、自然に口の中を触られることに慣れてきます。始めはガーゼで拭うところから始めましょう。
歯並びを悪くする子供の癖

簡単4つの食べこぼし対策は効果抜群!食べ方が汚い子供のイライラから解放されよう!

子供の食べこぼしが多い時や食べ方が汚い時の原因と対処方法を紹介します。他にも「迎え舌」になっている、飲み込むときに舌が前に出る、食事の時頭がよく動く、クチャクチャ音を立てて食べる、食べこぼしが多い、唇や頬っぺたや首の力を使わないと、飲み込めない「話し方」や「食べ方」や「飲み込み方」に問題がある場合は、「舌の動きの悪い」可能性を疑ってみましょう。口や舌がうまく動かせるようになれば、食べこぼしが多い子や飲み込みが下手な子の食べ方も、かなり綺麗になっていきます。
矯正治療

顔の歪みやあごが曲がっている原因は?そのコンプレックス、矯正治療と手術で治ります!

顎変形症とは受け口や開咬や出っ歯、あごの骨の非対称であごのバランスが原因で、歯並びが悪くなり外見にもコンプレックスを感じます。成長期の子どもは、矯正治療であごの成長のコントロールが可能ですが、骨の成長が止った大人は矯正治療と外科手術であごを長くしたり短くし治療します。国の認定を受けた病院なら保険で治療できます。顎変形症の治療には、「術前矯正」と「術後矯正」があり手術前の術前矯正で「あごをどの位置にするか」決めていき、手術後の術後矯正で治ったかみ合わせの調整をしていきます。かみ合わせが改善されれば、普通の矯正治療と同じように装置を外して、後戻りしないように保定装置を入れます。
スポンサーリンク