スポンサーリンク
歯並びを悪くする子供の癖

赤ちゃんの顎が出てる!しゃくれになる3つの原因といつから直すか目安を解説

赤ちゃんが顎を前に出す理由や、しゃくれや受け口になる3つの原因と予防方法を紹介します。赤ちゃんの受け口は基本的に3歳頃までは様子をみていて大丈夫です。ただし3歳以降も受け口が直らない時は、注意しましょう。治療時期の目安も紹介します。
歯並びが良くなる離乳食

やめさせないで!赤ちゃんが何でも口に入れる1歳半までの時期は好き嫌いをなくすチャンス!

何でも口に入れる時期は、何でも抵抗なく好き嫌いなく食べる時期です。赤ちゃんが何でも口に入れる時期は、むしろチャンス。いろんな食べ物を経験させてあげることで、赤ちゃんは食べ物の「味」や「食感」や「香り」を学ぶことができるんです。柔らかくほとんど味のない離乳食では、赤ちゃんは「食感」や「味」を経験することができません。この時期に覚えた味、形状、食感は、赤ちゃんが成長してからも自然に受け入れやすくなります。
口臭対策

口臭を消す方法!奥の舌磨きがやりにくい時やえずく時の裏技4選!

舌の磨き方のポイントを解説します。舌の汚れはただこすって磨くだけでは、逆に舌が傷ついてしまう可能性があります。舌苔の掃除には柔らかい歯ブラシ、舌ブラシ、舌ベラの道具があります。 1日に1度朝行う。水でブラシを濡らして磨く。歯磨き粉は刺激になるのでつけない。鏡を見ながらブラシは奥から前へ移動しながら磨きます。吐きそうにならないためには、少し「前かがみ」になった姿勢で舌をめいっぱい出してから磨くのがポイントです。
スポンサーリンク