スポンサーリンク
口臭対策

ひどい虫歯で歯がボロボロでも痛みなし!根っこだけ残った歯の治療法は抜くしかないの?

ズキズキする虫歯の激痛で苦しんでいたのに、前より痛みがなくなったなら歯の神経が死んでいます。頬っぺたが腫れる、口の中から膿の嫌なニオイがする、歯がボロボロで根っこだけの状態 なら要注意!神経が死んでいるので、あれだけ痛かった歯の痛みも感じなくなります。さらに虫歯が重症化すれば、あごの骨にまで細菌が感染し、頬っぺたが腫れたり、歯の根っこが化膿して口の中から嫌なニオイがでる可能性があります。歯の根っこがまだ使えるなら治療をして被せ物をする方法もありますが、使い物にならなければ歯を抜かなくってはいけません。
口臭対策

眠れないほどの歯痛!歯ぐきから膿が出てズキズキ痛い虫歯の原因と治療方法

夜眠れないほどの激痛がある、熱いものがしみる、虫歯の穴がかなり大きい食べ物がつまると激痛がするなら神経まで虫歯が進んでいます。神経が腐ったまま放置してしまえば、骨の中に膿が溜まり歯ぐきが腫れて歯を失う可能性が高くなります。歯の神経が細菌に侵されて炎症を起こした状態を歯髄炎の状態でも神経は生きているので、多くの場合神経を取ってしまわないと痛みはおさまりません。ズキズキと激しい痛みが出る原因は、歯の中で血管が膨張し、中の圧力が高くなって神経組織が押しつぶされているから。歯髄炎が進んで細菌感染されてしまえば、もう神経を取るしかありません。
口臭対策

甘いもの(チョコ)や冷たい水や風で歯がしみる症状は虫歯!原因と3つの治療方法

明らかに穴が開いている、冷たい水やうがいでしみる、チョコや飴など甘いものがしみる、風がしみる、痛みがある、舌で触ると引っかかることがあれば象牙質まで虫歯になったC2(シーツー)状態になっている可能性が高いです。見た目には小さく見える虫歯でも歯の中で見た目以上に中で被害が広がっていることも多いです。しかも歯の中は歯の表面より柔らかく隙間も多いので、虫歯になれば一気に進んでしまいます!治療方法を紹介します。
口臭対策

痛くない歯の茶色や黒い点の原因は虫歯?着色?治療方法と3つの予防法

「痛み」や「しみる」などの自覚症状がない、歯の色が白く濁っている、歯に茶色や黒い部分があるなら、歯の表面が溶かされて小さな虫歯ができている可能性が高いです!濁った部分は白い斑点になり、時間の経過とともにや茶色になっていきます。まだ痛みなどの自覚症状がないので見逃したり放っておく人が多いです。歯が痛くなってからでは、虫歯がかなり進行している可能性があります。黒い虫歯の治療方法について説明します。
口臭対策

子供の歯ぐきも黒くなる!タバコの害はヤニだけじゃない歯周病リスクも8倍上がる理由。

タバコを吸うと歯周病の悪化し治療しても治りにくい・上下の前歯や上の前歯の裏側の歯周ポケットが深くなる・タバコを吸わない同年代の人より歯周病が重症になりやすい・ヤニによる着色・インプラントの成功率に影響・抜歯後の治りが悪い・口臭などのデメリットがあります。喫煙者の歯周病は見た目よりも悪くなっていることが多く発見も遅れてしまいます。タバコの害と歯周病との関係についてまとめています。
歯磨き方法

ゴム製歯間ブラシと針金タイプの歯間ブラシはどちらがおすすめ?違いと効果を比較!

歯間ブラシの選び方を紹介します。ワイヤータイプの歯間ブラシが使いにくい時はゴムの歯間ブラシを使いましょう。特に、歯の間が狭い方、フロスが使いにくい方、知覚過敏の方、ワイヤータイプの歯間ブラシが苦手な方、インプラントが入っている方、鏡がない場所でも気軽に歯の間の掃除がしたい方は、ゴムタイプの歯間ブラシがオススメです。ゴムタイプの歯間ブラシなら柔軟性があるので、歯ぐきを傷つけるトラブルを防ぎながら歯ぐきに心地いい刺激を与え、歯の間の掃除ができます。
歯並びが良くなる離乳食

赤ちゃんにイオン飲料や経口補水液はいつ飲ませる?脱水以外では飲ませないでほしい理由とは

イオン飲料はジュースや乳酸飲料と同じで「糖」が入った酸性の飲み物。当然、長時間チビチビ飲んでいると口の中には常に酸性で「糖」がある状態になり、酸蝕歯や虫歯の原因になります。特に生えたての未熟な乳歯や永久歯がある口の中に、常に「糖」が入ってくる環境は危険です! 脱水予防以外の水分補給は、水やお茶で摂るようにしましょう。もしくはスポーツドリンクも水で2倍ほど薄めて飲むことをおすすめします!
妊娠・赤ちゃんの歯

上下の前歯が2本生えた赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?泣く時や嫌がる時の歯磨きの仕方

乳歯の前歯が生えてきた時に歯磨き方法を紹介します。上下の前歯が2本ずつしか生えてない時の歯磨きはガーゼや歯みがきシートで歯を拭う、歯ブラシの感触に慣れさせることを意識しましょう。ガーゼやシートを、人指し指と親指に巻きつけて優しく歯に当て拭う。奥歯が生える1歳4カ月頃には歯ブラシにも慣れるように機嫌がいい時に少しずつ慣れさせていきましょう。膝の上に寝かせたり授乳時の姿勢や対面で磨くと、視野が確保されて磨きやすいです。
歯並びが良くなる離乳食

無添加のだし蔵の「関西おだし」手軽で美味しい!赤ちゃんの離乳食にも安心して使える

手軽に使えるだしパックを紹介します。和食に出汁はかかせません。でも「毎回出汁をとる時間がとれない」という方も多いと思います。とは言っても、添加物がたっぷり入った顆粒だしは使いたくない。というママは「関西おだし」を使う価値は十分あります。毎回出汁の量を計測する必要もなく、お水の状態でお鍋にポンッと入れて沸騰後4〜5分煮出してから取り出すだけの手軽さ。でもしっかり風味が出ています。出汁がしっかりきいたお料理は、他の調味料を必要以上に足す必要もないので塩分の取り過ぎなど気になっている方にもオススメです。
虫歯・歯周病予防

加齢だけじゃない!下の前歯がねじれたり歯並びが悪くなる5つの原因!

歯は歯周病や噛みしめ歯ぎしりで動いてしまいます。「歯が動いてきた」「歯が伸びてきた」「隙間が開いてきた」と徐々に歯並びが変化してくるのは自分で動かしているから。歯が動く原因は年をとって口の周りの筋肉が衰えた、舌癖で歯が舌に押されて前に出た、噛みしめで奥歯が内側に倒れて歯列が狭くなり前歯がガタガタになった、歯周病で歯ぐきが悪くなって歯が傾いた、虫歯や歯周病で歯を失いできた隙間に隣の歯が動いた、歯がない場所に「噛みあう歯」が伸びたなど日常の癖や筋肉の使い方や歯ぐきの状態で歯は動きます。歯周病で歯が浮くのは歯根膜が腫れ歯が浮いてしまうのが原因です。噛みしめも加わればさらに歯は動きやすくなってしまいます。予防方法や治療方法をまとめました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました