スポンサーリンク
歯並びを悪くする子供の癖

赤ちゃんがあごを出して受け口になる3つの原因と直し方!矯正治療する時期はいつから?

赤ちゃんの受け口は基本的に3歳頃までは様子をみていて大丈夫です。上下の前歯の生えてくる8~10ヶ月頃、赤ちゃんは前歯を噛み合わせようとして下のあごを前に出すような動きをする事があります。しかし乳歯の奥歯が生え始めて上下が噛んでくるとかみ合わせも安定します。他にも骨格の問題や歯の生え方の問題、癖が原因でも受け口になります。反対のかみ合わせになる原因や予防方法について解説します。
歯並びが良くなる離乳食

やめさせないで!赤ちゃんが何でも口に入れる1歳半までの時期は好き嫌いをなくすチャンス!

何でも口に入れる時期は、何でも抵抗なく好き嫌いなく食べる時期です。赤ちゃんが何でも口に入れる時期は、むしろチャンス。いろんな食べ物を経験させてあげることで、赤ちゃんは食べ物の「味」や「食感」や「香り」を学ぶことができるんです。柔らかくほとんど味のない離乳食では、赤ちゃんは「食感」や「味」を経験することができません。この時期に覚えた味、形状、食感は、赤ちゃんが成長してからも自然に受け入れやすくなります。
口臭対策

口臭を消す方法!奥の舌磨きがやりにくい時やえずく時の裏技4選!

舌の磨き方のポイントを解説します。舌の汚れはただこすって磨くだけでは、逆に舌が傷ついてしまう可能性があります。舌苔の掃除には柔らかい歯ブラシ、舌ブラシ、舌ベラの道具があります。 1日に1度朝行う。水でブラシを濡らして磨く。歯磨き粉は刺激になるのでつけない。鏡を見ながらブラシは奥から前へ移動しながら磨きます。吐きそうにならないためには、少し「前かがみ」になった姿勢で舌をめいっぱい出してから磨くのがポイントです。
スポンサーリンク